クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

劇場版ドルメンX 関連記事

  • 『劇場版 ドルメンX』公開記念舞台挨拶に出席した志尊淳

    志尊淳、中学時代の思い出はダイエット「2ヵ月で18キロ痩せた」

    映画

     俳優の志尊淳が、浅香航大、小越勇輝、堀井新太らと、15日に都内で開催された映画『劇場版 ドルメンX』の公開記念舞台挨拶に出席し、中学三年生のときに「2ヵ月で18キロ痩せた」ことを明かした。舞台挨拶には、ほかに玉城ティナ、桐山漣、徳井義実、音楽プロデューサーを務めた野性爆弾・くっきー、小室直子監督が出席した。@@cutter 雑誌「ヒバナ」で連載された高木ユーナの漫画『ドルメンX』を基にする本作は、「地球侵略」を目指してアイドルを始めたイケメン宇宙人たちが、人間の心に触れ、やがて本物のアイドルを目指す姿を描く。隊長役の志尊は「初日の幕を上げることができて、感謝の気持ちでいっぱい」としみじみ。  物語に絡めて、過去に打ち込んだことを聞かれると「中学三年生のときなんですけど、2ヵ月で18キロ痩せたことがある」と述懐。「野球少年だったので、結構がっちりしていました」と当時の体型を振り返り、「部活を辞めて、少し体重が落ちたのが楽しくなって。『あ、痩せよう』って決めました」とダイエットを行った理由を明かした。  当日は、キャストがお互いの良いところを発表し合う一幕も。サイ役の堀井は、今回で三度目の共演を果たしたという志尊に「愛してんぜ」とニッコリ。続けて「久しぶりに会うごとに、すっごいたくましくなって。すごいなって。尊敬する域に行っちゃって。周りのことを見てるし、なおかつ優しい」と絶賛し、「男として、ほれるような男性になっている」とも語った。  一方の志尊は、イチイ役の浅香との初対面が17歳のときだったと明かし、「2歳しか離れていないんですけど、すごく大人な雰囲気だった」と回想。「尊敬していて、近寄りがたいなと個人的に思ってた」と告白するも「(本作では)作品のことをたくさん共有でき、そしてまだまだ遠い背中でいてくださったことが、すごく素敵で。大人な魅力が増されているなと思った」とも。そして「ふざけるときの抜き感に、すごく色気を感じて。いやあ、かっこいいっすよ航大さん」と続け、これを受けた浅香は「ありがとう」と照れ笑いを見せていた。  映画『劇場版 ドルメンX』は全国公開中。

  • 志尊淳、胸キュンから怪演まで…LGBTもリアルに この6年の進化と真価

    志尊淳、胸キュンから怪演まで…この6年の進化と真価

    エンタメ

     放送中の連続テレビ小説『半分、青い。』をはじめ、『女子的生活』(ともにNHK)、『トドメの接吻』(日本テレビ系)など、2018年上半期はLGBTに関わる役が多かった志尊淳。だが、今月15日公開の『劇場版ドルメンX』、今秋の『走れ!T校バスケット部』ではそれらの役とは全く違った表情を見せている。彼がさまざまな作品に引っ張りだこな理由を探る。@@cutter 志尊の俳優デビューは、2011年の「ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン」。赤髪のおかっぱ頭が特徴の向日岳人役を約3年間演じた後、2014年にスーパー戦隊シリーズ『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)の主役に抜てき。間を置かず主演映画『先輩と彼女』の撮影に入り、同年7月期の連続ドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系)のオーディションを勝ち抜き、重い心臓病を抱える美青年・夏目快人役を好演した。  どちらかというと爽やかな役柄が多かった志尊に、新たな魅力が垣間見えたのは、2016年の連続ドラマ『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ系)。会社の先輩に嫉妬し、元カノに執着し、上司を殺害して横領金を奪い行方不明になる衝撃的なキャラクター・五木啓太役で志尊はまさに“怪演”を見せ、俳優としての振り幅を証明してみせた。前述の『トドメの接吻』でも、No.1ホストに恋い焦がれるあまり凶行に走る後輩ホスト・小山内和馬役を、再び「これでもか!」と怪演。山崎賢人や新田真剣佑、菅田将暉ら同作に出演した人気俳優陣の中でもひと際異彩な存在感を見せつけた。  一方で、2017年に出演したドラマ『きみはペット』(フジテレビ)では、美人OL・スミレ(入山法子)の“ペット”として飼われるバレエダンサー・モモ役を愛くるしさいっぱいで熱演し、女性視聴者を胸キュンさせることに成功。同年4月公開のヒット映画『帝一の國』でも、親友の赤場帝一(菅田)を頭脳でサポートするキュートな高校生・榊原光明役で、“ニャン”という口癖を違和感なく使いこなして話題に。二十歳を超えた大人になったからこそ目立つ甘いルックスを余すことなく生かし、世の女性陣の心にしっかりと刻まれることになった。@@separator その裏には、俳優としての着実な経験の蓄積がある。2017年5月の初主演舞台『春のめざめ』では、多感な思春期を迎えた少年の憤りや苦悩を生々しくも幻想的に表現。公演前に本人が「自分の全てをさらけ出したい」と言っていた通りの体当たり演技で高評価を得ている。また、見た目や声はもちろん、所作やオーラまで完ぺきなトランスジェンダーの女性・小川みきを演じた『女子的生活』では、事前の勉強をもって入念に役作りに取り組み、「女よりも女らしい」という評価を得た。  実は志尊はデビュー直後の2012年に『青空の卵』(BS朝日)でも女装の青年役に挑んでいる。原作は『女子的生活』と同じ坂木司の小説だ。彼が演じた“人魚姫”は、盲目の大学生の後をつける謎の人物で、実は歌舞伎の女形役者。トランスジェンダーではないものの、女装や女性のしぐさを取るという部分では『女子的生活』と共通点が多い。当時から抜群に美しい女性姿の志尊は、一つひとつの動きが丁寧でキレイだったが、俳優業を始めたばかりのフレッシュ感がありありと見えて微笑ましさも誘う。 それがわずか約6年後、同じ原作者の『女子的生活』では女性姿に艶めかしさもプラスし、たとえ仕草が男性的になったとしてもしっかり女性の匂いを残す名演を披露。所作そのものの技巧より、存在ごと役の人生を生きるようになった。この2作の違いに、役者としての志尊の進化と真価が見られる。  端正な見た目を活かした美青年、その清廉さを容易に裏切る演技力の基盤の厚さ。年齢を問わないキューティーさを自在に操り、時には性別すらも超えて“魅せる”こともできる。『半分、青い。』では「ボクって…」が口癖の藤堂誠(通称:ボクテ)を演じ、朴訥(ぼくとつ)さとかわいらしさを併せ持ったゲイになりきっているが、『劇場版ドルメンX』ではピュアでがむしゃらな宇宙人役。今秋の『走れ!T校バスケット部』では生来の運動能力を生かし高校生を熱演している。今後はどんな予想外の演技を見せてくるのか。楽しみでならない。(文/松木智恵)

  • 『劇場版ドルメンX』「特別試写会ファン感謝デー」にて

    志尊淳、4人組アイドルとして生歌披露「楽しめたらいいなと」

    映画

     俳優の志尊淳が29日、都内にて行われた『劇場版 ドルメンX』のイベント「特別試写会ファン感謝デー」に、ともに“イケメン宇宙人”役を演じた浅香航大、小越勇輝、堀井新太らと共に登壇。冒頭には、劇中4人で歌う主題歌『参上!!ドルメンX』を生披露し、息の合ったパフォーマンスを見せ、観客から大きな歓声を浴びた。@@cutter 本作は、雑誌「ヒバナ」にて連載された高木ユーナの人気漫画『ドルメンX』が原作。イケメン宇宙人たちが、「地球侵略」を目指しアイドルを始めたものの、地球で出会った人たちを巻き込みながら、人間の心を知っていき、やがて本物のアイドルを目指し奔走する“スポ根系アイドル青春コメディー”。劇場版では、3月にテレビ放送された1話~4話に加え、15年後の姿まで描かれた完全版となっている。  主題歌のパフォーマンスからスタートしたこの日のイベント、4人は息が荒い状態で舞台挨拶に臨んだ。イチイ役の浅香は「この作品のスタッフさんはドSですね。一番最初に踊るべきじゃないよね」と息を切らしながら語った。  主題歌の披露は先日の「GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER」に続いて2回目となるが、“隊長”役の志尊は「今日はファンのみなさんだけに披露する初めての場だったので、楽しめたらいいなと思って。掛け声などをしてくださって楽しかったです」とファンに感謝をあらわした。  撮影前には歌とダンスをみっちり練習したというが、サイ役の堀井は「ダンス練習の時間があったからこそ、この4人の個性が磨かれていったと思う」と、有意義だったことを明かした。  最後に志尊は「11日間しか撮影期間がない中で、ドラマと映画を撮っていたんですけど、チームワークとみんなの作品に対する愛でできあがりました。とにかく観ていただいて笑顔になって帰っていただければ、僕らも作ったかいがあります!」とメッセージを送った。  なお舞台挨拶には、玉城ティナ、桐山漣、音楽プロデューサーを務めたお笑いコンビ、野性爆弾のくっきー、小室直子監督も登壇した。  映画『劇場版 ドルメンX』は6月15日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access