クリード 炎の宿敵 関連記事

  • 『クリード 炎の宿敵』場面写真

    『クリード 炎の宿敵』誰のために戦うのか…アドニスの決意を語る特別映像

    映画

     1月11日より公開される映画『クリード 炎の宿敵』より、父親や己を超えるべく最強の宿敵に挑む主人公アドニス・クリードにフォーカスした特別映像が解禁。アドニス役のマイケル・B・ジョーダンやアドニスの恋人ビアンカを演じるテッサ・トンプソンをはじめ、アドニスを指導するロッキー役のシルヴェスター・スタローン、スティーヴン・ケイプル・Jr.監督が、本作でのアドニスの決意についてコメントする姿が収められている。@@cutter ボクシング映画『ロッキー』シリーズの新章として、全世界興行収入約1億7000万ドル(約190億円)を記録した『クリード チャンプを継ぐ男』の続編となる本作では、親子2世代にわたる宿命の対決が描かれる。主人公のアドニスに挑戦するのはヴィクター・ドラゴ(フロリアン・ムンテアヌ)。1985年の『ロッキー4/炎の友情』でアドニスの父アポロ(カール・ウェザース)の命を奪ったイワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)の息子だ。  特別映像は、アドニスがヴィクターとの初戦に敗れる衝撃的なシーンからスタート。続いて「謙虚になったアドニスを描きたかった。そして生まれ変わり本当になりたかった男になる」と語るマイケルの姿が映し出される。新たな家族を授かったアドニスと恋人ビアンカだが、テッサは「アドニスが戦うのは、守るべきものがあるから」とコメント。  宿敵との戦いに挑むアドニスについて、スタローンは「アドニスは父親の復讐がしたい。だがロッキーは歴史が繰り返すことを恐れている」とアドニスとロッキーそれぞれが抱える想いを解説。一方のマイケルは、「彼には娘がいる。絶対に生きて戻らないと。父親の過ちを繰り返すことはできない」と本作のテーマの一つである“誰のために戦うのか”について想いを吐露。  スティーヴン監督は、『ロッキー』シリーズか描き続け、本作のテーマでもある「どんな試練にも、何度でも立ち上がる精神」を、「負け犬の物語は心に響く。戦う理由と情熱があるから」と語り、最後にマイケルが「熱い思いと、アクションと戦いが見事に混ざり合っている」と作品への自信を寄せ、アドニスが凛々しい表情で試合に挑む場面で映像は幕を閉じる。  映画『クリード 炎の宿敵』は1月11日より全国公開。

  • シルヴェスター・スタローンがロッキー役の引退宣言(※映画『クリード 炎の宿敵』場面写真)

    シルヴェスター・スタローン、『クリード2』でロッキー役にさよならか

    映画

     日本では来年1月11日公開予定の映画『ロッキー』スピンオフシリーズ第2弾『クリード 炎の宿敵』。本国アメリカでは感謝祭前の11月21日(現地時間)に公開されたが、俳優シルヴェスター・スタローンが同作でロッキー役が最後になることを示唆して、ファンに大きな衝撃を与えている。@@cutter ロッキーのよきライバルで友人だったアポロ・クリードの息子アドニスが、真のプロボクサーに成長する姿を描く『クリード』シリーズ。『クリード 炎の宿敵』では、ロッキーに師事したアドニスが、リングの上で父を倒し死に至らしめたドラゴ(ドルフ・ラングレン)の息子と対戦する。  スタローンは『クリード 炎の宿敵』の撮影中に録画されたと思われる動画を自身のインスタグラムに投稿。「『ロッキー』ファミリーを40年以上応援してくれた世界中の皆さんに感謝する。この有意義なキャラクターを創造し、演じることができたのは究極の名誉だった。考えると心が痛むが、悲しくも全ての事に終わりが来る。心優しく寛大なみんなが大好きだ。何が最高かって、ロッキーは永遠に不滅だということだ。みんなの心の中で生き続けるからね」と綴っている。スタローンは動画の中でも、スピーチを促されると、「僕がこの役を演じるのは、恐らくこれが最後だ」と切り出している。  現時点で『クリード』第3弾の制作は発表されていないが、スタローンのコメントを受けて、ファンからは「ロッキーのいない『クリード』なんて意味がない…。スタローンが出演しているから観に行くのに」「『ロッキー』シリーズを終わらせないでくれ」「歴代の映画シリーズの中でも群を抜いてる。スライ、君が去るなんて悲しい。頼むから、もう1作」といったコメントがあふれている。 引用:https://www.instagram.com/officialslystallone/

  • 歴代ボクシング映画北米興行収入1位:『ロッキー4/炎の友情』

    歴代ボクシング映画、北米興行収入1位は『ロッキー4/炎の友情』

    映画

     2018年にも様々なジャンルやテーマの映画が公開されたが、シルヴェスター・スタローンをスターダムに押し上げた『ロッキー』シリーズのスピンオフ第2弾『クリード 炎の宿敵』もその1つ。日本では1月11日公開だが、その第2弾に再登場するドラゴがアドニス・ジョンソンの父アポロを倒した『ロッキー4/炎の友情』は、歴代ボクシング映画の北米興行収入1位に輝いている。@@cutter The Wrapが『クリード 炎の宿敵』の北米公開を記念してまとめたランキング。アカデミー賞作品賞に輝いたシリーズ第1弾を差し置いて、1位になった『ロッキー4/炎の友情』の北米興行収入は約1億2780万ドル(約144億6000万円)だ。ソ連のボクサー、ドラゴが、ロッキーのライバルであり親友のアポロと対戦し、アポロは帰らぬ人に。ロッキーがドラゴの挑戦を受け、リングでアポロの無念を晴らすというストーリーだった。『クリード 炎の宿敵』では、息子たちに因縁の対決が引き継がれている。  『ロッキー』以外のボクシング映画といえば、ロバート・デ・ニーロに2つめのオスカーをもたらした1980年の『レイジング・ブル』や、日本でも大ヒットした感動作『チャンプ』などがあるが、北米興行収入では『ロッキー』シリーズが圧倒的な強さを見せている。  続く2位は、チャンピオンになったロッキーが新人ボクサーに破れ、死んだミッキーに代わってトレーナーを務めるアポロと共に再起をかけて戦う『ロッキー3』がランクイン。北米興行収入は約1億2500万ドル(約141億4300万円)。3位は約1億1720万ドル(約132億6800万円)で『ロッキー』という結果になっている。  歴代ボクシング映画、北米興行収入トップ10は以下のとおり。(Box Office Mojoより現地時間11月25日現在) 1位 『ロッキー4/炎の友情』/約1億2780万ドル(約144億6000万円) 2位 『ロッキー3』/約1億2500万ドル(約141億4300万円) 3位 『ロッキー』/約1億1720万ドル(約132億6800万円) 4位 『クリード チャンプを継ぐ男』/約1億970万ドル(約124億1200万円) 5位 『ミリオンダラー・ベイビー』/約1億40万ドル(約113億6000万円) 6位 『ザ・ファイター』/約9360万ドル(約105億9600万円) 7位 『リアル・スティール』/約8540万ドル(約96億6800万円) 8位 『ロッキー2』/約8510万ドル(約96億2900万円) 9位 『ロッキー・ザ・ファイナル』/約7020万ドル(約79億4700万円) 10位 『シンデレラマン』/約6160万ドル(約69億7000万円)

  • 『クリード 炎の宿敵』日本版オリジナルポスタービジュアル

    親子2世代に渡る戦いを描き出す『クリード 炎の宿敵』予告&ポスター

    映画

     ボクシング映画『ロッキー』シリーズ最新作の邦題が『クリード 炎の宿敵』に決まり、日本版オリジナル予告とポスターが解禁された。予告編では、主人公アドニスが、死んだ父や家族、そして自分のために、苦しみながらも宿敵との戦いに挑む姿が、「1ラウンドごとに実感するんだ。リングに立つ時“俺はひとりじゃない”と」というせりふとともに映し出されている。@@cutter 全世界興行収入約1億7000万ドル(約190億円)を記録した『クリード チャンプを継ぐ男』の続編となる本作では、親子2世代にわたる宿命の対決が描かれる。主人公のアドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)に挑戦するのはヴィクター・ドラゴ(フロリアン・ムンテアヌ)。1985年の『ロッキー4/炎の友情』でアドニスの父アポロ(カール・ウェザース)の命を奪ったイワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)の息子だ。  予告編は、アポロがイワンから致命傷を受け、血を流して横たわる『ロッキー4/炎の友情』の劇的シーンで幕を開ける。時は流れ、イワンの息子ヴィクターが、アポロの息子でロッキー(シルベスター・スタローン)のまな弟子でもあるアドニスに挑戦状を突きつける。「俺は負けない」と言うアドニスに、ロッキーは「そう言ったおまえの親父は俺の腕の中で死んだ。お前には守るべきものがある」と、生まれてくる子供のことを考えて対戦を思いとどまるよう諭すが、アドニスはそれを振り切って挑戦を受ける。「俺だけじゃない、あなたがいる」とロッキーとの絆を感じさせるせりふや、「父さんの雪辱を果たす」と決意し、ジムや砂漠での過酷なトレーニングに挑む場面も描かれている。  日本版ポスターは「戦わなければならない奴がいる。」というコピーとともに、アドニスとヴィクター、その奥にロッキーとイワンと、2世代にわたる因縁を抱えた4人がにらみ合い、息子たちに受け継がれた宿命の戦いから新たなドラマが生まれることを予感させるデザインとなっている。  映画『クリード 炎の宿敵』は2019年1月11日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access