グリーンブック 関連記事

  • 映画『グリーンブック』場面写真

    ゴールデン・グローブ賞 最多3部門受賞『グリーンブック』予告到着

    映画

     俳優のヴィゴ・モーテンセンとオスカー俳優のマハーシャラ・アリが共演し、第76回ゴールデン・グローブ賞で作品賞・助演男優賞・脚本賞の3部門を受賞した映画『グリーンブック』から、予告編が到着。予告編は、ガサツなイタリア系用心棒と、インテリな黒人天才ピアニスト、という正反対の2人がぶつかり合いながらも強い絆で結ばれていく姿がさわやかに描かれている。@@cutter 本作は、映画『メリーに首ったけ』をはじめ、数々のコメディ映画を世に送り出してきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリーが監督を務める、実話に基づく感動のヒューマンドラマ。人種も育った環境も異なる2人の男の友情を、ユーモアを交えて描く。ゴールデン・グローブ賞3部門のほか、トロント国際映画祭で観客賞を、第30回全米製作者組合賞(PGA)で作品賞を受賞している。  1962年、人種差別が色濃い時代。黒人天才ジャズピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ)は、粗野で無教養だが人間的魅力あふれるイタリア系の男トニー・リップ(ヴィゴ)を用心棒兼運転手として雇うことに。2人は当時の黒人が安全に旅をするために欠かせなかった旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、偏見と差別が根強い南部へのツアーへと旅立つが…。  今回到着した予告編は、独自の音楽センスを持つドンが、華麗にピアノを演奏する場面からスタート。次いで、ドクターから「私と南部へツアーに行ってくれ」と言われ、一緒に旅をすることになったトニーが、ピザを1枚まるごと持ってかじりついたり、運転中道にゴミを捨てたり、ドクターとは正反対に自由気ままにふるまう姿がユーモラスに描かれる。  続くシーンでは、トニーがドクターのピアノを聴いて心を打たれたり、高級店でドクターの入店を断られトニーが憤慨したり、ドクターがトニーの愛妻への手紙を指南したり、2人の距離が徐々に近づいていく姿が映し出される。2人がある事件をきっかけに衝突し、「アンタは他の黒人とは違うからな!」と非難するトニーに、「黒人でも白人でもなく…どう生きるのが正解だ?」と悲痛に叫ぶドクター。「人の心を変えられる」と信じるドクターに「アンタにしか出来ないことがある。それをやるんだ」と語りかけるトニー。2人の胸を打つセリフでのやりとりの後、最後は車中で2人が楽しそうに笑い合う姿で映像は締めくくられる。  映画『グリーンブック』は3月1日より全国公開。

  • 第76回ゴールデン・グローブ賞で最多3冠の『グリーンブック』

    ゴールデン・グローブ賞<映画の部>発表! 『グリーンブック』最多3冠 日本作品は受賞ならず

    映画

     現地時間6日、女優のサンドラ・オーとコメディー俳優のアンディ・サムバーグの2人がホストを務める第76回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が開催。アカデミー賞の前哨戦となる映画の部では、人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカを舞台に、黒人ピアニストとイタリア系の用心棒の旅の軌跡を描く『グリーンブック』が、ミュージカル/コメディー部門の作品賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、脚本賞の最多3冠に輝いた。外国語映画賞にノミネートされていた是枝裕和監督の『万引き家族』と、アニメ作品賞にノミネートされていた細田守監督の『未来のミライ』は惜しくも受賞を逃した。@@cutter 日本で大ヒット中の音楽グループ、クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、ドラマ部門の作品賞を受賞。クイーンのボーカルのフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックは、主演男優賞に輝いた。  監督賞は外国語映画賞に輝いた『ROMA/ローマ』のアルフォンソ・キュアロン監督のもとに。最多6ノミネートを獲得していた伝記映画『バイス』は、主人公の米副大統領ディック・チェイニーを演じたクリスチャン・ベイルが、ドラマ部門の主演男優賞を受賞するだけに留まった。  ミュージカル/コメディー部門の音楽映画『アリー/ スター誕生』で、ドラマ部門の主演女優賞を逃したレディー・ガガは、楽曲“シャロウ ~『アリー/ スター誕生』 愛のうた”で、主題歌賞を受賞している。  第76回ゴールデン・グローブ賞<映画の部>受賞結果は以下の通り。 (★が受賞作品&受賞者) ●作品賞(ドラマ) 『ブラックパンサー』 『ブラック・クランズマン』 ★『ボヘミアン・ラプソディ』 『ビール・ストリートの恋人たち』 『アリー/スター誕生』 ●女優賞(ドラマ) ★グレン・クローズ『天才作家の妻 -40年目の真実-』 レディー・ガガ『アリー/スター誕生』 ニコール・キッドマン『Destroyer(原題)』 メリッサ・マッカーシー『Can You Ever Forgive Me?(原題)』 ロザムンド・パイク『A Private War(原題)』 ●男優賞(ドラマ) ブラッドリー・クーパー『アリー/スター誕生』 ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』 ルーカス・ヘッジズ『ある少年の告白』 ★ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』 ジョン・デヴィッド・ワシントン『ブラック・クランズマン』 ●作品賞(ミュージカル/コメディー) 『クレイジー・リッチ!』 『女王陛下のお気に入り』 ★『グリーンブック』 『メリー・ポピンズ リターンズ』 『バイス』 ●女優賞(ミュージカル/コメディー) エミリー・ブラント『メリー・ポピンズ リターンズ』 ★オリヴィア・コールマン『女王陛下のお気に入り』 エルシー・フィッシャー『Eighth Grade(原題)』 シャーリーズ・セロン『タリーと私の秘密の時間』 コンスタンス・ウー『クレイジー・リッチ!』 ●男優賞(ミュージカル/コメディー) ★クリスチャン・ベイル『バイス』 リン=マヌエル・ミランダ『メリー・ポピンズ リターンズ』 ヴィゴ・モーテンセン『グリーンブック』 ロバート・レッドフォード『The Old Man&The Gun(原題)』 ジョン・C・ライリー『Stan&Ollie(原題)』 ●アニメ作品賞 『インクレディブル・ファミリー』 『犬ヶ島』 『未来のミライ』 『シュガー・ラッシュ:オンライン』 ★『スパイダーマン:スパイダーバース』 ●外国語映画賞 『Capernaum(原題)』(レバノン) 『Girl(原題)』(ベルギー) 『Never Look Away(英題)』(ドイツ) ★『ROMA/ローマ』(メキシコ) 『万引き家族』(日本) ●助演女優賞 エイミー・アダムス『バイス』 クレア・フォイ『ファースト・マン』 ★レジーナ・キング『ビール・ストリートの恋人たち』 エマ・ストーン『女王陛下のお気に入り』 レイチェル・ワイズ『女王陛下のお気に入り』 ●助演男優賞 ★マハーシャラ・アリ『グリーンブック』 ティモシー・シャラメ『ビューティフル・ボーイ』 アダム・ドライバー『ブラック・クランズマン』 リチャード・E・グラント『Can You Ever Forgive Me?(原題)』 サム・ロックウェル『バイス』 ●監督賞 ブラッドリー・クーパー『アリー/スター誕生』 ★アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』 ピーター・ファレリー『グリーンブック』 スパイク・リー『ブラック・クランズマン』 アダム・マッケイ『バイス』 ●脚本賞 アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』 デボラ・デイヴィス&トニー・マクナマラ『女王陛下のお気に入り』 バリー・ジェンキンズ『ビール・ストリートの恋人たち』 アダム・マッケイ『バイス』 ★ニック・ヴァレロンガ&ブライアン・クリー&ピーター・ファレリー『グリーンブック』 ●作曲賞 マルコ・ベルトラミ『クワイエット・プレイス』 アレクサンドル・デスプラ『犬ヶ島』 ルートヴィッヒ・ヨーランソン『ブラックパンサー』 ★ジャスティン・ハーウィッツ 『ファースト・マン』 マーク・シェイマン『メリー・ポピンズ リターンズ』 ●主題歌賞 “オール・ザ・スターズ”『ブラックパンサー』 “Girl in the Movies”『Dumplin’ (原題)』 “Requiem For A Private War”『A Private War(原題)』 “Revelation”『ある少年の告白』 ★“シャロウ ~『アリー/スター誕生』 愛のうた”『アリー/スター誕生』

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access