L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。 関連記事

  • 『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』完成披露イベントにて

    上白石萌音、横浜流星は「壁ドンマスター」 杉野遥亮と胸キュン対決も

    映画

     女優の上白石萌音、俳優の杉野遥亮、横浜流星が12日、都内で行われた映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』完成披露イベントに出席した。@@cutter 渡辺あゆの人気マンガを原作に、“壁ドン”が一大ブームとなった映画『L・DK』(2014年公開)の実写化第2弾。学校一のイケメンで彼氏の久我山柊聖(杉野)と秘密の同居生活を送る女子高校生の西森葵(上白石)だったが、柊聖の従兄弟・久我山玲苑(横浜)が転校してきたことで3人で暮らすことに。揺れ動く三角関係を描く。  この日は三角関係を描いた本作にちなみ、上白石の手作りチョコを巡って杉野と横浜が“胸キュン対決”をすることに。巨大なハート型のチョコに女子をキュンとさせるメッセージを書き、どちらが上白石の心を掴めるのか競った。  杉野はシンプルに「大切」と書き「今日は大切な日。好きとか考えたけど、これが1番合っているかな」とコメント。横浜は大きく「大好き」と記して「大好き。付き合って」と生告白を披露した。これには会場も大歓声だった。  悩み抜いた上白石は勝者に横浜を選び、「絞りで書いた文字の頑張った痕跡。拭いきれないマヨネーズ感…。すごく不器用なりに頑張ったんだと感じて(選んだ)。杉野くんはまさかの熟語でドキッとしたけど、痕跡や頑張っている過程が見えたのでマヨネーズにしました」と独特な総評を語ると、横浜は「マヨネーズって…。言い方!」とツッコんでいた。  上白石は、本作で恋愛映画初挑戦となったが「最初にマネージャーさんに言われた時、絶対ウソだと。まさか私がヒロインをやるわけないと思ってしばらく信じられなかった」と素直な気持ちを吐露。クランクインまで不安な気持ちと戦い続けていたが「2人が紳士。みなさんが思っている通りのお人柄で、2人はもともと仲が良くて、私を迎え入れてくれて、なんて器が大きいんだろうと。2人に支えられましたね」と感謝した。  胸キュンシーンが多く取り入れられた本作だが、杉野と上白石は“身長差”に悩まされたという。上白石は「人生初壁ドンはとっても苦い思い出。壁ドンっていうと顔と顔が至近距離でドキッというものですけど、身長差があるのでそのまま壁ドンされると(目の前が)胸板。キュンというよりゾクッとした」と苦笑いで、「試行錯誤してどうしたら美しい壁ドンができるのか手間暇をかけた。壁ドンはアクション」と苦労を明かした。杉野も「萌音ちゃんとは身長差が大きな障害。キスシーンも大変だった」と振り返った。  また、上白石曰く横浜は「壁ドンのマスター」という。「壁ドンにスピードがある。構えるまでもないみたいな…」といい、杉野も「壁ドンでいうと玲苑が1番しているからね」と語った。横浜は「柊聖がスマートに壁ドンを決めてくれるので、玲苑は勢いよく距離感をすごく近くして、“ハイブリッド壁ドン”になりました」と新たな胸キュンシーンを創造していた。  『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は、3月21日公開。

  • (左から)内澤崇仁(androp)、上白石萌音

    上白石萌音が歌う『L・DK』主題歌入り予告解禁

    映画

     女優の上白石萌音、俳優の杉野遥亮、横浜流星が共演する映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』より、上白石が歌う主題歌の入った予告映像が解禁となった。主題歌の『ハッピーエンド』は、andropの内澤崇仁が映画を観て書き下ろし、デモ音源を聴いた上白石の志願によって、上白石萌音×内澤崇仁(androp)名義で担当することが決まった。@@cutter 本作は累計発行部数1088万部を突破した人気少女コミック『L・DK』が原作。2014年にも実写映画化され、劇中に登場する「壁ドン」がユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるほど社会現象となったこの作品が、新キャストと三角関係を描くストーリーで再び映画化された。  高校3年生の西森葵(上白石)には学校のみんなに言えない秘密があった。それは学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野)とナイショで付き合い、同居していること。葵は柊聖の家でボヤ騒ぎを起こして部屋をダメにしてしまい、柊聖は葵の家で暮らすことに。そんな中、柊聖のいとこ・久我山玲苑(横浜)が突然アメリカからやって来た。同居の秘密はあっさりバレ、葵と柊聖を引き離そうとする玲苑と、まさかの3人同居が始まる!?  今回公開された予告映像では、葵と柊聖の同居生活に、柊聖のいとこである玲苑が加わって、3人の同居生活が始まってしまう様子が描かれている。葵と柊聖のラブラブなバックハグや頭ぽんぽん、さらに葵に想いを寄せる玲苑からのキスなど、女子憧れのシチュエーションが満載の映像となっている。  さらに、映像後半で流れるのは上白石が歌う主題歌『ハッピーエンド』。この曲は、内澤が映画を観て書き下ろした曲で、恋する女の子の気持ちが見事に表現された歌詞となっている。上白石の透明感のある歌声が、映画にさらに彩りを添えている。  上白石は、「初めてこの曲のメロディを聴いた時に、1回聴いただけなのにずっと頭からそのメロディが離れなくて『この曲を歌いたい』と、運命的なものを感じたのを覚えています。この曲の、歌詞が本当にかわいいんです。男性の内澤さんがなぜこんなにかわいい歌詞を書けるんだろう、なぜこんなに恋する女の子の心がわかるんだろうって」と、曲に対する思い入れを語った。  内澤は「楽曲で僕が一番に重きを置いたのは、やはり萌音さんの初キスシーン。初めてって、一度しかないですよね。その初体験を歌詞でそのまま『キス』というワードにしたり、『照れた時に髪を触るクセがある』『ハンバーグが好き』と具体的に表現していくと同時に、萌音さんがこれからもずっと歌い続けてくれる普遍的な曲にしたいという想いも込めました」とコメントを寄せた。  映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は3月21日より全国公開。

  • 『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』ポスタービジュアル

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星とキス寸前!『L・DK』ポスター解禁

    映画

     上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星が共演の映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』より、ポスタービジュアルが解禁された。また挿入歌は、今年“超新星”からグループ名を改めた韓国の男性ダンスヴォーカルグループ・SUPERNOVAの「Everytime」に決定した。@@cutter 本作は累計発行部数1000万部を突破した人気少女漫画『L・DK』が原作。2014年にも実写映画化され、劇中に登場する「壁ドン」がユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるほど社会現象となったこの作品が、新キャストと三角関係を描くストーリーで再び映画化された。  高校3年生の西森葵(上白石)には学校のみんなに言えない秘密があった。それは学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野)とナイショで付き合い、同居していること。葵は柊聖の家でボヤ騒ぎを起こして部屋をダメにしてしまい、柊聖は葵の家で暮らすことに。そんな中、柊聖のいとこ・久我山玲苑(横浜)が突然アメリカからやって来た。同居の秘密はあっさりバレ、葵と柊聖を引き離そうとする玲苑と、まさかの3人同居が始まる!?  ポスターには、葵が柊聖と玲苑から“キス”寸前まで迫られる姿が描かれている。柊聖の「スキでいろよ。」、 玲苑の「スキにさせてやる。」というキャッチコピーが波乱の三角関係の幕開けを予感させる。葵の髪をなでながらキスしようとする柊聖に対し、葵のあごを持ち上げ目線を合わせさせてキスしようとする玲苑。タイプの違う2人のイケメンに迫られるという全女子の妄想をかきたてるポスターとなっている。  さらに本作の代名詞“壁ドン”も健在。ポスター下部には壁ドンする柊聖と玲苑、そしてそれに戸惑う葵の姿も写し出されている。  挿入歌となる「Everytime」はSUPERNOVAにとって初のバラード曲で、本作のために書き下ろされた。SUPERNOVAは「挿入歌を担当させて頂けて光栄です! 日本の少女マンガは、すごく人気があり、その中で『L・DK』は ”ピュアなラブストーリー”ということでドキドキする毎日を想像しながら歌わせてもらいました」とコメントしている。  映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は2019年3月21日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access