フォルトゥナの瞳 関連記事

  • 2月16日~2月17日全国映画動員ランキング1位:『フォルトゥナの瞳』

    【映画ランキング】神木隆之介初の恋愛映画『フォルトゥナの瞳』が初登場V!

    映画

     2月16~17日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『フォルトゥナの瞳』が、初週土日動員14万1000人、興収1億8800万円をあげ初登場1位を獲得した。初日からの3日間の累計では動員19万人、興収2億5000万円を突破した。@@cutter 2位は先週同様『アクアマン』が、週末土日動員12万6000人、興収1億9600万円をあげランクイン。興収では先週に引き続き、1位を上回った。累計では動員65万人、興収9億6000万円と10億円突破も時間の問題だ。  3位は、公開から2週連続トップだった『七つの会議』がツーランクダウン。この週末は動員12万5000人、興収1億6500万円という数字をあげ、累計では動員120万人、興収15億円を突破した。  4位は公開5週目を迎えた『マスカレード・ホテル』。週末土日動員12万5000人、興収1億7200万円をあげ、累計興収は37億円を突破している。  そのほか、公開15週目を迎えた7位の『ボヘミアン・ラプソディ』は累計843万人、興収116億円を突破し、歴代興収では、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を抜いて歴代興収21位に。9位の『十二人の死にたい子どもたち』が、累計興収13億、10位の『雪の華』が累計興収8億5000万円を突破した。  2月16日~2月17日全国映画動員ランキングは、以下の通り。 第1位:フォルトゥナの瞳 第2位:アクアマン 第3位:七つの会議 第4位:マスカレード・ホテル 第5位:劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> 第6位:コードギアス 復活のルルーシュ 第7位:ボヘミアン・ラプソディ 第8位:メリー・ポピンズ リターンズ 第9位:十二人の死にたい子どもたち 第10位:雪の華

  • (左から)有村架純、神木隆之介

    有村架純&神木隆之介、2ショット写真にファン歓喜「かわいいの破壊力」

    エンタメ

     女優の有村架純が18日、自身のインスタグラムに俳優の神木隆之介との2ショット写真を投稿。公開中の映画『フォルトゥナの瞳』で共演している2人の姿にファンからは「かわいいの破壊力」「尊い」「ラブラブ」などのコメントが殺到した。@@cutter 投稿された写真は、ハッシュタグ「#フォルトゥナの瞳」が付けられ、線路の脇で待機する有村と神木の姿を捉えたもの。神木は日傘をさしており、二人で“相合傘”をしながら、笑顔でカメラ目線を送っている様子が収められている。  映画『フォルトゥナの瞳』のオフショットを思わせる写真に、ファンからは「かわいいの破壊力」「かわいいふたり」「かわいい!」などのコメントが殺到。共演中の2人の相合傘に「尊い」「ラブラブ」「相合傘いいなぁ」などの声も寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/kasumi_arimura.official/

  • (左から)『フォルトゥナの瞳』初日舞台挨拶に登壇した有村架純、神木隆之介

    有村架純、DAI語に挑戦 神木隆之介は“SODFSDN”持ってる

    映画

     女優の有村架純が15日都内で、映画『フォルトゥナの瞳』の初日舞台挨拶に登場。タレント・DAIGOの持ちネタであるDAI語を用いて、本作の主演・神木隆之介は“SODFSDN”を持っていると語るなどして、会場を盛り上げた。@@cutter 同作は、百田尚樹の同名小説を原作とする実写ラブストーリー。「死を目前にした人間が透けて見える」という「フォルトゥナの瞳」を有する青年・木山慎一郎(神木)が、運命に立ち向かう様を描く。  今回のイベントには神木や有村の他、志尊淳、DAIGO、斉藤由貴、時任三郎、三木孝浩監督が出席した。  木山役を熱演した神木は、本作について「魂を込めて作った作品」と紹介。有村とのデートシーンはアドリブトークだったと明かし、「車の博物館で説明する描写があって、10回以上撮った。車のことについて急いで調べて、毎回小出しに架純さんにその知識を出していった。4回目くらいで尽きて、同じことばっかり喋ってた(笑)。でも優しいから、『そうなの!?』ってリアクションをちゃんと取ってくれる。助かった」と述懐した。  ヒロイン・桐生葵役の有村は「(本作は)シリアスな内容ではあるけれど、穏やかで、のどかな時間がたくさんあった。それはきっと、神木君が座長だったからこそ生まれた雰囲気だったのかなとすごく思う。ハードな撮影の中、毎日笑顔でどんな時も対応が変わらず、現場を明るく盛り上げてくれた」と神木を称賛した。  金田大輝を演じた志尊は、神木と本作で仲良くなって「週3、4で会う」と告白。神木の印象は「(プライベートでも)ずっとこのまま。それが一番。何も変わらない。この感じの隆ちゃん。すみません、なんかノロケ話になって」と照れ笑いを浮かべた。  宇津井和幸に扮したDAIGOは今回、「『平成最後の悪役』という気持ちで取り組んだ」と述べ、本作に関する妻・北川景子からの感想を問われて「一緒に見た。『すごくイヤなヤツに仕上がってたね』と言ってくれた。良かった」と話した。  イベント中盤には、本作にちなんで、登壇者らから見た“神木の特殊能力”を発表することに。DAIGOはフリップに、北川へのプロポーズで使ったDAI語“KSK(結婚してください)”と記述。「“苦”しむ“芝”居が“神”。(作中で)隆(りゅう)が苦しむシーンがたくさんあって、隆の苦しみ方が半端ない。うちの奥さんと見た後に、二人で隆の苦しむ芝居を勉強しようということになった。二人で、家でずっと苦しんでた。うちの奥さんが、洗濯物とか干してる時に、いきなり『ウッ!』と言って苦しむとか。ずっとやってた」と明かし、会場を笑わせた。  有村も、負けじとDAI語で対抗。“SODFSDN”とフリップに書いて「“初”対面ですが、“恐”れることなく、“誰”とでも、“フ”レンドリーに“接”することが“で”きる“能”力」と解説し、「誰にでも、同じテンションでスーッと人の心に入る能力は凄まじい。どの現場でも、スタッフに対しても共演者の方に対してもそう」と神木を褒め称えた。有村のDAI語を見たDAIGOは「めちゃ長い。大作。完全に本家超えされた」と称賛した。

  • 映画『フォルトゥナの瞳』に出演する神木隆之介にインタビュー

    神木隆之介、“直感を信じた役づくり” 初のラブストーリーでリアルを追求

    映画

     25歳の若さにして20年以上のキャリアを持つ俳優の神木隆之介が、初のラブストーリーに挑んだ最新主演映画『フォルトゥナの瞳』。死に導かれる恋人を救うため、究極の「選択」に身を投じる孤独な青年を見事に演じ切り、役者として新境地を開いた。本作で4度目の共演となる有村架純をヒロインに迎え、「手をつなぐだけでも照れくさかった」と振り返る神木。これまで見たことのない表情や仕草でラブストーリーに命を吹き込んだそのリアルな演技は、どのようにして生まれたのか? キーワードは「直感力」にあるようだ。@@cutter 本作は、『永遠の0』『海賊とよばれた男』などで知られる作家・百田尚樹の小説を『メアリと魔女の花』などの坂口理子が脚色し、『坂道のアポロン』などの三木孝浩監督が映画化した異色のラブストーリー。死を目前にした人間が透けて見える青年・木山慎一郎(神木)が、大切な女性・桐生葵(有村)の悲劇的運命を予知してしまったことから苦悩し、やがて大きな決断を下す姿を活写する。  劇中、「人は朝起きて夜寝るまで9000回何かを選択している」という印象的なセリフが語られるが、この映画は追い込まれたときの「選択」が1つのテーマとなっている。神木自身、決断を迫られたとき、何を基準に、あるいは何を信じて進むべき道を選択するのだろうか? 「僕はもう直感です。最初にいいな、と思ったものをまず選びます。もちろん、その選択が“ちょっと違うな”と思ったときは変える場合もありますが、そこでまた迷いが生じても、やっぱり直感で再び次の道を選びます」とキッパリ。  映画やドラマの現場でも、その「直感」を頼りに役づくりをしているという神木。「テストでやらなかったのに本番でやるとか、テストでやったのに本番でやらないとか(笑)。急にピンと来たものがあったら、本番前でも監督に、“ちょっとここ変えてもいいですか?”と突然相談することもある。見え方とか多少の計算もありますが、ほぼその場での思いつき。ただ、その思いつきが奇跡的につながって最終回への伏線になる場合もあって、そのときは役者をやっていてよかったなと思います。ドラマ『家族ゲーム』(フジテレビ系)なんかは、その代表例だと思います」。@@separator 今回、ラブストーリーに初めて挑んだ神木は、「うわべだけの芝居だけは絶対にしたくなかった」と強調する。「だからこそ、恋人同士が交わす何気ない日常会話に徹底的にこだわった」という神木。「慎一郎がどれだけ葵のことを思っているのか。普段の暮らしの中で培われた愛情が観客の皆さんに伝わらないと、慎一郎に突きつけられる“究極の選択”が生きてこないと思ったので」と役への思いを明かす。  「例えば、ケンカした後に仲直りするところで、“お腹すいたね”“なんか作ろうか?”とたわいもない会話を交わしますが、そういうところに2人の関係性が一番出るので、大事に演じたいと思いました。ある意味、恋人同士の日常会話は、ラブストーリーの一番の醍醐味でもありますから」と熱弁を振るう。さらに、「そういった会話をしながら慎一郎が自然にストレスなく座るとしたら、どんな座り方がリアルなのだろうとふと気になって。鼻をすすったり、眉毛を掻いたり、いろいろ試してみましたが、結局、そこも自分の“直感”を信じて演じさせていただきました」。  慣れないラブシーンにも果敢に挑んだ神木。「キスをするときの表情や手の角度、架純さんの髪の毛の感じとか、映り方とか…こうしてみると、ラブストーリーって考える要素がとても多い。そして何より、撮影スタッフの“いい画を撮るぞ!”というピリピリ感がものすごかった」と改めてその難しさを実感したという。だが、神木が現場で感じた空気感や自身の想像力、あるいは実体験などから生まれる類い稀(まれ)な「直感力」は、有村の魅力を引き出しながら、リアルな恋人同士の姿として確実にスクリーンで生きているはずだ。(取材・文・写真:坂田正樹)  映画『フォルトゥナの瞳』は2月15日より全国公開。

  • 『フォルトゥナの瞳』メインカット

    映画『フォルトゥナの瞳』号が私鉄3社で運行 神戸から奈良へロケ地をつなぐ

    映画

     俳優の神木隆之介が主演し、女優の有村架純が共演する映画『フォルトゥナの瞳』の公開を記念して、ロケ地沿線を走る近鉄、阪神電鉄、山陽電鉄の私鉄3社で「映画『フォルトゥナの瞳』号」が2月1日から運行される。@@cutter 今回の企画では、車内の中吊りがロケ地情報を掲載した映画のビジュアルでジャックされ、先頭車両には公開を記念したヘッドマークが装着される。3社が映画で共通のヘッドマークを掲出するのは初の試み。計3編成(1編成6両)で、運行期間は、近鉄が2月20日まで、阪神電鉄と山陽電鉄が同28日まで。  3社の駅ラックには電車でロケ地を巡れる「ロケ地マップパンフレット」が設置されるほか、主要駅ではサイネージでの映画映像なども放映される。  ほかに、神戸市では神戸デートを応援するプロジェクト「date.KOBE」が『フォルトゥナの瞳』とコラボ。特設サイトのオープンや、神戸市役所や神戸空港、三宮センター街などに設置された大型ビジョンで、キャストコメントや予告編などの動画が1月25日から3月15日まで放映される。  さらに、「『フォルトゥナの瞳』in KOBE展」が2月1日から3月15日までOSシネマズ神戸ハーバーランドのロビーで開催。神木と有村が着用した衣装や小道具、ロケ地の写真などを展示し、映画のシーンやロケのこぼれ話とともに紹介する。入場無料。  奈良県橿原市のイオンモール橿原では1月28日から2月8日まで「『フォルトゥナの瞳』in 橿原」展が開かれ、神木が着用した衣装、小道具、ロケ地の写真等が展示される。こちらも入場無料。  本作は、百田尚樹の同名の小説が原作。運命が見える男と“死の運命”に導かれる女性が織りなすラブストーリーを描く。キャストは神木、有村のほか、志尊淳、DAIGO、松井愛莉、北村有起哉、斉藤由貴、時任三郎ら。監督は『アオハライド』など青春映画の名匠・三木孝浩。  映画『フォルトゥナの瞳』は2月15日より全国公開。

  • (左から)志尊淳、神木隆之介

    志尊淳、初共演の神木隆之介からの第一声は「じゅーん!」

    エンタメ

     俳優の神木隆之介が22日、志尊淳のインスタグラム上でのライブ配信に登場。2月15日公開の映画『フォルトゥナの瞳』で初共演する2人だが、週に3回会うほど仲良しになっているようだ。@@cutter 『フォルトゥナの瞳』は運命が見える男と“死の運命”に導かれる女性が織りなすラブストーリー。「死を目前にした人間が透けて見える能力」を持った男・木山慎一郎を神木、その恋人である桐生葵を有村架純が演じ、志尊は慎一郎の同僚・大輝を演じる。  初共演となった2人だが、志尊が1歳年上の神木に会ったらきちんとしたあいさつをしようと身構えていたそう。ところが実際に会った神木は「じゅーん!」とフランクに声をかけてきたそう。これをきっかけに志尊も「隆ちゃーん」と打ち解けたようで、その日のうちに志尊の車に神木が乗せてもらって帰宅するほどの仲になったとか。今では週3のペースで会うほどの仲だという。  ロケで地方を訪れた際には2人で毎日、露天風呂に入っていたそう。志尊はプライベートでも神木に「淳」と呼ばれるそうで、「この『淳』は僕しか聞いたことがありません」と誇らしげだった。  2人のやり取りには、SNS上でも「可愛いすぎかよ 隆尊」「じゅんじゅんと神木くん可愛かったね」といった声が集まり、仲の良さがファンを和ませているようだ。  映画『フォルトゥナの瞳』は2月15日全国公開。

  • 有村架純

    有村架純&神木隆之介の“ほのぼの2ショット”がかわいすぎると話題 

    映画

     映画『フォルトゥナの瞳』の公式インスタグラムが17日、有村架純と神木隆之介のオフショットを掲載。ほのぼのとした雰囲気を感じられる写真が「かわいすぎる」と話題になっている。@@cutter 映画『フォルトゥナの瞳』は運命が見える男と“死の運命”に導かれる女性が織りなすラブストーリー。「死を目前にした人間が透けて見える能力」を持った男・木山慎一郎を神木隆之介、その恋人である桐生葵を有村架純が演じる。  「2人のほのぼのショットをお届け 手乗り神木さん…?」というコメントとともに公開されたのは、手前に有村がしゃがみ、手を差し出しているところに神木が乗っている様に見える、遠近法を用いて撮影されたキュートなショット。2月15日の映画公開に向け、公式インスタグラムでは他にもさまざまなオフショットが披露されている。  笑顔で写真を撮影する二人に対し、コメント欄には「2人とも可愛いです」「愛しすぎる二人」等の声が多数寄せられているほか、「この手乗り神木くんのキーホルダーとか販売しないですかね?」といった要望を語るファンも見受けられた。 引用:https://www.instagram.com/fortuna_movie/

  • 映画『フォルトゥナの瞳』舞台挨拶に登壇した神木隆之介、有村架純

    神木隆之介「体を鍛えて臨みました」 “強化神木”で初の本格ラブストーリーに挑む

    映画

     俳優の神木隆之介が8日、都内で行われた映画『フォルトゥナの瞳』完成記念イベント&舞台挨拶に登壇。俳優として長いキャリアを誇る神木だが、本格ラブストーリーに挑むのは初ということで「体を鍛えて気合入れて臨みました。“強化神木”です」と胸を張って客席を沸かせた。本イベントには神木のほか、有村架純、DAIGO、斉藤由貴、時任三郎、三木孝浩監督も出席した。@@cutter 「永遠の0」などの人気作家・百田尚樹の同名小説を、ラブストーリーの名手・三木孝浩監督で映画化した本作。「死を目前にした人間が透けて見える」という不思議な能力を持つ青年が、最愛の女性の“死の運命”を知ってしまったことから起こる究極の“選択”を描いた物語。  神木と有村は、これまでも『SPEC』シリーズや『3月のライオン』など何度も共演経験があるが、今回は恋人役。神木は「ついに来たか」と本格ラブストーリーへのオファーがあったときの心境を語ると「(整備工として)作業着を着る役だったので、しっかりと似合うように体を鍛えました」と役へのアプローチ方法を明かす。 @@insert1  そんな神木の姿に有村は「とても似合っていました。背中が大きくなってたくましさを感じました」とこれまでとの変化を述べる。さらに有村は、以前の取材で神木のラブストーリーが見たいと話していたことを明かすと「その相手が私だったことに驚いています。言霊ってあるんだなと思った」としみじみ語る。  神木の新境地となる本作だが、「予告編でも出ていますが、(有村を)後ろから抱きしめるシーンがあるんです。ご覧のとおり、僕と架純ちゃんの身長が同じぐらいなので、後ろからみると首を絞めているように見えちゃうんですよね」と撮影時の苦労話で、会場の笑いを誘っていた。 @@insert2  メガホンをとった三木監督は「仲が良すぎて恋人というよりきょうだいに見えてしまうことがあったので『カップルだからね』と話したことがありました」と、過去に何度も共演してきた2人だからこその距離感について言及したが「さすがに4度目の共演なので相性は抜群。呼吸や会話のキャッチボールがすぐに良くなった。うまく恋人の空気感を作り出してくれました」と俳優としての反応の良さを絶賛していた。  映画『フォルトゥナの瞳』は、2月15日より全国公開。

  • 『フォルトゥナの瞳』主題歌&挿入歌を手掛けるONE OK ROCK

    神木隆之介×有村架純『フォルトゥナの瞳』ONE OK ROCKの主題歌が流れる予告公開

    映画

     俳優の神木隆之介と女優の有村架純が共演し、三木孝浩監督がメガホンを取る映画『フォルトゥナの瞳』より最新予告映像が到着。ロックバンド、ONE OK ROCKが手掛けた主題歌が初解禁された。主演の神木は「メンバーの皆さんとは交流があるので、今回ご一緒できることは運命だと思いました」と語っている。@@cutter 本作は、映画『永遠の0』『海賊と呼ばれた男』の原作者として知られる百田尚樹による同名小説を実写映画化。主人公は、幼少期に飛行機事故で家族を失い、孤独に生きてきた男・木山慎一郎(神木)。ある日、“死が近い人が透けて見える能力”を持っていることに気づいた慎一郎は、孤独だった自分の人生に光を与える桐生葵(有村)と出会う。葵と幸福な日々を送る慎一郎だったが、次第に葵の身体が透け始め…。  7日から劇場スクリーンにて流れる予告編は、神木演じる慎一郎が有村演じる葵と出会い、真剣な表情で想いを告げ、思いが通じ合った2人の幸せな日々を描く映像からスタート。しかし、2人が「私たち、未来を生きていくの」と誓った矢先に葵の身体が透けているのに慎一郎が気づいてしまう。映像のラストは「2人の運命の結末は、秘密にしてください」と観客に訴えかける構成となっており、衝撃のラストが待ち受けていることを予感させる。  本作の主題歌は、ONE OK ROCKの来年2月13日に発売されるアルバム『Eye of the Storm』にも収録されるバラード『In the Stars(feat, Kiiara)』に決定。同バンドは挿入歌も担当する。このたび予告編で解禁された主題歌を聴いた神木は、「初めて聴いた時は涙が出ました。この映画に一段と色を付けてくれるような楽曲です」とコメントを寄せ、三木監督は「この広い宇宙の片隅で、健気に愛を育む慎一郎と葵。その二人の愛を優しく照らす灯火の様に聴こえて、心震えました」と感激したことを明かしている。  映画『フォルトゥナの瞳』は2019年2月15日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access