きみと、波にのれたら 関連記事

  • 『きみと、波にのれたら』ポスタービジュアル

    片寄涼太×川栄李奈『きみと、波にのれたら』GENERATIONS主題歌入り予告解禁

    アニメ・コミック

     GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と女優の川栄李奈が声優としてダブル主演を務めるアニメ映画『きみと、波にのれたら』より、GENERATIONS from EXILE TRIBEが歌う主題歌「Brand New Story」と、この曲が流れる予告編、そしてポスターが公開された。@@cutter 本作は、アニメ映画『夜明け告げるルーのうた』『夜は短し歩けよ乙女』で知られる湯浅政明監督による青春ラブストーリー。サーフィンが大好きな大学生の向水ひな子(声:川栄)が、海の事故で命を落とした恋人で消防士の雛罌粟港(声:片寄)と織りなす恋模様を描く。  予告編は、サーフィンが何よりも好きで海辺の家に越してきたひな子が、消防士の港と出会うシーンから始まる。サーフィンをきっかけに出会った2人は、次第に心を通わせて親密な関係となっていく。しかし、ある日、港を不慮な事故が襲う。悲しみに暮れるひな子だったが、2人の思い出の歌を彼女が口ずさむと、不思議な出来事が起こる。なんと水の中に、いなくなったはずの港の姿が現れたのだ。戸惑いながらも再会を心から喜ぶひな子。なぜ港は再び現れたのか、彼が望むものとは一体何だったのか。夏を感じさせるGENERATIONSのさわやかな歌声に乗せ、小さな港町で巻き起こる二人の奇跡の物語が描き出されている。  主題歌「Brand New Story」について片寄は「楽しい生活や新しい出会い、新たな一歩を踏み出す方に聴いて頂きたい一曲です。悩みや不安を抱えている方に少しでも寄り添える、勇気を与えられる曲になればなと思います。楽曲のなかに“波”というワードも出てきたりと、楽曲全体の世界観もかなり映画とリンクしているので、この楽曲を聴きながら映画を楽しみにお待ち頂けたらなと思います」と話す。  川栄も「落ち込んでいる時や悲しい時に聞くと背中を押されるような、勇気づけられる一曲だと思います。一度聞いたら頭から離れなくて何度も口ずさみたくなる歌です」と語る。川栄が港役の片寄と一緒にこの曲を歌う場面も予告編に登場する。  ポスターには「守りたい人がいる。会いたい人がいる。」というキャッチコピーとともに、サーフボードに乗ったひな子が渦巻く波の中から現れた港との奇跡の再会を喜び、手を取り合おうとする姿が描かれている。  映画『きみと、波にのれたら』は6月21日より全国公開。

  • (左から)『きみと、波にのれたら』声優を務める伊藤健太郎、松本穂香

    松本穂香&伊藤健太郎、湯浅政明監督『きみと、波にのれたら』出演決定

    アニメ・コミック

     GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と女優の川栄李奈が声優としてダブル主演を務めるアニメ映画『きみと、波にのれたら』で、女優の松本穂香と俳優の伊藤健太郎がそれぞれ、主人公・港の妹と後輩の新人消防士の声を演じることが発表された。いずれも作品のテーマを体現する重要なキャラクターとなっている。@@cutter 本作は、アニメ映画『夜明け告げるルーのうた』『夜は短し歩けよ乙女』で知られる湯浅政明監督による青春ラブストーリー。サーフィンが大好きな大学生の向水ひな子(川栄)が、海の事故で命を落とした恋人で消防士の雛罌粟港(片寄)と織りなす恋模様を描く。  松本が演じるのは、港の妹でぶっきらぼうな性格の高校生、雛罌粟洋子(ひなげし・ようこ)。声優初挑戦となった松本は「アニメの声優に挑戦してみたいとずっと思っていたので純粋にすごくうれしかったです」と話し、作品について「監督もおっしゃっていたのですが、この物語は自信のない人たちの話で、それぞれが何かを感じて、気付いて、前に進んで行くお話だと思います」と語っている。  一方、伊藤が演じるのは、港の後輩で新人消防士の川村山葵(かわむら・わさび)。以前から湯浅作品の独特の世界観やストーリーにはまっていたという伊藤は、本作についても「すごく切ないお話だと思いますが、観ている人達がどこか勇気付けられたり一緒にいる人を大切にしようと思えたり、色々考えさせられることの多い作品でもあると思います」とコメントしている。  湯浅監督は2人の役どころと演技について、「洋子は感情とは裏腹に一番強がった、ともすればステレオタイプになりがちな役柄ですが、松本さんが演じることでずっと血の通った『らしい』キャラになりました。山葵の方は素直で可愛らしい役柄ですが、情けない部分も多々あるので嫌われる可能性もありました。しかし伊藤さんが演じる事でとても愛すべき『感じのよい』キャラクターになっています」と話している。  映画『きみと、波にのれたら』は6月21日より全国公開。

  • (左から)『きみと、波にのれたら』声優を務める川栄李奈、片寄涼太

    片寄涼太&川栄李奈W主演決定 湯浅政明監督『きみと、波にのれたら』

    アニメ・コミック

     GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と女優の川栄李奈が、湯浅政明監督の最新作『きみと、波にのれたら』(6月21日全国公開)で、声優としてダブル主演を務めることが発表された。@@cutter 本作は、アニメーション映画『夜明け告げるルーのうた』『夜は短し歩けよ乙女』で知られる湯浅監督が、自信を持てずにいるすべての人へ贈る感動の青春ラブストーリー。サーフィンが大好きな大学生の向水ひな子(むかいみず ひなこ 声:川栄)が、海の事故で命を落とした恋人で消防士の雛罌粟港(ひなげし みなと 声:片寄)と織りなす恋模様を描く。  本作で声優初挑戦となる片寄は「声優初挑戦なので、体当たりの気持ちで、皆さんから一つ一つ学びながら、周りの皆さんと一緒になって雛罌粟港という男を作り上げていけたらなと思いました。ラブストーリーではありますが、一人一人が成長していく部分もとても大事で、観てくださった方が勇気をもらって、背中を押されるような作品になればいいなと思います」とコメント。  ヒロインに声を吹き込むアニメ初主演の川栄は、「声のお仕事を頂くのは本当にありがたいことだなと思っています。アフレコは毎回すごく難しいなと思うので、今回も分量がすごい多いと言われていたのでちょっとドキドキしていました。本作はラブストーリーだけではなく、落ち込んでいる方だったり、元気がない方が『あ、なんか頑張ろう!』という気持ちになれる作品だと思うので、本当に色んな方に観てほしいなと思います」とメッセージを寄せた。  港が再び現れるきっかけが“歌”ということもあり、本作では歌が重要なキーとなっており、劇中では2人で歌うシーンも登場するという。湯浅監督は「2人が戯れに歌を口ずさむシーンでは『1人で映画館に来ると辛いのではないか』と思うほどのアツアツぶりが録れたので、ぜひ、このバカップルと呼べるほどの愛らしい2人の恋を劇場に見に来て欲しいですね」と話している。  映画『きみと、波にのれたら』は6月21日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access