東京喰種 トーキョーグール2(仮) 関連記事

  • 映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』イトリ役で出演する知英

    知英、『東京喰種 トーキョーグール2』新キャストに セクシーな喰種・イトリ役

    映画

     俳優の窪田正孝が主演を務める映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』に、女優の知英(ジヨン)が出演することが発表された。妖しい色香を漂わせる謎の喰種(グール)・イトリ役を演じる。@@cutter 本作は、全世界累計発行部数3700万部を誇る石田スイによる人気コミックを実写映画化する作品の第2弾。東京を舞台に、人間でありながら、人間を食らう種族・喰種としての能力に目覚めた金木研(窪田)が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描く。主演の窪田のほか、カネキの最大の宿敵である喰種・月山習を松田翔太、ヒロインの霧嶋董香を山本舞香が演じる。  食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種が潜む街・東京。大学生のカネキ(窪田)は、ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフとなり、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、いまは喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカ(山本)らと生活している。そんな中、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山(松田)が、人間と喰種のハーフであるカネキの特殊な「におい」に目をつけ、自ら主宰する「グールレストラン」へカネキを招き入れる。  知英が演じるイトリは、バー「Helter Skelter」を経営している情報通の喰種。カネキが必要とする情報の交換条件として、月山が主宰する「グールレストラン」の調査を依頼するという役どころだ。原作コミックでも人気のキャラクターで、映画では初登場となる。  知英は役作りに関して「本番前のリハーサルでは監督と主役の窪田さん他キャストさんたちとシーンについてじっくり話し合いました。窪田さんには現場でイトリのキャラクターとしての細かい提案をしてもらったりと、とても助けられた部分があり感謝してます」と明かし、「読者の皆さんから愛されてるキャラクターの一人でもありますのでプレッシャーもありましたが、現場のみんなでイトリを作り上げられたのかもしれません」と話している。  映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』は7月19日より全国公開。

  • (左から)『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』に出演する木竜麻生、森七菜

    森七菜&木竜麻生、『東京喰種 トーキョーグール2』新キャストに決定

    映画

     俳優の窪田正孝が主演を務める映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』の新キャストとして、若手女優の森七菜と木竜麻生が出演することが決定。森は小坂依子役を、木竜は西野貴未役を担当する。@@cutter 本作は、全世界累計発行部数3700万部を誇る石田スイによる人気コミックを実写映画化する作品の第2弾。東京を舞台に、人間と、人間を食らう種族・喰種(グール)の共存をかけた闘いをダークな世界観で描く。窪田が前作に続き主人公の金木研(カネキ・ケン)を演じるほか、カネキの最大の宿敵として立ちはだかる喰種・月山習(ツキヤマ・シュウ)を松田翔太、カネキと共に月山と戦うヒロインの霧嶋董香(キリシマ・トーカ)を山本舞香が演じる。    森が演じる、トーカと同じ学校に通う親友・小坂依子(コサカ・ヨリコ)は、学校を休みがちなトーカを心配し、得意の手料理で元気づけようとする少女。木竜が演じる西野貴未(ニシノ・キミ)は、カネキが通う大学の先輩で喰種のニシキ(白石隼也)の恋人。人間であるにもかかわらずニシキを受け入れ、一途に想い、献身的に支える。この2人の少女は、主人公カネキにとって、人間と喰種の共存をより強く願うきっかけを与える重要な役どころとなっている。  現在放送中のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』に出演し、新海誠監督の新作映画『天気の子』のヒロインの声優に抜てきされている森。本作の撮影について「今作からの参加ですが、『東京喰種』の特別な世界観を大切に、小坂依子を演じさせていただきました。イメージが完成しているキャラクターを演じるのは難しかったですが、窪田正孝さん、山本舞香さん、監督を始めとするスタッフの皆さんに助けていただきながら心地よく撮影させていただき、すごく楽しかったです」と振り返っている。  一方、木竜は映画『菊とギロチン』『鈴木家の嘘』に出演し、同2作の演技で第31回東京国際映画祭東京ジェムストーン賞や第92回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞ほか数々の賞を受賞した経歴を持つ。本作への出演について「『東京喰種』という人間と喰種の生きる世界の中、彼女を通して、私自身の大切にしたいものを改めて考えさせられたような気がしました」と感想を語っている。  映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』は7月19日全国公開。

  • 『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』でウタ役を続投する坂東巳之助

    坂東巳之助、『東京喰種 トーキョーグール2』で再びウタ役に クールな新写真も

    映画

     俳優の窪田正孝が主演を務める映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』の追加キャストとして、歌舞伎俳優の坂東巳之助が、前作に引き続きウタ役で出演することが決定。併せてウタのクールな表情を捉えた新写真も公開された。@@cutter 本作は、全世界累計発行部数3700万部を誇る石田スイによる人気コミックを実写映画化する作品の第2弾。東京を舞台に、人間と、人間を食らう種族・喰種(グール)の共存をかけた闘いをダークな世界観で描く。窪田が前作に続き主人公の金木研(カネキ・ケン)を演じるほか、カネキの最大の宿敵として立ちはだかる喰種・月山習(ツキヤマ・シュウ)を松田翔太、カネキと共に月山と戦うヒロインの霧嶋董香(キリシマ・トーカ)を山本舞香が演じる。  坂東が演じるのは、原作でも人気のキャラクターであり、4区でマスク屋を営んでいるウタ。常に赫眼状態で、刈り上げにピアス、全身タトゥーという、普段の坂東とかかけ離れた個性的な姿をしている。前作では、半喰種となってしまったカネキのためにマスクを作り、カネキを気にかけていたが、本作では喰種が集う「喰種レストラン」にも関わっているような怪しい表情を見せる。  坂東は「前作に引き続きウタを務めさせていただき、光栄に思います。凝りに凝ったタトゥーもピアスも健在、前回はおやつだった美味しい目玉は今回おつまみになりました。徐々に、しかし確実に動き(蠢き?) 始めていくウタさんに是非ご注目ください」とコメントを寄せている。  今回公開された新写真は、ウタがバーにいる姿を捉えたもの。グリーンの照明の下、クールな表情を浮かべるウタがいるこのバーは、一体誰が集まっているのか。本編への期待が高まる1枚となっている。  映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』は7月19日全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access