クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ロマンスドール 関連記事

  • 映画『ロマンスドール』場面写真

    祝! 高橋一生39歳誕生日『ロマンスドール』鋭い目つきのラブドール職人姿解禁

    映画

     俳優の高橋一生が主演を務め、女優の蒼井優と共演する映画『ロマンスドール』より、ラブドールの造形士役を務める高橋の職人姿を捉えた場面写真が、高橋の39歳の誕生日であるきょう12月9日に、解禁となった。@@cutter 本作は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」に連載されたタナダユキの同名小説を、タナダ自身の脚本・監督により映画化。男女が強く引かれ合い、すれ違い、もがきながらも、夫婦として本当の幸せを見つけていく物語を描く。高橋と蒼井は映画『リリィ・シュシュのすべて』(2001)以来18年ぶり2度目の共演。このほか、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二、渡辺えり、きたろうといった個性豊かな実力派俳優陣が集結した。  美大の彫刻科を卒業してフリーター生活をしていた哲雄(高橋)は、大学時代の先輩に紹介された「久保田商会」を訪ねる。職員の田代(渡辺)の説明で、そこがラブドール制作工場だということが判明するが、お金が必要だった哲雄はラブドール職人として働くことを決意する。  リアリティーのある造形士を演じるため、高橋は『南極1号伝説』『愛人形 Love Dollの軌跡~オリエント工業40周年記念書籍~』などの資料を読み込んだ上で、実際にオリエント工業を訪問、製造工程の実習に複数回参加した。  かつて舞台の大道具なども経験したことがある高橋は飲み込みが早く、指導に当たったオリエント工業の造形士・大澤氏も驚くほど上手にドール作りの工程を進めた。最終的には大澤氏と専門用語で会話できるほどの知識も身につけ、役作りは完璧に。  高橋自身も「今回の役を演じるにあたり、実際にラブドール工場に見学に行き、ドールづくりについて学びました。そこにいるのはまさに職人の方々で、工芸的な感覚でひとつの作品として作ってらっしゃる姿を見て、自分も哲雄を演じる心構えができました」とコメントしており、心身共に“職人”を演じる準備を万全に整えた上で、哲雄というキャラクターに挑んだことがうかがえる。  今回解禁された場面写真は、そんな高橋が真剣なまなざしでドールに向き合う姿を切り取ったもの。“何か”に取りつかれたようなその目は眼光鋭くドールの原型を見つめており、真剣なモノづくりの雰囲気がひしひしと伝わってくるカットとなっている。  映画『ロマンスドール』は2020年1月24日より全国公開。

  • 映画『ロマンスドール』本ポスタービジュアル

    高橋一生×蒼井優の視線に心ざわめく…『ロマンスドール』予告&ポスター解禁

    映画

     俳優の高橋一生が主演を務め、女優の蒼井優と共演する映画『ロマンスドール』より、ポスタービジュアルと本予告が解禁された。ポスターは、高橋と蒼井のこちらを向いた視線にドキリとさせられるシンプルな写真に、「誰かを愛することは、やっかいで、幸せだ。」というコピーが添えられ、結婚後に変化していく2人の感情と関係性を、繊細に、そして少しのおかしみをもって予感させるものとなっている。@@cutter 本作は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」に連載されたタナダユキの同名小説を、タナダ自身の脚本・監督により映画化。男女が強く引かれ合い、すれ違い、もがきながらも、夫婦として本当の幸せを見つけていく物語を描く。高橋と蒼井は映画『リリィ・シュシュのすべて』(01)以来18年ぶり2度目の共演。このほか、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二、渡辺えり、きたろうといった個性豊かな実力派俳優陣が集結した。  主人公・北村哲雄(高橋)は、美大卒業後にフリーター生活をしていたところ、ひょんなことからラブドール制作工場で職人として働き始めた。だが、一目ぼれで結婚した美人で気立てのいい妻の園子(蒼井)には、そのことをずっと隠し続けている。平穏に過ぎていく日常の中、哲雄は仕事にのめり込み、園子とは次第にセックスレスに。いよいよ夫婦の危機かと思ったとき、園子はぽつりと胸の中に抱えていた秘密を打ち明ける…。  本予告には、一目で恋に落ち結婚した哲雄と妻の園子が、うそと秘密を抱えたまま次第にすれ違い変わりゆく中で、再生していこうとする二人の10年間が描かれている。相手を信頼し愛し合っているにもかかわらず、哲雄は自身がドール職人であることを妻に言えず、医療関係の仕事とうそをついたまま時が過ぎてゆく。一方、夫に理解があり完璧に見えていた妻・園子は、突如行方をくらまし、哲雄が問い詰めると「私たち離婚でしょ?」と突然切り出す。  本予告ではnever young beachによる主題歌「やさしいままで」の音源も18秒のみ解禁。「愛するということは許すということなのかな。そんなことを思い作りました」と語るnever young beachの、心地よくも登場人物の心情に寄りそうサウンドが、本作の唯一無二な世界を彩っている。  映画『ロマンスドール』は2020年1月24日より全国公開。

  • 映画『ロマンスドール』蒼井優と高橋一生の神前式画像

    蒼井優の美しすぎる白無垢姿 いい夫婦の日記念!『ロマンスドール』結婚式カット解禁

    映画

     俳優の高橋一生が主演を務め、女優の蒼井優と夫婦役で共演する映画『ロマンスドール』より、本日11月22日が“いい夫婦の日”であることに合わせて2人の結婚式カットが解禁された。@@cutter 本作は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」に連載されたタナダユキの同名小説を、タナダ自身の脚本・監督により映画化。男女が強く引かれ合い、すれ違い、もがきながらも、夫婦として本当の幸せを見つけていく物語を描く。高橋と蒼井は映画『リリィ・シュシュのすべて』(2001)以来18年ぶり2度目の共演。このほか、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二、渡辺えり、きたろうといった個性豊かな実力派俳優陣が集結する。  美人で気立てのいい園子(蒼井)に一目惚れして結婚した哲雄(高橋)が、彼女にずっと隠し続けている仕事、それはラブドール職人としてドールを作っていること。平穏に過ぎていく日常の中、哲雄は仕事にのめり込み、恋焦がれて結婚したはずの園子とは次第にセックスレスになっていた。いよいよ夫婦の危機かと思ったとき、園子はぽつりと胸の中に抱えていた秘密を打ち明け…。  今作で初の夫婦役共演を果たした高橋と蒼井が、劇中の凛々しい紋付袴と美しい白無垢姿を披露。恋愛映画ではあるものの、“結婚”をゴールとしていない本作について高橋は「結婚してから始まるラブストーリー。結婚がエンディングではなく、その先のお互いの想いや愛の形がどう変化するか、どこに落ち着いていくのか。激しさだけでなく、淡々とした日常の中で本当の愛が見えてくるような、ある意味究極の作品だと思っています」とコメント。写真に写っている神前式は哲雄と園子の物語の“スタート”でしかなく、結婚生活はすんなりとは進まないことを匂わせている。  また、本日より開設された映画の公式インスタグラムでは、嘘と秘密を抱えた哲雄と園子の「ふたりの10年」をテーマに、フォトアルバム風に写し出された美しい写真の数々が公開に向けて展開されていく予定となっている。  映画『ロマンスドール』は2020年1月24日より全国公開。

  • 映画『ロマンスドール』メインビジュアル

    『ロマンスドール』主題歌はnever young beach 高橋一生と“兄弟共演”

    映画

     俳優の高橋一生が主演を務め、女優の蒼井優と共演する映画『ロマンスドール』の主題歌を、4人組バンド・never young beachが手掛けることが決定した。同バンドのヴォーカル&ギターを務める弟・安部勇磨と“兄弟共演”を果たすことになった高橋は、楽曲について「兄だけど。好きです」とコメントした。@@cutter 本作は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」に連載されたタナダユキの同名小説を、タナダ自身の脚本・監督により映画化。男女が強く引かれ合い、すれ違い、もがきながらも、夫婦として本当の幸せを見つけていく物語を描く。高橋と蒼井は映画『リリィ・シュシュのすべて』(2001)以来18年ぶり2度目の共演。このほか、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二、渡辺えり、きたろうといった個性豊かな実力派俳優陣が集結する。  never young beachは本作のための書き下ろし主題歌に加え、劇中歌も手掛けており、心地よくも登場人物の心情に寄りそったサウンドで、『ロマンスドール』の唯一無二な世界を彩る。  主題歌をnever young beachが手掛けると聞き「えー!」という気持ちになったという高橋は、楽曲を聞き「兄だけど。好きです」とコメント。タナダ監督は「聴いた時、その詞や曲、歌声が、主人公の哲雄の哀しみや後悔をもやさしく肯定してくれているようで、深くあたたかく胸に響き、感極まりました。最後の一音が終わるまでが、映画『ロマンスドール』の世界です。この曲が沢山の人に届きますように」とメッセージを残した。  never young beachは「人間、誰かを愛しても様々なすれ違いがあると思います。ベストな状況は少しの間。日々の中、互いに変わっていき、ぶつかる。それでいいと思うんです。正しさだけが人を救うわけじゃない。疲れちゃう。どんな状況になっても受け入れ、楽しみ、互いの違いを理解出来たら。愛するということは許すということなのかな。そんなことを思い作りました」と楽曲に込めた思いを語っている。  映画『ロマンスドール』は2020年1月24日より全国公開。

  • 映画『ロマンスドール』ビジュアル

    高橋一生×蒼井優、美しいキスシーンに心奪われる『ロマンスドール』特報到着

    映画

     俳優の高橋一生が主演を務め、女優の蒼井優と共演する映画『ロマンスドール』より、特報が解禁された。初の夫婦役を演じる二人のベッドでの物憂げな会話や美しいキスシーンが映し出されている。@@cutter 本作は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」に連載されたタナダユキの同名小説を、タナダ自身の脚本・監督により映画化。男女が強く引かれ合い、すれ違い、もがきながらも、夫婦として本当の幸せを見つけていく物語を描く。高橋と蒼井は映画『リリィ・シュシュのすべて』(01)以来18年ぶり2度目の共演。このほか、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二、渡辺えり、きたろうといった個性豊かな実力派俳優陣が集結する。  主人公・北村哲雄(高橋)は、美大卒業後にフリーター生活をしていたところ、ひょんなことからラブドール制作工場で職人として働き始めた。だが、一目ぼれで結婚した美人で気立てのいい妻の園子(蒼井)には、そのことをずっと隠し続けている。平穏に過ぎていく日常の中、哲雄は仕事にのめり込み、園子とは次第にセックスレスに。いよいよ夫婦の危機かと思ったとき、園子はぽつりと胸の中に抱えていた秘密を打ち明ける…。  特報では、高橋演じる哲雄と蒼井演じる妻・園子がベッドで見つめ合う場面から始まる。「結婚したとき、どういう夫婦になりたかった? 私はね、なんでも言い合える夫婦になりたかった」と語る園子のほほをなでながら、「なにが言いたいの…?」と問いかける哲雄。物憂げな会話に続いて、二人は見つめ合い、美しくもはかなげなキスを交わす。そしてそれぞれの目線から対照的に添えられた、「妻を愛して“嘘”をついた」「夫を愛して“秘密”を持った」という印象的なメッセージ。その先にどのような展開が待ち受けるのか、変わりゆく男女の感情をリアルに映し出す大人のラブストーリーを期待させる映像となっている。  映画『ロマンスドール』は2020年1月24日より全国公開。

  • 映画『ロマンスドール』ティザービジュアル

    高橋一生×蒼井優が初の夫婦役『ロマンスドール』 美しすぎるティザービジュアル解禁

    映画

     俳優の高橋一生が主演を務め、蒼井優と初めて夫婦役を演じる、タナダユキ監督最新作『ロマンスドール』の公開日が2020年1月24日に決定し、第1弾となるティザービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載されたタナダユキの小説『ロマンスドール』を、タナダ自身の脚本・監督により映画化。男女が強く引かれ合い、すれ違い、もがきながらも、夫婦として本当の幸せを見つけていく物語を描く。キャストには高橋、蒼井のほか、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二、渡辺えり、きたろうといった個性豊かな実力派俳優陣が集結する。  美人で気立てのいい園子(蒼井)に一目ぼれして結婚した哲雄(高橋)が彼女にずっと隠し続けていること、それはラブドール職人の仕事だった。平穏に過ぎていく日常の中、哲雄は仕事にのめり込み、園子とは次第にセックスレスに。いよいよ夫婦の危機かと思ったとき、園子はぽつりと胸の中に抱えていた秘密を打ち明ける…。  解禁されたティザービジュアルは、タナダ監督が映画のキーカラーとした“スモーキーブルー”の世界観に包まれ、高橋扮する主人公の哲雄と蒼井演じる妻・園子の、美しく、幸せそうに見える姿が写し出されている。そして、それぞれの脇には「妻を愛して“嘘”をついた。」「夫を愛して“秘密”を持った。」というキャッチコピーが添えられ、惹かれ合い結婚し、愛し合った先に2人がもった”嘘“と”秘密“が何なのかが気になるビジュアルとなっている。  映画『ロマンスドール』は2020年1月24日より全国公開。

  • (左から)映画『ロマンスドール』に出演する高橋一生×蒼井優

    高橋一生×蒼井優『ロマンスドール』、2020年正月第二弾での公開決定

    映画

     俳優の高橋一生が主演を務め、蒼井優が共演するタナダユキ監督最新作『ロマンスドール』が、予定されていた今秋の公開を延期して、2020年に正月第二弾で公開されることが決定した。今作には麻薬取締法違反の罪に問われ懲役1年6ヵ月、執行猶予3年の刑が確定したピエール瀧(本名:瀧正則)が出演しており、事件発覚後、製作委員会で協議を重ねた結果延期が決まったという。@@cutter 本作は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載されたタナダユキの小説『ロマンスドール』を、タナダ自身の脚本・監督により映画化。男女が強く引かれ合い、すれ違い、もがきながらも、夫婦として本当の幸せを見つけていく物語を描く。キャストには高橋、蒼井のほか、きたろう、渡辺えり、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二といった個性豊かな実力派俳優陣が集結する。  美人で気立てのいい園子(蒼井)に一目ぼれして結婚した哲雄(高橋)が、彼女にずっと隠し続けていること、それはラブドール職人の仕事だった。平穏に過ぎていく日常の中、哲雄は仕事にのめり込み、園子とは次第にセックスレスに。いよいよ夫婦の危機かと思ったとき、園子はぽつりと胸の中に抱えていた秘密を打ち明ける…。  ピエール瀧の事件発覚後、協議を重ねてきた映画『ロマンスドール』製作委員会は、公開を希望するたくさんの声が集まったことから、再撮影は行わず、公開を2020年正月第二弾に延期することを決定。「無事に劇場公開できる運びとなった事を製作委員会一同感謝申し上げるとともに、引き続き応援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます」とコメントを寄せている。  映画『ロマンスドール』は2020年正月第二弾公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access