スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム 関連記事

  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』メインカット

    『スパイダーマン』、新ヒーロー・ミステリオ登場の本編映像解禁

    映画

     俳優のトム・ホランドが主演を務める映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』より、スパイダーマンやニック・フューリーらと共に新たな脅威に立ち向かう謎多きニューヒーロー、ミステリオが登場する本編映像が解禁された。@@cutter 本作は2017年にアベンジャーズを中心としたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界に参戦したスパイダーマンの最新作。現在公開中の『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界を舞台に、スパイダーマンことピーター・パーカーが、ヒーローの師匠であるアイアンマンの“鉄の意志”を継ぎ、真のヒーローになる為に新たな脅威に挑む。ミステリオ役を演じるのは、アカデミー賞にノミネートされた経験を持つ俳優のジェイク・ギレンホール。彼にとって、本作がMCU作品初参戦となる。  ピーター(トム・ホランド)は夏休みに、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かける。しかしそこで待っていたのは、元 S.H.I.E.L.D.長官であるニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)。迫りくる新たな脅威を察したニックは、その戦いに向けてスパイダーマンの力を必要としていた。  ヴェネチア、ベルリン、ロンドンといったヨーロッパ都市をはじめ、各国を危機に陥れるその脅威とは、それぞれ風、水、火、土の四大元素のうちの一つを操る、エレメンタルズと呼ばれる巨大なクリーチャーたち。この怪物たちは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ/エンドゲーム』での出来事によって、宇宙にできたブラックホールから地球上に現れたのだ。  目の前に立ちはだかる圧倒的な敵にピーターは怖気づくが、ニックはその使命をスパイダーマンに託す。さらにニックは別の地球から来たというミステリオ(ジェイク・ギレンホール)をピーターに引き合わせ、ミステリオもまた、ピーターと共に敵に立ち向かっていく。  今回公開された映像は、ピーターとニューヒーローのミステリオ(=クウェンティン・ベック)のファーストコンタクト。映像冒頭にミステリオは初めてスパイダーマンと向かい合い、スパイダーマンの活躍をねぎらう。新たなヒーロー、ミステリオは、スパイダーマンと共にエレメンタルズに立ち向かい、スパイダーマンを“親愛なる隣人”から“真のヒーロー”へと導くことはできるのか期待が高まる。  前作『スパイダーマン:ホームカミング』から引き続きメガホンを取る、ジョン・ワッツ監督はミステリオについて「コミックの中では魅力的なヴィランだった。だからヒーローとして描かれる彼は、今まで誰も見たことがないんだ。スパイダーマンとミステリオとニック・フューリーがチームとなって、全世界に対する脅威と戦うというアイデアがエキサイティングだ」と語っている。  映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は6月28日より全国公開。

  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』メインカット

    『スパイダーマン』最新作、“赤×黒”最新鋭スーツの秘密明らかに

    映画

     スパイダーマン最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』より、赤×黒スーツ誕生の秘密が明らかになる「最新鋭スーツ編」のTVスポットが解禁となった。@@cutter 「スパイダーマン」シリーズ最新作の本作は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の戦い後の世界が描かれ、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)フェイズ3完結作となる。  ピーター(トム・ホランド)は夏休みに、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かける。そこに待っていたのは、元 S.H.I.E.L.D.長官ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)だった。迫りくる新たな脅威を察したニックは、スパイダーマンの力を必要としていたのだ。目の前に立ちはだかる脅威にピーターはおじけづくが、ニックはその使命をスパイダーマンに託す。ヨーロッパ各都市をはじめ、各国を危機に陥れるのは、“火”や“水”など自然の力を操るクリーチャーたち。世界に脅威が迫る中、ニックはミステリオ(ジェイク・ギレンホール)をピーターに引き合わせる。異次元から来たという彼もまた、ピーターと共に敵に立ち向かっていく。  この度解禁となったTVスポットでは、新しい配色である赤×黒スーツの製造シーンが描かれている。ヨーロッパ各地で突如現れた未知の敵と闘うために、「新しいスーツを!」と意気込むピーター=スパイダーマン。アイアンマンことトニー・スタークの運転手兼ボディーガードのハッピー・ホーガンが「任せろ」と快諾すると、ピーターの後ろの壁が開いて、マシンの中から赤×黒スーツが出来上がっていく様子が映し出されている。  先月バリで行われたファンイベントの記者会見では、トム・ホランドが新スーツについて「ウェブシューターがスーツの中に組み込まれている」と公表しており、その新機能についても期待が高まる。  映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は6月28日より全国公開。

  • 映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』日本語吹替版主題歌を担当する「凛として時雨」

    『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』日本版主題歌は凛として時雨

    映画

     映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(6月28日世界最速公開)の日本語吹替版主題歌を3人組ロックバンド「凛として時雨」が手掛けることが決定し、書き下ろし楽曲「Neighbormind」入りのTVスポットが解禁となった。 @@cutter 「スパイダーマン」シリーズ最新作の本作は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の戦い後の世界が描かれ、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)フェイズ3完結作となる。  ピーター(トム・ホランド)は夏休みに、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かける。そこに待っていたのは、元 S.H.I.E.L.D.長官ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)だった。迫りくる新たな脅威を察したニックは、スパイダーマンの力を必要としていたのだ。目の前に立ちはだかる脅威にピーターはおじけづくが、ニックはその使命をスパイダーマンに託す。ヨーロッパ各都市をはじめ、各国を危機に陥れるのは、“火”や“水”など自然の力を操るクリーチャーたち。世界に脅威が迫る中、ニックはミステリオ(ジェイク・ギレンホール)をピーターに引き合わせる。異次元から来たという彼もまた、ピーターと共に敵に立ち向かっていく。  主題歌を担当する「凛として時雨」のTKは、『スパイダーマン:スパイダーバース』では、ソロプロジェクトである「TK from 凛として時雨」でスパイダーマンと初タッグを組んだが、今回はバンドとして参加。本作のために書き下ろされた楽曲「Neighbormind」では、男女ツインボーカルとエモーショナルなドラムによるバンドサウンドが奏でられ、スパイダーマンの運命を情緒的に彩る。  TKは「前回のソロプロジェクトからバンドへどういった形でバトンを受け渡し、再構築するのか、色んなイメージの中から糸を手繰り寄せる様に繋ぎ合わせていきました。いつも予想を超えたストーリーを魅せてくれるスパイダーマン、寄り添うだけじゃなく遥か遠くまで飛び出したその先で交われる様な音楽を目指しました」とコメントしている。  TVスポットでは、壁に描かれたアイアンマンの姿を見つめるスパイダーマンに、ニック・フューリーが「覚悟を決めるんだ」というせりふを投げかけるシーンから始まり、ヴェネチア、ベルリン、ロンドンといったヨーロッパ各地で突如現れた未知の敵に次々と立ち向かうスパイダーマンが描かれる。『アベンジャーズ/エンドゲーム』の戦いを経て、真のヒーローへと成長すべく次なる戦いに挑むことになる運命を背負ったピーター。その世界とまるで交錯するような、エモーショナルではかないサウンドが物語に深みを与えている。  映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は6月28日より全国公開。

  • 映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』日本語吹き替え版キャスト

    『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』日本語声優に榎木淳弥&竹中直人&高橋広樹

    映画

     6月28日に世界最速公開される映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の日本語吹き替え版キャストとして、声優の榎木淳弥、俳優の竹中直人、声優の高橋広樹が出演することが発表された。前作に引き続き、榎木はスパイダーマンを演じ、竹中はアベンジャーズからニック・フューリー役を続投。高橋はスパイダーマンと共に立ち向かう新ヒーロー、ミステリオを演じる。@@cutter 本作は、2017年にアベンジャーズを中心としたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界に参戦した『スパイダーマン』の最新作。現在公開中の『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界が描かれる。  日本語吹き替え版で榎木が演じるのは、主人公のスパイダーマンこと高校生のピーター・パーカー。榎木は「エンドゲーム後の世界で、スパイダーマンの新たな戦いが始まります。ピーターが、スパイダーマンが、ヒーローとしてどのように成長していくのか僕自身も楽しみです。ご期待下さい!」と意気込む。  竹中は元S.H.I.E.L.D.長官にしてアベンジャーズを統率してきたフューリーを演じる。アベンジャーズのヒーローたちが不在の中、ヨーロッパ各地に突如現れた脅威を前に、スパイダーマンに共に戦うことを要請する重要な役どころだ。「スパイダーマンとニック・フューリーの夢の共演!!! そして…この私が、再びニック・フューリーの声優を務めさせて頂くとはっ! 我が心臓が音を立てて軋みだす! わたくし竹中直人、全勢力をかけて挑みたい!そう思っております!どうかよろしくお願い致します!!」と興奮気味にコメントした。  高橋は新登場のミステリオことベックを担当。ミステリオ役のジェイク・ギレンホールが出演する作品で、数多く吹き替えを担当してきた高橋は「また、新しいジェイクに会えて嬉しいです。彼は、出演する映画毎に役作りがとても深いので、楽しみです」と語った。  その他、ピーターを支えるハッピー・ホーガン役を大西健晴、ピーターが密かに恋心を寄せるMJ役に真壁かずみ、ピーターの同級生で一番の親友でもあるネッド役に吉田ウーロン太、高校のニュースチャンネルのパーソナリティーであるベティ役に水瀬いのり、ピーターの叔母であるメイおばさん役には安藤麻吹がそれぞれ続投する。  映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は6月28日より全国公開。

  • 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』メインカット

    『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』6.28世界最速公開 新予告はネタバレ注意

    映画

     俳優のトム・ホランドが主演を務める映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の日本公開が6月28日に決定し、世界最速での公開となることが発表された。併せて、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレを含む最新の予告編と場面写真も公開された。@@cutter 本作は2017年にアベンジャーズを中心としたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界に参戦したスパイダーマンの最新作。現在公開中の『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界が描かれる。  スパイダーマンこと高校生のピーター・パーカー(トム)は、夏休みに“ホーム”であるニューヨークを離れ、学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かける。しかしそこへ、S.H.I.E.L.D.の長官であるニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が現れ、ピーターにミッションを与えることに。真のヒーローへと成長すべく、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の戦いを経たピーターは、次なる戦いに挑むことになる。  公開された予告映像は、冒頭でトムが『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレを含むことを伝える注意喚起からスタート。まだ『エンドゲーム』を観ていない人は、その先を観ないようにと勧めている。  続いて、ニックや、シリーズではお馴染みの高校の親友ネッド(ジェイコブ・バタロン)やMJ(センデイヤ)が登場。さらにニックがピーターに引き合わせた、別の世界から来たという、初登場のベック(ジェイク・ギレンホール)も現れ、ピーターと共に敵に立ち向かっていく。ベックは、マーベル・コミックでは「ミステリオ」として知られるキャラクター。本作では敵となるのか味方になるのかにも注目だ。  併せて公開された6枚の場面写真は、主人公ピーターと向かい合うベックや、赤と黒の新たなスーツを身に着けたスパイダーマン、また、MJを抱えているスパイダーマンの姿などを捉えたものとなっている。  映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は6月28日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access