ワイルド・スピード/スーパーコンボ 関連記事

  • 『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』出演のウワサがあるキアヌ・リーヴス

    キアヌ・リーヴス、『ワイルド・スピード』スピンオフに出演か

    映画

     映画『ジョン・ウィック』シリーズの俳優キアヌ・リーヴスが、日本では8月2日公開予定の映画『ワイルド・スピード』シリーズのスピンオフ『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』に出演している可能性があるという。@@cutter 本家『ワイルド・スピード』シリーズに登場する米外交保安部捜査官のルーク・ホブスと、元英特殊部隊の軍人で殺し屋のデッカード・ショウがタッグを組み、最強の悪に挑む『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』。映画『マイティ・ソー』シリーズの俳優イドリス・エルバが、自身を“悪のスーパーマン”と呼ぶ悪役ブリクストン(Brixton)を演じる。  しかしScreenrantによると、悪役はイドリスが演じるキャラクターだけではない可能性があるという。キアヌが演じるのは重要な役どころで、イドリス演じるブリクストンに関係のある悪役。続編に再登場する可能性があるとのことだ。つまり続編は確定ではないが、1作目が成功すれば制作されることはほぼ確実の続編で、メインヴィランを演じる可能性があるとのことだ。そのため1作目では終盤か、もしかするとエンドクレジット内での登場もあり得るという。  キアヌの出演に関しては、製作の米ユニバーサル・ピクチャーズから公式発表がまだない。現時点ではウワサの域を出ないが、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の監督は2015年作『ジョン・ウィック』の共同監督を務め、同シリーズのプロデューサーでもあるデヴィッド・リーチだ。キアヌとは旧知の仲でもあるため、拡大する『ワイルド・スピード』ユニバースにキアヌが参戦する可能性は、無きにしも非ずかもしれない。

  • 『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』場面写真

    『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』肉弾戦&爆破! アクションてんこ盛り新予告

    映画

     全世界累計興行収入5000億円を超える人気アクション映画シリーズ『ワイルド・スピード』の最新作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』より、アクション満載の最新予告映像が解禁された。@@cutter 元FBI特別捜査官のルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と元MI6エージェントのデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)というシリーズおなじみの2人を主役に新たな戦いを描く本作。2人の前に立ちはだかる史上最強の敵、ブリクストン役にイドリス・エルバを迎え、物語の鍵を握るショウの妹・ハッティ役でヴァネッサ・カービーが参戦する。  今回解禁された映像は、ホブスとショウが、互いにいがみ合いながら敵を次々になぎ倒していくシーンからスタート。  ショウの妹・ハッティが数十億人を殺せる危険ウイルスを盗み出し、戦いに巻き込まれるホブスとショウ。強大な相手に「みんなで戦うの、チームとして」とハッティが2人に投げかけ、3人で敵に挑むことになる。  爆破しまくり、車壊しまくりとド派手なアクションが繰り広げられる中、史上最大の敵、ブリクストンが「待たせたな、悪のスーパーマンだ」と立ちはだかるシーンも。俳優陣による迫力の肉弾戦に加え、ハッティの華麗なアクションシーンも垣間見ることができる。  ラストでは、飛行中のヘリコプターにチェーンを巻きつけて引っ張り落とすという超規格外アクションも登場。『ワイスピ』ならではのアクション満載、エンジン全開の予告映像となった。  また、本作のムビチケカード券が全国の上映劇場にて4月26日より販売決定(一部劇場を除く)。数量限定特典で『ワイスピ』全シリーズのタイトルロゴが収められた『ワイルド・スピード』メモリアルコンボステッカーが付く。  さらにムビチケオンライン券を購入すると、過去に数量限定で販売され、すでに生産終了している貴重なスチール・ブック仕様の『ワイスピ』シリーズブルーレイが抽選で200名にあたるキャンペーンも実施。詳しくはムビチケ公式サイトにて。  映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』は8月2日より日米同時公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access