クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ロケットマン 関連記事

  • (左から)小玉ユキ、浅野いにお『ロケットマン』描き下ろしイラスト

    小玉ユキ&浅野いにお、『ロケットマン』特別イラストを描き下ろし!

    映画

     俳優のタロン・エガートンが主演し、伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描く、現在公開中の映画『ロケットマン』より、『坂道のアポロン』の小玉ユキと『ソラニン』の浅野いにお、2人の人気漫画家による描き下ろしイラストが到着した。@@cutter 映画『ロケットマン』は、『キングスマン』シリーズのタロンと、ノンクレジットながら昨年の大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めたデクスター・フレッチャーというタッグで贈るミュージック・エンターテインメント映画。音楽界の最高峰グラミー賞を5度受賞し、世界一売れたシングルの記録を持つ伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描く。  8月23日に日本公開されると、初日から“ロケットマン”というワードが作品通算3度目のTwitterトレンド入りを果たすなど、大きな盛り上がりを見せた。  そんな『ロケットマン』より、本作と同様に音楽と人の繋がりを繊細かつ鮮やかに描いてきた大人気漫画家の小玉と浅野により描き下ろされた映画をイメージしたイラストが公開された。  小玉のイラストには、お馴染みの派手なステージ衣装に身を包んだエルトンと、ロックに目覚めた少年期から人生のどん底に突き落とされた暗黒期までの壮絶な半生のハイライトが描かれている。小玉は「観客の前で派手な衣装を着て輝かしく歌う姿と、生きるために悩み苦しむ姿は正反対のようでいて地続きで、蓮の花のよう。見えない部分に真実が隠れている。だからこそエルトンの歌は人々に愛されるのだと思います」とコメントした。  一方、浅野のイラストは、深い闇のなか、無数のスパンコールが施された衣装で全身を輝かせながら懸命にパフォーマンスを披露するエルトンの横顔が映し出されたもの。浅野は「世界一眩しいスポットライトを浴びた男。その影の濃さは計り知れなく、全てを知ることは難しいが、人生の最も美しい瞬間の端々が垣間見える素晴らしい作品でした」と感想を語った。  映画『ロケットマン』は公開中。

  • 映画『ロケットマン』場面写真

    『ロケットマン』約350人が参加! タロンが歌い踊るワンカットミュージカルシーン公開

    映画

     俳優のタロン・エガートンが主演し、伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描く、現在公開中の映画『ロケットマン』より、タロンが大勢のエキストラとダンサーと共にワンカット撮影で歌い踊る本編映像が公開された。@@cutter 本作は、『キングスマン』シリーズのタロンと、ノンクレジットながら昨年の大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めたデクスター・フレッチャーというタッグで贈るミュージック・エンターテインメント映画。音楽界の最高峰グラミー賞を5度受賞し、世界一売れたシングルの記録を持つ伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描く。  公開されたのは、タロン演じる19歳のエルトンが、遊園地を歩きながら約300人のエキストラと約50人のダンサーとともに「SATURDAY NIGHT’S ALL RIGHT FOR FIGHTING/土曜の夜は僕の生きがい」を歌い踊るミュージカルシーン。数分間に渡って、タロンがさまざまなアトラクションの中にも足を踏み入れ、ダンスやアクションを行うさまをカメラが追い続ける。4台のカメラ、3つのクレーン、10台のゴーカートを駆使してワンカットで撮影された。  6か月前から振付を決めたり、リハーサルを重ねたりと、念入りの準備で進められた本シーンは、ロックンロールに目覚めたエルトンの10代の全盛期を描き出したミュージカルパート。役に入った時の高揚感やその時の気持ちでミュージカルシーンに挑んでいたというタロンの、ダンサーたちにつられるように踊り出したり、10代の心に秘めた想いを吐き出すようにパワフルに歌う生の熱演ぶりに胸が高鳴るワンシーンとなった。  「このシーンは、エルトンが世界の荒波へと踏み出していく場面だからものすごく重要なんだ」と語るデクスター監督は、「観た人が、“いや、あれはすごかった!”と、言ってくれることを願うね」と希望し、撮影監督には「ぜんぶ一度に、ワンカットで撮影しよう。動き続けて、流れ続けて、継ぎ目をなくすんだ」と伝えたと振り返った。  タロンも「この映画はミュージカルで、歌が単なるパフォーマンスとしてだけでなく、回想の瞬間としても歌われる。僕も本当に気に入っていて、どの瞬間もすごく好きなんだ。こんな形でエルトン・ジョンが自分の曲を歌わせてくれるなんて、言葉にできないほど誇りに思ってる」とミュージカルシーンに込めた想いを明かした。  映画『ロケットマン』は公開中。

  • タロン・エガートン、『ロケットマン』インタビュー

    タロン・エガートン、抜群の歌唱力も「アルバムを出すとかはあり得ないよ(笑)」

    映画

     世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描いたミュージカル映画『ロケットマン』がいよいよ本日より劇場公開となる。主人公のエルトン役を務めるのは、『キングスマン』シリーズでスターダムを駆け上ったウェールズ人俳優のタロン・エガートン。演技だけでなく、エルトンのヒットナンバーを新バージョンで見事に歌い上げ、抜群の歌唱力も披露したタロンに、役づくりの難しさや舞台裏のエピソード、さらにはエルトンの人柄について話を聞いた。@@cutter グラミー賞を5度受賞し、世界一売れたシングルの記録保持者でもあるエルトン。世界で最も有名なミュージシャンの一人であり、生きる「伝説」として誰もがハッキリとしたイメージを抱いている。俳優にとって、とても厳しい条件の中で、「エルトンの派手なパフォーマンスの奥にある“真”の人物像をどう演じればいいのか」。タロンは、悩んだ挙句、直接本人とディスカッションし、同じ時間を過ごす方法を選択した。程なく自宅に招かれたタロンは、衣装を見せてもらったり、未発表の回想録を読ませてもらったり、そのあまりにオープンなエルトンの振る舞いに少々驚いたという。 @@insert1  「素顔の彼は、とてもユーモアがあって、周りに気配りのできる温かい人。それに、触れてはいけない話題など1つもなかったから、彼と時間を過ごすことができて、とても有意義で楽しかった」と当時を述懐。「自分にどんどん近い存在になり、エルトンに対する思い入れも強くなったので、リアルな実感が湧いてきた。だから、すごく特別な人だけれど、まるで家族のように深い愛情を持って演じることができたと思うよ」と笑顔を見せる。 @@insert2  また、劇中のタロンは素晴らしい歌唱力を披露しているが、5ヵ月間、歌とピアノのレッスンを受け、役づくりに備えた。そして、世界中で愛されたエルトンの名曲たちを新バージョンでレコーディング。しかもそのスタジオが、あの有名なロンドンのアビー・ロード・スタジオだ。「例えば『ユア・ソング(僕の歌は君の歌)/YOUR SONG』や『アイム・スティル・スタンディング/I’M STILL STANDING』などは、撮影と同時に生で歌った方がよりリアルなシーンが撮れると思ったので現場で録音した。『土曜の夜は僕の生きがい/ SATURDAY NIGHT’S ALRIGHT FOR FIGHTING』のような楽曲は、動きがあってダンサーも大勢いるので、音質や集中力を保つためにスタジオで録音したんだ」と振り返る。@@separator さらにタロンは、「歌詞が映画の物語に寄り添い、それが観客にしっかりと届くように心がけた。つまり、物語を伝える上で、どの音をどこに持ってくるか、ということが、すごく大切な作品だったんだ」と新バージョンにした理由を明かす。ただ、驚いたのは、「エルトンが1度もスタジオを訪れなかった」こと。これについてエルトン本人は、「芸術面で誰かを信じたら、相手がしたいことをできるように完全に自由を与えるんだ。でも、タロンたちが作ったものを聴いた時は、度肝を抜かれたよ!」と称賛の言葉を惜しまない。それだけタロンの歌声が素晴らしかったという証しだと思うが、これを機に歌手デビューするという構想はないのだろうか?「どんなに評価されても、歌手として活動するとか、アルバムを出すとかはあり得ないよ(笑)。あくまでも映画の中で、ほんの少し体験することができた…それに尽きると思うからね」と照れまくり。 @@insert3  ちなみに本作は、製作が『キングスマン』シリーズの監督も務めたマシュー・ヴォーン。監督が『イーグル・ジャンプ』(2016・未)でタロンとタッグを組んだデクスター・フレッチャー。エルトンとタロンは『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)で共演しており、さらにさかのぼれば、英国王立演劇学校の入学に向けたオーディションで、タロンは「ユア・ソング」を歌っている。何か不思議な縁でつながっているようにも思えるが、当のタロンは、「僕は運命なんて信じないんだ。全ては無作為。僕がオーディションで『ユア・ソング』を歌ったのも、歌いながら自分の演技力を見せられる曲をピックアップしただけのこと」といたってクール。  ただ、それでもエルトンには特別な思いがあるようで、「確かに、何らかの縁があるかもしれないね。おそらくそれは…エルトンがとても有名で、多くの人の人生の一部として存在している証しじゃないのかな」と目を細めていた。(取材・文・写真:坂田正樹)  映画『ロケットマン』は公開中。 @@insert4 @@insert5

  • 映画『ロケットマン』場面写真

    『ロケットマン』ジェイミー・ベルが「Goodbye Yellow Brick Road」を切なく歌う本編公開

    映画

     映画『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンが主演し、伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描く映画『ロケットマン』より、俳優のジェイミー・ベルがエルトンの名曲「Goodbye Yellow Brick Road(黄昏のレンガ路)」を生歌で披露するミュージカルシーンが公開された。@@cutter 映画『リトル・ダンサー』で英国アカデミー賞主演男優賞を受賞したジェイミーが演じるのは、エルトンの親友で作詞家のバーニー・トーピン。エルトンとバーニーは、レコード会社の公募で運命的に出会い、エルトンは作曲と歌唱、バーニーは作詞というコンビネーションで大ヒット曲の数々を生み出し瞬く間にスターダムを駆け上がっていく。しかし、さまざまな誘惑や葛藤を前に2人の友情は少しずつぶれはじめ、エルトンのことを傍で見守り続けていたバーニーは遂に自暴自棄となっていくエルトンに愛想を尽かせてしまう。  公開された映像は、タロン演じるエルトンとジェイミー扮するバーニーが高級レストランで会話をする場面からスタート。エルトンは「何しに来た? 勝手に去って、今度は説教か? 成功に手が届いたLAの夜、君は去った。女のためにな。大物の仲間入りができたのに。一番大事な時に去った」と責めるように話し、バーニーはそんなエルトンに「堕落したな。もっと自分を大事にしろ。助けを求めることは恥じゃない」と冷静に語りかける。  やがて、険悪な雰囲気のまま会話が途切れると、バーニーは「いつになったら君は降りてくる? 僕は親父の言う通り、農場に残るべきだった。代わりを探せ。きっと大勢いる。文なしの野良犬が君のようなエサを漁っている」と、「Goodbye Yellow Brick Road(黄昏のレンガ路)」を歌い出し、店を去ってしまう。バーニーの憤る想いと切なさが見事にリンクした歌詞が、ジェイミーの渋い歌声によって力強く歌い上げられた、見る者の胸を打つワンシーンとなっている。  ジェイミーは深く信頼し合うエルトンとバーニーについて「人生を通してエルトンは、さまざまな内面の混乱を経験することになり、それが彼を苦しめてきた。だから、バーニーのように、ただ寄り添ってブレない人がいることがすごく重要なんだ。彼はありのままのエルトンを受け入れる。それにバーニーは、エルトンがどんどんスターになっていき、衣装なんかが大げさなものになっていったとき、そんなことする必要ないんじゃないかとも伝える。彼は心からエルトンの才能を信じているんだ。だからこそいつも重要な存在なんだよ」とその関係性を語っている。  映画『ロケットマン』は8月23日より全国公開。

  • (左から)『ロケットマン』ジャパンプレミア ブルーカーペット・イベント&舞台挨拶に登場したタロン・エガートン、デクスター・フレッチャー監督

    『ロケットマン』タロン・エガートン初来日 観客からのサプライズに感激

    映画

     俳優のタロン・エガートンとデクスター・フレッチャー監督が15日、都内で行われた映画『ロケットマン』ジャパンプレミアブルーカーペット・イベント&舞台挨拶に登場。観客からのサプライズ演出に、初来日となるタロンは「(みなさんに)『ロケットマン2』にぜひ出演してもらいたい」と感激した。@@cutter グラミー賞を5度受賞し、世界一売れたシングルの記録を持つミュージシャン、エルトン・ジョンをタロンが演じ、その半生を描く同作。『ボヘミアン・ラプソディ』で最終監督を務めたデクスター監督がメガホンをとった。  多くのファンが集まったブルーカーペット・イベントには、「ROCKETMAN」名義で音楽活動を行っているふかわりょうと、お笑いコンビ・ハリセンボンの2人も登場した。  タロンとデクスター監督が登場すると会場は大熱狂。2人は笑顔で手を振り、サインにも快く応じるなどサービス精神旺盛に振る舞った。  イベント後の舞台挨拶でデクスター監督は「タロンが全曲すべてアフレコなしで歌っているところが見どころ。演技が素晴らしいだけでなくて、歌唱力も並外れたものを持っている」とタロンの歌唱力を評価。タロンはエルトン・ジョンを演じることについて「存命中のあれだけ有名な人を演じることはないと思うんですね。しかも製作に深くかかわっている。絆も友情も生まれました。彼とは親密な関係で、彼の家族と数日過ごすこともしました。素晴らしく、魔法のような経験でした」と関係の深さを明かした。  また、観客からエルトン・ジョンの楽曲「Saturday Night Alright For Fighting」に乗せてペンライトを振るというサプライズが贈られると、2人は大感激。デクスター監督はすかさずスマートフォンを取り出し、その様子を撮影しながら「さっそくインスタとツイッターに上がりますよ」とご機嫌で、タロンも「素晴らしい!(みなさんに)『ロケットマン2』にぜひ出演してもらいたい」と喜びを表現し、会場を沸かせた。  映画『ロケットマン』は8月23日より全国ロードショー。

  • 映画『ロケットマン』来日が決定した(左から)主演のタロン・エガートンとデクスター・フレッチャー監督

    『ロケットマン』タロン・エガートン来日決定 ! 「ユア・ソング」本編映像も解禁に

    映画

     伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を映画化した『ロケットマン』で主演を務めるタロン・エガートンと、監督のデクスター・フレッチャーの来日が決定。さらに、来日を祝して、タロンの美声が響く「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」楽曲誕生の瞬間が明らかになる本編映像が解禁となった。@@cutter 本作は、『キングスマン』シリーズのタロン・エガ-トンと、ノンクレジットながら昨年の大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めたデクスター・フレッチャーというタッグで贈るミュージック・エンターテイメント映画。音楽界の最高峰グラミー賞を5度受賞し、世界一売れたシングルの記録を持つ伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描く。  この度、全編の歌唱シーンを吹き替えなしで歌いあげたタロンの満を持しての初来日が決定。かねてから日本に来ることを切望していたというタロンは、日本のファンへ向けて「日本は、ずっと訪ねてみたい場所のリストのトップだったんだ。『ロケットマン』で日本に行けることになって、興奮しているよ。僕らが一生懸命つくった作品なので、日本の人々にも早く見てもらいたい。日本に到着するのがとても楽しみだよ」とコメント。  自身3度目、約5年ぶりの来日となったデクスターは「私にとって日本は、素晴らしい文化の生まれた場所であり、その文化を心から愛し、享受しています。スタイルの極致であり、深い伝統が素晴らしい現代性と結びついているんです」と日本愛を語り、また「本作品は、エルトン・ジョンの目と音楽を通して描かれたミュージカルファンタジーアドベンチャーです。日本の皆さんは、きっと我々がこの作品につぎ込んだ労力と想像力を評価してくださるでしょうし、一緒にこの作品を楽しんでくれるのを楽しみにしています」とファンに呼びかけた。  この来日を記念して、エルトン・ジョンの代表曲「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」が誕生する“運命の瞬間”を収めた本編映像が初解禁。親友であり、信頼する作詞家のバーニーが書いた詩からインスピレーションを受け、その類まれな才能で大ヒット曲が瞬く間に完成されていく様子に、バーニーがエルトンの家族と共に釘付けになっていく様子が映し出されている。タロンの美声で紡がれた名曲の再現度にも注目だ。  映画『ロケットマン』は8月23日より全国公開。

  • 映画『ロケットマン』日本オリジナル本ポスタービジュアル

    『ロケットマン』、ミュージカルシーンが豪華絢爛! 日本オリジナル予告解禁

    映画

     映画『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンが主演し、伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描く映画『ロケットマン』より、豪華なミュージカルシーンが詰め込まれた日本オリジナル本予告が、本ポスターと共に解禁された。@@cutter 本作は、グラミー賞を5度受賞し、「ローリングストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大なアーティスト100組」に選ばれ、シングルとアルバムの総売り上げが全世界で3億枚を超えるシンガーソングライター、エルトンの半生を、『ボヘミアン・ラプソディ』と『キングスマン』のスタッフ・キャストが、大ヒット曲にのせて描くミュージカル・エンターテインメント作品。  主演のタロンは、2016年のアニメ映画『SING/シング』でも、エルトンの「アイム・スティル・スタンディング(I’m Still Standing)」を甘い歌声で披露しており、再びエルトンの名曲に携わる。  日本版本予告には、タロン演じるエルトンの壮絶な人生のドラマパートと、タロンが自らの声で歌い踊る豪華絢爛なミュージカルシーンを収録。類まれな音楽の才能を持ちながら孤独を感じて育った少年が、自身の過去と名前を捨て、瞬く間にスターダムを駆け上がっていく姿が描かれる。しかしいつでも本当に必要とする相手から愛を得られない辛苦に身を崩すも、≪本当の自分≫を信じて、歌い続けるエルトンの力強い生き様が、デクスター・フレッチャー監督こだわりのファンタジックな演出で光る。  そして、ミュージカルシーンは、誰もが一度は耳にしたことのある「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」、本作のタイトルにもなっている「ロケット・マン」「土曜の夜は僕の生きがい」「クロコダイル・ロック」といった珠玉の名曲たちで色鮮やかに彩られている。  併せて解禁されたポスタービジュアルには、派手な打ち上げ花火の演出が施されたドジャー・スタジアムの伝説のライブステージで大熱唱するエルトンの姿が。ポスターには「そのメロディは、世界中を魔法にかける」とのコピーが添えられ、フレッチャー監督とタロン、そしてエルトンのタッグが生み出す音楽と映像のマジックに期待が高まるデザインとなっている。  映画『ロケットマン』は8月23日より全国公開。

  • 『ロケットマン』ポスタービジュアル

    タロン・エガートン、10万人観客のライブシーンを再現『ロケットマン』本編映像

    映画

     映画『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンが主演し、伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描く映画『ロケットマン』より、タロン演じるエルトンが、名曲「ロケット・マン」を吹き替えなしで披露するライブシーンの本編映像が到着した。併せて、本ポスタービジュアルも解禁された。@@cutter 本作は、グラミー賞を5度受賞し、「ローリングストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大なアーティスト100組」に選ばれ、シングルとアルバムの総売り上げが全世界で3億枚を超えるシンガーソングライター、エルトンの半生を、『ボヘミアン・ラプソディ』と『キングスマン』のスタッフ・キャストが、大ヒット曲にのせて描くミュージカル・エンターテインメント作品。  主演のタロンは、2016年のアニメ映画『SING/シング』でも、エルトンの「アイム・スティル・スタンディング(I’m Still Standing)」を甘い歌声で披露しており、再びエルトンの名曲に携わる。  解禁された本編映像は、1975年にドジャー・スタジアムで行われたライブシーン。野球のバットを持ったタロン演じるエルトンがステージに登場するシーンから始まり、10万人以上の熱狂的なファンであふれ返っていたという会場の様子や、実際に行われたというステージ上でのバッティングパフォーマンスが、タロンの熱演と力強い歌声によって再現されている。  名曲「ロケット・マン」を熱唱する姿の一方で、ステージに上がる寸前のエルトンからは、微かに曇った表情も垣間見え、輝かしい活躍の影に存在したエルトンの壮絶な半生が、どのように描かれていくのかが気になる映像となっている。  ポスタービジュアルは、満身創痍の状態にもかかわらず圧巻のパフォーマンスを行ったと名高い同ライブシーンを再現したもの。ピアノを前に派手なユニフォーム風の衣装に身を包んだエルトンが、満員の観客に向けて大熱唱する姿が描かれている。その上には「誰からも愛されなかった少年。なぜ彼の歌は時代を超えて愛されているのか。」というコピーが配置され、印象的なビジュアルとなっている。  映画『ロケットマン』は8月23日より全国公開。

  • 『ロケットマン』場面写真

    エルトン・ジョンの半生描く『ロケットマン』、「ユアソング」が響く特報解禁

    映画

     映画『キングスマン』シリーズのタロン・エガ-トン主演で、伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描く映画『ロケットマン』の日本公開日が8月23日に決定。タロン扮するエルトンがピアノを弾きながら大ヒット曲「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」を歌う姿が収められた特報映像と新場面写真が解禁された。@@cutter エルトンはグラミー賞を5度受賞し、「ローリングストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大なアーティスト100組」にも選ばれ、「僕の歌は君の歌(Your Song)」「キャンドル・イン・ザ・ウィンド(Candle in the Wind)」「愛を感じて(Can You Feel the Love Tonight)」、そしてタイトルにもなっている「ロケットマン(Rocket Man)」など、シングルとアルバムの総売り上げが全世界で3億枚を超えるシンガーソングライター。  本作は、そんなエルトンの半生を描くミュージカル・エンターテインメント作品で、メガホンを取るのは、昨年の大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』で製作総指揮を務め、監督のブライアン・シンガーが撮影中に降板した後は監督を代行して作品を完成させたことでも話題を呼んだデクスター・フレッチャー。主演のタロンは、2016年のアニメ映画『SING/シング』でも、エルトンの「アイム・スティル・スタンディング(I’m Still Standing)」を甘い歌声で披露している。  特報映像では、エルトンが両親から満足な愛情を注がれずに育った少年時代から、並外れた音楽の才能を認められ、瞬く間に伝説的ロックミュージシャンへの道を駆け上がっていく様子が、幻想的なミュージカルパートとともに描き出されている。過酷なボイストレーニングを経て、劇中でのエルトンの楽曲を吹き替え無しで歌いきったタロンの美しい歌声も、エルトンの大ヒット曲「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」に乗せて響き渡る。  映画『ロケットマン』は8月23日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access