クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ぼくらの7日間戦争 関連記事

  • 映画『ぼくらの7日間戦争』初日舞台あいさつに登場した宮沢りえ

    宮沢りえ、デビュー作『ぼくらの七日間戦争』は「演じることの奇跡を感じた」

    アニメ・コミック

     女優の宮沢りえが13日、都内で行われたアニメ映画『ぼくらの7日間戦争』初日舞台あいさつに出席。主演を務めた実写版『ぼくらの七日間戦争』の撮影や、今作のアフレコを振り返った。@@cutter イベントには宮沢のほか、北村匠海、芳根京子、村野佑太監督が登壇した。  宮沢は、1988年に公開された実写版『ぼくらの七日間戦争』で女優デビュー&初主演を飾った。本作は、宮沢が演じた中山ひとみが廃工場に立てこもり、大人たちをやっつけた七日間戦争から30年ほどの時が流れた2020年の北海道が舞台。原作のスピリットを受け継いだ新たなストーリーが展開される。宮沢は本作で“2020年の中山ひとみ”役を演じた。  実写版『ぼくらの七日間戦争』を宮沢は「振り返っても忘れちゃいました(笑)」と笑いながらも「演技の経験が初めてだったので、撮影に入る前に合宿みたいなことをしたんです」と回顧。合宿では、エチュードのようなことをやったと振り返り「それが苦痛で苦痛で。本当にいつここから抜け出せるんだろうっていう」と苦労した様子を明かした。  演技に対して不得意感、劣等感があったという宮沢。経験が少なかったので苦労したと告白し「現場に入ってみると、たくさんのエネルギーに押されて、できないと思っていたことがどんどんできるようになっていく、演じることの奇跡みたいなことを感じました」と感慨深げに語った。  北村は宮沢との共演について「すごく短い時間だったんですけど、最後に『がんばってね』って言ってくれたんです。それだけで最後まで走り抜けられた部分もあります」と勇気づけられたことを告白。緊張していたという北村だったが、宮沢は「全然緊張しているようには見えなくて。私はすごく緊張していて、システムも分からないまま入ってしまったら、いろいろ教えてくださって」と北村からレクチャーしてもらったと明かした。それを聞いた北村は「見せるのはうまいんです!」と話し、会場の笑いを誘い、宮沢も「すごい演技でした(笑)」と笑顔を見せていた。

  • 映画『ぼくらの7日間戦争』完成報告会見にて

    『ぼくらの7日間戦争』北村匠海&芳根京子、アフレコでは「支え合いました」

    アニメ・コミック

     俳優の北村匠海と女優の芳根京子が20日、都内スタジオで行われたアニメ映画『ぼくらの7日間戦争』の完成報告会見に出席。今回W主演で声優を務めている2人だが、2日間のアフレコでは常にお互いを支え合っていたといい、芳根も「私の中では“2日間戦争”」と大変だった収録をちゃめっ気たっぷりに振り返った。@@cutter 1988年に宮沢りえ主演で実写映画化された『ぼくらの七日間戦争』が、アニメーション映画として新たに生まれ変わる本作。30年ほどの時が流れた2020年の北海道を舞台に、原作のスピリットを受け継いだ新たなストーリーが展開される。主人公となる鈴原守役を北村が演じ、鈴原が思いを寄せる幼なじみ千代野綾役を芳根が演じる。  この日の会見は、北村と芳根のほか声優の鈴木達央、村野佑太監督も登壇。会場は、古い石炭工場を秘密基地に子どもたちが大人から離れて7日間のバースデーキャンプを過ごす本作の物語になぞらえた廃工場風のスタジオで行われ、北村は「やっぱりワクワクしますね。映画の中で、彼らもこんな気持ちだったんだっていうのを実感しています」と笑顔。芳根も「この作品の世界観に自分が飛び込めた感じでうれしい」と興奮気味で答えた。  続いてアフレコを振り返り、お互いの印象を聞かれた北村は芳根については「とても声がすてきで芯がある感じがすごい。現場では常に支え合っていた」と慣れないアフレコの現場でお互い勇気づけあっていたと述懐。  芳根も「折れそうな心をお互い支え合うみたいな(笑)。普段のお芝居とは違う空気の中で、北村さんとは本当に支え合いました。2日間で録ったので、私の中では“2日間戦争”だと思っています(笑)」とちゃめっ気たっぷりにコメント。  最後には、北村が「僕は小学生の時にこの作品に出会って、当時どこか先生や親に対してモヤモヤしていた気持ちを代弁してくれていた。小学生の時に勇気を与えてくれたように、学生の皆さんや、どこかモヤモヤしている10代の方に届けばいいなと思っています」と作品への思いを込めた。  映画『ぼくらの7日間戦争』は、12月13日より全国公開。

  • 映画『ぼくらの7日間戦争』場面写真

    『ぼくらの7日間戦争』劇中カット解禁 今の子ども達へ“頑固な意志”描きたい

    アニメ・コミック

     北村匠海と芳根京子がダブル主演を務めるアニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』より、新規の劇中カットが多数解禁され、村野佑太監督のコメントも公開された。監督は「“頑固な意志で大人に立ち向かう子ども達”の姿を描きたい」とコメントしている。@@cutter 宗田理のベストセラー小説を原作とする本作は、1988年の実写版『ぼくらの七日間戦争』で少年少女たちが大人たちをやっつけた“七日間戦争”から30年以上の時が流れた2020年の北海道を舞台に、子どもたちが悪い大人をいたずらでやっつける爽快ストーリー。北村と芳根のほか、実写版でヒロイン・中山ひとみ役を演じた宮沢りえが、本作でも約30年後のひとみの声を担当している。  「原作が多くの読者に支持されたのは、ちゃんとその時代の子ども達に訴えるものがあったから。原作をただなぞるのではなく、今の子ども達に向けて再構築するのが難しかった」と苦悩を語る村野監督。迷いの中で、制作陣は実際の高校にインタビューに赴き、リアルな子ども達の声を聞くなど労を惜しまなかったという。  そんな中、監督は「『本当に今の子たちは器用だし、なんでもある程度上手くこなすことは出来る。ただ、頑固さ、粘り強さに欠けている。大体のこと、言われたことはその通り器用にこなせるけど、トラブルがあった時に対処できる子がいない』と先生方から伺いました。それを聞いた時、なるほどなと思いつつも、そう決めてかかる大人の鼻を明かしてやりたくなったんです。機会さえあれば今の子ども達にもきっと出来る。頑固な意志で大人に立ち向かう子ども達を描きたいと思いました」と、現代の子ども達が立ち向かうべき大人の姿が、先生達との会話から見出されていったことを明かした。  解禁された場面写真には、宮本充演じる香織(潘めぐみ)の父や、関智一演じる入国管理官、中尾隆聖演じる大物政治家の姿など、主人公達に立ちはだかる大人たちのビジュアルも多数写し出されている。  映画『ぼくらの7日間戦争』は12月13日より全国公開。

  • 映画『ぼくらの7日間戦争』本ポスタービジュアル

    『ぼくらの7日間戦争』宮沢りえ演じる中山ひとみの姿も! 本予告解禁

    アニメ・コミック

     北村匠海と芳根京子がダブル主演を務めるアニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』より、本予告と本ポスタービジュアルが解禁された。本予告では、約30年前の“七日間戦争”を知る中山ひとみが「大事なのは結果じゃなくてチャレンジすることよ」と子どもたちへエールを送る姿が、ひとみを演じる宮沢りえの声とともに初披露されている。@@cutter 宗田理のベストセラー小説を原作とする本作は、1988年の実写版『ぼくらの七日間戦争』で少年少女たちが大人たちをやっつけた“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた、2020年の北海道が舞台。大人から隠れて古い工場へキャンプに訪れた少年少女たちが、タイ人の子どもをかくまったことから、子どもを連れ去りに来た入国管理局の職員らとの対決が始まる。宮沢は女優デビュー作・初主演作である実写版でヒロイン・中山ひとみ役を演じたが、本作でも約30年後のひとみの声を担当している。  本予告では、高校生の守が「逃げましょう……大人に見つからない場所に!」と、親の都合で強引に引っ越しが決まった綾に逃避行を提案したことから始まる7日間のバースデー・キャンプが、大人たちを巻き込む“戦争”に発展していく様子が描かれる。古い廃工場に集まった6人の子どもたちが協力し、工場にあるものを武器に大人たちに大胆に立ち向かう姿は、31年前の実写版をほうふつとさせ、現代版にアップデートされた本作で子どもたちがどんな戦いを繰り広げてくれるのか期待が高まる映像だ。  さらに、かつての“七日間戦争”を知る中山ひとみ(宮沢)が、「大事なのは結果じゃなくてチャレンジすることよ」と子どもたちへエールを送る場面も。ひとみが新しい「7日間戦争」に向き合う少年少女たちとどんな交流を持つのかが注目される。  本作の主題歌はシンガーソングライターSano ibukiが担当することに決定。「決戦前夜」「おまじない」「スピリット」の3曲の主題歌を書き下ろした。このうち「決戦前夜」は本予告にも使われている。大人たちに戦いを挑む子どもたちを奮い起こすような、疾走感あふれるアップテンポな曲調だ。  本ビジュアルには、舞台となる廃工場で武器を手に前を向く子どもたちと、「自分らしく生きると決めた。」という力強い決意を感じるキャッチコピーが描かれており、大人たちへの戦いの始まりを予感させるビジュアルに仕上がっている。子どもたちの奥には中山ひとみの姿も見える。  アニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』は、12月13日より全国公開。

  • 映画『ぼくらの7日間戦争』に出演する宮沢りえ

    宮沢りえ、『ぼくらの七日間戦争』から約30年 アニメ版に同役でカムバック

    アニメ・コミック

     女優の宮沢りえが、アニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』(12月13日公開)に声優として出演することが発表された。宮沢は女優デビュー作・初主演作である実写版『ぼくらの七日間戦争』(1988)でヒロイン・中山ひとみ役を演じており、本作では約30年後のひとみを演じる。@@cutter 宗田理のベストセラー小説『ぼくらの七日間戦争』を原作とする本作は、1988年の実写版で少年少女たちが大人たちをやっつけた“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた、2020年の北海道が舞台。大人から隠れて古い工場へキャンプに訪れた少年少女たちが、タイ人の子どもをかくまったことから、子どもを連れ去りに来た入国管理局の職員らとの対決が始まる。  実写版で宮沢が演じた中山ひとみは、仲間たちを鼓舞して大人たちに反抗した学級委員というキャラクターで、勇ましく戦車の砲台に乗る姿は「七日間戦争」のアイコンとなった。それから約30年後の2020年のひとみはどんな姿をしているのか、新しい「7日間戦争」に向き合う少年少女たちとの交流はあるのかなどに注目が集まる。  宮沢は「ささやかな出演ですが、中山ひとみ役として参加させていただきました。私のデビュー映画『ぼくらの七日間戦争』が当時観てくださった方の記憶に刻まれたように、時代を超えて新たに息吹を与えられたアニメーション『ぼくらの7日間戦争』も皆さんの心を揺さぶる事が出来ます様に。是非映画館の大画面でお楽しみ下さい」とコメントを寄せている。  村野佑太監督は宮沢の起用について、「原作でも映画でも、大人達はインチキなだけではない存在でした。そこには必ず子どもの味方に立ってくれる、大人側の良心を映し出した素敵な女性の姿がありました。かつての映画で中山ひとみを演じられた宮沢りえさんが、まさにそういった役柄で『7日間戦争』に戻って来てはくれないだろうか…それは脚本段階からの一番の関心ごとでした」と明かす。  その上で、「時代が変わり子ども達を囲む環境に変化が訪れたとしても、きっと変わらぬ何かがあるはずーーー決して色褪せない永遠の少女像である中山ひとみは、それを誰よりも説得力のある言葉で伝えてくれます」と語っている。  アニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』は、12月13日より全国公開。

  • 映画『ぼくらの7日間戦争』ダブル主演声優の北村匠海、芳根京子と担当キャラクタービジュアル

    北村匠海&芳根京子、『ぼくらの7日間戦争』W主演声優に決定

    アニメ・コミック

     俳優で歌手の北村匠海と女優の芳根京子が、アニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』の声優をダブル主演で務めることが決定。併せて、2人のアフレコ風景が公開され、場面写真よりキャラクターカットが解禁となった。@@cutter 1988年に女優・宮沢りえ出演で実写映画化された宗田理のベストセラー小説『ぼくらの七日間戦争』を原作として新たなストーリーを描く本作。  ダブル主演を務めるのは、俳優として映画『君の膵臓をたべたい』『君は月夜に光り輝く』で主演を務め、ダンスロックバンド「DISH//」のヴォーカル&ギターとしても活躍する北村と、朝ドラ『べっぴんさん』のヒロインを演じた後も、映画『今日も嫌がらせ弁当』やドラマ『TWO WEEKS』など出演作が続く芳根の2人。北村は学校では目立たない歴史マニアの守を、芳根は守が片思いしている幼なじみの綾をそれぞれ演じる。  いつもひとりで本ばかり読んでいる、鈴原守(北村)の片思いの相手は、お隣に住む幼なじみの千代野綾(芳根)。しかし綾は、1週間後に議員である父親の都合で東京へ引っ越すことを迫られていた。「せめて、17歳の誕生日は、この街で迎えたかったな」との綾の本音を聞き、守は思い切って「逃げましょう…っ!」と告げ、2人の仲間も加わり特別な夏が始まる。そして、古い石炭工場を秘密基地に、7日間の大人から隠れるだけのバースデー・キャンプがスタートする。  アニメ好きを公言し、オファーの前から原作を読んでいたという北村は「10代特有の悶々した感情を代弁してもらっている感覚で読んでいたので、今回オファーいただいた時に迷わず『ぜひ、やりたいです』と言わせて頂きました」と語り、芳根も「小学生の時から図書館にあった作品で、たくさんの方に愛されている作品にこうして携われることが出来て嬉しいです」と名作シリーズ参加への喜びをコメント。  初共演となるお互いの印象について、北村は「本番に入る前に声を聞いた時、声で引き込む力のある方だと思いました」とベタ褒めし、一方の芳根も「北村さんは、とにかく多才だな、と思いました。お芝居やられて、歌もやられて、声のお仕事まで!」と褒め返し、息のあったコンビネーションをみせた。  さらに北村は「原作はその当時の学生運動とかバックボーンがあるなかで、今回の彼らの“戦争”は現代的でもありながら、この世代の繊細な“吐き出せない想い”を描いていると思います。最後の最後には大きな玉手箱がありますし…! 読んでいて本当にワクワクする脚本でした」と、現代版にアップデートされた名作シリーズの物語にも期待が高まるコメントを寄せている。  声優陣には、そのほか潘めぐみ、鈴木達央、大塚剛央、道井悠、小市眞琴、櫻井孝宏らも決定している。  映画『ぼくらの7日間戦争』は12月13日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access