クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

最初の晩餐 関連記事

  • 『最初の晩餐』完成披露試写会の様子

    戸田恵梨香「この変な人とやりたい」 映画出演の決め手は染谷将太

    映画

     女優の戸田恵梨香が15日、都内で行われた映画『最初の晩餐』完成披露試写会に出席。主演を務める染谷将太を「変な人」と称し、それが出演の決め手となったことを明かした。@@cutter 同作は、父を亡くした家族が父親の遺言により出された「目玉焼き」から始まる通夜ぶるまいを通じ、それまでの時間を取り戻す姿を描く家族の物語。戸田は、染谷演じる主人公・麟太郎の姉・美也子を演じる。  イベントには戸田、染谷のほか、斉藤由貴、永瀬正敏、常盤司郎監督が出席した。  出演を決めたきっかけについて戸田は「台本をいただく前、ちょうど家族のことを考えていて『家族のことって知らないもんだな』と実感していたときだったんです。台本を読んで、答えは見つからないかもしれないけど、自分なりの答えを見つけてみたいなと思って参加しました」と説明。  当時は染谷の出演のみが決定している状況だったそうで、戸田は「この変な人とやりたいと思って決めました。染谷くんはよく分からない人。流すの上手だし、ボソッということが核心をついたりしていて、面白い人です」と染谷の出演が決め手のひとつであったことを明かした。  戸田の話を受けて染谷は「そんなに変じゃないですよ。割りと大丈夫です」とコメント。戸田との共演については「この姉貴っぷりに甘えればいいんだと思って、思い切り甘えました」と振り返った。  また映画の内容にちなみ、家族の思い出を聞かれた戸田は「この作品でも母と一緒に餃子を作るんですけど、戸田家は毎週土曜日は餃子というのが決まっていて」と戸田家のしきたりを告白。続けて「『また餃子?』って子供の頃イヤだったんですけど、父が『みんなで作るん楽しいやろ』って言ったときに、父はこの時間を大事にしているんだなと思って。それから餃子が愛おしくなって、餃子が1番好きです」と当時を回想していた。  映画『最初の晩餐』は、11月1日より全国ロードショー。

  • 映画『最初の晩餐』斉藤由貴の未公開場面写真

    祝誕生日! 斉藤由貴の変わらない魅力あふれる『最初の晩餐』場面写真公開

    映画

     俳優の染谷将太が主演を務め、窪塚洋介や女優の戸田恵梨香が共演する映画『最初の晩餐』より、彼らの母親役を演じた斉藤由貴がきょう9月10日に誕生日を迎えることを祝して、斉藤の未公開場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、思い出の料理を通じ、亡くなった父を見送る家族の物語。本作が長編映画デビュー作となる常盤司郎監督が、自身の実体験を元に構想7年を経てオリジナル脚本を書き下ろした。キャストは、主人公・麟太郎役を染谷、その姉・美也子役を戸田、兄・シュン役を窪塚、母・アキコ役を斉藤、父・東日登志役を永瀬正敏が演じる。  斉藤が演じるアキコは、登山家だった東日登志と新たな人生を歩む決意をした女性。再婚同士の2人にはそれぞれ子どもがいて、日登志の子ども、麟太郎(外川燎、のちに染谷将太)と美也子(森七菜、のちに戸田恵梨香)、アキコの一人息子・シュン(楽駆、のちに窪塚洋介)といった5人家族が、何気ない日常を積み重ねながら暮らすことになる。  解禁された画像は、アキコが夫の遺言で家族の思い出が詰まった“通夜ぶるまい”の目玉焼きを運ぶ姿、美也子の授業参観に参加している姿、5人家族で山に登って楽しいひと時を過ごしている姿を収めたもの。女優業と母親を両立しながら変わらない魅力を放ち続ける斉藤が、共感と納得を呼ぶ母親を熱演する姿が切り取られている。  斉藤はアキコ役について「私の中では心の中の密かな決意みたいなものを声高に主張するんではなくて、もしかしたら誰にも言う必要もないぐらい自分の1人の中に静かな決意として持ってて、それを遂行するみたいな女性を演じたような気がします。多分、どちらかというと静かな女性になっているような気がします」と説明。  続けて「暑苦しいというか。私がみんなを連れてくわよというような強さとか、断固としたパワーっていうことではないんですけど。いつもどっか一歩引きながらでも、いつもそっと一緒にいるみたいなことを念頭に置いているようなそんなお母さんだったんじゃないかなと思います」と、役作りに込めた想いを明かした。  常盤監督は「斉藤さんは、幼い子どもたちと描く過去のアキコと、夫の死を迎えた現代のアキコを1人で演じ分けており、『最初の晩餐』の登場人物のなか、一番長く演じられています」と説明し、「本読みの時に斉藤由貴さんが第一声を発した瞬間に、『最初の晩餐』の世界が分かったというか、アキコさんはこんな人だったんだ。声っていうのはものすごいと思いました」と、斉藤によって吹き込まれたアキコが、本作の世界観を位置付ける“象徴”になったことを明かしている。  映画『最初の晩餐』は11月1日より全国公開。

  • 映画『最初の晩餐』森七菜の未公開場面写真

    森七菜、名だたる監督が惚れ込む18歳! 『最初の晩餐』場面カット公開

    映画

     俳優の染谷将太が主演を務め、俳優の窪塚洋介や女優の戸田恵梨香が共演する映画『最初の晩餐』より、ヒロイン美也子の少女時代を演じた女優の森七菜の姿を写し出す場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、思い出の料理を通じ、亡くなった父を見送る家族の物語。本作が長編映画デビュー作となる常盤司郎監督が、自身の実体験を元に構想7年を経てオリジナル脚本を書き下ろした。キャストは、主人公・麟太郎役を染谷、その姉・美也子役を戸田、兄・シュン役を窪塚が務めるほか、彼らの両親役を斉藤由貴、永瀬正敏が演じる。  8月31日に18歳の誕生日を迎えた森は、新海誠監督の最新アニメ『天気の子』(公開中)でヒロインの声を演じているほか、岩井俊二、行定勲など世界が認めた映画監督の作品に関わり、今最も注目される女優のひとり。本作では父親の再婚に心揺れる長女・美也子の小学生から高校生までを演じている。  解禁された場面写真には、父と美也子と弟の麟太郎の3人家族に、新しい母と連れ子のシュンがやってきたことで「つんつん」と反抗的になっている小学生時代の美也子、新しい家族との距離感を縮めていくきっかけの料理であるみそ汁を吸っている姿、そして高校生になった美也子がロングヘアをハーフアップし、制服を着こなしている姿が収められている。  常盤監督は森のキャスティングについて「会った時にこの作品に対する覚悟を感じ、“この子だ!”と、決意しました。ナチュラルな空気感や集中力など大きく惹かれるものがありました」と、オーディション現場で出会って彼女の強い存在感に気づいたことを明かす。  さらに「今作では、小学生時代の美也子、高校生時代の美也子という役柄なので、(他のキャストに比べ)森さんと一緒に役作りをする時間が長かったです。ぶらぶらと学校周辺を歩いてみたり、ランドセルを背負って違和感がないか確認してみたり、小学生の時に撮影していた動画を家から持ってきてもらい、当時の彼女の喋り方をみながら一緒に研究していきました」と、美也子を作り上げるのに努力を惜しまない森との取り組みもアピールしている。  映画『最初の晩餐』は11月1日より全国公開。

  • 映画『最初の晩餐』に出演する戸田恵梨香

    戸田恵梨香、上品な喪服姿を披露 『最初の晩餐』未公開カット独占公開

    映画

     俳優の染谷将太が主演を務め、窪塚洋介や女優の戸田恵梨香が共演する映画『最初の晩餐』より、きょう8月17日の戸田の誕生日を祝して、今までみたことない戸田の演技が垣間見れる、『最初の晩餐』未公開場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、思い出の料理を通じ、亡くなった父を見送る家族の物語。本作が長編映画デビュー作となる常盤司郎監督が、自身の実体験を元に構想7年を経てオリジナル脚本を書き下ろした。キャストは、主人公・麟太郎を染谷、その姉・美也子を戸田、兄・シュンを窪塚が務めるほか、彼らの両親を斉藤由貴、永瀬正敏が演じる。  戸田が演じる美也子は、小学校高学年で血のつながっていない家族ができ、20代で2人の子どもをもつ人妻。公開された画像には、父・東日登志(永瀬)の通夜で黒の喪服に真珠のネックレスを身に着けた美也子が、複雑な気持ちを抱いているような表情を浮かべてどこかを見つめている姿が映されている。さらに未公開場面写真には、髪を1つに結び、母・アキコ(斉藤)と向き合って会話をしている姿、また、エプロン姿で母と一緒に家族の思い出の料理のひとつ、餃子を作っている姿が収められている。  これまでも数々の作品で役作り秘話が話題を呼んでいる戸田。今回の美也子の役作りについては「お母さんとの距離関係が一番難しかったです。目を合わせるか、合わせないとか、どれぐらい距離を保つかとか、お母さんを受け入れられているか。その空間を作るのはすごい繊細なことだなと思って、かなり考えながら役作りをしました」とコメントしている。  “通夜ぶるまい”から振り返られるさまざまな過去のエピソードを通じて、徐々に変化していく美也子と母の関係性を意識して見ているうちに、今までみたことのない新たな戸田恵梨香が発見できるはずだ。  常盤監督は「本作は、ステップファミリーの話、血のつながっていない家族の話なのですが、その匂いがキャストの中にもしている。畑違いのところから集まった人たちが化学変化を見せている。その象徴的なところが戸田さんにはあるような気がするんです」と、本作でしか味わえない戸田の存在感にも期待が高まるコメントを寄せている。  映画『最初の晩餐』は11月1日より全国公開。

  • 映画『最初の晩餐』場面写真

    染谷将太×戸田恵梨香×窪塚洋介『最初の晩餐』、家族の絆を描く予告編公開

    映画

     俳優の染谷将太が主演を務め、俳優の窪塚洋介や女優の戸田恵梨香が共演する映画『最初の晩餐』より、家族の思い出が込められた唯一無二で特別な“通夜ぶるまい”の様子を映し出す予告編が、場面写真と共に解禁された。@@cutter 本作は、思い出の料理を通じ、亡くなった父を見送る家族の物語。本作が長編映画デビュー作となる常盤司郎監督が、自身の実体験を元に構想7年を経てオリジナル脚本を書き下ろした。キャストは、主人公・麟太郎役を染谷、その姉・美也子役を戸田、兄・シュン役を窪塚が務めるほか、彼らの両親役を斉藤由貴、永瀬正敏が演じる。  予告編は、亡くなった父(永瀬)の通夜の夜、母(斉藤)が仕出し屋を突然キャンセルし、「お料理ね、私が作るから」と言い出す場面から始まる。驚きを隠せない美也子(戸田)。そして、運ばれてきた“通夜ぶるまい”は、なんと目玉焼き。みんなが戸惑う中、麟太郎(染谷)はあることに気づく。それは父が初めて自分たちのために作ってくれた料理だった。次々と出てくるのは、どれも父が残した1冊のノートから作られた思い出の料理。この特別な“通夜ぶるまい”を通じて、亡くなった父との思い出、そして家族も知らなかった秘密までも浮き彫りになっていく。  場面写真には、通夜で久しぶりに過ごす家族の姿や、亡くなった父と過ごしてきた、ごく普通の家族のたわいない思い出の日々が写し出されており、家族の物語が持つ“特別さ”が、優しくて明るいぬくもりある雰囲気を醸し出している。  なお、本作のムビチケは7月26日より発売される。前売り特典は、ポスタービジュアルのポストカード、そして常盤監督とは二十年来の交友がある『深夜食堂』の漫画家・安倍夜郎の描き下ろしによる“目玉焼き”イラストが収められたポストカードの2種セット。  映画『最初の晩餐』は11月1日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access