クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ペット・セメタリー 関連記事

  • 映画『ペット・セメタリー』場面写真

    『ペット・セメタリー』蘇った飼い猫に駆け寄る娘…後ろに迫る暴走トラック! 悲劇シーン解禁

    映画

     スティーヴン・キングの小説を原作にした映画『ペット・セメタリー』より、本編映像が解禁。誕生日の日に戻ってきた飼い猫に大喜びする主人公の娘に、横転したトラックが向かっていく悲劇的な瞬間を収めている。@@cutter 本作は、田舎へ引っ越してきた家族が、新居の裏にある謎めいた動物の墓地“ペット・セメタリー”と奥深くにある邪悪な森の土地によって破滅の一途を辿ることとなる衝撃の“禁忌”ホラー。ある日、一家の娘エリーが事故に遭い突然帰らぬ人に。最愛の娘を失った喪失感に耐えられない父ルイスは、エリーを失いたくない一心で誰にも内緒で隣人ジャドに教わったその森にエリーを埋葬してしまう。  今回解禁された本編映像は、物語の歯車が狂いだしてしまうきっかけとなるシーン。誕生日を迎えたエリーが、引っ越したばかりの家に集まった親戚たちと一緒に庭で楽しい時間を過ごしていると、目の前の道路に数日前にいなくなってしまった飼い猫チャーチの姿を見つけ、駆け寄る場面から始まる。  実は、チャーチは交通事故で死んでいたが、父ルイスが娘にまだ“死”というものを教えるには早いと思い、死者が蘇るとされる邪悪な森に埋葬。その後チャーチは生前の元気で愛らしい姿から一変、凶暴で腹黒く腐った臭いがする姿になって蘇り、家族を案じたルイスは変わり果てたチャーチを家から遠く離れた土地に捨てていたのだ。  チャーチが現れ、エリーは大喜び。「帰ってきてくれたのね」と笑みをこぼすエリーに、凶暴になってしまったはずのチャーチが甘えるようにのどを鳴らす。しかし、チャーチに気を取られているエリーの後方には、暴走トラックが迫っており…。  続く映像には、道路の騒音に反応したエリーの幼い弟のゲイジが道路へと駆け出し、それに気づいたルイスが危機一髪で息子を抱きかかえてトラックから引き離す姿が映し出される。しかし、トラックは横転し、前にいるエリーの方に向かっていくところで映像は幕を閉じる。  原作や1989年版の映画ではこのシーンで息子ゲイジが亡くなるのだが、本作では娘エリーが亡くなり、ルイスは娘を蘇らせようと邪悪な森に埋葬する。父が失ったのが、言葉を話せない幼児の弟ではなく、コミュニケーションをとれる年頃になった娘であるという設定にすることで、“死”というものをより一層リアルに感じさせるように描かれている。  映画『ペット・セメタリー』は1月17日より全国公開。

  • 映画『エスケープ・ルーム』メインビジュアル

    脱出ゲーム・恐ろしい村・実在の殺人鬼…2020年初頭、期待のホラー&スリラー映画6選

    映画

     近年豊作続きの“怖い”映画。『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『クワイエット・プレイス』『ゲット・アウト』ほか数々のヒット作が相次ぎ、連れだって観に行くこともブームとなっている。今年も“脱出ゲーム”をモチーフにした『エスケープ・ルーム』をはじめ、観客を非日常の恐怖に陥れる作品が続々と公開予定だ。2020年初頭に上映される要注目のホラー/スリラー映画6本を紹介しよう。@@cutter■『ペット・セメタリー』(1月17日公開)  『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』など、近年原作が相次いで映画化されているスティーヴン・キング作品の中でも、史上最恐と謳われる小説を映画化した”禁忌”ホラー。 @@insert1  家族とともに田舎に越した医師ルイスの新居の裏には、動物の墓地「ペット・セメタリー」があった。ある日、飼い猫が事故で死んだため、ルイスは墓地を越えた森の奥深くに猫を埋葬する。しかし次の日、埋葬したはずの猫が凶暴に変貌して一家の前に姿を現す。その地は、先住民が語り継ぐ秘密の森だったのだ。そして、誕生日を迎えた娘のエリーが交通事故で帰らぬ人に。ルイスは度重なる不幸を前に、ある行動に出る…。 ■『犬鳴村』(2月7日公開)  ホラー映画の旗手・清水崇監督が、福岡県に実在する心霊スポット「旧犬鳴トンネル」を禁断の映画化。 @@insert2  数々の恐ろしい都市伝説が語り継がれる旧犬鳴トンネルの近くには、地図に載らない集落「犬鳴村」があった。そこに立ち入った者は決して戻れないという。突如身の回りで奇妙な出来事が起こり始めた臨床心理士の森田葵は、それらに共通するキーワードとして旧犬鳴トンネルが浮上することを発見する。謎を解くためトンネルに向かう葵だったが、そこには決して踏み込んではならない驚がくの真相があった。 ■『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』(2月14日公開)  『ソウル・キッチン』『女は二度決断する』などのドイツの名匠ファティ・アキンが、実在した連続殺人鬼の物語を映画化。 @@insert3  1970年代ドイツ、ハンブルク。安アパートの屋根裏部屋に住むフリッツ・ホンカは、夜な夜な寂しい男と女が集るバーで酒をあおっていた。フリッツがカウンターに座る女に声を掛けても、いつも顔をしかめられるだけ。連続殺人鬼へと豹変するフリッツの狂気に気づく客は誰ひとりいなかった。ある日、バーで中年女ゲルダと知り合ったフリッツは、彼女の娘に会うことを夢想するようになり…。@@separator■『ミッドサマー』(2月21日公開)  長編デビュー作『ヘレディタリー/継承』で注目を集めた映画監督アリ・アスターの最新作。 @@insert4  家族を不慮の事故で失ったダニーは、大学で民俗学を専攻する恋人や友人たちと共にスウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れる。美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように見えた。しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。それは、妄想、トラウマ、不安、恐怖が渦巻く、想像を絶する悪夢の始まりだった。 ■『スケアリーストーリーズ 怖い本』(2月28日公開)  恐ろしい内容や挿絵で知られるアルビン・シュワルツによる児童書シリーズを、ギレルモ・デル・トロの企画・製作で映画化。 @@insert5  あるハロウィンの夜、町外れにある屋敷に忍び込んだ子どもたちが一冊の本を見つける。その本には数々の恐ろしい話がつづられており、本を持ち帰った次の日から、子どもがひとりまたひとりと消えていく。さらにその「怖い本」には、毎夜新たな物語が追加されていき…。 ■『エスケープ・ルーム』(2月28日公開)  部屋に仕掛けられたさまざまな謎を解きながら閉鎖された空間からの脱出を試みる、世界で人気のアトラクション「体験型脱出ゲーム」をモチーフとしたスリラー作品。 @@insert6  見知らぬ男女6名が賞金1万ドルの体験型脱出ゲームに参加するため、とあるシカゴの高層ビルに集まった。通された一室で待機していると、何の前触れもなく突然ゲームが始まり、命を落としかねない危険なトラップが次々と襲いかかってくる。死ぬ物狂いで協力しながら部屋から脱出しようとする参加者たちに、更なる邪悪な罠が待ち受けていて…。  鉄板のスティーヴン・キング作品、恐ろしい村、実在の殺人鬼、怖い本、脱出ゲーム…さまざまなテーマが目白押しとなった2020年初頭公開の“怖い”映画たち。ぜひスクリーンでその恐怖を体験してほしい。

  • 映画『ペット・セメタリー』死から蘇った“猫”を演じた猫たち

    『ペット・セメタリー』死から蘇った“猫”のトリビア 演じたのは保護猫のメインクーン

    映画

     スティーヴン・キングの小説を原作にしたホラー映画『ペット・セメタリー』より、本日12月22日が“いいニャンニャンニャンの日”であることを記念して、死から蘇った猫を捉えた戦慄の場面写真が公開された。併せて、本作で熱演を披露した猫たちが保護猫であることも明かされた。@@cutter 本作は、田舎へ引っ越してきた家族が、新居の裏にある謎めいた動物の墓地“ペット・セメタリー”と奥深くにある邪悪な森の土地によって破滅の一途を辿ることとなる衝撃の”禁忌”ホラー。  家族と田舎に引っ越した主人公の医師ルイス。ある日、飼い猫チャーチが事故で命を落とし、ルイスは悲しみに暮れる娘エリーを心配して墓地を越えた奥深くの森に猫を埋葬する。しかし次の日、凶暴に豹変したチャーチが姿を現わす。その地は、先住民が語り継ぐ秘密の森で“死者が蘇る土地”だったのだ。そして迎えた娘エリーの誕生日、エリーは交通事故で帰らぬ人となってしまう。悲しみに暮れるルイスの取った行動とは…。  一家に訪れる運命の前触れを暗示する、重要な役割を担う猫をキャスティングするため、製作陣はキングの小説内にある記述に合うように毛の長いぶち猫を探した。チャーチ役を務めることになったのは、ふさふさとした毛が特徴のメインクーンで、主にトニックとレオと名付けられた演技のプロではない保護猫だったという。  アニマルコーディネーターのカーク・ジャレットは、彼らに墓地から蘇った猫としてのリアリティを持たせるため、「埋められた地面から出てきたかのように見せるために、土、葉、泥を付けたんだ」とコメント。同じくアニマルコーディネーターのメリッサ・ミエットは、猫たちがそういった特殊メイクの過程に慣れるため、食べ物のご褒美や遊びを取り入れながら教えていく陽性強化トレーニング法による訓練を2ヵ月行ったと明かす。「猫がハッピーじゃないと演技なんて上手くしてくれない」と語るミエットは、初めは怖がるような環境にも連れて行けるようにするため、猫たちと強固な信頼関係を築いた。その一方で、「スティーヴン・キング原作の映画を撮ってるんだから、そんなに楽しんでいてはダメよ」とダメ出しをすることもあったという。  今回新たに解禁されたのは、死から蘇った、ボサボサ毛のチャーチを捉えた場面写真3点。写真からは、猫たちが威嚇や凝視といった姿だけでなく、凶暴で腹黒く変貌し腐った肉の臭いがするという難しい役どころを見事に演じてみせた姿を確認できる。その中には、殺気だったチャーチを膝に抱えるエリーを写した不気味でインパクト大なカットも。  なお、ジャレットは、撮影後の猫たちについて、「メリッサや僕や他の関係者が引き取ったんだ。死んだ猫の役を演じることで、捨て猫が新しい飼い主を見つけられたなんて、なんだか心温まる話だよね」とそれぞれ新しい居場所を得たことを明かしている。  映画『ペット・セメタリー』は2020年1月17日より全国公開。

  • 映画『ペット・セメタリー』メインカット

    ピエロ、呪われたホテルの次は…お墓! キング史上最恐『ペット・セメタリー』に迫る特別映像

    映画

     映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』など、近年原作が相次いで映画化されているスティーヴン・キング作品の中でも、史上最恐と謳われる小説を原作にした映画『ペット・セメタリー』。このたび不気味な本編映像と共に、監督やキャストが本作で描かれる“恐怖”を語る姿を収めた特別映像が解禁された。@@cutter 娘を亡くした父親が、悲しみのあまり犯した“禁忌”の代償がもたらす恐怖を描く本作。  原作は、ベストセラー作家のキングが自身の原体験からインスパイアされ1983年に執筆。キング自身が作品の舞台となった道路側に家族と住んでいたこと、当時住んでいた家の裏に死んだペットのお墓である“ペット・セメタリー”があったこと、自身の娘が飼っていた猫が交通事故にあったことなど、ストーリーとプライベートが重なるあまりにも私的な内容であるため、キングが出版を見送っていた問題作だ。1989年にはキング自らの脚本により映画化され、“最高のスティーヴン・キング映画の1つ”とも評された。  そんないわくつきの作品を、今回は新設定で再映画化。父親ルイスを映画『猿の惑星:新世紀』のジェイソン・クラーク、その妻を『エイリアン:コヴェナント』のエイミー・サイメッツが務め、娘エリー役にジェテ・ローレンス、一家の隣人ジャド役で『インターステラー』のジョン・リスゴーが出演する。  今回解禁された特別映像は、監督のデニス・ウィドマイヤーとケヴィン・コルシェ、主演のジェイソン、ジャド役のジョンのコメント映像を、不気味な本編映像を挟み込みながら収めたもの。ウィドマイヤー監督は「最恐の映画を作るなら、スティーヴン・キング作品で決まりだ」と断言。コルシェ監督も「原作『ペット・セマタリー』はキング史上最恐だ」と続ける。  ルイス役のジェイソンは、愛する娘の死を受け入れられない父の悲しみによってストーリーが進んでいく本作について「“本当の恐怖とは何か”を教えてくれる作品だ」とコメント。隣人ジャド役のジョンは「かけがえのない人を失うこともある。もし取り戻せるとしたら? 観客を恐怖の渦へ巻き込む」と神妙な面持ちで語っている。  本作では、ジャドがルイスに「気持ちは分かるが…アレは別の生き物だ。時には死の方がいい」と語る場面がある。キングは原作について「“時には死の方がいい”という謳い文句は、決して自殺について語っているわけではないんだ。この本は、重い病気や、あきらめられない想いを経験したことがある人なら理解できると思う。生きていれば親や祖父母の死を経験するわけだから、ある意味全ての人が共感できる内容なんじゃないかな」とコメント。誰もが避けられない死を題材にしているので共感を生むと同時に、本当の恐怖を味わうことができる作品であると語っている。  映画『ペット・セメタリー』は2020年1月17日より全国公開。

  • 映画『ペット・セメタリー』場面写真

    凶暴化した猫、豹変した娘…『ペット・セメタリー』怒とうの恐怖が迫る本予告

    映画

     スティーヴン・キングの小説を原作にした映画『ペット・セメタリー』より、本予告が解禁。娘を亡くした父親が犯した“禁忌”の代償を、怒とうの恐怖で畳みかける映像となっている。@@cutter 原作は、ベストセラー作家のキングが自身の原体験からインスパイアされ1983年に執筆したが、当時あまりの恐ろしさに出版をしばらく見送ったという“問題作”。1989年にはキング自らの脚本により映画化され、“最高のスティーヴン・キング映画の1つ”とも評された。  そんないわくつきの作品を、今回は新設定で再映画化。主演の父親を映画『猿の惑星:新世紀』のジェイソン・クラーク、その妻を『エイリアン:コヴェナント』のエイミー・サイメッツが務め、娘役にジェテ・ローレンス、一家の隣人役で『インターステラー』のジョン・リスゴーが出演する。  家族と田舎に引っ越した医師ルイス(ジェイソン)。新居の裏には謎めいた動物の墓地“ペット・セメタリー”があった。ある日、飼い猫が事故にあうと、墓地を越えた奥深くの森に猫を埋葬する。しかし次の日、凶暴に豹変した猫が姿を現わす。その地は、先住民が語り継ぐ秘密の森だったのだ。そして迎えた娘エリー(ジェテ)の誕生日、エリーは交通事故で帰らぬ人となってしまう。悲しみに暮れるルイスの取った行動とは…。  予告編では、家族と田舎に引っ越してきた少女エリーが、謎めいた動物の墓地“ペット・セメタリー”に踏み入る不穏な場面からスタート。父のルイスは「死は自然なことだ」とエリーに優しく語り掛けるが、その後突然の交通事故でエリーは亡くなってしまい、娘の死を受け入れられないルイスの姿が映し出される。やがて、ペット・セメタリーのはるか奥の森に先住民が恐れる秘密の“死者が蘇る土地”があることを知ったルイスは、「気持ちは分かるが…アレは別の生き物だ」という隣人ジャドの忠告をよそに、エリーを蘇らせるために禁断の手を打ってしまう。  予告の後半では、蘇って抱きつく娘を受け入れられない母レイチェルの恐怖の表情、凶暴化した猫、変わり果てたエリーの髪を櫛でとかすルイス、床を這う変形した肉体、豹変して襲いかかるエリー…と、父親が犯した“禁忌”の代償がもたらす怒とうの恐怖映像が畳みかけるように展開。ラストには「時には死の方がいい」というセリフまで響き、一体どんな恐怖が待ち受けるのか、本編への期待が高まる映像となっている。  主演のジェイソンは、今まで関わってきた映画の中で最も心をかき乱された1本であると語り、本作について「真の恐怖は何かということを教えてくれる」とコメント。原作者のキングは、かつて暮らしていた家の裏に動物達の墓があったそうで、自身の猫を失った際に「“もしあのペット・セメタリーに埋めた動物達が蘇ったらどうなるんだろう?”と考え始めた」ことが小説執筆のきっかけであったと明かしている。また、小説出版から35年以上の時を経て再び映画化された本作については、「凄くいいよ! 良い作品だと思う」とお墨付きのコメントを寄せた。  映画『ペット・セメタリー』は2020年1月17日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access