クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

水曜日が消えた 関連記事

  • 映画『水曜日が消えた』ポスタービジュアル

    中村倫也『水曜日が消えた』、7人の“僕”を取り巻く謎たち…予告&ポスター解禁

    映画

     俳優の中村倫也が1人7役に挑戦する映画『水曜日が消えた』より、予告とポスタービジュアルが解禁された。予告は、7人の“僕”を取り巻く人物が次々と登場し、物語の謎に関わっていく姿がサスペンスフルに描かれている。@@cutter 中村が演じる本作の主人公は、1人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている7人の“僕”。他の“曜日”とは直接会うことはできず、日記を通してのみ間接的に互いを知っている。そのうちの最も地味でつまらない1人、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語だ。メガホンをとるのは、映画『君の名は。』にCGクリエイターとして参加した映像作家の吉野耕平。  7人の“僕”を知る元同級生・一ノ瀬を石橋菜津美、物語の鍵を握る図書館司書・瑞野を深川麻衣が演じる。そのほか、7人の“僕”を少年時代から見守る医師にきたろう、新任医師・新木役に中島歩、“月曜日”の友人・高橋役には4人組バンド「ゲスの極み乙女。」のメンバーである休日課長が扮する。  今回解禁された予告は、主人公の“火曜日”が「毎日言っていることが違うから、ろくに友達ができない」と語るなど、曜日ごとに入れ替わる7人の暮らしの様子がコミカルに描かれる場面から始まる。しかしそんなある日、“水曜日”が消えたことで事態は急展開。「あなたの中で異変が起きています」と忠告する医師・新木(中島)、「水曜日に来てたんだ」と意味深な発言をする一ノ瀬(石橋)、さらに瑞野(深川)や安藤(きたろう)など7人の“僕”を取り巻く人物が次々と登場し、“僕”をめぐる謎に交わっていく姿が映し出される。  最後は、「仲間っていうか共犯者?」と話す“僕”のうちの誰かがスマホの画面に映るシーンに続き、「僕を見張れって?」とつぶやく主人公の姿で終了。謎が謎を呼ぶ展開で、物語の行方に興味が高まる映像となっている。  ポスタービジュアルは、7人の“僕”を演じる中村の顔の前にガラス状の亀裂が入ったデザイン。曜日ごとに入れ替わる主人公を表現した、サスペンスフルな雰囲気漂うビジュアルとなっている。  映画『水曜日が消えた』は5月15日より全国公開。

  • 映画『水曜日が消えた』追加キャスト陣ビジュアル

    中村倫也『水曜日が消えた』、石橋菜津美&深川麻衣ら追加キャスト発表

    映画

     俳優の中村倫也が1人7役に挑戦する映画『水曜日が消えた』より、追加キャストとして、石橋菜津美、深川麻衣、きたろう、中島歩、休日課長が出演することが発表された。@@cutter 中村が演じる本作の主人公は、1人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている7人の“僕”。他の“曜日”とは直接会うことはできず、日記を通してのみ間接的に互いを知っている。そのうちの最も地味でつまらない1人、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語だ。メガホンをとるのは、映画『君の名は。』にCGクリエイターとして参加した映像作家の吉野耕平。監督・脚本・VFXをすべて自ら担当し長編映画デビューを果たした。  今回発表されたのは、7人の“僕”を取り巻くキャスト陣。7人の“僕”を知る元同級生・一ノ瀬を、ドラマ『夫のちんぽが入らない』(FOD・Netflix)の主演に抜擢されて話題を集めた石橋菜津美、物語の鍵を握る図書館司書・瑞野を、元乃木坂46のメンバーで近年は映画『愛がなんだ』に出演した深川麻衣が演じる。そのほか、7人の“僕”を少年時代から見守る医師にきたろう、新任医師・新木役に主演映画『グッド・ストライプス』で第7回TAMA映画賞最優秀新進男優賞を獲得した中島歩、“月曜日”の友人・高橋役には4人組バンド「ゲスの極み乙女。」のメンバーである休日課長が扮する。  一ノ瀬役の石橋は主演の中村について「中村さんの演じる曜日たちは服装も言葉遣いも立ち振る舞いもみんな違って、それぞれに『はじめまして』と言いたくなるくらい個性があって、こんなに説得力のある曜日たちを演じる事ができるのは本当すごい事だと思いました」とその演技力を称賛。  瑞野役の深川は作品について「人間ドラマであり、ファンタジーでもあり、ミステリーでもあり、SFのようでもあり。吉野監督が生み出すあたたかい世界と映像美、そして圧倒される中村倫也さんの1人7役」と評し、「撮影期間はあっという間でしたが、この作品に瑞野として参加することができてとても嬉しかったです」と語っている。  新木役の中島は「台本を読んだ段階で、僕の役はどこか捉えどころのない印象でした。そういう曖昧で釈然としない表現は演じるにあたって不安になりますが、それを恐れずに演れたかなと思います」、医師役のきたろうは「中村君との二人のシーンがほとんどでしたが、倫也君の微妙な間に、こいつはただ者じゃないと感心しました」、今作が映画初出演となる高橋役の休日課長は「“日常で在りつつもどこかミステリアスな雰囲気”が撮影現場に漂っていました。そんな中、中村倫也さん演じる火曜日と接する事で、特に意識する事なく、自然と妙な男“高橋”になれた感覚がなんとも言えぬ心地でした」とそれぞれ撮影後にコメントしている。  また、2月7日より発売されるムビチケの特典は、7人の“僕”のキャラ解説付きポストカードセットに決定。表面にキャラクタービジュアル、裏面にはそれぞれの性格、特徴、趣味などのプロフィールが記載された7枚セットとなっている。  映画『水曜日が消えた』は5月15日より全国公開。

  • 映画『水曜日が消えた』ティザービジュアル

    中村倫也、個性豊かな“7人の僕”が勢ぞろい!『水曜日が消えた』超特報解禁

    映画

     俳優の中村倫也が1人7役に挑戦する映画『水曜日が消えた』より、超特報とWEB限定のティザービジュアルが解禁となった。超特報には、ファッションも髪型も性格も全く違う個性豊かな“7人の僕”が映し出されている。@@cutter 中村が演じる本作の主人公は、1人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている7人の“僕”。他の“曜日”とは直接会うことはできず、日記を通してのみ間接的に互いを知っている。そのうちの最も地味でつまらない1人、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語だ。  メガホンをとったのは、映画『君の名は。』にCGクリエイターとして参加した映像作家の吉野耕平。数々の話題を呼んだCMやMVを手掛け、次の時代を担う気鋭の映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人 2019」に選ばれるなど注目を集める吉野が、今回満を持して自身の完全オリジナル脚本で長編映画デビューを果たした。本作では監督・脚本・VFXをすべて自ら担当している。  超特報では、ファッションも髪型も、性格も全く違う、個性豊かな“7人の僕”が明らかになった。ウッドベースを演奏したり、絵を描いたり、ドライブに出かけたり“7人の僕”が、各々の生活をエンジョイする様子が収められているが、後半から雰囲気は一転し、映像の最後は、“僕たちの終わりが始まる”という意味深なコピーで締めくくられている。  ティザービジュアルでは、水曜日と思われる“僕”の部分が黒く塗りつぶされており、“水曜日”の喪失を想起させている。映画のタイトルにもなっている“水曜日が消えた”の意味とは何か、謎がより深まるビジュアルになっている。  映画『水曜日が消えた』は2020年5月より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access