クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

劇場 関連記事

  • 映画『劇場』(左から)主演の山崎賢人、ヒロイン役の松岡茉優のビジュアル

    山崎賢人×松岡茉優の生涯忘れられない恋…『劇場』切なすぎる本予告解禁

    映画

     俳優の山崎賢人が主演を務め、女優の松岡茉優が共演する行定勲監督最新作『劇場』より、主人公の劇作家・永田(山崎)と彼を支えようとする沙希(松岡)が次第にすれ違っていく様子を映し出した“切なすぎる”本予告が解禁された。@@cutter 本作は、又吉直樹が芥川賞受賞作品の『火花』より前に書き始めていた、作家の原点とも言える同名の恋愛小説(新潮社)を映画化。主人公の不器用な劇作家・永田を山崎が、彼に恋をして必死に支えようとする沙希を松岡が演じ、恋愛における幸せと背中合わせのどうしようもない葛藤や矛盾を描き出す。  中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山崎)。しかし、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足は伸びず劇団員からも見放されてしまう。解散状態の劇団という“現実”と演劇に対する“理想”の狭間で悩む永田は、言いようのない孤独を感じていた。そんなある日、永田は街で、自分と同じスニーカーを履いている沙希(松岡)を見かけ声をかける。  突然の出来事に沙希は戸惑うが、様子がおかしい永田を放っておけなく一緒に喫茶店に入る。女優になる夢を抱いて上京し、服飾の大学に通っている学生・沙希と永田の恋はこうして始まった。常に演劇のことだけを考え、生きることがひどく不器用な永田を、沙希は「よく生きてこれたね」と笑い、「一番安全な場所だよ」と自宅に迎えて一緒に暮らし始める。沙希は永田を応援し続け、永田もまた自分を理解し支えてくれる沙希に安らぎを覚えるが、理想と現実との間を埋めるようにますます演劇に没頭していき…。  本予告では、演劇の世界で夢を追う主人公の永田(山崎)と、彼の夢を信じ一途に支え続ける沙希(松岡)の仲むつまじい様子が描かれる一方で、理想と現実とのはざまで悩み、<夢をかなえることが、君を幸せにすることだと思ってた>という気持ちとは裏腹に、次第にすれ違っていく二人も映し出される。  「一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことがなんでできなかったんだろうね」という永田の思い、さらに「ごめんね、、、」と涙ながらにつぶやく沙希の表情、そして朝方の桜並木の中を、自転車で二人乗りしながら走っていく二人の姿から、生涯忘れることができない恋の行く末が予感される映像となっている。  また、映像には同じ劇団員である野原(寛 一 郎)や、永田と仲たがいしながらも彼を心配し見守る青山(伊藤沙莉)、永田と同い年ながら演劇界のホープとうたわれる演劇人・小峰(井口理)らも登場する。  映画『劇場』は4月17日より全国公開。

  • 映画『劇場』本ポスタービジュアル

    山崎賢人×松岡茉優『劇場』ポスター解禁 King Gnu・井口理ら追加キャストも発表

    映画

     俳優の山崎賢人が主演を務め、女優の松岡茉優が共演する又吉直樹原作で行定勲監督最新作『劇場』より、山崎と松岡の切ない表情を捉えた本ポスター画像が解禁。併せて、追加キャストとして、ロックバンドKing Gnuのボーカル井口理、寛 一 郎、伊藤沙莉、浅香航大、上川周作、大友律、三浦誠己が出演することが発表された。@@cutter 本作は、又吉直樹が芥川賞受賞作品の『火花』より前に書き始めていた、作家の原点とも言える恋愛小説『劇場』(新潮社)を映画化。主人公の不器用な劇作家・永田を山崎が、彼に恋をして必死に支えようとする沙希を松岡が演じ、恋愛における幸せと背中合わせのどうしようもない葛藤や矛盾を描き出す。  中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山崎)。しかし、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足は伸びず劇団員からも見放されてしまう。解散状態の劇団という“現実”と演劇に対する“理想”の狭間で悩む永田は、言いようのない孤独を感じていた。そんなある日、永田は街で、自分と同じスニーカーを履いている沙希(松岡)を見かけ声をかける。  突然の出来事に沙希は戸惑うが、様子がおかしい永田を放っておけなく一緒に喫茶店に入る。女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っている学生・沙希と永田の恋はこうして始まった。常に演劇のことだけを考え、生きることがひどく不器用な永田を、沙希は「よく生きてこれたね」と笑い、「一番安全な場所だよ」と自宅に迎えて一緒に暮らし始める。沙希は永田を応援し続け、永田もまた自分を理解し支えてくれる沙希に安らぎを覚えるが、理想と現実との間を埋めるようにますます演劇に没頭していき…。  今回解禁された本ポスター画像は、山崎と松岡それぞれの切ない表情と、2人の仲睦まじい姿を捉えた画像を配置したもの。下部にある「夢を追う永田と彼を信じる沙希の、生涯忘れることができない恋」というコピーや、タイトルロゴの後ろでクロスする赤と青のラインが、互いに想いあいながらもすれ違ってしまう2人の未来を暗示しているようで、何とも言えない哀愁を漂わせたものとなっている。  さらに山崎、松岡の脇を固めるキャスト陣も一挙解禁。永田と中学時代からの友人で共に劇団「おろか」を立ち上げる野原に寛 一 郎、劇団「おろか」の元団員で永田と仲たがいするものの、友人として彼を心配し続ける青山に伊藤沙莉、劇団「まだ死んでないよ」の団員で沙希のバイト先の居酒屋の仲間・田所に浅香航大、永田と同じ年にして、今注目の劇団「まだ死んでないよ」を主宰する小峰にKing Gnuのボーカル井口理が扮する。ほかにも、上川周作、大友律、三浦誠己など多彩な顔ぶれが集結した。  映画『劇場』は4月17日より全国公開。

  • 映画『劇場』(左から)主演の山崎賢人、ヒロイン役の松岡茉優

    山崎賢人×松岡茉優『劇場』、2人の涙が切ない…特報映像解禁

    映画

     俳優の山崎賢人が主演を務め、女優の松岡茉優が共演する又吉直樹原作で行定勲監督最新作『劇場』より、特報映像が解禁。恋人同士を演じる山崎と松岡が不器用で切ない恋愛模様を繰り広げ、涙を流す姿を収めている。@@cutter 本作は、又吉直樹が芥川賞受賞作品の『火花』より前に書き始めていた、作家の原点とも言える恋愛小説『劇場』(新潮社)を映画化。主人公の不器用な劇作家・永田を山崎が、彼に恋をして必死に支えようとする沙希を松岡が演じ、恋愛における幸せと背中合わせのどうしようもない葛藤や矛盾を描き出す。  中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山崎)。しかし、前衛的な作風は上演ごとに酷評され、客足は伸びず劇団員からも見放されてしまう。解散状態の劇団という“現実”と演劇に対する“理想”の狭間で悩む永田は、言いようのない孤独を感じていた。そんなある日、永田は街で、自分と同じスニーカーを履いている沙希(松岡)を見かけ声をかける。  突然の出来事に沙希は戸惑うが、様子がおかしい永田が放っておけなく一緒に喫茶店に入る。女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っている学生・沙希と永田の恋はこうして始まった。お金のない永田は沙希の部屋に転がり込み、ふたりは一緒に住み始める。沙希は自分の夢を重ねるように永田を応援し続け、永田は自分を理解して支えてくれる沙希を大切に思いつつも、理想と現実との間を埋めるようにますます演劇に没頭していくが…。  特報映像は、「夢を叶えることが、君を幸せにすることだと思ってた―」という永田の言葉と共に、永田と沙希が自転車で2人乗りし、同棲している部屋で仲睦まじく過ごすシーンからスタート。しかしすぐに幸せな雰囲気は一変し、東京で夢を追いかける中で厳しい現実に打ちのめされていく永田と、それを支えながらも葛藤していく沙希が徐々にぶつかりすれ違っていく展開となる。  終盤では、沙希が涙ながらに「ごめんね」、永田も「一番会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが、なんでできなかったんだろうね」と、ポツリと大粒の涙をこぼす姿も。人生初のひげを生やしてこれまでに見せたことのない表情を見せる山崎と、ゆれる女心を繊細に表現する松岡が演じる、不器用な2人の切ない恋愛模様が痛いほど伝わってくるような映像となっている。  映画『劇場』は4月17日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access