クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ワイルド・ローズ 関連記事

  • 映画『ワイルド・ローズ』場面写真

    ジェシー・バックリーが大熱狂の中歌い上げる!『ワイルド・ローズ』本編映像

    映画

     映画『ワイルド・ローズ』より、女優のジェシー・バックリー演じる主人公ローズが、復帰ステージで大熱狂の中パワフルに歌い上げる場面を収めた本編映像が解禁された。@@cutter 本作は、実在の人物をモデルに、歌手としての成功を目指し、夢と家族のはざまでもがくシングルマザーの姿を描くヒューマンドラマ。主題歌「GLASGOW」はアカデミー賞ショートリストにも残り、賞レースで音楽賞を席巻した。  主題歌全曲を自ら歌う主演に挑むのは、映画『ジュディ 虹の彼方に』(19)での好演が光った英国の新鋭ジェシー。母親役には『リトル・ダンサー』(00)でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたジュリー・ウォルターズ。ローズに手を差し伸べる資産家スザンナ役に『ホテル・ルワンダ』(2004)で同賞にノミネートされたソフィー・オコネドーなどが顔をそろえる。  今回解禁された本編映像は、刑務所から出所したローズが、弁護士の働きにより、念願叶ってかつての仕事場だったバーのシンガーに復帰したシーン。久々の舞台にローズのボルテージは最高潮。彼女がステージに駆け上がると、まるでこの時を待っていたかのような熱い歓声が客席からあがり、バーはたちまち熱狂に包まれる。「アウトローな気分だぜ」と力強く歌い上げ、「盛り上がれ、グラスゴー!」と水を得た魚のように生き生きとパフォーマンスを繰り広げるローズ。彼女が一番輝くのは、やはりステージの上だと思い知らされるような本編映像となっている。  ステージでローズが歌っているのは、現代のカントリーミュージック界の第一線にいるクリス・ステイプルトンの楽曲「Outlaw State Of Mind」。アウトロー(はみだし者)のローズのキャラクターにぴったりなこの曲について、ジェシーは「ローズは感情のかんしゃく玉のようで、『Outlaw State of Mind』はそんな態度を示し、ジャニス・ジョプリンが歌っているようです。それはローズらしさであり、楽しかったです」とコメントを寄せている。  映画『ワイルド・ローズ』は6月26日より全国公開。

  • 映画『ワイルド・ローズ』ポスタービジュアル

    ジェシー・バックリーの歌声に涙する!『ワイルド・ローズ』予告編解禁

    映画

     映画『ワイルド・ローズ』より、女優ジェシー・バックリー演じる主人公がステージで感動の歌声を披露する予告編が解禁された。@@cutter 本作は、実在の人物をモデルに、歌手としての成功を目指し、夢と家族のはざまでもがくシングルマザーの姿を描く。全曲を自ら歌う主演に挑むのは、『ジュディ 虹の彼方に』(2019)での好演が光った英国の新鋭ジェシー。母親役には『リトル・ダンサー』(2000)でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたジュリー・ウォルターズ。ローズに手を差し伸べる資産家スザンナ役に『ホテル・ルワンダ』(2004)で同賞にノミネートされたソフィー・オコネドーなどが顔をそろえる。  カリスマ的な歌声を持つシングルマザーのローズは、故郷のスコットランドから米国に渡り、歌手としての成功を夢見ていた。だが、不器用にしか生きられない彼女は、夢を追い求めるあまり、時に愛する母親や幼い2人の子供を傷つけてしまう。夢か家族か。ついにつかんだチャンスを前に、彼女がたどり着いた答えとは?  予告編は、ローズ(ジェシー)が幼い2人の子供たちと抱き合う、家族愛あふれるシーンから始まる。遠く離れた米国で歌手として成功する夢を諦めきれず、音楽活動を続ける中で、母親(ジュリー)と衝突し、子供たちからも「ママなんて大嫌いだ!」と言われてしまう。不器用な故に夢と家族の間でもがき苦しみながらも、ステージに自分の居場所を求めて懸命に生きるローズの姿が映し出される。  予告編の後半でローズが歌うのは、主題歌「GLASGOW」。アカデミー賞ショートリストにも残り、賞レースで音楽賞を席巻したこの楽曲は、実際にジェシー本人が歌唱。英国アカデミー賞(BAFTA)授賞式の会場でも歌い上げ、英国を代表するアーティストのアデルも、その歌声に喝采を送った。劇中、ライブシーンなどで披露される数々の歌もジェシーが歌っている。その歌声は学生時代を過ごした音楽学校で鍛えられたもの。  トム・ハーパー監督はジェシーの歌を聴いたときのことを、「すぐに皆『まさにこれがローズの声だ』と言いました。その歌は映画の本質を捉えていました。ローズができる限り人生を進み、最後に本当の自分のルーツから逃げられない、と悟るこの映画の場面そのものの瞬間でした。映画の物語を歌の中に見事に再現していました」と絶賛している。  映画『ワイルド・ローズ』は6月26日より全国公開。

  • 映画『ワイルド・ローズ』場面写真

    新鋭女優ジェシー・バックリーの歌声が賞レースを席巻 『ワイルド・ローズ』場面写真到着

    映画

     女優ジェシー・バックリーが主演を務め、本年度の賞レースで音楽賞を席巻した映画『ワイルド・ローズ』より、ジェシー演じる主人公ローズの歌唱シーンなどを捉えた場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、実在の人物をモデルに、歌手としての成功を目指し、夢と家族のはざまでもがくシングルマザーの姿を描く。全曲を自らが歌って主演に挑むのは、『ジュディ 虹の彼方に』(2019)での好演が光った英国の新鋭ジェシー。母親役には『リトル・ダンサー』(2000)でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたジュリー・ウォルターズ。ローズに手を差し伸べる資産家スザンナ役に『ホテル・ルワンダ』(2004)で同賞にノミネートされたソフィー・オコネドーが顔をそろえる。  解禁された場面写真は、スコットランドのグラスゴーで暮らすローズの日々を切り取ったもの。家族との姿や歌手として夢を追う姿などが写し出されている。  歌唱シーンのカットでは、ギターを抱えて熱唱するエモーショナルな姿や、穏やかな表情で歌う姿、また、きらびやかなステージの上で弾ける姿も見られ、ローズの歌手になりたいという夢への思いの強さがうかがえる。  主人公を演じるジェシーは、主題歌「GLASGOW」をはじめ劇中の音楽を自ら歌い上げ、英国アカデミー賞授賞式会場で主題歌を歌う堂々とした姿も話題となった。  過去にテレビシリーズ『戦争と平和』でも彼女とタッグを組んだことのあるトム・ハーパー監督は、彼女をキャスティングした理由を「彼女が並外れた女優であるからだけではなく、彼女の歌の才能も知っていたからです」と明かした上、「これ以上の適役はいませんでした。また、歌っている姿を送ってもらったが、信じられないくらい素晴らしかった」と絶賛している。  映画『ワイルド・ローズ』は6月26日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access