クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

MOTHER マザー 関連記事

  • 映画『MOTHER マザー』公開記念リモート舞台あいさつに出席した長澤まさみ

    長澤まさみ「初めての経験」 闇堕ちする難役演じた心境明かす

    映画

     女優の長澤まさみが4日、都内で行われた主演映画『MOTHER マザー』公開記念リモート舞台あいさつに阿部サダヲ、奥平大兼、大森立嗣監督と共に登壇。社会の闇へ堕ちていくシングルマザーという難役を演じた長澤。劇場公開をもってこの役と別れることに対し、「ここまで後ろ髪ひかれる感覚になるのは初めての経験だった」と明かした。@@cutter 本作は、実話をベースに、親子のあり方を問いかけるヒューマンドラマ。社会から孤立していく中で築かれる母と息子のゆがんだ絆が、1つの殺害事件を引き起こす過程を描く。  長澤は、全国5都市・15劇場と中継した本イベントに関して「普段は1ヵ所でしか舞台あいさつをやらないので逆に新鮮。たくさんの方々とつながっている気がする」と感想をコメント。中継でつながる観客に、手を振って応えていた。  劇中では、シングルマザーの三隅秋子を熱演。「共感しようと思っても、最後までできなかった。分からないことっていうのもあるんだなと知った作品、役でした。昨日も、映画初日を迎えて、自分自身も嫌な思いで、悶々(もんもん)と過ごした。この映画が旅立っていくうれしさと、開放されるうれしさみたいなものがあった。でもこれを手離していいのか。ここまで後ろ髪ひかれる感覚になるのは初めての経験だった」と複雑な思いを吐露。とはいえ「それだけこの作品、この役と向き合えたのかなと思うと、ムダな時間ではなかったのかな」とほほ笑んだ。  秋子の息子・周平(少年期)を演じた奥平は、本作でスクリーンデビュー。「自分にとって待ちに待った公開。最近テンションも上がり気味」と心境を吐露した。  直近に、話題の映画『キングダム』(19)に出演するなど、知名度バツグンである長澤の息子役を演じるにあたって「実感なかったです。(長澤との共演の)1回目はめちゃくちゃ緊張しちゃった。2回目は慣れようと思ってました」と照れ笑い。  また長澤にビンタされるシーンを振り返って「(本当に)されるのを知らなかった。『(ビンタするフリをして、演出で)音入れるのかな』と思ったけど、スゴい思いっきり叩かれた。ビックリしました」と告白。ビンタの痛みがトリガーになり、役柄の感情も入って「泣いちゃいました」と述べた。  秋子の内縁の夫になるホスト・川田遼に扮した阿部は、奥平ら共演者に「嫌な思いをさせたい、不快な気持ちになってほしいと思って演じていた」と撮影を述懐。「エキストラもビビらせてないといけないなと思ってた。(阿部の人柄は)『優しい人なんでしょ』と感じがしたんですよ。『なめられてるな』と感じたので『一発行かない』と、と思って初日はがんばりました」と笑っていた。  イベント終盤には本作に出演した子役の郡司翔、浅田芭路がゲストとして登場。長澤らにカーネーションの花束を渡し、本作の公開を祝った。

  • 奥平大兼

    奥平大兼16歳、デビュー作で“母”長澤まさみからビンタ「自然と涙が出た」

    映画

     17歳の少年が起こした実際の祖父母殺人事件をヒントに作られた映画『MOTHER マザー』。長澤まさみが、育児放棄といえる行動をとりながらも息子に強い執着を見せるシングルマザーの秋子を演じる本作で、17歳になった秋子の息子・周平を演じてデビューを飾る奥平大兼が、予告編やポスターの解禁時から「あの少年は?」と注目を集めている。「今の自分を全く想像していませんでした」とはにかむ現在16歳の奥平が、初めての撮影にどう臨んだのか。“母”長澤との撮影秘話、そして自身の母との関係も明かした。@@cutter■初めての撮影 “感情”から自然に出たセリフが採用されたことも @@insert1  まったくの演技経験ゼロだった奥平は、本作のクランクイン前に大森立嗣監督のもとでワークショップを受けた。  「周平の役作りとかそういう以前に、本当に基礎的なことを教わりました。それから『MOTHER マザー』のシーンも演じましたが、全然うまくいかなかったんです。気持ちが全然乗らなくてロボットみたいというか。そんな時、監督が“自分がその場で感じたものをそのまま表現すればいいんだよ”と言ってくださったんです。それで流れだけを頭に入れて、セリフの細部にこだわらずに、その時の感情を優先しようと思いました。そしたら言葉が自分の中から出てきて、監督からも『OK、いいね』と言ってもらえて」。  終盤の、周平の気持ちが語られる重要シーンでも、感情から自然に出たセリフが採用された。「現場でこういう流れだなということを理解して、最後の告白の場面も含めて演じました」。 ■“母”長澤まさみからのビンタで予期せぬ感情、そして涙  @@insert2  本作はセリフのない、表情やしぐさだけのシーンも多い。中盤、長澤演じる母親からビンタを受ける場面では、予期せぬ感情に襲われ、戸惑いながらも自然と涙が流れた。  「撮影テストの時には、動きだけで実際にはたたかれなかったんですが、本番ではもちろん本当にたたかれました。お母さん(長澤)の手が見えないくらい早くて、スパーン!って来て。すごくビックリしましたが、体温が伝わってきて、自然と涙が出てきました。でもなぜかどうしても泣きたくなくて、自分の手をぎゅっと握って涙が流れないように我慢しました。それでも結局、泣いちゃって。周平の気持ちになれたのかな。もう一度今同じことをやれと言われてもできないと思います」。 @@insert3  作品の内容的に現場の空気もさぞかし重かったのだろうと思いきや、「すごく明るい雰囲気でした」とのこと。「一緒にいるときには、長澤さんたちと、ずっとたわいもない話をしていました。(内縁の父役の)阿部サダヲさんは僕くらいの年齢の頃の話をしてくれました」。 @@separator■撮影中、実は「反抗期真っただ中だった」 @@insert4  現在、高校2年生の奥平。「中学3年くらいから最近まで」反抗期の真っただ中だった。  「わけもなく、お母さんの言っていること全部にイライラしてしまって。撮影が始まって、朝、お母さんも早く起きてご飯を作って送り出してくれるんですけど、最初は何も話さずに出掛けていました。でもこの作品で考えさせられる経験をして、途中からありがたいことなんだなと気付きました。今はもう反抗期も治りました」と話し、「お母さんとの関係も割といい感じです」と照れ笑いを見せた。 ■素顔は明るい高校生 今度はキラキラ青春ものにも挑戦したい @@insert5  初の撮影を終え、俳優としての思いにも変化が。スカウトで事務所に所属を決めた奥平は、そもそも役者業に興味を持っていたわけではない。しかし所属後、初めてのオーディションで、この大役を得た。「中学生の頃には、今の自分(映画デビュー)を全く想像していませんでした。ものすごいスピードでいろんなことが起きていて、正直、追い付いてないです」とはにかむ。  「クランクインする前は、何も分からないし、プレッシャーばかりで、撮影するのが怖くて怖くて仕方ありませんでした。でも実際にやっていくうちに、『あれ、楽しいな』と変化してきて、クランアップの時には、『え、もう終わっちゃったの。もっとやりたいのに』という気持ちになっていました」。  今ではすっかりこの仕事に興味を覚え、いろんな作品に出たいと胸を膨らませる。  「周平のようなつらい役をやっていても楽しかったので、ほかの役をやったらどうなっちゃうんだろうとすごく気になります。いろんな役をやりたいです。キラキラ学園ものにも興味があります。そんな作品に出ている自分を見たら、すごく恥ずかしいだろうけど…。でもやってみたいな(笑)」。  デビュー作で難役を演じきり、少年の複雑な心の内を体中で表現した奥平。周平のイメージからは、キラキラ系青春映画は想像がつかないが、取材時の本人はキラキラものも似合うだろう明るい青年だった。小学生時代には全国武道空手道交流大会「形」優勝の実績もある奥平。青春ものにアクションに人間ドラマにと、可能性は無限だ。(取材・文:望月ふみ 写真:松林満美)  映画『MOTHER マザー』は公開中。

  • 長澤まさみ

    長澤まさみ「エンタメがないと人は生きていけない」 いま思う“楽しむこと”の大切さ

    映画

     コロナ禍に見舞われた2020年。誰もが経験のない状況に陥る中、エンターテインメント界もストップを余儀なくされた。音楽ライブも演劇公演も中止され、映画も公開延期が続いた。今もウイルスが消えたわけではない。しかし、緊急事態宣言も解除され、予防策を取りながら、社会がゆっくりと動き始めた。こうした状況下で、主演映画『MOTHER マザー』が公開の運びとなった長澤まさみが本作についてのほか、自粛期間中の生活、そして改めて感じた「エンターテインメントの大切さ」を語った。@@cutter◆ステイホーム期間は「戸惑うことはなかった」 @@insert1  ステイホームを余儀なくされた日々。当然、長澤もその一人だが、「俳優はスケジュールが不規則な仕事なので、仕事がない時期があるのも日常だから、家にいることには慣れていました」と話す。  「そうした時間とどう向き合うかが、むしろ重要だったりするんです。家で映画を観ようとか、本を読もうとか、戸惑うことはなかったですね。若いときは不安にかられることが多いかもしれないけれど、撮影もないし、セリフを覚える必要もないし、むしろ自分の頭がクリアになった状態でやりたいことができたと思います」と前向きに捉える。  「いいインプット期間になったし、1日のルーティーンのようなものができて、新しい生活基盤もできたかな。もちろん忙しくなるとまた崩れるかもしれませんが、いいきっかけだったと思います」とすっきりした顔を見せた。 ◆「エンタメがないと人は生きていけない」“楽しみ”の大切さ @@insert2  とはいえ、“不要不急”が叫ばれ、長澤自身も身を置くエンタメ界もストップ。存在意義が揺らぐ期間でもあった。「エンタメは生きているのに絶対に必要なものではないという意見も…」と問いかけようとすると、「逆ですよ! エンタメがないと人は生きていけない!」と長澤から即座に反応が。  「人は楽しみがないと生きていけない。人は人と関わることで新たな自分が生まれる。今回のことで、ハイタッチも握手もできなくなって…。きっと体調を崩すと思いますよ。人の温度を感じるって、すごく大切なこと。世界が止まって、生活様式が変わって、人との接し方も変わっていくでしょうけど、人と関わらないと、心は乏しくなって健康じゃなくなる。今回のことで、人との関わりが、どんなに重要かということが分かった気がします。エンタメという人を楽しませる行為も人とつながること。人だってエンタメですからね。エンタメがないと何も楽しくない。生きていけないと思います」。@@separator◆「理解しようとしなくてもいいのかな」気づかせてくれた子どもたち @@insert3  断言する長澤の姿は、感動するほどの強さだった。しかし、今回、長澤自身の活動も大きな影響を受けたのは事実。3月上旬の時点で無観客での日本アカデミー賞授賞式を経験し、主演映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は公開日が変更、5月に予定されていた一人舞台は中止となった。そしてようやく、新作『MOTHER マザー』が公開されることに。  実際に起きた17歳の少年による殺害事件がヒントとなった本作で、長澤が演じるのは、社会の底辺に生きるシングルマザーの秋子。自身の息子に対する理解しがたい言動の数々…共感するには困難なキャラクターである。  「私は役を演じるとき、自分とは違う人になる感覚なので、もともと共感するといったことはないんです。今回も、理解できるものを探していたわけではありません。とはいえ役を深めていく中で、どうしても腑(ふ)に落ちない部分があったりして、難しいなと感じることもありました。でも大森立嗣監督や共演者、特に子どもたちの存在が、『理解しようとしなくていいのかな』と気づかせてくれたんです」と振り返る。 @@insert4  劇中、自堕落な生活を送り、育児放棄といえる行動を取りつつ、息子・周平に異常なまでに執着する秋子が、周平を「舐(な)めるように育ててきた」と言い放つ場面がある。何ともインパクトのある一言だ。  「今回、母と息子の共依存が描かれますが、本人たちが無自覚なままにそうなっているのが問題なのかなと思います。それを象徴しているような一言だなと。秋子は、自分としては子育てに向き合っている自負がある。実際には何もしていなくて、一般的な家庭とは程遠いんですけど」。 ◆常に成長した自分に「そうじゃなきゃ、先は見えなくなる」 @@insert5  長澤自身は母親から受けた影響を、「正義感が強くてマジメなところ」と挙げる。「周りにもマジメすぎると言われますね(笑)」。  女優業への意識にもその一端がのぞく。  「仕事に対して、自分が納得できる日が来るかどうかは分からないけれど、次の現場に行くときには、新しい自分や成長した自分になっていなければダメだと思っています。そうじゃなきゃ、先は見えなくなる。でも人は少なからず成長するものだし、そうであってほしいと、私は思っています」。  社会的なブームにまでなった映画『世界の中心で、愛をさけぶ』をはじめ、映画『タッチ』『涙そうそう』『モテキ』『キングダム』、ドラマ『ドラゴン桜』『セーラー服と機関銃』『ラスト・フレンズ』『真田丸』『コンフィデンスマンJP』など、出演作ごとに自身の女優としてのイメージを、その実力で上書きしてきた長澤。これからも、その進化は止まらない。(取材・文:望月ふみ 写真:ヨシダヤスシ)  映画『MOTHER マザー』は7月3日より全国公開。

  • 映画『MOTHER マザー』完成披露舞台あいさつに登場した長澤まさみ

    長澤まさみ、初共演の阿部サダヲは「なんでもできるスーパーマン」

    映画

     女優の長澤まさみが15日、都内で行われた映画『MOTHER マザー』完成披露舞台あいさつに阿部サダヲ、奥平大兼、大森立嗣監督とともに出席。初共演した阿部について「スーパーマンという感じ」と印象を語った。@@cutter 本作は、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、新たな物語として映画化。長澤が自堕落で奔放な母親・秋子を演じ、社会の闇へ落ちていく役に挑戦する。内縁の夫・遼を阿部サダヲ、息子の周平を奥平大兼が演じる。  長澤は「久しぶりの公の場ということで、嬉しい気持ちです」と笑顔。続けて、同作について「もしかしたら今年公開できないんじゃないかな、というくらいに思っていたので、たくさんの方に待ってていてもらっているというのも実感していた作品なので、こんな時期ですがぜひ映画館で見ていただけたらなと思っています」とアピールした。  また阿部は「カメラの音も久しぶりで、人と会うのって本当にいいなと。ここから見える景色を一生忘れないと思いますね」としみじみ。自粛期間の過ごし方について聞かれると「おいしいラーメンの作り方とか勉強してましたね」と告白。しかし、MCが「料理の腕は上がったんですか?」と尋ねると、「続かないんですよ」としどろもどろ。「(物事が)続くタイプじゃないなっていうのがわかりました。漫画も『鬼滅の刃』が4巻で止まってますし、芝居が一番好きだなって思いました」と笑いを誘った。  一方、長澤は「映画見たりドラマ見たり、料理もしました。わりとみなさんがやっていたことと変わらないと思います」と回答。出演を決めた理由については「私自身も母から受けた影響ってとても大きいなと感じるところがありまして。親が子を作るということをすごく考えさせられました。台本を読んだ時に人ごとに感じなかったので、演じてみたいと思いました」と語った。  さらに、初共演する阿部に対しては「いつか共演してみたいと思っていた1人。夢がかなって嬉しかったです」と歓喜。阿部の印象を「なんでもできるスーパーマンという感じ」と話したところで、阿部が奥平を指さし「若い俳優が笑ってるけど」と指摘した。奥平は「いいお父さんというイメージがあるので、スーパーマンといわれるとちょっと違うかな」と首をかしげ、長澤は「すみません(笑)」と苦笑していた。 映画『MOTHER マザー』は7月3日より全国公開。

  • 映画『MOTHER マザー』ビジュアル

    長澤まさみ『MOTHER マザー』、7.3公開決定 息子目線のショート予告<SON篇>も解禁

    映画

     女優の長澤まさみが主演を務め、俳優の阿部サダヲと初共演する大森立嗣監督の最新作『MOTHER マザー』の公開初日が7月3日に決定。併せて、「ショート予告‐SON篇‐」が解禁された。@@cutter 本作は実話をベースに、社会から孤立しゆがんだ母子関係と、その中で育った少年がやがて事件を起こすに至る軌跡を描く。長澤が自堕落で奔放な母親・秋子を演じ、社会の闇へ堕ちていく女に挑戦。阿部は秋子と内縁の夫になるホスト・遼を演じる。製作は、日本アカデミー賞(主要部門)三冠の『新聞記者』(19)、『宮本から君へ』(19)など話題作を送り出し、現代社会のさまざまなテーマを世に問い続ける映画会社スターサンズ。河村光庸プロデューサーが、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、『日日是好日』の大森監督とタッグを組み、新たな物語として映画化した。  男たちとゆきずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきた秋子。シングルマザーの彼女は、息子の周平(奥平大兼)に奇妙な執着を見せ、忠実であることを強いる。そんな母からのゆがんだ愛の形しか知らず、翻弄(ほんろう)されながらも応えようとする周平。彼の小さな世界には、こんな母親しか頼るものはなかった。やがて身内からも絶縁され、次第に社会から孤立していく中で、母と息子の間に生まれた“絆”。それは17歳に成長した周平をひとつの殺害事件へ向かわせる…。  解禁された「ショート予告‐SON篇‐」は、17歳に成長した周平が、母親・秋子に幼少期の頃のように名前を呼ばれたことをきっかけに、幼い頃から現在にいたるまでの自身の心層をたどる内容。幸せな家庭を象徴するかのように響く、定番クラシックの名曲で、フランツ・リスト作曲のピアノ曲「愛の夢」にのせ、もしかしたら、こんな幸せもあったのかもしれないと、ifを感じさせる切ない映像に仕上がっている。  また、今週末より、前売鑑賞券ムビチケカード1500円(税込)も発売。劇場窓口で購入すると、MOTHER携帯マスクケースが付く(数量限定、非売品。一部劇場除く)。  映画『MOTHER マザー』は7月3日より全国公開。

  • 映画『MOTHER マザー』場面写真

    長澤まさみ『MOTHER マザー』 母子があてどなくさまよう…シーン写真8点解禁

    映画

     女優の長澤まさみが主演を務め、俳優の阿部サダヲと初共演する大森立嗣監督の最新作『MOTHER マザー』より、社会から孤立した母子があてどなくさまよう姿などを捉えたシーン写真8点が解禁された。@@cutter 本作は実話をベースに、社会から孤立しゆがんだ母子関係と、その中で育った少年がやがて事件を起こすに至る軌跡を描く。長澤が自堕落で奔放な母親・秋子を演じ、社会の闇へ堕ちていく女に挑戦。阿部は秋子と内縁の夫になるホスト・遼を演じる。17歳の息子役には、オーディションで選ばれた新人俳優の奥平大兼が抜てきされた。  製作は、日本アカデミー賞主要部門3冠の『新聞記者』(2019)、『宮本から君へ』(2019)など話題作を送り出し、現代社会のさまざまなテーマを世に問い続ける映画会社スターサンズ。河村光庸プロデューサーが、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、『日日是好日』の大森監督とタッグを組み、新たな物語として映画化した。  解禁された8点のシーン写真は、身内から絶縁され社会から孤立していく、後戻りのできない秋子(長澤)と周平(奥平)の母子が2人で橋を渡るシーンをはじめ、子どもたちのそばにいながらも心はその場所になく、うつろな目でタバコをふかす秋子の姿、転々と流浪生活を送る秋子と子どもたちがラブホテルのベッドで川の字に眠る姿を収めている。  さらに、秋子の母親(木野花)の前で思いつめた表情で座る周平の姿、秋子の家に転がりこんだ遼(阿部)が幼少期の周平(郡司翔)を茶化すように笑うシーン。児童相談所の職員・亜矢(夏帆)が周平たちの力になろうと相談にのる様子や、行くあてが無くなった秋子がすみかを得るためラブホテルの従業員・赤川(仲野太賀)を挑発する場面も切り取られている。  映画『MOTHER マザー』は今夏、全国公開。

  • 映画『MOTHER マザー』ポスタービジュアル

    長澤まさみ『MOTHER』、息子役に新人・奥平大兼 初オーディションで大役掴む

    映画

     女優の長澤まさみが主演を務め、俳優の阿部サダヲと初共演する大森立嗣監督の最新作『MOTHER マザー』より、長澤の17歳の息子役を新人俳優の奥平大兼が演じるほか、夏帆、皆川猿時、仲野太賀、木野花が出演することが発表された。併せて、本予告とポスタービジュアルも解禁された。@@cutter 本作は、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て、新たな物語として映画化する作品。長澤が自堕落で奔放な母親・秋子を演じ、社会の闇へ堕ちていく女に挑戦する。阿部は秋子と内縁の夫になるホスト・遼を演じる。  ゆきずりの男たちと関係を持つことで、その場しのぎの生活を送る秋子(長澤)。シングルマザーの彼女は実の息子・周平に奇妙な執着を見せ、幼い周平にとってもまた、頼れるものは母親しかいなかった。やがて身内からも絶縁され、次第に社会から孤立していく中で、母と息子の間に生まれた“絆”。それは成長した周平をひとつの殺害事件へと向かわせる。事件の真相に迫るとき、少年の“告白”に涙があふれ出す。彼が罪を犯してまで守りたかったものとは-。  初めてオーディションを受けた本作で大抜てきされ、青年期の周平役でスクリーンデビューを果たした奥平は「勉強になればとオーディションを受けました。審査側の机は選考書類の山でしたし、絶対受かるわけがないと思っていたので、合格の連絡を聞いたときは、嬉しいよりも驚きの方が大きかったです」と当時の心境をコメント。撮影前は、母親との関係に翻弄される息子という役柄を演じることに不安を覚えるも、「長澤さんが『大丈夫』と優しく声を掛けてくださり、お母さんのように接してくださったおかげで、脚本を読んで僕が感じた周平を演じることができました」と振り返っている。  そんな奥平について大森監督は、「頭で考えてできるような役ではないから、撮影が進む中で自分が感じることを大事にして欲しいと、とにかくずっと言い続けていました。彼が偉かったのは、演技の中で嘘をつかないことをやり通せたこと」と評価。共演した長澤は、「奥平くんは初めてお芝居をするとは思えないくらい堂々としていて、感じたことや思ったことを素直に反応してくれたので、今回、私はとても助けられていたように思います」とコメントしている。  本予告は、シャツに返り血を浴びた周平のセンセーショナルな姿からスタート。次いで、長澤演じる母・秋子の「(周平を)舐めるようにしてずっと育ててきたの」「私があいつをどう育てても親の勝手じゃないですか?」などのセリフと共に、母と息子の歪んだ愛情が伝わる場面や、「学校、行きたいんだけど」と母親に訴える周平の姿などが映し出されていく。後半では、夏帆、皆川、仲野、木野花ら豪華キャストも登場し、最後は「この真相をうけとめられるか?」と見る者へ訴えかける内容になっている。  ポスタービジュアルは、秋子が暗い表情の周平に恋人のように寄りかかる姿を切り取ったもの。周平目線の「こんな母親でも僕にとって世界(すべて)」というコピーが印象的な、不穏な空気が漂うビジュアルとなっている。  映画『MOTHER マザー』は今夏に全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access