クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

狂武蔵 関連記事

  • 映画『狂武蔵』完成披露無観客イベントに登場した山崎賢人

    山崎賢人、坂口拓への熱い思い「男として大切なことを教えていただいた」

    映画

     俳優の山崎賢人と坂口拓、下村勇二監督が5日、都内の会場で行われた映画『狂武蔵』の完成披露無観客イベントに出席。山崎が坂口へ「侍として、男として、本当に大切なことを教えていただいた」と感謝を述べた。@@cutter 本作は、日本のアクションシーンを牽引し続ける坂口が9年前に撮影したものの、日の目を見ずに眠っていた幻の“侍映画”。主演の武蔵を坂口が、あだ討ちに燃える武士・忠助を山崎が演じる。映画『キングダム』のアクション監督を務めた下村監督がメガホンを取り、77分1シーン・1カットで撮影。坂口は1人で400人の相手を斬り捨てるというアクションに挑戦している。  山崎が出演する追加撮影の部分は昨年に行われたというが、出演を決めた経緯について山崎は「『キングダム』の撮影中に、拓さんと1分間、形を決めないで立ち回りをやらせてもらって。拓さんが『本当に斬りに来ていいよ』って言ってくれて、そこで本当に“戦う”っていうことを感じました」と映画『キングダム』での共演を回顧。  また、「拓さんと下村さんのことが大好きなので。『キングダム』の現場でも本当に侍として、男として、本当に大切なことを教えていただいた」と感謝の言葉を送った。『狂武蔵』を復活させたいという思いを聞いたときの感想については「自分で力になれれば絶対やりたいな、って思いました」と告白。  下村監督は山崎出演の経緯を「飲みの席っていうのもありますよね。その前から『狂武蔵』の話をしてたんだけど、僕たちの熱い思いをぶつけたときに、その場で『やりたい』って言ってくれて。すぐにマネージャーに電話してくれた」と笑みを浮かべた。  坂口は、山崎について「1分間だったけど、2人で『キングダム』のときにルールなしでやったときの、真っ直ぐな賢人の剣を見て、やっぱりうれしかったね。それやっておいてよかったなって」と絶賛。77分1シーンの撮影では、全員に本気で来いと言ったことを明かし「本当に全員がめちゃくちゃ来て、開始5分で指が折れたっていうね。体力もゼロになってた」と振り返った。  イベントでは、坂口と親交の深い格闘家・朝倉海選手もリモートで登場。また、坂口による剣術指南と山崎の殺陣の実演も開催された。  映画『狂武蔵』は8月21日より全国公開。

  • 映画『狂武蔵』に出演する山崎賢人の場面写真

    山崎賢人、侍役に奮闘! 『狂武蔵』メイキング映像到着

    映画

     俳優の坂口拓が主演を務める映画『狂武蔵(くるいむさし)』より、俳優の山崎賢人が侍役に奮闘する姿を捉えたメイキング映像が到着した。@@cutter 本作は、アクション映画『RE:BORN』で主演し、常に日本のアクションシーンを牽引し続ける坂口拓が9年前に撮影し、日の目を見ぬまま眠っていた幻の“侍映画”。『GANTZ』『キングダム』シリーズのアクション監督を務めた下村勇二がメガホンを取り、77分ワンシーン・ワンカットで撮影。坂口がたった独りで400人の相手を斬り捨てるという前代未聞かつ実験的とも言えるアクションに挑戦した。  1604(慶長9)年、9歳の吉岡又七郎と宮本武蔵(坂口)との決闘が行われようとしていた。武蔵に道場破りをされた名門吉岡道場は、既にこれまで2度の決闘で師範清十郎とその弟伝七郎を失っていた。面目を潰された一門はまだ幼い清十郎の嫡男・又七郎との決闘を仕込み、一門全員で武蔵を襲う計略を練ったのだった。一門100人に加え、金で雇った他流派300人が決闘場のまわりに身を潜めていたが、突如現れた武蔵が襲いかかる。突然の奇襲に凍りつく吉岡一門。そして武蔵1人対吉岡一門400人の死闘が始まった。  映画『キングダム』で坂口と共演し、強い絆で結ばれたという山崎は本作で、親友・吉岡清十郎を武蔵に討たれたことを深く悲しみ、そのあだ討ちに燃える武士・忠助を演じる。忠助は吉岡一門100人に加え、野武士300人の計400人を率い、幼い吉岡一門の嫡男・又七郎を守り抜き、武蔵を討つことを堅く誓う。武蔵の神業ともいえる剣術に羨望を覚えつつも報復に燃える山崎の迫真の演技も見どころだ。  メイキング映像は、山崎が、大勢のスタッフに囲まれながら侍を凜々しく演じる姿をたっぷりと収めたもの。そのほか、山崎が坂口と談笑する姿や、撮影終了後に坂口やスタッフと抱擁を交わし、渡された花束を手に笑顔を浮かべる姿も捉えている。山崎や坂口のON・OFFの表情を垣間見ることができる貴重な映像となっている。 ※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記  映画『狂武蔵』は8月21日より全国公開。

  • 映画『狂武蔵』ポスタービジュアル

    坂口拓主演・山崎賢人共演『狂武蔵』、指とあばら骨折&奥歯も砕けた!緊張感みなぎる予告編

    映画

     俳優の坂口拓が主演を務める映画『狂武蔵(くるいむさし)』より、宮本武蔵を演じる坂口が撮影中に指とあばら骨を骨折し、奥歯も砕けたという鬼気迫る死闘シーンを捉えた予告映像が解禁された。@@cutter 本作は、アクション映画『RE:BORN』で主演し、常に日本のアクションシーンを牽引し続ける坂口拓が9年前に撮影し、日の目を見ぬまま眠っていた幻の“侍映画”。『GANTZ』『キングダム』シリーズのアクション監督を務めた下村勇二がメガホンを取り、77分ワンシーン・ワンカットで撮影。坂口がたった独りで400人の相手を斬り捨てるという前代未聞かつ実験的とも言えるアクションに挑戦した。  1604(慶長9)年、9歳の吉岡又七郎と宮本武蔵(坂口)との決闘が行われようとしていた。武蔵に道場破りをされた名門吉岡道場は、既にこれまで2度の決闘で師範清十郎とその弟伝七郎を失っていた。面目を潰された一門はまだ幼い清十郎の嫡男・ 又七郎との決闘を仕込み、一門全員で武蔵を襲う計略を練ったのだった。一門100人に加え、金で雇った他流派300人が決闘場のまわりに身を潜めていたが、突如現れた武蔵が襲いかかる。突然の奇襲に凍りつく吉岡一門。そして武蔵1人対吉岡一門400人の死闘が始まった。  予告編には、物語の核となる77分の死闘シーンも多く盛り込まれ、たった1人で次々と400人の侍を切り捨てて行く武蔵を演じた坂口の鬼気迫る演技は圧倒的な迫力。坂口は共演者に対し、「本気でかかってこい!手を抜いたら殺す!」と周囲に圧をかけて撮影に臨み、実際に本シーンの撮影開始5分で指が折れ、あばら骨も折れ、奥歯も砕け、死をも覚悟したという。  物語の始まりが語られる作品の冒頭と結びの部分では、映画『キングダム』で坂口と共演した山崎賢人が登場。今回山崎は、親友・吉岡清十郎を坂口演じる武蔵に討たれたことにより深く悲しみ、そのあだ討ちに燃える、武士・忠助を演じる。武蔵の神業ともいえる剣術をうらやみつつも報復に燃える山崎の迫真の演技も見どころだ。  映画『狂武蔵』は8月21日より全国公開。   ※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access