クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

遊星からの物体X 関連記事

  • 映画『遊星よりの物体X』ポスタービジュアル

    傑作SFホラー『遊星からの物体X』36年ぶり公開 黒沢清監督コメント到着

    映画

     南極基地に現れた恐怖の宇宙生物との死闘を描くジョン・カーペンター監督の映画『遊星からの物体X』が、デジタル・リマスター版として復活し、36年ぶりにスクリーンで公開されることが決定した。@@cutter 1982年に公開された本作は、巨匠ハワード・ホークス製作による1951年の映画『遊星よりの物体X』のリメイク版。冬の南極基地を舞台に、宇宙から飛来し10万年もの間氷漬けになっていた未知の生命体が、永い眠りから解き放たれ人類へと襲い掛かるさまを描く。人類の体内に侵略し、擬態を行う物体Xは、次々に南極隊の仲間へと姿を変え、孤立した基地内を混乱に陥れる。やがて疑心暗鬼に陥った隊員たちは、死と隣り合わせの混乱の一夜を迎える。  主演に映画『バックドラフト』『エグゼクティブ・デシジョン』のカート・ラッセルを迎え、『ハロウィン』『ニューヨーク1997』『ゼイリブ』など数々のSFホラーの名作を生んだジョン・カーペンター監督が、自身が映画製作を志すきっかけとなった古典の名作をリメイクした。未知の生物の造型を担当したのは、後に『ロボコップ』『セブン』『ミッション:インポッシブル』などを手掛けることになる当時弱冠22歳のロブ・ボッティン。おぞましく斬新なクリーチャーデザインは今なお高い評価を受け、後進のクリエーターに大きな影響を与えた。音楽はイタリアの名匠エンニオ・モリコーネ。  スティーヴン・スピルバーグ監督の『E.T.』と同時期に公開されたこともあり、全米公開時に興行的な成功を収めたとは言えない本作だが、長年に渡り熱狂的な人気を誇り、今やSFホラーの傑作として君臨。スクリーンでの公開は実に36年ぶりとなる。  36年ぶりの公開にあたり、『回路』(2000)でカンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞するなど、常に先鋭的なホラー映画を手がけてきた黒沢清監督からコメントが到着。「凄い特殊造形と、凄い俳優と、凄い音楽があれば凄い映画ができ上がる。他は何もいらない。それは、1982年カーペンターのこの作品によって実証された映画の基本原理だ」とコメントを寄せた。  映画『遊星よりの物体X』デジタル・リマスター版は10月19日より全国公開。

  • 『ザ・フライ』(86)

    「史上最高のホラー・リメイク10本」発表、『ザ・フライ』『モールス』選出

    映画

     映画において、リメイク作品の多くは失敗するものだが、逆に大成功を収めるケースもある。海外メディアWatchMojo.comは、など10本を、史上最高のホラー・リメイクとしてランキング形式で発表している。@@cutter 9位にランクインしたのは、ウィル・スミス主演の『アイ・アム・レジェンド』。『地球最後の男』や『地球最後の男 オメガマン』などでも映画化されていたリチャード・マシスンによる小説を再び映画化した本作では、人類をモンスターに変えたウイルスから生き残ったロバート・ネビル博士が、暗闇を住みかとする不死の怪物たちと、孤独に闘う姿が描かれる。ネビルを演じたウィル・スミスの熱演は批評家から高く評価され、商業的にも大成功を収めた。  クロエ・モレッツ主演の『モールス』は4位にランクイン。いじめられっ子の少年とヴァンパイアの少女の交流を描いた本作は、リメイク元であるスウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』が公開する前に製作が開始されていた。舞台をストックホルムからニュー・メキシコに移したが、『ぼくのエリ 200歳の少女』の魅力だった恐怖や、登場人物間の感情の繫がりはしっかりと描かれている。  第1位に選ばれたのは、『蝿男の恐怖』を鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督がリメイクした『ザ・フライ』。テレポート装置の開発目前だった科学者のセス・ブランドルが、実験中に一匹のハエのDNAと繋がってしまったことが原因で怪物に変容していき、狂気に陥る姿が描かれる。衝撃的に心と体が崩壊していくさまは、ジキルとハイドを彷彿とさせる。 海外メディアWatchMojo.comが選ぶ、史上最高のホラー・リメイク10本は以下の通り。 1位:『ザ・フライ』(86) 2位:『遊星からの物体X』(82) 3位:『ザ・リング』(02) 4位:『モールス』(10) 5位:『ドーン・オブ・ザ・デッド』(04) 6位:『ヒルズ・ハブ・アイズ』(06 ) 7位:『ブロブ 宇宙からの不明物体』(88) 8位:『SF/ボディ・スナッチャー』(78) 9位:『アイ・アム・レジェンド』(07) 10位:『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世記』(90)

  • 映画史上最高のモンスター:エイリアン 『エイリアン』(79)

    「映画史上最高のモンスター」トップ10発表

    映画

     イギリスのメディアRadio Timesが、映画史上最高のモンスター”トップ10を発表。シガニー・ウィーバーがスターになるきっかけとなったSFホラー『エイリアン』のエイリアンが、読者の投票によってトップに選ばれた。@@cutter 記念すべきシリーズ1作目で、俳優ジョン・ハート演じるケインの腹を突き破って登場した“エイリアン”が、『アルゴ探検隊の大冒険』で当時の特撮技術を駆使し誕生した“骸骨剣士”を抑えて堂々の1位を獲得。  3位には、『遊星からの物体X』より、人や動物にとりつきおぞましい姿に変形する物体X、4位には『エルム街の悪夢』の殺人鬼フレディ・クルーガー、5位にスティーブン・スピルバーグ監督『ジョーズ』より人喰いザメのジョーズがそれぞれ続いた。  ほかにもドラキュラ、日本版のゴジラ、殺人人形チャッキーなどがトップ10入りを果たす中、近年公開された作品からは『ハリー・ポッター』シリーズの吸魂鬼と『パンズ・ラビリンス』のペイルマンの2作のみがランクインしている。 【映画史上最高のモンスター】 ※()内は日本公開年 1.エイリアン 『エイリアン』(79) 2.骸骨剣士 『アルゴ探検隊の大冒険』(63) 3.物体X 『遊星からの物体X』(82) 4.フレディ・クルーガー 『エルム街の悪夢』(86) 5.ジョーズ 『ジョーズ』(75) 6.ドラキュラ 『ドラキュラ』(31) 7.ゴジラ 『ゴジラ』(54) 8.ペイルマン 『パンズ・ラビリンス』(07) 9.吸魂鬼 『ハリー・ポッター』シリーズ 10.チャッキー 『チャイルド・プレイ』(88)

  • ポスタービジュアルも解禁に!「遊星からの物体X ファーストコンタクト」(C) 2011 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

    「遊星からの物体X ファーストコンタクト」予告編解禁!語られることのなかった3日前が明らかに

    映画

     1982年、1本のSF映画が全世界にトラウマを与えた。その映画の名は「遊星からの物体X」。 30年を経た今、映像技術の飛躍的な進化と、更に研ぎ澄まされた緊張感と共に、前作では遂に語られることのなかった、“その3日前”を明らかにした「遊星からの物体X ファーストコンタクト」の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。@@cutter 「誰が“それ”で、誰が“それ”じゃないのか?」荒涼とした南極という、究極の閉鎖空間で展開する、疑心暗鬼の緊張感に満ちたサスペンス。そして、前触れもなく突如人間から変形する、これまで誰も見たことのないオリジナリティ溢れるクリ―チャ―が、観た者にトラウマともいえる衝撃の体験を与えた「遊星からの物体X」。後にSF・ホラー映画の巨匠となるジョン・カーペンター監督の最高傑作と語り継がれている。  解禁された予告編では、語られることのなかった“3日前”が明らかになっている。何故“それ”は、解き放たれてしまったのか?ノルウェー南極基地で一体何が起こったのか?南極観測隊員が発見した、左手が不気味に変形した人ではない“それ”の発見(ファーストコンタクト)。氷漬けになっていた“それ”が突如として目覚める衝撃、“それ”が人に擬態することの発見、誰が“それ”になってしまっているのかという疑心暗鬼が怒涛のごとく構成され、最後のたたみかけるシーンから“それ”が正体を現すおぞましいまでの変態シーンで度肝を抜く驚愕の映像が明らかにされる。  また、「物体X」ファンにはたまらないエンニオ・モリコーネの“ベンベン節”で始まり、締めくくっているところも粋なポイントなっている。  「遊星からの物体X ファーストコンタクト」は2012年8月4日(土)より、TOHOシネマズ日劇モンスターナイトカーニバル第二弾

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access