クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ファイト・クラブ 関連記事

  • 興行的な大成功は収められなかったが、人気のある『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)

    トム主演のアクション映画や『ファイト・クラブ』など、興行的に失敗した名作15選

    映画

     後世に語り継がれていくのは何も名作だけではない。大コケした映画もある意味“殿堂入り”を果たし、いつまでも語り継がれていく。しかし、興行的に失敗したからといって駄作とは限らないのが常だ。マーケティング戦略の失敗か、公開時期の問題か。理由は様々だが、そんな「興行的に失敗したが素晴らしい映画」という15本を「Entertainment Weekly」誌がピックアップしたのでここに紹介しよう。@@cutter “コケた作品”とは期待を下回った結果だった、もしくは単に劇場公開で赤字を出した作品という定義。“素晴らしい作品”とは観客の評価が高かった、または愛された作品との定義で、この2つの定義の両方を満たす作品が次の15作だという。  カナダのヒット・コミックが原作のエドガー・ライト監督作『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』(11)は、予算8500万ドル(約104億円)に対して、全米国内興行収入は3200万ドル(約39億3800万円)に留まった。ぎこちなさとバカらしさとカッコよさを全て併せ持った作品ゆえに残念な結果だという。  桜坂洋の同名ライトノベルをトム・クルーズで実写化した『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)。予算1億7800万ドル(約219億円)に対して、国内興行収入は3億6900万ドル(約454億円)で決して“大コケ”ではないが、トム主演のアクション映画としては期待以下の興収だったという。マーケティング戦略と英語タイトルの変更(『EDGE OF TOMORROW【エッジ・オブ・トゥモロー】』)でミスり、アクションとユーモアが絶妙に合わさったエンターテインメント性に優れた作品であることが公開前に伝わらなかった。  「Entertainment Weekly」選出、「興行的に失敗した名作15選」は以下の通り。 『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』(11) 『アイアン・ジャイアント』(00) 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14) 『ショーシャンクの空に』(95) 『殺人ゲームへの招待』(86) 『アトランティス/失われた帝国』(01) 『ラスベガスをやっつけろ』(99) 『リストラ・マン』(未) 『ビッグ・リボウスキ』(98) 『オズの魔法使』(54) 『市民ケーン』(66) 『素晴らしき哉、人生!』(54) 『ヘザース/ベロニカの熱い日』(90) 『ファイト・クラブ』(99) 『トゥモロー・ワールド』(05)

  • 『ファイト・クラブ』(99)を引き立てるのはピクシーズの楽曲『ホエア・イズ・マイ・マインド』

    映画のエンディング曲トップ10発表!『ファイト・クラブ』『8 Mile』が選出

    映画

     カナダのエンタメサイトWatchMojoが「映画のエンディング曲トップ10」を発表。映画の最後に流れる曲で、作品のテーマと登場人物たちをうまく捉えた曲を選び抜いたとのことで、1位に『ファイト・クラブ』のエンディング曲、ピクシーズの『ホエア・イズ・マイ・マインド』がランクインした。@@cutter 1位の米ロックバンド・ピクシーズの『ホエア・イズ・マイ・マインド』は、『ファイト・クラブ』に狂気じみた恐ろしさを与えつつ、どこか楽観的な締めくくりを付け、“統合失調症的な作風”に合っているとのことだ。「プロジェクト・メイヘム」が決行され騒乱が起きている中、“僕” が愛情深げにマーラの手を握る姿に希望が湧いてくるという。  2位には、人気ラッパー、エミネムの半自叙伝的な作品『8 Mile』より、エミネムが歌う『ルーズ・ユアセルフ』が選ばれた。才能がありながらステージに立つと緊張で本領が発揮できないB・ラビット。その呪縛を自ら解いた時、彼は成功への道を進み始めるが、『ルーズ・ユアセルフ』の曲を通じて彼はその瞬間を迎えるという。この曲は、一度のチャンスを掴まなければ人生を軌道に乗せる自信を得ることはできないことにB・ラビットが気付く姿を象徴しているとのことだ。エミネムはこの主題歌でアカデミー賞歌曲賞に輝いている。 WatchMojo選出「映画のエンディング曲トップ10」は以下の通り。 ※()内は日本公開年。 1位 ピクシーズ『ホエア・イズ・マイ・マインド』/『ファイト・クラブ』(99) 2位 エミネム『ルーズ・ユアセルフ』/『8 Mile』(03) 3位 シンプル・マインズ『ドント・ユー』/『ブレックファスト・クラブ』(86) 4位 サイモン&ガーファンクル『サウンド・オブ・サイレンス』/『卒業』(68) 5位 マイケル・アンドリュース『マッド・ワールド feat.ゲイリー・ジュールズ』/『ドニー・ダーコ』(02) 6位 ベン・E・キング『スタンド・バイ・ミー』/『スタンド・バイ・ミー』(87) 7位 シド・ヴィシャス『マイ・ウェイ』/『グッドフェローズ』(90) 8位 ザ・ライヴリー・ワンズ『サーフ・ライダー』/『パルプ・フィクション』(94) 9位 ジーザス&メリーチェイン『ジャスト・ライク・ハニー』/『ロスト・イン・トランスレーション』(04) 10位 カレッジ『ア・リアル・ヒーロー feat.エレクトリック・ユース』/『ドライヴ』(12)

  • 『ファイト・クラブ』の続編となるグラフィック・ノベルが5月発売へ

    『ファイト・クラブ2』グラフィックノベル発売、舞台は10年後

    映画

     デヴィッド・フィンチャー監督が映画化した『ファイト・クラブ』(99)。カルト的な人気を誇る本作の原作者チャック・パラニュークが続編小説を執筆中であることを2013年に明かし話題を呼んだが、その進捗が明らかになった。@@cutter 映画版『ファイト・クラブ』は、エドワード・ノートン扮する主人公ジャックが自分とは似ても似つかない謎の男タイラー・ダーデン(ブラッド・ピット)に出会い、拳のみで闘う秘密組織「ファイト・クラブ」のメンバーになるというストーリー。二人と暮らす女性マーラをヘレナ・ボナム=カーターが演じた。  アメリカなどでは5月27日(現地時間)に発売が予定されているというグラフィックノベル続編。ダークホースから出版され、タイトルも『Fight Club 2(原題)』に決定しているが、そのグラフィックノベルの最初の6ページがPlayboyで紹介された。  その6ページを要約すると、舞台は10年後。「騒乱計画(プロジェクト・メイヘム)」を始めた主人公は今や、ありふれた生活を送っているという。処方箋薬を服用し、「幸せ」だといい、結婚記念日に花を買う男だ。マーラと結婚し、子供がいるが、その子は自家製の火薬を作ってしまうような子…。マーラはなぜか早老症の会合に参加している。タイラーという名前は登場せず、代わりに“セバスチャン”がいるようだ。  パラニュークが前回、公式サイトで発表した内容では、ジャックとマーラの子供をタイラーが誘拐することで、ジャックは騒乱(メイヘム)の世界に引き戻されるとのことだったが、どのように繋がっているのか。The Guardianによると、タイラーがどうなったのかは続編の中で明かされると出版元が話しているという。

  • イスラエル出身の大物プロデューサー、アーノン・ミルチャンがスパイだったと告白

    『プリティ・ウーマン』大物プロデューサー、イスラエルのスパイだったと告白

    映画

     大ヒットした『プリティ・ウーマン』(90)や『ファイト・クラブ』(99)。最近ではブラッド・ピット製作『12 Years a Slave(原題)』などに携わったイスラエル出身の映画プロデューサー、アーノン・ミルチャンが、イスラエルのスパイだったと語ったという。@@cutter The Wrapによると、現地時間11月25日、イスラエルの「Uvda」というテレビ番組のインタビューで、アーノンがイスラエルのために機材や武器を購入していたことを告白したと、イスラエル紙Haaretzが報じているいう。  「出身国(イスラエル)にジェームズ・ボンド(スパイ)に任命された20代の男の気持ちが分かるかい?」とアーノン。現在68歳のアーノンは1970年代からハリウッドの映画業界に携わっているが、同時にスパイ活動のためピーク時には17カ国で30企業を運営していたという。以前にも彼の活動は報じられていたそうだが、本人が公に語ったのは今回が初めてだという。  「私は国のためにやったんだ。誇りに思っている」と語ったアーノン。ハリウッドには他にも携わった者がいたそうだ。  番組には『キング・オブ・コメディ』(83)や『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(84)で一緒に仕事をしたロバート・デニーロも出演。アーノンの友人だというデニーロはアーノン本人から話を聞いていたという。  「核の何かが絡むちょっとしたことが起きて…そのことについてアーノンに確認したことを覚えている。友達としてね。非難するとかではなく気になったからだ。ただ知りたかっただけだ。彼は『私はイスラエル人だ。私の国のことだよ』と答えた」と、デニーロ。アーノンはハリウッドのコネを使い、アパルトヘイト政権のイメージを上げる代わりに、南アフリカにイスラエルのウラニウム調達に協力してもらったという。  ハリウッド映画さながらのダブルライフを送っていたと思われるアーノンは、40年近いキャリアの中で120本以上の映画をプロデュース。代表作には先に挙げた作品の他に、『JFK』(92)や『L.A.コンフィデンシャル』(98)、『Mr.&Mrs.スミス』(05)があり、『フェイクシティ ある男のルール』(09)や『ナイト&デイ』(10)などでは製作総指揮も務めている。

  • 『ファイト・クラブ』の原作者が続編をグラフィックノベルで発表する予定。

    『ファイト・クラブ』続編の映画化も想定内!? 原作者C・バラニュークが続編を執筆

    映画

     サプライズ発表が飛び出したサンディエゴ・コミコンから粋なニュースが飛び込んできた。1999年にデヴィッド・フィンチャー監督で映画化された『ファイト・クラブ』の原作者チャック・バラニュークが、同作の続編小説を執筆中であると発表した。それもグラフィックノベルのフォーマットを採用しているとのことだ。@@cutter Colliderによると、『ファイト・クラブ』の続編小説は1作目から10年後が舞台。タイラーの視点から物語は語られ、1作目同様に「ダークで乱雑」になると、チャックは発表している。  タイラーが消えたと思われた前作を覆すように、タイラーは依然としてジャックの中に存在しており、ジャックとマーラの息子が(タイラーにより誘拐され)行方不明になると、ジャックはメイヘム(騒乱)の世界へと引き戻される設定だそうだ。  グラフィックノベルの出版社は決まっていないが、マーベルやDCコミックス、ダークホースなどのアーティストやクリエイターたちとミーティングを進めており、2015年前に出版にありつきたいとのこと。  映画版『ファイト・クラブ』はデヴィッド・フィンチャー監督のもと、エドワード・ノートンがジャック役、ブラッド・ピットがタイラー役、ヘレナ・ボナム=カーターがマーラ役で出演。アメリカ国内外で話題をさらい、カルト的な人気を誇る作品。  今回の発表では続編の正式タイトルや映画化については一切触れられていない。また、原作と映画版では相違点もあった。とは言え、続編のグラフィックノベルが出版されれば、映画化への期待が高まるのは必至だろう。ファンとしてはオリジナルキャストと製作陣での映画化を望むところだろうか。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access