クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

モータル・コンバット 関連記事

  • 人気格闘ゲーム『モータルコンバット』のアニメ版が制作へ (※写真は1995年作映画『モータル・コンバット』より)

    『モータルコンバット』アニメ版制作へ ボイスキャスト発表

    アニメ・コミック

     対戦型格闘ゲーム『モータルコンバット』をベースに、映画『死霊館』シリーズのジェームズ・ワンがリブート製作する実写版に加え、米ワーナー・ブラザースがアニメ版を進めていることが明らかになった。タイトルとボイスキャストが発表された。@@cutter The Hollywood Reporterによると、タイトルは『Mortal Kombat Legends:Scorpion’s Revenge(原題)』。あらすじは不明だが、副題に“スコーピオンの復讐”とあり、サブ・ゼロと因縁関係にある忍者スコーピオンが関係する話が中心になることが予想される。  ゲームの1作目から登場するジョニー・ケイジの声を務めるのは、海外ドラマ『X-ファイル 2016』の俳優ジョエル・マクヘイル。ジョニーと繋がりの深いソニア・ブレイドの声は、海外ドラマ『デクスター』の女優ジェニファー・カーペンターが務める。スコーピオンと半蔵の声は、日本の人気漫画『ワンピース』の劇場版アニメ最新版『ONE PIECE STAMPEDE』英語版でフランキーの声を務める声優パトリック・サイツが務める。  ボイスキャストは他に、リュウ・カン役の俳優ジョーダン・ロドリゲス、サブ・ゼロ役の声優スティーヴ・ブラム、ライデン役の声優デーヴ・B・ミッチェル、カノウ役の俳優ロビン・アトキン・ダウンズなど。キャラクターは他に、シャン・ツン、クァン・チー、ゴロー、キタナなどが登場する。  監督はアニメ『バットマン:アサルト・オン・アーカム』のイーサン・スポールディングが務める。脚本はアニメ『レゴ(R)DCスーパーヒーロー・ガールズ:ブレイン・ドレイン』のジェレミー・アダムズが執筆。公開予定日は決まっていないが、2020年前半にリリースされる予定とのことだ。

  • 『モータル・コンバット』リブート実写版に出演するという真田広之

    『モータル・コンバット』リブート実写化、真田広之がスコーピオン役 浅野忠信も出演

    映画

     映画『死霊館』シリーズのジェームズ・ワン監督が製作する『モータル・コンバット』リブート実写版。先日、俳優の浅野忠信がライデン役で出演することが報じられたが、真田広之がスコーピオン役に決まったとVarietyが報じた。@@cutter アメリカの人気対戦型格闘ゲーム『モータルコンバット』をベースにする『モータル・コンバット』実写版。1995年版では俳優のクリス・カサマッサがスコーピオンを演じた。サブ・ゼロに殺害されたアンデッドの忍者で復讐に燃え、ゲームの方でも人気のキャラクターだ。  また、ラスボスでモータルコンバットの主催者シャン・ツン役は、映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』でトグサを演じた俳優のチン・ハンが演じるとのことだ。  ほかのキャストは、サブ・ゼロ役のジョー・タスリムやリュウ・カン役のルディ・リン、ソニア・ブレイド役のジェシカ・マクナミー、カノウ役のジョシュ・ローソンなど。『モータルコンバットII』のキャラクター、ジャックス役は俳優のメカッド・ブルックス、ミレーナ役は女優のシシ・ストリンガーが演じるという。また映画『デッドプール2』の俳優ルイス・タンが、未公表のキャラクター役で出演する予定。  監督はこの実写版が長編映画監督デビュー作となるサイモン・マッコイド(Simon McQuoid)。現地時間2021年3月5日より全米公開予定だ。

  • ジェームズ・ワン製作『モータル・コンバット』実写版に出演するという浅野忠信

    『モータル・コンバット』リブート実写化、浅野忠信やルディ・リンが出演

    映画

     アメリカの人気対戦型格闘ゲーム『モータルコンバット』をベースに、映画『死霊館』シリーズのジェームズ・ワン製作でリブートされる『モータル・コンバット』実写版。映画『マイティ・ソー』シリーズなどのハリウッド映画に出演する俳優の浅野忠信や、映画『パワーレンジャー』の俳優ルディ・リンが出演するという。The Hollywood Reporterが報じた。@@cutter 相手を確実に死に追いやる“フェイタリティ”という技が特徴的な対戦型格闘ゲーム『モータルコンバット』。中国や日本の武道に長けるキャラクターが多数登場するが、浅野は地球の守護者で雷の神、ライデンを演じるとのことだ。浅野はThe Hollywood Reporterの報道後、ライデン役で出演することをツイートしている。ルディはゲームシリーズの主人公リュウ・カンを演じるという。  また、米軍特殊部隊少佐で腕がサイボーグのジャクソン・ブリッグス役は、海外ドラマ『SUPERGIRL/スーパーガール』の俳優メカッド・ブルックス、釵(さい)を駆使するミレーナ役はオーストラリア出身の新人女優シシ・ストリンガーに決まったとのことだ。  忍者で凍気を操るサブ・ゼロ役は、映画『ザ・レイド』の俳優ジョー・タスリムが演じると先に報じられていた。  1995年の実写版『モータル・コンバット』はポール・W・S・アンダーソンが監督を務めたが、最新リブート版は同作で長編監督デビューを飾るサイモン・マッコイド(Simon McQuoid)がメガホンを取る予定。脚本は長編映画が初めてとなるグレッグ・ルッソが執筆。あらすじは不明だ。現地時間2021年3月5日より全米公開予定。

  • 1995年版『モータル・コンバット』

    ジェームズ・ワン製作『モータル・コンバット』リブート、2021年3月に全米公開

    映画

     1992年に発売されたアメリカの人気対戦型格闘ゲーム『モータルコンバット』をベースにした1995年のハリウッド実写版『モータル・コンバット』。映画『アクアマン』や『死霊館』シリーズの監督ジェームズ・ワン製作でリブートされることになり、現地時間2021年3月5日より全米公開されることが決まったという。Comingsoon.netなどの海外メディアが報じた。@@cutter 対戦相手を確実に死に追いやる“フェイタリティ”という技が特徴的な『モータルコンバット』。1995年の映画版は映画『バイオ・ハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督がメガホンを取った。1997年には映画『アナベル 死霊館の人形』のジョン・R・レオネッティ監督で、日本劇場未公開『モータルコンバット2』が製作・全米公開されている。  リブート版は米ワーナー・ブラザースのもと、同作で長編監督デビューを飾るサイモン・マッコイド(Simon McQuoid)がメガホン。脚本は長編映画が初めてとなるグレッグ・ルッソが執筆する。キャストは未定。あらすじなどの詳細は明かされていないが、次元間の対戦に引き込まれた主人公の男性が、体験を通じて自分の真価に気づくというストーリーになるという。  ワンの本拠地であるオーストラリアで、今年の後半以降に撮影が始まる予定とのこと。

  • 人気ゲーム『テトリス』の実写映画は3部作構想で進行中

    人気ゲーム『テトリス』の実写映画、3部作構想で進行中

    映画

     格闘アクションゲーム『モータル・コンバット』の実写映画シリーズを手掛けたスレッシュホールド・エンターテインメントにより、人気ゲーム『テトリス』が映画化されると伝えられてから、日本でも大きな話題を呼んでいるが、全3部作になる予定で企画が進んでいるという。@@cutter 米Deadlineによると、スレシュホールド・エンターテインメントのラリー・カサノフ氏と中国の富豪ブルーノ・ウー氏がパートナーシップを結び、新会社スレッシュホールド・グローバル・スタジオズを設立。制作費を確保し、2017年から『Tetris The Movie(原題)』を制作するとカサノフ氏が語ったそうだ。中国人キャストで中国や他の国でのロケを予定しているという。  カサノフ氏いわく、映画は「皆さんが考えているような作品ではなく、きっとクールなサプライズになりますよ」とのこと。3部作の第1作という位置付けでSFスリラーになるそうだ。  ウー氏とカサノフ氏が共同製作し、スレッシュホールドのジミー・インナー氏がザ・テトリス・カンパニーと共に製作総指揮を務めるという。配役やあらすじなどの詳細はわかっていない。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access