クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

キューティ・ブロンド 関連記事

  • 『キューティ・ブロンド』第3弾の脚本を手掛けるミンディ・カリング

    『キューティ・ブロンド』第3弾、ミンディ・カリングが脚本家として参加

    映画

     リース・ウィザースプーン主演で日本でも2002年に公開されたコメディ映画『キューティ・ブロンド』の新作に、『オーシャンズ8』などに出演し、スタンダップコメディアンとしても活躍するミンディ・カリングと、エミー賞受賞の脚本家ダン・ゴーアが脚本として参加することが明らかになった。@@cutter 『キューティ・ブロンド』は、リース演じるブランド好きな女子大生エル・ウッズが、振られたボーイフレンドを取り戻すためにロースクールに入学し、奮闘する姿を描く。世界で1億4180万ドル(約152億円)以上の興行収入を記録し、ゴールデン・グローブ賞で作品賞と女優賞にノミネートされた。2003年には続編『キューティ・ブロンド/ハッピーMAX』が公開されている。  Varietyによると、3作目は2018年6月に製作が決定。リースが再びエル・ウッズを演じ、自身の制作会社ハロー・サンシャインを通じてプロデュースも兼任。さらに、『キューティ・ブロンド』のプロデューサーであるマーク・プラット、プラット・プロダクションのアダム・シーゲル、ハロー・サンシャインのローレン・ノイスタッターらがプロデュースに参加する。  ミンディは、自身の子ども時代に着想を得たNetflixドラマ『私の“初めて”日記』が今年4月に配信開始。昨年は、1994年の映画『フォー・ウェディング』をベースにしたドラマシリーズ『Four Weddings and a Funeral(原題)』でも、共同クリエイターとエグゼクティブ・プロデューサーを務めている。  『キューティ・ブロンド』第3弾で共同で脚本を手掛けるダンは、『The Daily Show(原題)』と『Late Night with Conan O’Brien(原題)』でエミー賞脚本賞を受賞。『ブルックリン・ナイン‐ナイン』の脚本も手掛ける。  ミンディとダンは、ミンディとプリヤンカー・チョープラが出演するウエディング・コメディでもタッグを組むことが発表されており、これが2本目のプロジェクトとなる。

  • リース・ウィザスプーンのエル・ウッズが復活!(※2作目『キューティ・ブロンド/ハッピーMAX』場面写真)

    『キューティ・ブロンド3』R・ウィザースプーン主演&全米公開日決定

    映画

     オスカー女優リース・ウィザースプーンが、約15年ぶりにヒット青春コメディ『キューティ・ブロンド』シリーズの第3弾に出演すると報じられていたが、リース本人が自身のインスタグラムで出演を肯定した。また、配給のMGMが現地時間2020年2月14日より全米公開予定であることを正式発表したという。Comingsoon.netが報じた。@@cutter 明るい天然ブロンド美女のエルが、彼氏にフラれたのをきっかけに法学部に進学。周囲を驚かす発想で有望な弁護士になっていくさまを描く『キューティ・ブロンド』シリーズ。劇中ではリース演じるエルが、キラキラ光るピンクやグリーン、ブルーのビキニ姿を披露しているが、そんな映画のシーンを再現するミニ動画を、リースが現地時間7日に自身のインスタグラムに投稿。  リースは「本当よ」というキャプションと、「#LegallyBlonde3(キューティ・ブロンド3)」のハッシュタグを添えて、第3弾への出演を肯定した。  ミニ動画には、ピンクのビキニ姿でプールに浮かべた浮き輪の上に寝そべっているリースの姿が写っている。Us Weeklyによると、動画は2016年、1作目が公開から15周年を迎えたのを記念してリースが作成したものとのこと。リースは当時、この動画のほかに、エルのワードロープを再披露したという。  第3弾のあらすじなどは不明。1作目のように女性のエンパワーメントを唱えて称える作品になることが見込まれるという。キャストなどの発表と合わせて要注目だ。前2作のように、エルとは切り離せない愛犬チワワが第3弾にも登場することを期待したい。

  • 天然ブロンドのエル・ウッズが復活か(※『キューティ・ブロンド』場面写真)

    リース・ウィザースプーン、『キューティ・ブロンド』第3弾に出演か

    映画

     女優リース・ウィザースプーンがコメディの才を開花させた出生作『キューティ・ブロンド』。リースが主人公のエル・ウッズを演じる第3弾が、約15年ぶりに制作される可能性が出てきた。出演契約の締結間近とDeadlineが報じている。@@cutter 世界興行収入1億4100万ドル(約154億9000万円)を上げるヒットとなった2001年公開の映画『キューティ・ブロンド』。政治家志望の彼氏ワーナーに、政治家の妻としては「ブロンドすぎる」という理由でフラれてしまったブロンド美人のエルが大奮起。彼を取り戻すため、持ち前のポジティブ思考と天然ぶりで彼氏と同じハーバード大学法学部に進学して才能を発揮。2003年の第2弾『キューティ・ブロンド/ハッピーMAX』では、弁護士になったエルの活躍が描かれた。  第3弾には1作目の製作陣の集結が見込まれるとのこと。脚本のカレン・マックラー・ラッツとキルステン・スミスが最終交渉に入っているという。リースは同シリーズ製作のマーク・プラットと共に、プロデューサーを務める予定。  1作目ではロバート・ルケティック監督、2作目ではチャールズ・ハーマン=ワームフェルド監督がメガホンを取ったが、第3弾の監督は未定とのことだ。リース以外のキャストも不明。前作にはエルの新恋人役で俳優のルーク・ウィルソンや、下院議員役で女優のサリー・フィールドなどが出演していた。  日本ではリースが製作を務めるスピンオフが『キューティ・ブロンド3』のタイトルでリリースされている。同作はエルの従姉妹になる双子のブロンド姉妹が主人公になっており、リースは出演していない。

  • 友達作りに悩んだら参考にしたい映画『ピッチ・パーフェクト』

    新生活、友達作りに悩んだら… 映画から学ぶコミュニケーション術

    映画

     入学、新社会人、転勤等、新生活をスタートさせる人が多い4月。色々と不安はあるだろうが、中でも友達や同僚、先輩たちとの人間関係を築けるかどうかが最大の懸念材料ではないだろうか。そんなときこそ映画の力!たくさんの友達作りに役立つシチュエーションが描かれているのだ。@@cutter “友達作り”といえば、青春映画はシチュエーションの宝庫だ。その代表作のひとつが、全米で大ヒットを記録し、2017年に3作目が全米公開予定のミュージカルコメディ『ピッチ・パーフェクト』だ。音楽プロデューサーになることを夢見る主人公ベッカは、自分の意に反して大学に入学したため、校内ラジオ局のアルバイトにしか楽しみを見いだせず、友達もいなかった。  それでも女性アカペラグループに入部したことで、彼女の人生は変わり始める。自分の夢にしか興味がなく、そこにだけは力を注げるベッカ。ある意味、典型的な自分しか見えていない主人公だ。しかし、1つのことをきっかけに視野が広がり、人生は豊かに。この作品のように、全員が一丸となって共通の何かに打ち込み、友情を育んでいくのは、友達作りの王道パターンと言える。  同じようなタイプの作品に、日本映画では『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『がんばっていきましょい』などがあり、これらの作品から得られる教訓は、“友達を作りたいなら、サークルや部活に入れ”である。  では、大人になってからの友達作りは?参考にしたいのが、ジム・キャリー主演のコメディ映画『イエスマン “YES”は人生のパスワード』。主人公カールは、仕事でもプライベートでも「NO」を連発する超後ろ向きな男。これで人生が楽しいはずがない!一念発起した彼は、どんなときでも「YES」しか言わないことを自分に課すのだ…。  この作品でポイントとなるのは、物事を前向きにとらえ、良い部分に目をやるということ。そうすれば、交友関係は広がり、見方が変わった人生は明るくなる!この指令型タイプの作品では『旅するジーンズと16歳の夏』もおすすめ。また、『マイ・インターン』『キューティ・ブロンド』も見ているだけで明るくなり、人間関係をポジティブに変換してくれる良作だ。友達作りに悩んだら、映画を見て乗り切る術を試してみては?(文・安保有希子) <友達作りに悩んだら参考にしたい映画> 『ピッチ・パーフェクト』(15) 『ウォーターボーイズ』(01) 『スウィングガールズ』(04) 『がんばっていきまっしょい』(98) 『イエスマン “YES”は人生のパスワード』(09) 『マイ・インターン』(15) 『キューティ・ブロンド』(01)

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access