ダ・ヴィンチ・コード 関連記事

  • 『ダ・ヴィンチ・コード』のロバート・ラングドン教授の若き日の活躍を描くドラマ企画が進行中(※映画『ダ・ヴィンチ・コード』場面写真)

    『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ、若きラングドン教授を描く前日譚ドラマ制作

    海外ドラマ

     2006年の映画『ダ・ヴィンチ・コード』を含む3作で俳優のトム・ハンクスが演じるロバート・ラングドン教授が、テレビドラマで活躍することになりそうだ。米NBC局が若きラングドン教授を主人公にしたドラマ企画を進めているという。@@cutter 米作家ダン・ブラウンのベストセラー小説に登場するラングドン教授。これまでに『天使と悪魔』、『ダ・ヴィンチ・コード』、『インフェルノ』が映画化された。いずれも宗教象徴学を専門にするハーバード大学の教授ロバート・ラングドンが、世界で起きる事件に潜む謎に迫る姿を描く。  Deadlineによると、NBC局のドラマ企画のタイトルは教授の姓となる『Langdon(原題)』。ダン・ブラウンの小説シリーズの3作目となる『ロスト・シンボル』に基づくドラマになるという。海外ドラマ『ブラックリスト』や『メンタリスト』のダニエル・セローンが、脚本を執筆すると共に製作総指揮を務めるという。映画シリーズでメガホンを取るロン・ハワード監督や、ブラウン氏が製作に名を連ねる。  テレビドラマ版は若き日のラングドン教授の冒険を描くという。恩師が誘拐される事件が起き、ラングドン教授が一連の危険な謎に引き込まれていくとのこと。半ば強制的にCIAとチームを組むことになり、恐ろしい陰謀を突き止めていく姿を描くという。  キャストやバイロット版の撮影時期などは不明。続報を楽しみにしたい。

  • ロン・ハワード監督とトム・ハンクス

    トム・ハンクス&ロン・ハワード監督、初タッグから30年!共演者も憧れる2人の関係性

    映画

     映画『インフェルノ』で主演を務めたトム・ハンクスと、メガホンを取ったロン・ハワード監督の関係について、共演者が証言。ヒロイン役を務めたフェリシティ・ジョーンズは「まさに以心伝心」と二人を絶賛している。@@cutter トムとハワード監督は、『スプラッシュ』で初タッグを組んだ。この作品は、若手コメディアンとして活動していたトムが、俳優の道へ進むきっかけとなったとも言われている。『アポロ13』では、実際に起こった“アポロ13号爆発事故”を描き、そして本作の前身である『ダ・ヴィンチ・コード』と『天使と悪魔』では、もはやトムの代名詞とも言える“天才宗教象徴学者ロバート・ラングドン”というキャラクターを作り上げた。  ラブコメディ、実話、ミステリーまで、幅広い作品を送り出してきた二人だが、作品に向き合う姿勢は全く変わらないという。トムは「ロンとの仕事は本作で5回目になるけれど、毎回僕らのスタート地点は同じ。『この作品には、自分たちに解明できるものが何かあるだろうか』と問いかけるところから始めるんだ」とコメント。一方のハワード監督も「トムとは、クリエイティブな志を共有している。さらに、仕事のやり方や姿勢などが似ていてすごく心地いいんだ」と明かしている。  二人の関係は、共演者もうらやむほど。本作でヒロインの女医・シエナを演じたフェリシティ・ジョーンズは「二人ともお互いのことが大好きなのよ」と話す。そして「作品作りに関しても考えていることが同じで、まさに以心伝心。私もこれからキャリアを積んでいって、いつかその輪に入れたらいいなと思っているの」と語っている。   映画『インフェルノ』は、10月28日より公開。

  • リアルすぎるテーマは、原作者が「ダンテを預言者として考えるというアイデア」によって生まれた。

    議論を呼ぶ映画『インフェルノ』、原作者「ダンテを預言者としてみなす」悪役がキーに

    映画

     空前のミステリーブームを巻き起こした映画『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』に続く、シリーズ第3弾『インフェルノ』。“シリーズ生みの親”である原作者であるダン・ブラウンが、本作のキーマンとなる、悪役・ゾブリストの誕生秘話を語った。@@cutter 本作は、これまで数々の謎を解き明かしてきた、トム・ハンクス演じる主人公・ラングドン教授が、フェリシティ・ジョーンズ演じる美貌の女医・シエナとともに、詩人ダンテの叙事詩『神曲』〈地獄(インフェルノ)篇〉に秘められた暗号の謎に挑むミステリー。  現代社会でも問題となっている「人口過剰問題」をテーマに、シリーズ全作品を手がけたロン・ハワード監督が「議論を呼ぶ映画」と断言するほど、“究極の選択”を観客に突きつける。  原作者のダンは、本作について「世界の人口がこの80年で3倍に急増したと知り、人口抑制の悪役を目的にした」と宣言。劇中で、ウィルスを感染させ人口を半分に間引くという恐ろしい計画を目論み、その起爆スイッチをダンテの『神曲』〈地獄(インフェルノ)篇〉に隠したゾブリストについて、「ダンテを歴史としてではなく、預言者としてみなしている悪役を登場させるというアイデアを温めていたんだ」と語る。さらにダンは、「ダンテを預言者として考えるというアイデアによってゾブリストが生まれ、このキャラクターこそが原作を書くきっかけとなった」と、ゾブリストが本作を作り上げたことを明かした。  リアルすぎるテーマ、そして世界観が話題を呼ぶこと間違いなしだ。   映画『インフェルノ』は、10月28日より公開。

  • 『インフェルノ』、監督が本作の魅力を語る特別映像&本ポスタービジュアル公開。

    『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ最新作『インフェルノ』特別映像&ポスター解禁

    映画

     世界中で空前のミステリーブームを巻き起こした映画『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの最新作『インフェルノ』の特別映像と本ポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、過去2作品で数々の謎を解き明かしてきた、トム・ハンクス演じる天才象徴学者ロバート・ラングドン教授が、人類の滅亡計画を企てる生化学者ゾブリストが詩人ダンテの叙事詩「新曲」〈地獄篇(インフェルノ)〉に隠した暗号の謎に挑むミステリー。  今回、公開された映像は、シリーズ通して監督を務めるロン・ハワード監督、そして原作者のダン・ブラウンが物語についての思いを語り、ラングドン教授が疾走する姿が映し出されたもの。  ハワード監督は、「3作目となる本作では、ラングドンが一層中心になって活躍する」と語る。そして、「今回ラングドンが挑むのは今、まさに目の前にある人類の危機だ。観客を驚かせるキャラクターを集め、展開が二転三転する。敵か味方か分からない、過去はほぼ関係ない」と、作品に描かれる大きな謎に没頭できることに自信を覗かせる。  さらに映像では、相棒となる美人女医シエナと共に、走りまくるラングドンの姿が映し出される。本作でラングドンは「タイムリミット48時間」「記憶喪失で天才的な知識が使えない」「謎を解くカギは“チェルカ・トローバ”という言葉のみ」という大きな制限の中、謎を追っていく。そして、彼に究極の選択が突きつけられる。  ハワード監督が、「予想を裏切る大どんでん返し」と宣言する本作だけに、これまで以上の一大センセーションを巻き起こしそうだ。  映画『インフェルノ』は10月28日日米同時公開。

  • 人類滅亡へのカウントダウンを阻止せよ!『インフェルノ』予告編解禁

    世界滅亡の危機!『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ最新作『インフェルノ』予告解禁

    映画

     ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァアチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社の陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、大ベストセラー作家ダン・ブラウンの人気ミステリーシリーズを映画化した『インフェルノ』の予告編が解禁となった。@@cutter 予告編は、「人類は100年で滅びる」という謎の男の不吉なセリフとともに始まる。トム・ハンクス演じるラングドン教授が投影しているのは、フィレンツェの画家ボッティチェリの作品「地獄の見取り図」だ。絵画の中にはアメリカの大富豪の名前が暗号のように隠されていた。隠された暗号を解き明かすため、美貌の女医シエナと共に、イタリア・フィレンツェ、ヴェネツィア、トルコ・イスタンブールなど世界中を駆け巡る。  次のカットではラングドン教授が、不気味に白く光るダンテのデスマスクを手にしている。マスクの裏には“探し 見出せ”という意味深な文字が隠させていた。はたして世界は滅亡してしまうのか?  主人公のハーヴァード大学宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授にオスカー俳優トム・ハンクス。ラングドンとともに謎を追う美貌の女医シエナにSF大作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ヒロインに抜擢されたフェリシティ・ジョーンズ。メガホンをとるのは『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ全作品を手掛けるロン・ハワード監督。  映画『インフェルノ』は10月28日より日米同時公開。

  • 『インフェルノ』、日米同時公開決定!

    『ダ・ヴィンチ・コード』第3弾、日米同時公開決定! 新ビジュアルも解禁

    映画

     『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズの映画化第3弾『インフェルノ』が、10月28日に日米同時公開されることが決定。またトム・ハンクス演じる主人公・ラングドン教授と、フェリシティ・ジョーンズ演じる美貌の女医・シエナのツーショットの場面写真も公開された。@@cutter ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(05年)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09年)。そして2016年、シリーズ第3弾『インフェルノ』がついに映画化される。  ラングドン教授が次に迫るのは、詩人ダンテの叙事詩『神曲』<地獄(インフェルノ)篇>に秘められた暗号。イタリア・フィレンツェ、ヴェネツィア、トルコ・イスタンブールなど世界中を駆け巡り、その知性を駆使して、ボッティチェリらの数々の有名美術品や建築物から暗号を読み解きながら、全世界を揺るがす大きな陰謀に挑む。  主人公のハーヴァード大学宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授役にはトム・ハンクス。ラングドンとともに謎を追う美貌の女医シエナに『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演女優賞にノミネート、スター・ウォーズのスピンオフ作品『ローグ・ワン:ア・スターウォーズ・ストーリー(原題)』主演のフェリシティ・ジョーンズ。監督はシリーズ全作品を手掛けるアカデミー賞監督ロン・ハワード。原作はシリーズを手掛けるダン・ブラウンだ。  今回公開された場面写真は2枚。ラングドンとシエナのツーショット写真で、1枚目は、美術品と観光客であふれるイタリア・フィレンツェの名所ウフィツィ美術館の廊下にいる二人。今にも駆け出しそうな二人が強い視線で見つめる先に、謎に迫る暗号を解く鍵が、果たして隠されているのか…。2枚目は、薄暗い部屋の中で何かを指さすラングドンとそれを見つめるシエナ。ラングドンが手にするのは、詩人ダンテのデスマスクだ。その裏側に、いったいどんな手がかりを見つけたのか…。  映画『インフェルノ』は10月28日日米同時公開。

  • 「ロバート・ラングドン」シリーズ最新作『インフェルノ』ついに製作決定

    “ラングドン”シリーズ最新作『インフェルノ』撮影開始 国際的なキャスト陣も発表

    映画

     『ダ・ヴィンチ・コード』や『天使と悪魔』のダン・ブラウン原作による“ロバート・ラングドン”シリーズ第3弾『インフェルノ』の製作開始が決定。主演のトム・ハンクスと監督のロン・ハワードが続投することも発表され、既に世界中から熱い期待が集まっている。@@cutter 本作は、前2作で全世界12億ドルを稼ぎ出した大ヒットシリーズの第3弾。ラングドン教授(トム・ハンクス)が今回対峙するのは、ダンテの長編叙事詩「神曲」<地獄篇>をめぐる世界滅亡へのカウントダウン。記憶喪失となってフィレンツェの病院で目を覚ましたラングドン教授は、女医のシエナとともに美術史や宗教図解解釈学の知識を武器に、伝染病を世界に広めようとする陰謀を阻止すべく奔走する。  女医シエナを、『博士と彼女のセオリー』で本年度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされているフェリシティ・ジョーンズが務めることが発表されたほか、『最強の二人』のオマール・シー、『ライフ・オブ・パイ』のイルファン・カーン、デンマークのテレビドラマ『コペンハーゲン 首相の決断』のシセ・バベット・クヌッセンという国際色豊かな共演陣も公表された。  ロン・ハワード監督は、キャスト陣に対し「 この作品では、ロバート・ラングドンの絶対絶命の危機や、彼の前に立ちふさがる世界規模の脅威を際立たせるために、インターナショナルなキャストにしたかった」と説明。「フェリシティ、イルファン、オマール、シセは全員が自国においても、そしてアメリカでもすばらしい俳優として認められている。撮影開始が待ち遠しいよ」と、豪華なメンバーに期待を寄せた。  全米公開は、2016年10月14日、日本では2016年秋公開予定。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access