クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

トイ・ストーリー3 関連記事

  • 『トイ・ストーリー3』初期化されたバズがアイデアに!ピクサー新作の歌&ダンス秘話

    『トイ・ストーリー3』初期化されたバズがアイデアに!ピクサー新作の歌&ダンス秘話

    アニメ・コミック

     カラフルな“死者の国”での冒険を描くディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』(3月16日公開)。『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督がメガホンを取った本作は、ピクサー作品では初めて“音楽”をテーマに描く。アンクリッチ監督は、歌やダンスのシーンを描くにあたり『トイ・ストーリー3』のあるシーンをアイデアにしたというが、その名シーンとは?@@cutter アンクリッチ監督が参考にしたのは『トイ・ストーリー3』で初期化されてしまったバズ・ライトイヤーが、突然スペイン語モードに切り替わり、 一目惚れしたジェシーに情熱的なダンスを踊るシーンだ。バズはジェシーの気を引こうと軽快なステップで腕を大きく振ったり、ジャンプしたり、笑ってしまうようなダンスを披露。同作のエンディングでも、バズとジェシーが 『You’ve Got a Friend in Me』に合わせて一緒に社交ダンスをするシーンがあり、ファンにとっては記憶に残る名シーンとなっている。  アンクリッチ監督はこのシーンについて「僕は『トイ・ストーリー3』のバズ・ライトイヤーが、スペイン語モードに切り替わり踊るシーンを描いたことがあった。映画の最後で『You’ve Got a Friend in Me』のスペイン語バージョンに合わせて、バズのダンスを振り付けするのはとても楽しかったよ」と振り返る。「そのシーンは僕がそれまでやったことがない、興味深くて楽しいアイデアを与えてくれた。そして、本作ではそれがもっと拡大されたんだ」。  音楽がテーマの本作には、ミゲルがギターを弾くシーンや、伝説の歌手デラクルスが名曲『リメンバー・ミー』を歌うシーンなど、たくさんの歌や音楽が登場する。そのすべてが大きなチャレンジだったというアンクリッチ監督だが「僕は本作に登場するすべての音楽が大好きだよ。音楽はこの映画のDNAの大きな部分なんだ。映画の中で音楽が役割を果たしていない瞬間はほとんどないくらいだね」と仕上がりには自信をのぞかせている。  音楽が数多く登場するだけの映画にならないよう、あくまでもストーリーを軸に歌や楽曲が制作された本作。共同監督のエイドリアン・モリーナは、ミゲルの物語を描くために音楽を活用し、ストーリーを進める助けになる歌詞を書いていったという。ストーリー制作に携わったストーリーアーティストのディーン・ケリーは「普通ミュージカルは音楽が先で、それからストーリーをそれにうまく合うように作る。しかし本作は物語の中で 、ミゲルに何が必要で、何をしたくて、何を感じているかといった気持ちを説明するような歌詞を書いたんだ」と話す。また「とくにストーリーの中でロペス夫妻が書いた曲『リメンバー・ミー』は劇中のいくつかのシーンで使われている。観客が死者の日に感情移入して、理解してもらう必要があったから」とも語っている。  映画『リメンバー・ミー』は2018年3月16日より全国公開。

  • ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』公開日決定! ビジュアルも公開

    ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』公開日決定! ビジュアルも公開

    アニメ・コミック

     ディズニー/ピクサー最新作『COCO(原題)』が『リメンバー・ミー』として、2017年12月23日に日本公開することが決定。併せてビジュアルと、ピクサー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブオフィサーであるジョン・ラセターのコメントが到着した。@@cutter 『トイ・ストーリー3』のメガホンを取ったリー・アンクリッチ監督が手掛ける本作は、1年に1度だけ亡くなった家族たちと会えるという “死者の日”の祝祭を題材に、テーマパークのような死者の国を舞台に繰り広げられる笑いと感動のミステリーアドベンチャーを描く。主人公は、音楽を禁じられた少年ミゲルと、彼が死者の国で出会うスケルトンのヘクター。ストーリーの重要なカギを握るのは、タイトルにもなっている曲“リメンバー・ミー”だ。  「『リメンバー・ミー』は非常に特別な映画です。家族を称え、そして同時に祖先を称える作品でもあります」と語るラセターは、「日本でもとても重要なことですよね。物語の舞台こそメキシコに設定されていますが、そのテーマ性は普遍的であり、どの国でも変わらないものです。そこで思い出されるのは、みんなが集まり、祖先のことを思い出す日本の『お盆』という風習のことです」と本作と日本文化との共通点を紹介。  また「私たちは、思い出を風化させないこと、家族の次の世代、またその次の世代へと思い出を生かし続けていくことが何より大切と考えます。本作ではまさにそのことがテーマとなっています。ある少年が彼の祖先のことを知り、そしてある秘密を知ってしまいます。『リメンバー・ミー』は、あなたの家族を称え祖先を称賛する、とてもエモーショナルで、日本の皆さんにとってもとても特別な作品になると思います」と作品の魅力を語っている。  映画『リメンバー・ミー』は2017年12月23日公開。

  • 『トイ・ストーリー4』と『Mr.インクレディブル2』の全米公開日が入れ替えに(※写真は『トイ・ストーリー3』『Mr.インクレディブル』より)

    『トイ・ストーリー4』公開が2019年に延期 『Mr.インクレディブル2』は1年前倒し

    アニメ・コミック

     ピクサーの人気作品『トイ・ストーリー』シリーズの4作目『Toy Story 4(原題)』が、『Mr.インクレディブル』の2作目『The Incredibles 2(原題)』と、公開日が入れ替わったことが明らかになった。海外メディアVarietyが報じている。@@cutter 同サイトによれば、『The Incredibles 2(原題)』の全米公開は、当初よりも1年前倒しされ、当初『Toy Story 4(原題)』の公開が予定されていた2018年の6月15日に設定。一方の『Toy Story 4(原題)』は、2019年の6月21日公開になるという。  『The Incredibles 2(原題)』のお披露目は、『トランスフォーマー』シリーズ第6作と、『ジュラシック・ワールド』の続編の公開時期の間となる。そして『Toy Story 4(原題)』のお披露目は、タイトル未定のDCコミックス映画と、『トランスフォーマー』シリーズ第7作の公開時期の間となる。  『The Incredibles 2(原題)』では、前作に引き続き、ブラッド・バードがメガホンを取る。2004年に公開した『Mr.インクレディブル』は、世界中で6億3300万ドルを稼ぎ、アカデミー賞の長編アニメーション賞を獲得した。『Toy Story 4(原題)』には、おなじみのトム・ハンクスやティム・アレンが出演。前作『トイ・ストーリー3』は、11億ドルという、ピクサー史上最高の興行収入記録を未だに保持している。

  • 海外メディアが選ぶ、最高のアニメ映画1位に選出された『千と千尋の神隠し』

    海外メディアが選ぶ「21世紀最高のアニメ映画ベスト50」 1位は『千と千尋』

    アニメ・コミック

     海外メディアThe Playlistが、21世紀に生み出された最高のアニメ映画を50本選出。日本の作品からは、『千と千尋の神隠し』(03)や『東京ゴッドファーザーズ』(03)などがランクインした。@@cutter 47位につけたのは、今は亡き名匠・今敏監督がメガホンを取った、『東京ゴッドファーザーズ』。東京で暮らすホームレス3人が、ゴミ捨て場で拾った赤ちゃんと出会い、その両親を探して旅するというユニークな物語、そして物語からにじみ出る温かさや、思いやりの心が評価された。ちなみに元ネタは、1949年のアメリカ映画『三人の名付親』。今監督の作品からは、『パプリカ』も42位に選出されている。  先日に野外でリバイバル上映を行って話題を呼んだ、細田守監督の『時をかける少女』(06)は34位にランクイン。1983年に発表された、大林宣彦監督による同名実写映画をアニメ化した本作では、時をさかのぼることができるようになった女子高校生が経験する、切ない青春の日々が描かれる。美しいアニメーションと独自性が評価された本作で、細田監督は海外から「今監督、宮崎駿監督、高畑勲監督に代わる若き才能」と絶賛された。  栄えある1位に選ばれたのは、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』。300億円越えという、国内歴代最高の興行成績を誇る本作では、不思議な世界で豚に変えられた両親を救うため、湯屋で働く少女・千尋の姿が描かれる。千尋の両親が豚に変えられたことをきっかけにファンタジー性と曖昧さを増していく物語は、「グロテスクで恐ろしく、スリリングで美しい、そして西洋で育った者にはすごく珍しい」と絶賛を受けている。 海外メディアThe Playlistが選ぶ、21世紀に生み出された最高のアニメ映画50本の内、上位20本は下記の通り。 1位:『千と千尋の神隠し』(03) 2位:『Mr.インクレディブル』(04) 3位:『カールじいさんの空飛ぶ家』(09) 4位:『なんて素敵な日』(12・未) 5位:『ベルヴィル・ランデブー』(02) 6位:『インサイド・ヘッド』(15) 7位:『かぐや姫の物語』(13) 8位:『ファンタスティック Mr.FOX』(09) 9位:『戦場でワルツを』(08) 10位:『風立ちぬ』(13) 11位:『ウォーリー』(08) 12位:『ペルセポリス』(07) 13位:『チキン・ラン』(00) 14位:『レミーのおいしいレストラン』(07) 15位:『レゴ(R)ムービー』(14) 16位:『コララインとボタンの魔女 3D』(09) 17位:『Anomalisa(原題)』(15) 18位:『トイ・ストーリー3』(10) 19位:『モンスターズ・インク』(01) 20位:『ファインディング・ニモ』(03)

  • 『トイ・ストーリー4』製作決定!

    『トイ・ストーリー4』製作決定! ジョン・ラセター「過去の作品を上回る」自ら監督に

    アニメ・コミック

     1995年、ピクサーが世界初のコンピューター・アニメーション映画として発表した『トイ・ストーリー』。このたび、2010年に公開された3作目が“完璧な完結編”と言われていた本シリーズの4作目の製作が決定した。監督は、『トイ・ストーリー』1作目と2作目でメガホンを取ったジョン・ラセターが務める。@@cutter カウボーイの人形・ウッディと、スペースレンジャー・バズ・ライトイヤーを中心に“おもちゃの世界”をドラマチックに描き、多くの世代に愛されてきた同シリーズ。シリーズを追うごとにおもちゃ達の友情が深まり、世界中が涙した『トイ・ストーリー3』は“完璧な完結編”と言われるほどの名作となった。  今回、自ら新作のメガホンを取るたジョン・ラセター監督は、当初、おもちゃたちの物語は、アンディとともに完璧なエンディングに仕上がったため、続編を製作する意思はまったくなかったと明かす。だが、『トイ・ストーリー』全作品に関わるピクサーのクリエイティブ・スタッフ、アンドリュー・スタントン、ピート・ドクター、リー・アンクリッチが新しいアイディアを持ち込んだことから「考えずにはいられなくなりました」と気持ちを大きく動かされたよう。  「私達はこのキャラクター達が大好きであり、彼らはまるで家族のような存在です。ですから期待に応じられる、または過去の作品を上回る場合以外には、キャラクターを使いません。本当にワクワクしましたし、この映画を製作し、私自身が監督を務めたいと思ったのです」と、並々ならぬ意気込みと強い自信をのぞかせた。  『トイ・ストーリー4(原題)』は、2017年全国公開予定。

  • 最新作『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』放送決定!

    『トイ・ストーリー』シリーズ最新作、日本初放送決定!主役はカウガールのジェシー

    アニメ・コミック

     世界中で大ヒットした人気アニメーション『トイ・ストーリー』のシリーズ最新作となるテレビ作品『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』が、全国無料のBSテレビ局・Dlifeで、7月より日本独占初放送することが決定した。@@cutter 『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』は、映画『トイ・ストーリー3』後の世界を描いたテレビ作品。夜のモーテルを舞台に、探検に出かけたおもちゃ達が一人、また一人といなくなる。なぜおもちゃたちが消えていくのか?残されたおもちゃ達は自分たちが消される前に謎を解かないとならない…。    主役となるのは、かつてウッディとテレビで共演していたカウガールのジェシー。大切な仲間たちを救うために、ウッディやバズと共に恐怖に立ち向かっていく。    ジェシー、ウッディ、バズはどんな恐怖体験をするのか、そして、仲間たちを取り戻すことができるのか!?    『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』は、BSテレビ局・Dlifeで7月より日本独占初放送。

  • 『アナと雪の女王』が全世界歴代映画興行収入5位にランクイン

    アニメ『アナと雪の女王』、『アイアンマン3』を抜き全世界歴代映画興行収入5位に

    映画

     世界を席巻するディズニーのアニメーション『アナと雪の女王』(14)が、同社配給のマーベル・コミック・ヒーロー映画『アイアンマン3』(13)を抜き、全世界歴代映画興行収入5位に躍り出た。@@cutter Varietyによると、『アナと雪の女王』は先週末に全世界興行収入が12億1900万ドル(約1241億7953万円)を超え、これまで5位だった『アイアンマン3』を抜き越したと伝えた。ちなみに『アイアンマン3』の全世界興行収入は約12億1500万ドル(約1237億9635万円)(Box Office Mojo調べ)となっている。  『アナと雪の女王』はアメリカ国内興行収入が約4億ドル(407億5200万円)なのに対し、海外興行収入が約8億1800万ドル(約833億3784万円)。うち、1億9400万ドル(約197億6472万円)近くが日本での興行収入とのことで、日本での驚異的な大ヒットが本作のランキングアップに一役買っていることを示唆した。  また、歴代アニメーション映画では、これまでトップだった『トイ・ストーリー3』(10)を約1億5000万ドル(約152億8500万円)引き離して1位に輝いている。日本では現在、洋画のアニメ作品で歴代1位、洋画の国内歴代興行収入ランキングで3位を記録している。  ちなみに今回の変動を反映させた全世界歴代映画興行収入トップ10は以下の通り。(Box Office Mojo調べ、現地時間5月25日付け) 1位 『アバター』(09)/約27億8200万ドル(約2835億1362万円) 2位 『タイタニック』(97)/約21億8600万ドル(約2228億1898万円) 3位 『アベンジャーズ』(12)約15億1800万ドル(約1547億2974万円) 4位 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(11)/約13億4100万ドル(約1366億8813万円) 5位 『アナと雪の女王』(14)/約12億1900万ドル(約1241億7953万円) 6位 『アイアンマン3』(13)/約12億1500万ドル(約1237億9635万円) 7位 『トランスフォーマーズ/ダークサイド・ムーン』(11)/約11億2300万ドル(約1144億6739万円) 8位 『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(04)/約11億1900万ドル(約1140億5967万円) 9位 『007 スカイフォール』(12)/約11億800万ドル(約1129億3844万円) 10位 『ダークナイト ライジング』(12)/約10億8400万ドル(約1104億9212万円)

  • エイリアンのハロウィンコスが超絶可愛い!『一番くじ トイ・ストーリー TRICK‐OR‐TOYS!』

    エイリアンが可愛すぎる『一番くじ トイ・ストーリーTRICK‐OR‐TOYS!』

    アニメ・コミック

     バンプレストは、コンビニエンスストアを中心に人気を博している“ハズレなしのキャラクターくじ”「一番くじ」の最新作『一番くじ トイ・ストーリー TRICK‐OR‐TOYS!』(1回600円/税込)を、10月上旬より全国のセブン‐イレブン店舗で展開する。@@cutter 『一番くじ トイ・ストーリー TRICK‐OR‐TOYS!』は、ハロウィンに合わせ、『トイ・ストーリー』を題材にした、8等級全19種類+ラストワン賞の商品の中から必ずいずれかが当たる“ハズレなしのキャラクターくじ”。  A賞は、スケルトンに扮した「ウッディ」と、頭のシールドがかぼちゃのデザインになった「バズ」のフィギュアが2体セットで登場。そして、B・C賞では、ハロウィンのコスチュームをして楽しんでいる「エイリアン」たちのフィギュアを取り揃えられている。その他、「エイリアン」になれるブランケットや実用的なステーショナリー、集めて楽しいミニフィギュア(ちびきゅんキャラ)など、ハロウィンをテーマにバラエティ豊かな商品が豪華ラインナップされている。  『一番くじ トイ・ストーリー TRICK‐OR‐TOYS!』は10月上旬より全国のセブン‐イレブン店舗で展開(取り扱いのない店舗、発売時期の異なる店舗あり)。

  • 新「スター・ウォーズ」は世代交代?

    「スター・ウォーズ7」主人公はレイア姫とハン・ソロの子供?

    映画

     ルーカス・フィルムを買収した米ディズニーが製作「スター・ウォーズ」の第7作目のプロットについて、ネット上ではさまざまな噂が流れている。その中で、ハリソン・フォードがハン・ソロ役での出演交渉に入ったというニュースを受けて、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、レイア姫役のキャリー・フィッシャーも再登場するのではないかとの噂が流れ始めた。@@cutter 米エンタメサイトDeadline.comによると、ハミル、フィッシャーとも、ルーカス・フィルムが売却される前に、「スター・ウォーズ」シリーズの新たな3部作の話をジョージ・ルーカス監督から聞いていたと明言している。しかしながら、現在61歳になるハミルや56歳のフィッシャーがどのような形での登場となるのかと想像すると、彼らの子供たちが主人公になるのではないかというのが今回の噂のコアの部分だ。  「トイ・ストーリー3」の脚本家、マイケル・アーントが現在執筆中の脚本は、ハリウッド業界でも極秘中の極秘であり、「スター・トレック」シリーズのJ・J・エイブラムス監督もこの先2年から3年は、「スター・ウォーズ」プロジェクトに注力するとのこと。  世界中から注目を浴びている本プロジェクト、この先もニュースを追い続けていくほうがよさそうだ。(後藤ゆかり)

  • 「スター・ウォーズ:エピソード7」脚本はマイケル・アーント

    「スター・ウォーズ」最新作に「トイ・ストーリー3」脚本家を起用

    映画

     「スター・ウォーズ」シリーズ7作目となる最新作「スター・ウォーズ:エピソード7」の脚本家が決定したようだ。「スター・ウォーズ」シリーズの公式サイトstarwars.comのサイトに発表されている。@@cutter ルーカスフィルムは、「スター・ウォーズ:エピソード7」の脚本をマイケル・アーントが手がけると発表した。アーントは「リトル・ミス・サンシャイン」(06)でアカデミー賞脚本賞を受賞、さらに「トイ・ストーリー3」(10)ではアカデミー賞脚色賞にノミネートされた実力派。  ジョージ・ルーカスとキャスリーン・ケネディは、すでにアーントと話し合いに入っているという。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access