クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

しあわせのパン 関連記事

  • 大泉洋が映画『そらのレストラン』に出演

    大泉洋主演、北海道舞台の映画『そらのレストラン』公開 共演に本上まなみ、岡田将生

    映画

     大泉洋が主演を務める映画『そらのレストラン』が2019年初春に公開することが決定し、本上まなみと岡田将生が共演していることも発表された。@@cutter 映画『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』に続く、“食”と“人”をテーマに描く北海道映画第3弾となる本作。本企画は北海道南西部に位置するせたな町で、一部の有名料理人には知れ渡っている有機農法栽培や飼育をする生産者のグループ<やまの会>とその人たちとの出会いが基盤となっているという。監督は『神様のカルテ』『トワイライト ささらさや』の深川栄洋が務める。  北海道・せたなで暮らす設楽亘理(大泉)と妻・こと絵(本上)、そして東京からやって来た牧羊を営む若者・神戸(岡田)ら。亘理たちはある日、彼らの食材を求めてやってきた札幌の有名ビストロのシェフの手によって、自分たちの食材がさらにおいしくなったことに感動。この感動をもっと多くの人たちに届けたいと、仲間たちと一日限りのレストランを開くことを目指す。  主演の大泉は「今作は、『家族』との絆。『仲間』との友情を描いたハートウォーミング・ドラマです。せたな町は、海と山どちらの景色も楽しめる素晴らしい土地です。最高の出演者とスタッフと共に作り上げたこの作品で皆様の日々の疲れを少しでも癒していただければと思います。この映画はめちゃめちゃ癒されます!」とコメント。  一方の本上は「主演の大泉洋さんを筆頭にみな実在の人物を演じているため、現場ではモデルになった方と役を演じる俳優が入り交じり、やっと出会えた喜びに、笑ったり泣いたりハグしたりと大盛り上がり。とびきり豊かで幸せな体験となりました」と回想。岡田は「人々の友情や食の大切さであったりを、現場で間近に感じる事ができました。大泉さんとは凄く久々に共演させていただき、笑いが絶えない現場を深川監督の下、毎日現場に行くのを楽しみながら充実した撮影ができたと思っています」と振り返っている。  映画『そらのレストラン』は2019年初春全国公開。

  • 相武紗季「やったことなかった」官能シーンに体当たりで挑戦

    相武紗季、イメージ覆す官能シーンに挑戦! 直木賞作家の初映像化作品でヒロイン

    エンタメ

     直木賞作家・桜木紫乃のミステリー小説を女優の相武紗季主演で映像化した連続ドラマW『硝子の葦』が、WOWOWにて2015年2月21日よりスタートすることが明らかになった。桜木作品の映像化は今回が初めてとなり、ヒロインを務める相武は、官能的なシーンにひるむことなく、ハードな役柄に体当たりで挑んでいる。 @@cutter NHK連続テレビ小説『マッサン』での演技も好評の相武。本作では、実母の元愛人と結婚、元雇用主との不倫、そして誘拐事件を起こし焼身自殺を図る…という波瀾万丈のヒロインを演じているが、今回、オファーを受けた際の印象について相武は、「原作には過激なシーンがあると聞いていたので、“どんな役なんだろう”と思いながら読んだんですけど、思っていた以上にすんなりと受け入れられた」と話す。また「女性として共感し、憧れる部分がたくさんあった」とも。波瀾万丈な役とはいえ、ヒロインに対し感じる想いなどがあったようだ。  さらに、「なかなか演じることのできない役で、他では挑戦できないような刺激的なシーンもあるので、撮影がすごく楽しみ。どう演じるかよりも、自分がどうなっちゃうんだろうと期待する部分が大きい。きっと新しい自分が見つかるはず」と、新境地開拓に前向きな姿勢を見せた。  本作は、ラブホテルを舞台にしたミステリー仕立ての衝撃ドラマ。女の業と情念から生まれる犯罪を、性愛シーンを絡めながら官能的に描く。メガホンを取るのは、映画『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』など、人生再生を描いた作品で高い評価を得ている三島有紀子。エロスに対する独自の視点が多くの女性に支持されている桜木ワールドをどうのように映像化するのかにも注目が集まる。  連続ドラマW『硝子の葦 ~garasu no ashi~』(全4話/毎週土曜22時放送)は、2015年2月21日よりWOWOWにて放送開始、第1話は無料放送。

  • 『50回目のファースト・キス』

    結婚前に観ておきたい映画5本<男性編>

    映画

     ラブストーリーやラブコメディの主人公の多くは女性ですが、恋は相手あって成立するもの。女性が好きなそれらの作品には、こんな人と巡り会いたい! こんな人と恋に落ちたい! こんな人と結婚したい! という理想的な男性像ももちろん描かれているわけです。そこで、ジューンブライトの季節にちなんで、映画に登場する理想の花婿&夫を5本セレクト!@@cutter 1本目は『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』。30歳を過ぎても恋愛経験のないトゥーラが、自分磨きにはげみ、片想いの彼とめでたくつきあうことに! けれど、トゥーラはギリシャ人、恋人のイアンはアメリカ人。ギリシャ人はギリシャ人と結婚するのが当たり前……という両親を説得したりと、結婚まで大変&面倒なこと続き! けれどそれをドーンと受け止めようとするイアンの優しさは、たまらなく魅力的。まさに理想の花婿!  ドリュー・バリモア主演の『50回目のファースト・キス』は、事故の後遺症で記憶が1日しかもたない短期記憶喪失障害を抱えているルーシーが主人公のラブコメディ。ルーシーに一目惚れし、愛してしまったヘンリーは、自分が彼女の記憶に残らないとしても決してあきらめません! 毎日くり返し彼女と恋に落ちて、愛を告げて……ヘンリーの深すぎる愛は、男女ともに感動するはず。また、原田知世と大泉洋が夫婦役の『しあわせのパン』の夫婦も素敵です。『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』のイアンや『50回目のファースト・キス』のヘンリーに比べると、『しあわせのパン』の水縞くんは、かなり寡黙な男性ですが、多くを語らないからこそ伝わってくる愛もあって──。とにかく、妻・りえさんのことを見守る眼差しがとても温かい!  続いては、号泣必至のラブストーリーを2本。アニメーションの『カールじいさんの空飛ぶ家』と、『きみに読む物語』です。『カールじいさんの空飛ぶ家』は、78歳の無口で頑固なカールじいさんが、自分の家に風船をつけて飛ばして旅に出る物語。いわゆる冒険ものですが、無口で頑固になってしまったのは妻が先だってしまったから、冒険に出る決意をするのは妻との約束を果たすため──妻をものすごく愛していたおじいさんの愛の物語でもあるんです。冒頭で流れる妻との回想だけで涙、確実! 一方、『きみに読む物語』はアメリカでも日本でも“泣ける映画”として大ヒットした、ライアン・ゴズリングとレイチェル・マクアダムス共演の永遠の愛を映画いたラブストーリー。良家のひとり娘アリーと材木工場で働く青年ノアが主人公。身分違いの情熱的な恋物語はほかにもたくさんありますが、ずっと愛は続いていく、永遠の愛はあるんだと証明してくれる、群を抜いたラブストーリーです。  まずはこの5本で、女性が求めている理想の男性像をチェック!(文:新谷里映)

  • 映画「しあわせのパン」

    「パン・コロッケ・ラーメン…」今、食べ物の名前がタイトルに入った映画がブーム!?

    映画

    「チャーリーとチョコレート工場」「ショコラ」「UDON」「THE 焼肉 MOVIE プルコギ」「ラーメンガール」など、食べ物の名前がタイトルに入っている映画が、洋邦問わず、いろいろと公開されてきた。とはいえ、どの作品も公開年月日はバラバラで、年数をかけてタイトルが揃った結果である。@@cutter だが、驚くべきことに、「しあわせのパン」「犬の首輪とコロッケと」「イエロー・ケーキ クリーンなエネルギーという嘘」「メンゲキ! 」と、食べ物の名前がタイトルに入った4本の映画が、なんと1月28日に公開(「メンゲキ! 」は関西・福岡地区先行公開、2月4日より全国公開)。また昨年10月22日に九州で一斉公開され、4月7日より全国10館にて拡大公開中の映画「ラーメン侍」なんてタイトルもある。いや、この状況、もはやただことではないでしょう。もしかして、食べ物タイトルブームが来ているとか!? だったら調査せねば! と意気込んだのだが、「そんなことはないと思いますよ」と、いきなり意気消沈の答えが関係者から返ってきた。 「というのも、この日の公開となったのは、劇場サイドとのブッキングがたまたま重なっただけで、食べ物タイトルが揃うことを狙って、あえて28日にしたわけではないからです。また、どの作品も小から中規模公開の作品であり、かつ、ジャンルもバラバラであるため、重なったところで別に問題なし、というのが本音だと思います(『イエロー・ケーキ クリーンなエネルギーという嘘』は原発の燃料となるウラン採掘の闇を描く映画)。これが、ジャンルも同じで300館以上の拡大公開する作品とのバッティングだったら、公開を1週早めたり、遅らせたりするかもしれませんが、そもそも、単館系と大作の観客層はあまり被りませんからね」。@@separator 公開が重なったのは偶然で、特にブームが来たわけではないとしても、なぜタイトルに食べ物の名前を入れるのだろうか。業界内に“食べ物の名前を作品に入れるとヒットする”といったジンクスなどがあるのだろうか。 「そういったジンクスを聞いたことはないのですが、食べ物の名前が入ると、印象には残りますよね。例えば、『UDON』『THE 焼肉ムービー プルコギ』のように、何も知らない状態でタイトルだけを聞いたら、内容の検討がつかないのはもちろんのこと、それがドキュメンタリーなのか、フィクションなのかもわからないのではないでしょうか。でも、平凡なタイトルよりは強烈なインパクトを確実に与えてくれる。だって、うどんとプルコギですよ? そういった面で、食べ物の名前が入ったタイトルは美味しいと思います。ただ、それは逆に、間口を狭める場合もあります。タイトルに入った食べ物はさほど劇中に出てこないのに、その食べ物には興味がないから観ない、といったことも考えられますから」。 また、「そういった食べ物が入ったタイトルはこれからも出てくるでしょうが、さほど多くもなく、ブームにはならないと思いますよ」と、前述の関係者は付け加えてくれた。確かに、ご飯、味噌汁、漬物、納豆みたいなタイトルが並ばれても……それはそれで、ちょっと面白そうかもしれない。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access