クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

二宮和也×多部未華子『マイファミリー』、主題歌はUru 小林武史と再タッグで2年ぶり日曜劇場登板

ドラマ

  • twitter
  • facebook
日曜劇場『マイファミリー』主題歌を担当するUru
日曜劇場『マイファミリー』主題歌を担当するUru(C)TBS

関連 :

二宮和也

多部未華子

Uru

 二宮和也が主演を務め、多部未華子が共演する4月10日スタートの日曜劇場『マイファミリー』(TBS系/毎週日曜21時)の主題歌が、Uruの書き下ろしによる新曲「それを愛と呼ぶなら」に決まった。

【写真】二宮和也&多部未華子、娘役・大島美優と『マイファミリー』会見に登場

 本作は、二宮と多部が演じる、誘拐された娘を取り返すための唯一の方法として警察を排除することを決意した夫婦が、たった2人で娘を取り返すべく戦っていくストーリー。『グランメゾン東京』(2019年)、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2021年)などを手掛けた脚本家・黒岩勉がオリジナルで描く。

 主題歌に決まったUruの新曲「それを愛と呼ぶなら」は、本作のために書き下ろした楽曲で、作詞・作曲をUru、編曲に小林武史を迎えて制作された。後悔や失敗を経験したからこそ気付くことの出来る思いを描いており、聴く人を鼓舞するような力強く包容力のある楽曲となっている。

 Uruが日曜劇場の主題歌を担当するのは、2020年1月期放送『テセウスの船』の「あなたがいることで」以来約2年ぶり。小林とも「あなたがいることで」以来の再タッグとなった。

 Uruは「この曲は、一度つまずいてしまったからこそ気付けたことや、それによって自分はどう変わっていくのかという心情を歌った再生、再起の曲として作りました。メロディーや歌詞も含め、前を向けるような、大切な人への気持ちに素直になれるような曲にしたいと思いながら作ったので、この気持ちがドラマとリンクできたらうれしいですし、曲を聴いた人の心にも伝わって欲しいなと思います」とコメントしている。

 またプロデュースを務める小林は「Uruさんの声や歌には、装飾や安直な派手さを寄せ付けないところがあると思っています。僕も他ではなかなかやらないような細かなアレンジを、目立たないところで施したりしてるのですが、できるだけ骨組みの力強さに近づくようにと思って、音作りをやりました」と明かし、「今回は、彼女やドラマの伝えていくべき事が、力強さの結晶のようにあぶり出されたような気がしています。そして、Uruさんの名曲がまた生まれたような気がしています」とメッセージを寄せた。

 日曜劇場『マイファミリー』は、TBS系にて4月10日より毎週日曜21時放送(初回25分拡大)。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv