クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

北川景子、及川光博から“ベタ褒め”される「優しい、真面目、美しい」

ドラマ

『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』制作発表にて(手前左から)北川景子、及川光博
『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』制作発表にて(手前左から)北川景子、及川光博 クランクイン!

関連 :

北川景子

山田裕貴

南沙良

高橋文哉

前田旺志郎

前田拳太郎

河村花

及川光博

 女優の北川景子が7日、都内にて開催された『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』制作発表に、山田裕貴、南沙良、高橋文哉、前田旺志郎、前田拳太郎、河村花、及川光博と共に出席。トークの中で、及川からの“ベタ褒め”を受け、「恥ずかしい」と照れた。

【写真】「優しい、真面目、美しい」と“ベタ褒め”された北川景子

 本作は、ロースクール(法科大学院)を舞台に、裁判官で実務家担当教員の主人公・柊木雫(北川)と彼女を取り巻く人々が自身の価値観をぶつけ合いながら、法曹界のあり方を問うリーガルエンターテインメント作品。“司法試験合格”という目先のゴールばかりにとらわれるロースクールの現実に向き合い、成長していく物語となっている。

 “月9”初主演となる北川は、「すごく気合十分で、毎日楽しく撮影をしています」とコメント。「見ていただきたいのはやはり学生たちが夢に向かって一生懸命奮闘していく姿」とし、「法律に詳しくない方だったり、興味のない方にも絶対に何か響くところがあるんじゃないかなと思っています」とアピールした。

 及川は「この作品はオリジナルの脚本なので、先々のことがまったく読めていない。すなわち、逆算して演技ができない。そのスリルを楽しみつつ演じています」と告白。さらに北川を「景子ちゃんがとにかく優しい。優しい、真面目、美しい。どうしますか」と絶賛すると、北川は「恥ずかしいです。恐縮です」と照れ笑いを浮かべた。

 新年の抱負を発表する場面では、山田が「滝行する」と宣言。「自然を見るのが好きなんですよ。海も山も森も見るのが好きなんですけど、滝を見ているとやっぱり滝に打たれている人を想像して、やってみたいなというのがある」と打ち明けた。

 今回の発言をきっかけにバラエティ番組で滝行のオファーが来るのでは、と司会に投げかけられると、山田は「お願いします、ぜひ。本当にお願いします。もちろんこの“テミス”の宣伝を兼ねて」と前のめりだった。

 ドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』は、フジテレビ系にて1月9日より毎週月曜21時放送(初回30分拡大)。

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る