クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『女神の教室』“柊木”北川景子の柔らかな雰囲気と前向きさに反響「女神」「愛くるしい」

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』第1話より
ドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』第1話より(C)フジテレビ

関連 :

北川景子

山田裕貴

 女優の北川景子が主演するドラマ『女神(テミス)の教室~リーガル青春白書~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第1話が9日に放送。北川が演じる新米教員・柊木の柔らかな雰囲気と前向きな姿勢に反響が集まった。

【写真】『女神の教室』第1話 北川景子、ロースクールの新米教員に

 本作は、法科大学院(ロースクール)を舞台に、裁判官で実務家担当教員の主人公・柊木雫(北川)と彼女を取り巻く人々が自身の価値観をぶつけ合いながら、法曹界のあり方を問うリーガルエンターテインメント作品。

 「人を知らなければいい法律家にはなれない」をモットーにする東京地方裁判所の裁判官・柊木は、裁判所所長からロースクールへ派遣教員として突然の勤務辞令を受ける。彼女はめげることなく、青南大学法科大学院、通称“青南ロー”へと赴く。

 そんな中、柊木は無駄を省いた授業を行う人気教員・藍井(山田裕貴)と実務演習を受け持つことに。事例を元に弁護側と検察側に分かれて学生たちと模擬裁判を行うことになった。模擬裁判では、柊木が弁護側、藍井が検察側に。弁護側の学生たちはあらゆる仮説を立てて被告人の無罪を主張する。

 途中で藍井は「そこまでして勝ちたいですか? 悪あがきはこのへんにしたらどうですか?」と柊木にチクリ。柊木は「彼らの主張に無理があるのならどうぞ否定してください。立証責任は検察側にありますので。裁判において弁護側はあらゆる可能性を踏まえ合理的な疑いを差し挟むのが仕事です。だから彼らは彼らなりに合理的な疑いを主張しています。その上でこの疑いを超える証明をするのは検察側の責務です」とキッパリ告げる。結果、弁護側の疑いを超える立証が検察側に足りないという理由で判決は無罪となった。

 その後、柊木は学生たちに自分も青南ロー出身だと告白。暗記が苦手で成績もいつも最下位だったと明かす。模擬裁判で感じたことと、必死に覚えている法律や判例は同じだと言い「どの事案にも必ず人がいる。年齢や性別、育ちの違ういろんな事情を抱えた人たちが存在している。そう考えると、なんだか見え方変わってこない?」とほほ笑むのだった。

 柊木の柔らかな雰囲気と前向きな姿勢に視聴者からは「ふわふわしてて明るくて可愛い」「本当に女神」「愛くるしい」「こんな先生に出会いたかった」「応援したくなった」「前向きで素敵」などの声が続出。柊木と藍井の対照的な性格にも「対比がおもしろい」「いいコンビに思える」「これからが楽しみ」などの反響が集まった。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv