クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

三宅健主演、劇団新感線『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』公演ビジュアル解禁

エンタメ

 3月から上演される2023年劇団☆新感線43周年興行・春公演 Shinkansen faces Shakespeare『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』より、公演ビジュアルが解禁された。

【写真】松井玲奈ら『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』出演キャストが発表

 部下イアーゴの計略によって破滅へと突き動かされる軍人オセロと妻デズデモーナを描いたシェイクスピアの四大悲劇の一つ『オセロー』。2011年、人間の本質となる喜怒哀楽をつづったこの物語を、青木豪の翻案・書き下ろしにより劇団☆新感線としては異色の、“いのうえ歌舞伎”でもなく、“ネタモノ”でもなく、“Rシリーズ”でもない『港町純情オセロ』として上演した。戦前・戦中の関西らしき場所にある港町を舞台に、混沌とした時代に生きるチンピラヤクザたちの人情悲喜劇に大胆に翻案された本作は、新感線主宰・演出のいのうえひでのりによるダイナミックな演出で新たな産声を上げた。

 そして2023年、この作品が『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』として12年ぶりによみがえる。物語の舞台を、戦後のアメリカ文化が流れ込んできたポップな時代に改めて書き直し、装いを新たに上演する。常に新作を発表している新感線として、数少ない再演作品となる。

 主人公オセロを演じるのは三宅健。初演で劇団員の橋本じゅんが演じた泥臭いヤクザの組長を、一本気で純情な「愛」に生きるヤクザ者として演じる。オセロの美しい妻モナには松井玲奈。知らず知らずのうちにオセロを追い詰める悪計に加担する事になるオセロの部下・汐見丈には寺西拓人。さらに劇団員からは、粟根まこと、高田聖子が登板する。

 公演ビジュアルは、数多くのマフィア映画に出演してきたアル・パチーノを想起させる白のダブルスーツを身にまとった三宅を中心にキャストが集う、レトロでクラシックかつ新感線らしい仕上がり。『ミナト町純情オセロ』は「新感線流、任侠シェイクスピア」ということで、往年の任侠映画やアメリカのギャング映画のビジュアルエッセンスを盛り込み、昭和40年代ごろの活気や勢いを感じさせる雰囲気となっている。

 2023年劇団☆新感線43周年興行・春公演 Shinkansen faces Shakespeare『ミナト町純情オセロ~月がとっても慕情篇~』は、東京・東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)にて3月10~28日、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて4月13日~5月1日上演。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv