クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『ドラゴンボール』悟空&バーダック親子フィギュア登場! 原型師のこだわりが景品に

アニメ・ゲーム

  • twitter
  • facebook
「ドラゴンボール SCultures BIG 造形天下一武道会5 -共-」 7月下旬より全国のアミューズメント施設へ順次投入開始
「ドラゴンボール SCultures BIG 造形天下一武道会5 -共-」 7月下旬より全国のアミューズメント施設へ順次投入開始(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション(C)2014 BANPRESTO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 7月5日より新たなTVシリーズがスタートするなど、現在も高い人気を誇る『ドラゴンボール』をモチーフとしたフィギュア「ドラゴンボール SCultures BIG 造形天下一武道会5 -共-」が、7月下旬より全国のアミューズメント施設へ順次投入開始となる。

【関連】「ドラゴンボール SCultures BIG 造形天下一武道会5 -共-」フォトギャラリー

 本フィギュアは、『ドラゴンボール』を題材に造形力を競う大会「造形天下一武道会5」の参加作品を商品化したアミューズメント専用景品。6人の原型師が2人1組でペアを組み、タッグマッチで造形力を競い合ったフィギュア達が、遂に登場する。

 7月下旬には、原型師・中澤博之とKOZOのペアが手がけた優勝作品「孫悟空(スーパーサイヤ人)」と「バーダック」。8月下旬には、高松正慎とVAROQが手がけた準優勝作品「ナッパ」と「ラディッツ」。そして9月中旬には、鬼山尚丈と松浦健が手がけた「ベジータ」と「セル(第二形態)」が投入。

 “日本が世界に誇るキャラクターを、情熱を持った最高の原型師の手によって、どこまでも造形美にこだわり抜き、キャラクターの魅力を高次元で表現するもの、それこそがフィギュアである”とのコンセプトを持つクリエイターズブランド「SCultures(エスカルチャーズ)」ならではの高いクオリティーに注目が集まる。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv