クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

檀れいが沢口靖子に馬乗り!? “科捜研vs科警研”美しき女のバトル勃発

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『科捜研の女』第1話場面写真
『科捜研の女』第1話場面写真(C)テレビ朝日

関連 :

沢口靖子

檀れい

内藤剛志

 女優の沢口靖子が主演を務め、4月から1年間の放送がスタートするテレビ朝日開局60周年記念 木曜ミステリー『科捜研の女』(テレビ朝日系/毎週木曜20時)の第1話(4月18日放送)に、女優の檀れいがゲスト出演することが分かった。沢口とは初共演となる檀は、“科捜研”ならぬ“科警研の女”役で、沢口演じる榊マリコと火花を散らし、馬乗りになって首を絞めるシーンも熱演している。

【写真】沢口靖子に檀れいが馬乗り!『科捜研の女』第1話フォトギャラリー

 『科捜研の女』は、京都府警科学捜査研究所の法医研究員・榊マリコを中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、それぞれの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く。1999年10月に『season1』がスタート、2019年10月には放送20周年を迎える。さらにテレビ朝日開局60周年の節目も記念し、今シリーズは1年間の放送に挑む。テレビ朝日のプライム帯ドラマで通年放送するのは『暴れん坊将軍』(1998年11月~1999年9月)以来20年ぶり。

 第1話で檀が演じるのは、科学警察研究所(科警研)の主任研究員・橘つかさ。科警研は警察庁の所属機関で、各都道府県警察の科捜研では扱いきれない、より高度な鑑定や検査、分析なども手掛ける。

 そんな科警研のつかさがマリコたちのもとに現れたのは、京都に潜伏している連続婦女絞殺事件容疑者・荒木田修(ドランクドラゴン・鈴木拓)を追うため。ところが直後、京都市内の置屋で芸妓が殺害される事件が発生。つかさは荒木田の犯行に違いないと主張するが、マリコはそうとは断定できないと指摘する。仕事に厳しくプライドも人一倍高いつかさはマリコを論破し、以降、鑑定をめぐって激しく対立。いら立つつかさがマリコを「未熟」と切って捨てるばかりか、荒木田の手口を実証すべく、つかさがマリコに馬乗りになって首を絞める場面も。

 柔らかで優しいイメージの強い檀だが、本作では冷静で高圧的な研究員を熱演。そんな役柄について檀は「つかさは自分の仕事に厳しい目を持ち、妥協をしないプロフェッショナル」と分析し、「信念を持って仕事をしている女性を表現できれば」と、役作りに挑んだことを明かす。さらに、クランクイン初日に初対面・初共演の沢口に馬乗りになり、首を絞めるという難問に挑戦したことを振り返り、「今となっては楽しい初日の思い出ですが、次の日全身筋肉痛でした」というバトル撮影秘話も。

 沢口の印象について、檀は「ワンシーン、ワンシーンとても丁寧にお芝居を組み立てられる方で、沢口さんのマリコが何を考え、何を表現したいのかが良く分かり、つかさとして深く演じることが出来ました」と話している。

 テレビ朝日開局60周年記念 木曜ミステリー『科捜研の女』は、テレビ朝日系にて4月18日より毎週木曜20時放送。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access