クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

松下奈緒、がん専門医で木曜劇場主演 14年ぶり共演の木村佳乃とバディ結成

エンタメ

  • twitter
  • facebook
木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』(左から)主演の松下奈緒と木村佳乃
木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』(左から)主演の松下奈緒と木村佳乃(C)フジテレビ

関連 :

松下奈緒

木村佳乃

 女優の松下奈緒が腫瘍内科医役で主演を務め、木村佳乃が消化器外科医役で共演するドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』が、フジテレビ系にて2020年1月9日より毎週木曜22時に放送されることが決まった。

【写真】木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』主演の松下奈緒

 本作は、腫瘍内科というがんに特化した診療科を舞台に、がんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描くメディカル・ヒューマン・ストーリー。薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅いが、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされる存在。本作では日本のドラマでは初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当て、医療現場の新たな一面を描く。

 主演の松下は、腫瘍内科医・恩田心役を演じる。心は国内ではまだ数少ない“がんのスペシャリスト”。元来負けず嫌いで大胆な面もあるが、患者に対して自然と寄り添う事ができる医師。学生時代に知り合った匠と結婚し、一人息子をもうけて順風満帆な毎日を送っていたが、3ヵ月前に匠が転倒事故に遭い、意識が戻らないまま。いまだに現実を受け止め切れていない時、勤務先の病院に移籍してきた消化器外科医の薫と出会った。この年齢になってできた大切な友人である彼女との出会いを、心は突然差し始めた一筋の光のように感じている。

 木村は、心とタッグを組む有能な消化器外科医・梶山薫役。薫は腕が良いと評判で、特に“サイレントキラー”と呼ばれるすい臓がんの手術などを有能な手技で行い、“がんを切る女医”としてがんの知識にとても長けている。職場を転籍した先が心の勤める病院で、心の腫瘍内科医としての知識と姿勢に共鳴し、外科治療の立場から心を支えるバディとなっていく。しかし、心には絶対言えない秘密も抱えていた。

 松下が連続ドラマで臨床医を演じるのは初めて。松下と木村の共演は『恋におちたら~僕の成功の秘密~』(2005年4月期)以来14年ぶりとなる。

 松下は出演にあたり実際の腫瘍内科医に話を聞き、大きな刺激を受けたという。「何よりも大切にしたいと思ったのは、患者さんとの距離感やコミュニケーション。がんと共に懸命に生きている患者さんに寄り添えること。安心や信頼を持ってもらえる、なんでも話せる関係性を築けることも大事なんだと感じました。その気持ちを忘れずに演じたいと思います」と意気込む。

 共演の木村は「がんの最新の情報はもちろん、ドキュメンタリーとは違うドラマならではのがんとの向き合い方、患者からの目線、お医者さんからの目線、そういうものを皆さんにお伝えできればいいな、と思います」としつつ、「ただ実際にすごく辛い思いをされている方はたくさんいて、私たち作る側は本当に気をつけなきゃいけないところがたくさんあると思います」とコメントを寄せた。

 木曜劇場『アライブ がん専門医のカルテ』は、フジテレビ系にて2020年1月9日より毎週木曜22時放送。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access