クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

木村拓哉、組織を飛び出す!『BG』でボディーガード“最大の敵”仲村トオルと13年ぶり共演

エンタメ

  • twitter
  • facebook
木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』キャスト陣ビジュアル
木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』キャスト陣ビジュアル(C)テレビ朝日

関連 :

木村拓哉

斎藤工

菜々緒

間宮祥太朗

井上由美子

市川実日子

勝村政信

仲村トオル

 木村拓哉がボディーガード役で主演を務めるドラマ『BG~身辺警護人~』の新シリーズが、テレビ朝日系にて4月16日より毎週木曜21時に放送されることが決まった。

【写真】木村拓哉、奥さん役「誰がいい?」希望を聞かれる 前作の試写会の様子

 丸腰の状態でまさに“命の盾”となり、あらゆる危険からクライアントを護るボディーガード・島崎章の活躍を描く本作。2018年1月期に放送された前作では、権力や武器を備えた警察官に対し、丸腰でチーム一丸となって敵に挑んでいく章たち民間ボディーガードの姿を描いたが、今作ではあえて章の立場を“組織から独立した私設ボディーガード”へと大幅更新。≪個人VS組織≫の物語を軸に据える。前作に続き脚本を手掛けるのは、『GOOD LUCK!!』(2003年)や『エンジン』(2005年)でも木村とタッグを組んだ井上由美子。

 前作では民間警備会社「日ノ出警備保障」の身辺警護課に所属し、組織の一員として任務を全うすることにすべてを賭ける男だった章。しかし、今作では「日ノ出警備保障」を買収した大会社の“利益優先”方針に疑問を感じた章が、警備の基本でもある「弱き者の盾になる」という使命を貫くため、組織を飛び出すことに。そんな中、「日ノ出警備保障」時代からの仲間・高梨雅也(斎藤工)は、章が辞めた本当の理由を聞き出すため、章のもとにやってくる。そこで一緒に警護をするうちに、高梨の心にも変化が生まれ…!?

 木村を中心とする斎藤、菜々緒、間宮祥太朗といったおなじみのメンバーに加え、今作には木村と共演歴のある実力派の新キャストも参戦。前作で死亡した身辺警護課の前課長・村田五郎(上川隆也)の後任・小俣健三を演じるのは勝村政信。小俣は組織に背を向ける章のことも敵視する“組織に追従する男”として身辺警護課をかき乱していく。

 また、総合病院の整形外科医で、身辺警護課の契約担当医をしている笠松多佳子を演じるのは市川実日子。命を懸けて任務にあたる章たちボディーガードの数少ない味方、そして癒やしの存在として、心温まる風を吹き込む。

 そして、今作に不穏な空気を呼び込む“最大の敵”として登場するのは、仲村トオル演じる劉光明。「日ノ出警備保障」を買収した大会社の社長で、紳士的な好人物に見えて、実は腹の底に大きな秘密を抱える彼は、組織を出た章たちの前に大きく立ちはだかることに。仲村と木村の共演は、『華麗なる一族』(2007年)以来13年ぶりとなる。

 主演の木村は「警護に関しては非常に完璧だけど、それ以外の恋愛や親子関係などでは発展途上。そんな“まだ完成されてない感”が島崎章の魅力だと、僕は感じています」としつつ、「今回から会社に属したキャラクターではなくなることで、描く世界観の形態が多少変わってきている。そこを自分なりにどう楽しみ、視聴者の皆さんにどう伝えていくか…。いろいろ考えながら、これから始まる現場での作業を心待ちにしているところです」と話している。

 制作にあたっては、木村の「しっかりとした内容や世界観を作って、継続する意味を持たせないと、ほかのシリーズ作品に失礼だと思う」との意向から、脚本の井上やプロデューサー、キャスト陣で台本の準備稿をもとにおのおのの考えや疑問点を全部吐き出すセッションを実施し、決定稿の完成に至ったという。

 木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』はテレビ朝日系にて4月16日より毎週木曜21時放送。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access