クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

黒沢清 関連記事

  • 蒼井優×黒沢清8Kドラマ『スパイの妻』、高橋一生の出演決定

    エンタメ

     女優の蒼井優が主演を務め、映画『CURE』『散歩する侵略者』など、独自の作風から国内外で高い評価を得ている黒沢清が監督を務めるドラマ『スパイの妻』(NHK・BS8K/6月放送予定)に、俳優の高橋一生が出演することが決定した。

  • ぴあフィルムフェスティバル「大島渚賞」を新設 審査委員長は坂本龍一

    映画

     自主映画の祭典「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」を運営する一般社団法人PFFは、日本の若手映画監督を顕彰する新たな映画賞「大島渚賞」の創設を発表した。

  • 蒼井優×黒沢清監督、8K・スーパーハイビジョン撮影のドラマ『スパイの妻』制作

    映画

     女優の蒼井優が主演を務め、映画『CURE』『散歩する侵略者』など、独自の作風から国内外で高い評価を得ている黒沢清が監督するドラマ『スパイの妻』(NHK・BS8K/2020年春)が制作されることが発表された。

  • ウズベキスタンの国民的俳優、黒沢清監督作で日本語で演技「大事なのは心」

    映画

     現在公開中の日本とウズベキスタンの合作映画『旅のおわり世界のはじまり』に、日本人の主要キャストに混じって出演するウズベキスタンの国民的人気俳優アディズ・ラジャボフ。演じる役としてはもちろん、国家を代表する俳優として、両国を繋ぐという大役を担った彼は、劇中で誰よりも長い日本語セリフをよどみなく披露。初来日を果たした公開記念舞台挨拶では、黒沢清監督に「彼に出会えたことが最大の幸運」と言わしめた。そんな彼に、今回のプロジェクトに込めた思いや、言語という大きな難題に挑んだ感想を聞いた。

  • 黒沢清監督、女優・前田敦子の魅力は「一切協調せず一線を引く」

    映画

     映画『Seventh Code セブンス・コード』(2013年公開)、『散歩する侵略者』(2017年公開)に続き、黒沢清監督が女優の前田敦子と3度目のタッグを組んだ最新作『旅のおわり世界のはじまり』が公開中だ。かねてから、「誰とも交わらず、1人ぽつんとフレームに写るだけで存在感を出せる女優」として前田を高く評価していた黒沢監督が、プロットの段階から彼女をイメージしていたという本作への思い、さらにはその撮影の舞台裏を振り返った。

  • 前田敦子、足のケガの回復ぶりをアピール 異国の地での“求婚”エピソードも

    映画

     女優の前田敦子が3日、都内で行われた映画『旅のおわり世界の始まり』完成披露試写に出席。先日、自宅で膝を負傷したことが報じられたが、この日は元気に登壇。司会者から状態を問われると「良い感じです。ご迷惑をおかけしました」と順調な回復ぶりをアピールしていた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access