ジェイソン・ビッグス 関連記事

  • 1999年に全米公開されたシリーズ1作目『アメリカン・パイ』

    青春コメディ『アメリカン・パイ』が20周年! 主演キャストら集結でセルフィー披露

    映画

     1999年のヒット青春コメディ『アメリカン・パイ』が今年20周年を迎え、主人公ジム役の俳優ジェイソン・ビッグスらオリジナルキャスト7人が集結。楽しそうなセルフィーも披露した。@@cutter 高校卒業を間近に控えたジムが、悪友たちと共に童貞を失うために奮闘する青春コメディ映画『アメリカン・パイ』。1作目のヒットで、2001年に第2弾『アメリカン・サマー・ストーリー』、2003年に第3弾の『アメリカン・パイ3:ウェディング大作戦』が公開された。以後もシリーズは続いたが、オリジナルキャストがシリーズに復帰したのは2012年の8作目『アメリカン・パイパイパイ!完結編 俺たちの同騒会』となり、今回、約7年ぶりの再会になったという。  Entertainment Tonightの企画でそろったのは、ジェイソンのほか、ポール役のエディ・ケイ・トーマス、クリス役のクリス・クライン、スティーブ役のショーン・W・スコット、ジェシカ役のナターシャ・リオン、ミシェル役のアリソン・ハニガン、そしてヴィッキー役のタラ・リード。7人は笑顔でセルフィーにも興じ、久しぶりの再会を楽しんだようだ。  ジェイソンは「このグループに会うと必ず昔に戻る。時間が止まっているように感じられるよ」と語ったという。7人の話は1作目で話題沸騰となった“温かいアップルパイ”のシーンになり、エディが「君があのパイとうまくヤッてくれたおかげで全てが変わったんだ、ジェイソン」とコメントし、ジェイソンとパイのシーンが作品のヒットに大きく貢献したことを称えるひと幕もあったという。

  • オリジナルキャスト集結! 同窓会で「アメパイ」完結!

    伝説のHコメディ完結!窓口で言うのが恥ずかしい邦題は『アメリカン・パイパイパイ』

    映画

     全米で大ヒットを記録した、おバカでHな青春コメディ『アメリカン・パイ』シリーズも遂に見納め! 最新作であり、完結編となる『アメリカン・パイパイパイ』の日本公開が決定した。同時にポスタービジュアルも解禁になった。@@cutter 高校卒業を控えた男子高校生たちが、プロムまでに童貞を卒業しようと奮闘する青春コメディ『アメリカン・パイ』。1999年に全米公開して大ヒットを記録した本作は、これまでにスピンオフを含め7本が製作され人気シリーズとなった。  そして2013年、満を持してラスト1ピースのパイが完成。その邦題が『アメリカン・パイパイパイ! 完結編 俺たちの同騒会』に決定。同窓会を舞台に変わらない友情を確認し合いながら、大人なら誰しも経験する壁を“アメパイ”流に乗り越えていくH泣きエンターテインメントに仕上がっているという。  タイトルは完結編にふさわしく、パイが3つも続くばかりでなく、同騒会のソウには“騒がしい”という字があてられ、最後のパーティーぶりを感じさせるものに。  さらに、この作品にぴったりなポスタービジュアルも完成。ジェイソン・ビッグス、アリソン・ハニガン、クリス・クライン、ミーナ・スヴァーリなど、オリジナルキャストが集結しており、あてられたコピーは「グッバイ!」ならぬ「グッパイ!」。思わず日常で使いたくなってしまうフレーズが完成した。ちなみに、公開初日の11月1日は、タテ棒3本の真ん中の棒をヨコにすると…そう、Hの日!  1999年、高校卒業までに童貞を捨てようと大騒ぎを起こしたあの年から13年。それぞれの道で今や中年になった彼らの元に、同窓会の知らせが届く。セックスレスに悩むジムとその妻ミシェル、高校時代のバカ騒ぎを忘れられず会社から不適合者扱いされているスティフラーなど、「大人になるって?」を考えながら日々奮闘している一同が、18歳の自分たちに思いを馳せ13年ぶりの再会を果たすことに…。  映画館窓口でチケットを買うのがちょっと恥ずかしいタイトルの『アメリカン・パイパイパイ』は、11月1日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開。

  • 不名誉すぎ!?

    全身整形マニア=タラ・リードのギャラが酷すぎて話題に!

    セレブ&ゴシップ

      1999年公開のちょっとエッチな青春映画「アメリカン・パイ」シリーズに出演し、一躍アイドル女優の仲間入りを果たしたタラ・リード(35)。有名になってからは女優業よりパーティガールとしてお騒がせセレブの仲間入り。整形やドラッグリハビリなどゴシップ誌の常連となっていたが、そんな彼女が「アメリカン・パイ」最新作に出演することが決定した。しかしそのギャラがメインキャストの中で最も低いのだという。 @@cutter   Hollywood Reporterが伝えるところによれば、タラの出演料はわずか25万ドル(約2000万円)。一方主演のジェイソン・ビッグスやショーン・ウィリアム・スコットにはそれぞれ500万ドル(約3億4000万円)という桁違いの額がオファーされているという。   またタラと同じくオリジナルキャストの一人であるアリソン・ハニガンや主人公の父親役のユージン・レヴィも300万ドル(約2億3000万円)というから、タラの出演料がいかに低いかがわかるというもの。   とはいえ今年8月にスウェーデン人実業家とスピード婚を果たしたタラ。特にお金の心配はいらないのかもしれない。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access