西谷弘 関連記事

  • 映画『マチネの終わりに』石田ゆり子と福山雅治2ショット

    福山雅治&石田ゆり子が惹かれあい、涙『マチネの終わりに』特報解禁

    映画

     歌手で俳優の福山雅治が主演を務め、女優の石田ゆり子と共演する映画『マチネの終わりに』より、特報映像が解禁。併せて、2人を映した2ショット画像も初解禁された。@@cutter 本作は、芥川賞作家の平野啓一郎が2016年に刊行し、純文学としては異例の17万部を突破した同名小説を映画化したラブストーリー。日本・パリ・ニューヨークを舞台に、クラシック・ギタリストと海外通信社所属の女性ジャーナリストが織りなす切なくも美しい恋をつづっていく。福山、石田のほか、伊勢谷友介、桜井ユキ、木南晴夏、風吹ジュン、板谷由夏、古谷一行らが脇を固める。監督は『容疑者Xの献身』『真夏の方程式』『昼顔』の西谷弘。  世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史(福山)は、公演の後、パリの通信社に勤務するジャーナリスト・小峰洋子(石田)に出会う。ともに40代という2人。出会った瞬間から、強く惹かれ合い、心を通わせたが、洋子には婚約者がいることを知る。それでも高まる想いを抑えきれない蒔野は、洋子への愛を告げるのだが、それぞれをとりまく現実に向き合う中で、蒔野と洋子の間に思わぬ障害が生じ、2人の想いは決定的にすれ違ってしまう。  特報映像は、福山自身が演奏する映画メインテーマ「幸福の硬貨」のクラシックギターの美しい調べにのせ、福山演じる蒔野からの告白と、その言葉に戸惑う石田演じる洋子の姿が、ニューヨーク・パリ・東京の美しい街並みと共に映し出される。後半では、洋子の身に何かが起き、緊迫したシーンが展開。そして、街中で号泣する洋子の姿と、涙をこぼす蒔野が描かれ、2人の愛の結末が気になる内容となっている。  本作は情緒ある物語の世界観に合わせ、フィルムカメラで全編を撮影。6年という歳月の中で、変わりゆく二人の想いや季節の移り変わりを色鮮やかに美しく収めている。  映画『マチネの終わりに』は11月1日より全国公開。

  • (左から)映画『マチネの終わりに』に出演する福山雅治、石田ゆり子

    福山雅治&石田ゆり子、“大人の恋”描く『マチネの終わりに』で初共演

    映画

     歌手で俳優の福山雅治と女優の石田ゆり子が、作家・平野啓一郎による恋愛小説を映画化した『マチネの終わりに』で初共演を果たすことが発表された。福山は本作について「目に見えない無形の感情を、今作で可視化出来るのではないかと感じています」と語っている。@@cutter 本作は、芥川賞作家の平野啓一郎が2016年に刊行し、純文学としては異例の17万部を突破した同名小説を映画化したラブストーリー。日本・パリ・ニューヨークを舞台に、クラシック・ギタリストと海外通信社所属の女性ジャーナリストが織りなす切なくも美しい恋をつづっていく。  クラシック・ギタリストの蒔野聡史と、通信社勤務の小峰洋子は、共に40代を迎えた時に運命の出会いを果たす。初めて出会った時から強く惹かれあっていた二人だったが、洋子には婚約者が。仕事や、時代という大きな波に翻弄され、蒔野と洋子の間にはすれ違いや思わぬ障害が生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまう。互いへの想いをしまったまま、別々の道を歩む二人の運命が再び交わる日はくるのか。  原作小説について福山は「『それでも、人は人を愛さずには生きていけない』。長く余韻が残る読後感でした」と一言。さらに福山主演の『ガリレオ』シリーズでタッグを組んだ西谷弘監督や、初共演となる石田について「信頼する西谷監督の元で、深く原作に引き寄せられ、まさに洋子そのものが身体に宿っておられるであろう石田さんと、蒔野聡史として向き合えるよう頑張ります」と意気込みを語っている。  石田は「私の演じる小峰洋子という女性は、人としても女性としてもこのようでありたいと憧れるような存在」と役柄を分析しつつ、「かつてこんなラブストーリーがあっただろうかと思うほどこの物語は多面体で、知的で社会的でもあります」とコメント。原作の平野は「この分断と対立の時代に、様々な愛が交錯する美しい物語を通じて、見る人が精神的な高揚感を得られるような映画になることを期待しています」とメッセージを寄せている。  映画『マチネの終わりに』は、2019年秋公開。

  • 『昼顔』12月20日ブルーレイ&DVD発売

    『昼顔』上戸彩、“紗和”との思い出は「宝物です」 完結編BD&DVD発売

    映画

     2014年夏に放送され、社会現象にまでなった連続ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』を映画化した『昼顔』のブルーレイ&DVDが12月20日に発売。本作で主人公・紗和を演じた上戸彩は、「私にとって紗和との思い出は、宝物です」と作品への思いを語っている。@@cutter 映画『昼顔』は、平日昼間に夫以外の別の男性と恋に落ちる主婦のことを指す造語「平日昼顔妻」をテーマにした、道ならぬ恋に人生を狂わせてしまった女性を描いたドラマの完結編となる劇場版。  紗和を演じる上戸にとって、まさに代表作とも言える作品で、女優としてさらなる新境地を開くべく、並々ならぬ覚悟で映画化に挑んだ。一方、そんな上戸演じる紗和と愛し合う北野役には、ドラマでの熱演が話題となった斎藤工。監督は、『容疑者Xの献身』『任侠ヘルパー』などの西谷弘が務める。  ブルーレイ&DVD発売に際し寄せられたコメントで上戸は、「綺麗なロケーションで過ごした、北野と紗和の愛の物語がスクリーンを超えて、皆様の手元へ届くと思うと、子供が巣立って行くような不思議な気持ちになります」とその心境を吐露。  一方の斎藤は「テレビシリーズの頃の様に『昼顔』の世界観と観た方々の価値観を照らし合わせながらお仲間方と様々な意見を酌み交わして頂きたいです。正解の無い難題ですので。この作品を皆さんの心の棚にしまって頂き、時折蛍に出会うかのごとく見直していただけたら幸いです」とファンに向けてメッセージを贈った。  映画『昼顔』ブルーレイ&DVDは12月20日発売。豪華版には、上戸と斎藤、西谷監督による映像コメンタリーやメイキング、特番、イベント集などの特典映像を収録。また、ブックレットにポストカードが収まった豪華特典も封入される。

  • 斎藤工、通販で買った523円の指輪を披露!

    斎藤工、通販で買った523円の指輪を披露!

    映画

     上戸彩と斎藤工が11日、都内で行われた映画『昼顔』ファンミーティングに共演者の伊藤歩、平山浩行、西谷弘監督と登壇した。禁断の愛を描いた作品にちなんで「ダメだと思ってもやめられないこと」という質問に上戸が「ネットショッピング」と回答し「今日、工くんはネットショップで手に入れたかわいいゾウさんの指輪をしているんですよ」と斎藤の指輪に話を振ると、斎藤は「そう523円なんです」と発言し会場を沸かせていた。@@cutter 本作は、流行語大賞にノミネートされるなど社会現象になった連続ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』の映画化。禁断の愛が明るみになり離れ離れになった紗和(上戸彩)と、北野(斎藤工)が3年後、偶然再会したことによって起こる衝撃の結末を情緒たっぷりに描く。  上戸は「子どもを寝かしたあと、ベッドの上で2時間ぐらい携帯でネットショッピングをしちゃうんですよね」と打ち明けると「食材から日常生活用品まで、爆買いではないのですが、安くていい商品を探しちゃうんです」と回答する。そんな上戸に斎藤も「送料無料とかね」とノリノリで追随すると、この日身につけていた指輪の値段をポロリ発言。  斎藤は、いっせいにカメラのシャッター音が鳴ると「メディアの方いいですよ!」と苦笑いを浮かべていたが、上戸が「500円ですよ!500円」と会場を煽って笑いを誘っていた。  非常に息のあったコンビネーションをみせる上戸と斎藤だが、ドラマ以来久々の再会となった現場を振り返り、上戸は「2年という時間が空いていたので、ちゃんと紗和に戻れるか不安だったのですが、最初のシーンで北野先生の声が聞こえて来た瞬間、2年前の自分の気持ちが一瞬で戻ってきて、涙が止まらなくなったんです」と語ると、斎藤も「特別会話をしなかったのですが、お互いの距離感を持って作品に入れたことが、とても心地よかったです」と笑顔をみせていた。  上戸は「こうして笑いながらみなさんの前に立つことが正しいことなのか悪いことなのか不思議な気持ちでありますが、愛の形や愛の深さは人それぞれ考え方が違うと思います。批判もあると思いますが、何か観た人の心に届けばうれしいです」と作品に込めたメッセージを語っていた。  映画『昼顔』は6月10日より全国公開。

  • 『真夏の方程式』大ヒット御礼舞台挨拶フォトギャラリー

    福山雅治「実にありがとう! 」と満面の笑み 西谷監督はシリーズの今後に言及?

    映画

     すでに観客動員数203万人を突破した映画『真夏の方程式』の大ヒット御礼舞台挨拶が都内にて行われ、主演の福山雅治、吉高由里子、子役の山崎光、そして西谷弘監督が登壇した。福山は本作の大ヒットについて「みなさんのおかげです! 」と満面の笑みで感謝を述べた。@@cutter 本作は、東野圭吾の小説が原作のテレビドラマ『ガリレオ』シリーズの劇場版第2弾。福山演じる子どもが好きではない天才物理学者の湯川学が、1人の少年を守るため「謎」に挑む姿を描く。6月29日に公開されるや、週末興行ランキングでは初登場ダントツの1位を記録。2013年度公開邦画実写No.1も目前となっている注目作だ。  香港、日本全国、台湾を廻る総移動距離1万2000km、地球半周分にも及ぶアジアキャンペーンツアーを大成功で終えた福山は「次回は地球1周分キャンペーンするつもりでいる」とコメントし、会場から大きな拍手を浴びた。また、キャンペーンで訪問した香港では街中に貼られたポスターやラッピングバスを目にしたり、台湾ではたくさんの人から指をさされたりして「ずいぶん認識されているんだな」と実感したことを明かし、大歓迎を受けて感激したことが忘れられない様子。  一方、共演の吉高は「舞台袖から登壇するときに福山さんの声が呼ばれたときの客席からの『ギャー』の声は別格。ほんとにすごくて、出るのに一瞬ひるむくらい」と福山の人気ぶりに感心しきり。また「初めての刑事役で『ガリレオ』に出させていただいて、プレッシャーもあって緊張もしたけれど、挑みがいのある現場でした」と充実した現場を振り返った。  夏休みの予定を聞かれると、「夏休みはないですよ。最近もつま恋でイベントに出ていたし、でも映画みたいに海に行きたいですね。海の中ってきれいなんですよね」と福山。吉高も「きれいな海にもぐるのもいいかな」と同調していた。 西谷監督は『ガリレオ』シリーズの今後について「まだまだ旅を続けさせたい」と続編への期待をにじませた。さらに「今回は、福山さんの顔だけでなく、手と足首にも注目して欲しい」とアピールし、「監督の狙いがそんなところに隠されていたなんて…」と福山を驚かせていた。  舞台あいさつが終盤に近づくと、名残り惜しいファンから福山に「まさ~」と黄色い声援が後を絶たない。福山は「学さんと呼んでください」と呼びかけ、「多面的なとらえ方のできる映画。足首から入ってもいいんです」とジョークを交えて作品をアピールして締めくくった。    映画『真夏の方程式』は全国公開中。

  • 映画『真夏の方程式』初日舞台挨拶

    福山雅治、共演者の杏を前にして名台詞「あんちゃん」を披露

    映画

     29日、大ヒット作『容疑者Xの献身』に続く劇場版ガリレオ第2弾、映画『真夏の方程式』の初日舞台挨拶がTOHOシネマズ日劇1で行われ、主演の福山雅治をはじめ、吉高由里子、北村一輝、杏、山崎光、西谷弘監督が登壇した。@@cutter 2007年にフジテレビ月9枠で放送された連続ドラマが大反響を呼んで以来、翌年の映画『容疑者Xの献身』の大ヒット、そして今年4月から放送された新シリーズは2013年度放送の連続ドラマ視聴率NO.1を記録するなど、もはや社会現象と化した『ガリレオ』。この過熱し続けるブームの最高潮に公開となる本作は、ベストセラー作家・東野圭吾の人気連作の長編最新作シリーズであり、最高の感動作との呼び声も高い『真夏の方程式』。福山雅治が演じる天才物理学者・湯川学が、小学5年生の少年・恭平と出会い、美しい海辺の町で一夏を過ごすなか、不可解な事件に巻き込まれていく。  今月23日に行われたジャパンプレミアに続き、27日には香港でもプレミア上映が行われ、昨日帰国したばかりの福山。「映画をご覧になられていかがでしたか?」と会場を埋め尽くしたファンに問いかけると「おもしろかった!」と声が飛び交ったが、「いやいや、違うでしょ!『実に』でしょ!」と話すと、会場からは「実に面白い!」と大歓声が沸き起こった。また、「香港であんなに歓迎を受けると思わなかったのでビックリしました。街中にもガリレオのポスターが貼ってあったり、ラッピングバスが走ってたり香港でもかなりの浸透度でした」と香港でのプレミア上映を振り返った。  新米刑事の岸谷美砂を演じた吉高は「ドラマと映画を合わせた10ヵ月間を湯川さんと過ごしたんですが、それが終わろうとしているのは寂しいです。今日は当たり障りのないことしか言いません(笑)ましゃ(福山)NGが出ないように気を付けます!」と控えめに挨拶。警部補・草薙俊平を演じた北村一輝は「僕はあんまりこの映画に出てません! 撮影中も福山さんには全く会ってません。この前、久しぶりにドラマの撮影にスタジオへ行ったら、蒼井優さんに『ガリレオに出ればいいじゃないですか!』って言われてしまって(笑)」と語り、会場の笑いを誘った。  湯川と一夏を過ごすことになる少年・恭平を演じた山崎は「撮影はすごく緊張しました。福山さんは見た目が怖かったです。全然お話もできませんでした。でも撮影が終わったあとは、すごく優しくて『ワンピース』のサウザンドサニー号のプラモデルをプレゼントしてもらいました。でも作るのに2ヵ月かかりました!」と撮影中の福山とのエピソードを披露。恭平のいとこ、成美を演じた杏も「一緒に海に潜ったときに、私があまりに肌の色が黒かったので福山さんに『実に黒い!』ってすごく驚かれました」と明かすと、MCのフジテレビ笠井アナウンサーから「杏ちゃんはいかがでしたか?」と聞かれた福山は「それはフリですよね?」と前置きして、『ひとつ屋根の下』の名台詞「あんちゃん」を低音ボイスで披露。会場のファンを喜ばせた。  最後に福山は「(次回作について)僕の気持ちは皆さんのご要望があれば、次もやりたいと思っています。あとは、原作の東野さんがどう思ってらっしゃるかに尽きると思いますので、東野さんに皆さんからお手紙を送っていただいて、盛り上がればそういう機会もあるかもしれません」と続編を熱望。「映画は今日から公開しますが、これから全国各地に回って皆さんの声を聞きたいと思います」と全国のファンにもテレビカメラを通してメッセージを送った。  映画『真夏の方程式』は6月29日(土)より全国東宝系で公開。

  • 安田成美、香川照之

    草なぎ剛、映画「任侠ヘルパー」主演で、高倉健からアドバイスをもらっていた!

    映画

    24日、介護問題をテーマにしたSMAP草なぎ剛主演映画「任侠ヘルパー」の完成披露記者会見が都内ホテルにて行われ、草なぎ剛をはじめ、共演者の安田成美、夏帆、風間俊介、香川照之、西谷弘監督が登壇した。公開中の映画「あなたへ」で仁侠映画の第一人者でもある高倉健と共演している草なぎは健さんからアドバイスをもらったことを明かし、「共演したことで学ぶことが多かった」とコメントした。@@cutter 本作は、2009年に放映され高視聴率を得たテレビドラマ初の劇場版作品。組を抜け、堅気として生きていく草なぎ演じる極道者・翼彦一が新たな老人介護施設を舞台に、立ちはだかる現実と問題に奮闘する姿を描く。映画ならではのスケールの大きい作品となっている。 この日、キャストたちは作品の世界観にあわせ、黒と赤の衣装で登壇した。主人公・翼彦一を演じた草なぎは「血の通った作品ができました。観終わった後に元気をもらえる映画になりました」と語り、自身が演じた彦一は多くの人が共感できる魅力的なキャラクターであることをアピールした。ほかの共演者たちも「すばらしい作品なっている」と仕上がりに太鼓判を押した。監督も「念願の映画化、オリジナル作品で、すばらしいキャストに恵まれた」と感無量の様子。 今回、茶髪のキャバクラ嬢を演じた夏帆は「今までのイメージをくつがえす役に挑戦しました。皆さんの目にどう映るか心配です」と不安をのぞかせた。そんな夏帆と、劇中激しいラブシーンを演じた草なぎは「大人っぽい一面を見せたかった!」と38歳、大人の自分をアピールしていた。久しぶりの映画出演となった安田は「ほんとに寒くていやになりましたが、子役の子供たちに癒されました」と撮影を振りかえった。香川も「寒くて過酷な現場でしたが、その中でがんばっている草なぎさんが愛おしくて、僕もがんばることができました」と主演の草なぎにエールを送っていた。 最後に、草なぎは「彦一をはじめ、出演者たちはうまくいかないものを心に抱えているけれど、一生懸命生きている姿がすてきに見える」と見どころをメッセージして会見を締めくくった。 介護問題を取り上げた社会派ドラマとしての面白さはもちろん、破天荒な主人公がさまざまな困難を乗り越えるアクション活劇としても楽しめる本作。主題歌は2人組音楽ユニットLOVE PSYCHEDELICOの新曲「Beautiful World」。 映画「任侠ヘルパー」は11月17日より全国公開

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access