飛鳥凛 関連記事

  • 映画『殺人鬼を飼う女』キービジュアル

    恐怖×狂気×エロティシズム「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」始動 2作公開

    映画

     KADOKAWAとハピネットの共同制作により、ホラーやサスペンスで先鋭的な作品を開発・発信するプロジェクト「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」が始動。第1弾はホラーの鬼才・中田秀夫監督による『殺人鬼を飼う女』、第2弾は安里麻里監督による『アンダー・ユア・ベット』が公開されることが発表された。@@cutter 「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」のコンセプトは“リミッターをはずせ”。クリエイターがハイコンセプトな題材、内容を思うままに作り、映倫審査R‐18となることも辞さない作品を目指していく。  『殺人鬼を飼う女』は、2010年に刊行された大石圭による同名タイトルの小説を映画化したもの。主演は、日活ロマンポルノ45周年を記念した「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」作品のひとつ『ホワイトリリー』(中田監督)で主演を務めた飛鳥凛。飛鳥は今作で中田監督と再タッグを組み、ビストロで働く美しいギャルソン・キョウコを演じる。  キョウコは幼い頃義父から性的虐待を受け続けたことで、解離性同一性障害を患い、自身の中に別人格を作ることで自分を守ってきたキャラクター。キョウコの中にいる別の人格を、女優の大島正華、松山愛里、中谷仁美がミステリアスかつ官能的に演じ、キョウコの憧れの小説家を水橋研二が演じる。  今作を自信作だと語る中田監督は「『殺人鬼を飼う女』は、エロス(恋愛)+サスペンスという、私が追求し続けたいジャンルの組み合わせで、原作の世界観を守りつつ、どのように鋭角的な映画に出来るかが私にとってのチャレンジでした。ラブシーンもクライマックスには男一人対女三人という場面があり、これもキャスト・スタッフ共に数日に渡る熱のこもったリハーサルを重ね、撮影に挑みました」とコメント。  一方、キョウコ役は非常に難解だったと語る飛鳥は「監督には『感情が内から湧き出るように!』『そこは獣のように!』など、かなり独特の表現で演出していただきました」と振り返る。そして「綺麗なうわべの部分だけでなく人間の本質をさらに追求することを念頭に置いて挑んだことで、自分の中の芝居の意識がより深いものになったのかなと。見せたくないような汚いところも沢山見せていると思います(笑)」とメッセージを寄せた。  今回の発表と併せて解禁された『殺人鬼を飼う女』のキービジュアルは、一人の女の中に共存する、4人の異なる人格たちが淫らに入り乱れている姿を描いたもの。横には「快楽の人格四重奏。」というキャッチコピーが添えられており、物語の展開に想像をかき立てられるビジュアルとなっている。  また、本プロジェクトの第2弾作品『アンダー・ユア・ベッド』も、大石圭の同名タイトル小説が原作。人生で家族を含む他人全てから存在を無視されてきた男が、愛する女性を覗き見し続けるという歪んだ形で、悲惨な境遇にある女性を救おうとする様を描く作品となっている。  映画『殺人鬼を飼う女』は4月12日より、『アンダー・ユア・ベッド』は今夏公開。

  • 中田秀夫監督、初のロマンポルノ映画『ホワイトリリー』

    『仮面ライダーW』飛鳥凛、女性同士のラブシーン挑戦 中田秀夫監督初ロマンポルノ

    映画

     『リング』シリーズでホラーの巨匠となった中田秀夫監督が初めてロマンポルノに挑んだ『ホワイトリリー』に、『仮面ライダーW』出演女優・飛鳥凛が主演を務めることが決定。劇中でヌードを披露して体当たりの演技を魅せる飛鳥は、「自分の中でもまさに”挑戦”となる作品でした」と語った。@@cutter 本作は、生誕45周年を記念したロマンポルノリブートプロジェクトの一環として、28年ぶりに完全オリジナルの新作として製作された作品。劇中では、 傷ついた過去を慰めあうように寄り添い生きてきた二人の女・はるかと登紀子が、自分たちの秘密に踏み込んできた男・悟によって、それぞれの愛を暴走させる姿が描かれる。  メガホンを取る中田監督は、日活助監督試験を合格したあと、ロマンポルノの撮影現場で小沼勝監督の元助監督として数々の現場で学んだものの、監督デビューする前にロマンポルノの製作が終了。本作で積年の思いが叶い、満を持して監督を務めることになった。  はるかに扮し、究極の女性愛を体現するために、初めてヌードを披露した飛鳥は、「中田監督は常に丁寧で細やかで穏やかで、撮影に臨む自分の支えとなって頂きました。この作品の雰囲気や世界観は、どこか懐かしく、女性ならではの機微を描いた作品なので、是非女性のお客様にも沢山観て頂きたいと思います」とコメント。  ロマンポルノリブートプロジェクトは、中田監督のほか、塩田明彦監督、白石和彌監督、園子温監督、行定勲監督ら第一線で活躍する映画監督が揃って参加するため、多方面から注目が集まっている。

  • 『BIOHAZARD THE STAGE』 第1弾キャストビジュアルが解禁

    舞台『バイオハザード』キャストビジュアル解禁 第1弾は矢崎広×倉持明日香×飛鳥凛

    アニメ・コミック

     人気アクションホラーゲームを原作とした舞台『BIOHAZARD THE STAGE』の第1弾キャストビジュアルが解禁。主人公のタイラー(矢崎広)、ヒロインのメアリー(倉持明日香)、ゲーム登場キャラのレベッカ(飛鳥凛)の主要3キャラクターの姿が公開となった。@@cutter 西オーストラリアの大学で突如バイオテロ事件が発生し、対バイオテロ部隊「BSAA」のピアーズとクリスは、元「S.T.A.R.S.」隊員レベッカらと協力し事態の鎮圧を図る。しかし、そこに現れた謎の青年タイラー・ハワードが、事件の裏にある驚愕の真実が明かす。蔓延するウィルスと迫りくるゾンビの群れは世界に放たれてしまうのか…。  今回ビジュアル解禁となったのは、謎の青年タイラー・ハワード、バイオテロ事件に巻き込まれた天才女子大生メアリー・グレイ、原作ゲームシリーズ『BIOHAZARD 0』にも登場するレベッカ・チェンバースの3キャラクター。ゲームのテイストも残し、且つシャープなビジュアルに仕上がっており、本番への期待が高まるばかりだ。  また、10月9日には第2弾として、エズラ・セネット(千葉真一)をはじめ、ゲームでお馴染みの クリス・レッドフィールド(中村誠治郎)、ピアーズ・ニヴァンス(栗山航)らのビジュアルも解禁される。  舞台『BIOHAZARD THE STAGE』は六本木「EX THEATER ROPPNNGI」にて10月22日開幕。

  • 『BIOHAZARD THE STAGE』エズラ・セネット役の千葉真一

    千葉真一、舞台『バイオハザード』に出演決定! 主人公テイラー役は矢崎広

    アニメ・コミック

     人気サバイバル・ホラーゲーム『バイオハザード』初の舞台化となる『BIOHAZARD THE STAGE』が10月22日より上演されることが決定し、同時に気になるキャストが発表。国際的な大物俳優である千葉真一の出演が明らかとなった。@@cutter 『バイオハザード』は1996年にプレイステーション用ソフトとして発売され、大人気を呼んだサバイバルホラーゲーム。移植作品を含めたシリーズ作品は売上本数累計6500万を記録し、ハリウッドでも映画がシリーズ化され人気を博す。初の舞台は、西オーストラリアの大学でバイオテロ事件が発生するところからストーリーが展開する。  主人公・タイラー役には『薄桜鬼 土方歳三篇』『ジャンヌ・ダルク』など多くの舞台で活躍する若手俳優・矢崎広、ほかメインキャラクターにはBSAAのピアーズ役に『劇場版 牙狼〈garo〉‐gold storm‐ 翔』で主役を演じる栗山航、クリス役には『銀河英雄伝説』『戦国BASARA』シリーズ出演の中村誠治郎、レベッカ役を飛鳥凛が演じるほか、紗綾、大倉士門、岸祐二、梅垣義明らの出演が決定。物語の舞台となるフィロソフィー・ユニバーシティーの、使命感あふれる学長エズラ・セネット役を千葉が熱演する。物語の鍵を握る本作のヒロイン・メアリー役は近日発表されるという。  『BIOHAZARD THE STAGE』は六本木「EX THEATER ROPPNNGI」にて10月22日から11月1日まで上演。

  • 高橋愛がニュースキャスター役でドラマをナビゲート(発売元:関西テレビ放送、販売元:ポニーキャニオン)※仮ビジュアル

    高橋愛がナビゲートするホラードラマがDVD化! 映画化も始動、主演は増田有華

    映画

     元モーニング娘。高橋愛をナビゲーターに、毎回主演者が変わる1話完結のオムニバスストーリーのホラードラマ『呪報2405 ワタシが死ぬ理由』のDVD化&映画化が決定した。@@cutter 毎日のように報じられる目を覆いたくなるような暗いニュースの裏側には、実は“呪い”が潜んでいるという…。そんな恐怖の真実を1話ごとに明かしていくホラードラマ。高橋愛は毎回ニュースキャスター役として登場し、最終話ではドラマの主演も務める。  各回の主演には、モデルの杉本有美、高田里穂、村上東奈、入矢麻衣、前田希美、岡本杏理、女優の飛鳥凛、元アイドリング! の森田涼花、Berryz工房の須藤茉麻が登場。普段は愛くるしい姿でメディアに登場する彼女たちのフレッシュな演技とともに、恐怖にゆがむ姿は必見。DVDには特典映像として、高橋愛ほかドラマ撮影のメイキングも収録されている。  さらに、年末には元AKB48の増田有華を主演に迎え、新作ストーリーによる映画化が決定。共演は、楊原京子、二宮星、唐渡亮、丸高愛実。ドラマを超える呪いの恐怖が襲い来る。  物語は、毎夜24時05分のニュース番組「ニュースファクト」で、キャスターの沢渡夏花(高橋愛)が伝える死のニュースからはじまる…。久しぶりに再会した小学校の同窓生と居酒屋で盛り上がっている悠木萌(杉本有美)。卒業アルバムを見ながら懐かしい話に花が咲く中、当時プールで溺れ死んだいじめられっ子の少女の話題に。好奇心が抑えきれない萌達は夜の母校に忍び込む。その時、萌の耳に、ゴボゴボという水の音に混じった謎の声が聞こえ始める…。(DVD‐BOX 第1話より)  『呪報2405 ワタシが死ぬ理由 DVD‐BOX』(1万5200円/税抜)は12月27日発売。『呪報2405 ワタシが死ぬ理由 劇場版』は12月21日よりシネ・ヌーヴォXにて公開、2014年1月池袋シネマ・ロサにてレイトショー公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access