布袋寅泰 関連記事

  • ※「布袋寅泰」インスタグラム

    内田裕也さん死去 布袋寅泰「僕も死ぬまでロックンロールします」

    エンタメ

     ミュージシャンのの内田裕也さんが17日、死去した。79歳だった。その知らせを受け、布袋寅泰、中村獅童、ダイアモンド☆ユカイが追悼のコメントを寄せている。@@cutter 内田さんと同じくロックミュージシャンである布袋は「R.I.P. Mr Rock’n roll. 内田裕也さんの訃報を聞き心よりお悔やみ申し上げます」と、自身のインスタグラムにてコメントを投稿。「こうして僕もR&Rのスピリットを僕なりに継承させて頂いてます、と伝えたく、昨年のツアー東京公演にご無理を言って来場していただきました。御体調優れず途中退場なさったものの『とても楽しかった』とスタッフの方から伝言頂き、本当に嬉しかったです」と内田さんとの思い出を回想。  「きっと天国でロックンロールの先駆者たちから盛大な歓迎会を受けていることでしょう。素敵なパートナーと手を繋ぎ踊ってください。ロックンロールとは『頑張ろうぜ!』の合言葉。僕も死ぬまでロックンロールします。ありがとうございました」と追悼の言葉をつづった。  続いて中村獅童は、インスタグラムに内田さんが毎年主催していたロックイベント「NEW YEARS WORLD ROCK FESTIVAL」で撮影した際のツーショットを披露。「可愛がっていただいた事一生忘れません、心よりご冥福をお祈り申し上げます」とコメントを残した。  一方、こちらもロックミュージシャンのダイアモンド☆ユカイは自身のオフィシャルブログにて「ロケンロール」というタイトルで記事を更新。「裕也様 とてもとても悲しい。ロック界の一つの時代が終わる…。本当に悲しい。俺があっちに行ったらまた酒を奢って下さい。本当に本当に本当にありがとうございました。ご冥福をお祈り致します」と記している。 引用:https://www.instagram.com/hotei_official/    https://www.instagram.com/shido_nakamura/    https://ameblo.jp/diamondyukai/

  • 『映画刀剣乱舞』場面写真

    『映画刀剣乱舞』西川貴教×布袋寅泰が主題歌でタッグ 本予告公開

    映画

     『映画刀剣乱舞』の主題歌が、西川貴教と布袋寅泰のタッグによる『UNBROKEN (feat. 布袋寅泰)』に決定。主題歌に乗せて刀剣男士たちの圧巻のアクションを映し出す本予告が公開された。@@cutter 本作は、名だたる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞‐ONLINE‐」を初めて実写化。刀剣男士のキャストには、三日月宗近役に鈴木拡樹、山姥切国広役に荒牧慶彦、薬研藤四郎役に北村諒、へし切長谷部役に和田雅成、日本号役に岩永洋昭、骨喰藤四郎役に定本楓馬、不動行光役に椎名鯛造、鶯丸役に廣瀬智紀ら、舞台を中心に活躍する若手実力派俳優たちが集結する。さらに織田信長役で山本耕史、羽柴秀吉役で八嶋智人の出演も発表されている。  本作のために書き下ろされた主題歌『UNBROKEN (feat. 布袋寅泰)』は、布袋寅泰が作曲・ギター、西川貴教がボーカルを務め、「最後の最後に最上のタマシイを見せろ 生きざま 死にざま 守るべきもの守るために果てるなら 何度だって何度だって咲き乱れてみろよ」と、歴史を守るため命を賭して戦う刀剣男士たちを表現した内容。  今回のコラボレーションについて、西川は「主題歌を担当するにあたり、これまでにない新たな試みと意気込みの詰まった本映画に相応しい楽曲にすべく、布袋寅泰という最強のサーヴァントを召喚させていただきました!」と語り、「布袋さんとのレコーディング作業は刺激的で、ギターの音色、フレーズの1つ1つが斬撃、ギターソロはまさに立ち廻りの様でした。その唯一無二のギターに、僕も全力のボーカリゼーションで挑んでおりますので、ぶつかり合う2人のバトルにもご期待ください!」とコメント。  布袋も「西川くんとは今まで何度か音楽作りを共にしたが、ここまでガッツリ向き合ってコラボレーションしたのは初めてだ。『刀剣乱舞』の華やかに歌舞いた世界観と、西川くんのパワフルで疾走感のあるシャウトが、嵐に舞うサクラのように妖艶でドラマチックに絡む。僕のギターも忍術のように変幻自在で切れ味の良いプレイができた」と振り返り、「様々な顔を持つ西川貴教だが、彼の本気のシャウトを侮ってはいけない。数少ない本物のボーカリストだ」と西川の歌唱に賛辞を贈っている。  本予告は、織田信長が明智光秀の謀反によって暗殺されるはずだった本能寺の変の場面から始まり、先に公開された特報を上回る刀剣男士たちの迫力あるアクションシーンや新カットが、主題歌に乗せて収められている。  『映画刀剣乱舞』は2019年1月18日より全国公開。

  • 『ボヘミアン・ラプソディ』ワールドプレミアに登場した布袋寅泰&ブライアン・メイ

    『ボヘミアン・ラプソディ』ワールドプレミアに布袋寅泰&B・メイ登場

    映画

     伝説のバンド・クイーンの知られざる物語を描く映画『ボヘミアン・ラプソディ』のワールドプレミアが、ロンドンのウェンブリー・アリーナにて現地時間23日に開催された。ワールドプレミアでは、ミュージシャンの布袋寅泰が日本を代表してワールドプレミアに特別招待され、クイーンのメンバーのブライアン・メイと2年ぶりの再会を果たした。@@cutter クイーンのボーカルを務めたフレディ・マーキュリーの常識にとらわれない生き様を、28の名曲と共に描く本作。現地時間23日の夜、20世紀最大の音楽イベント「ライヴ・エイド」が開催された会場、ウェンブリー・スタジアムに隣接するウェンブリー・アリーナでワールドプレミアは盛大に行われた。『ボヘミアン・ラプソディ』スペシャル仕様のパープルカーペットがひかれた会場前の広場には、ヴォーカルのフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックをはじめとするキャスト陣のほか、クイーンのメンバーであるブライアン・メイ、ロジャー・テイラーが登場し、集まったファンから大歓声で迎えられた。  主演のラミは会場の熱狂ぶりに「僕らはやることをやってきたと思うし、ブライアン・メイさんとロジャー・テイラーさんが来て下さったことを考えると、悪い予感はしないですね」とコメント。自身が演じたフレディについて「確かに彼はとてもユニークなしぐさの多く、自由な人でしたが、それも彼なりの演出なんだと思います。ただその自由さを表現するのは実に大変なことでしたけどね。フレディには自由でいられることが大切だったんだと思います」と分析。そして「この映画を観た人たちもフレディと同じように、もっと自由で開放された気持ちで色々なチャンスをつかめる気持ちになると思います」と作品への自信をのぞかせた。  クイーンのメンバー、ロジャーは、ウェンブリーでのプレミア開催について「スタジアムでも何度か演奏したことがあるし、アリーナでも何度も演奏してきたんだ。僕たちにとってここは故郷のようなところだよ」と当時を懐かしんだ。ブライアンは「コンニチハ!長年ずっとクイーンのことを信じてくれて、ドウモアリガトウ!君たちのことを愛しているよ。またもうすぐ会えることを願っているよ」と日本語でメッセージを寄せた。  今回特別招待されていち早く映画を観た布袋は、「ミュージシャンの視点だと、下積みから成功、仲間の絆などが描かれていて自分と重なりました。これだけ長い間愛されるのはクイーンの、フレディの音楽に対する情熱、音楽の力だと思います。音楽のパワーは時を超え、影響をもたらした。その当時のオーディエンスのファッション、舞台の小道具、などプロのミュージシャンが観てニンマリするシーンもありました。役者たちの演技は見事でした」と興奮した様子で感想を語った。  映画『ボヘミアン・ラプソディ』は11月9日より全国公開。

  • 実写版『ルパン三世』布袋がメインテーマを書き下ろし!

    映画『ルパン三世』布袋寅泰がメインテーマを書き下ろし!「期待してほしい」

    映画

     小栗旬主演で実写化が決定した映画『ルパン三世』のメインテーマ曲を、日本を代表するギタリスト布袋寅泰が書き下ろした。ミックスは数々の大ヒット映画のサントラ制作に携わった敏腕、スティーヴ・リプソンが担当する。@@cutter 以前に『新・仁義なき戦い。』で書き下ろしたテーマ曲がクエンティン・タランティーノの映画『キル・ビル』で起用されたことでも話題となった布袋は、今回映画の脚本とラフ映像を見て曲を制作。ロンドンでレコーディングされたデモ5曲の中からスタッフ満場一致で決まったそうだ。  発表されたオリジナル曲「TRICK ATTACK ‐Theme of Lupin The Third‐」のミックスエンジニアには、『ダークナイト ライジング』や『アメイジング・スパイダーマン2』など大ヒットしたハリウッド映画のサントラでプロデュース、プログラミング、ミックスを務めたスティーヴ・リプソンが起用された。  共同制作について布袋は「音楽家として『ルパン三世』に関われるのは大変光栄である。リプソン氏と共に大胆でスピード感溢れる極上のテーマ曲が仕上がった。期待してほしい」と語っている。  豪華俳優陣で繰り広げられる新たな『ルパン』をさらにクールに盛り上げるサウンドに期待が高まる。「TRICK ATTACK ‐Theme of Lupin The Third‐」が使用された映画予告編は6月28日より、順次全国の劇場で放映される。  映画『ルパン三世』は8月30日より全国東宝系にてロードショー。

  • 横浜日産スタジアムライブで6万人を集めたももいろクローバーZ

    ももクロが日産スタジアムライブに6万人 布袋が激奏!猫ひろしも激走!

    エンタメ

     ももいろクローバーZが、4日、神奈川県・横浜日産スタジアムで「ももクロ夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE2013」を開催し6万人が集まった。また全国55ヵ所の映画館でライブビューイングも上映され2万5千人を動員した。@@cutter “スポーツ”をテーマにした今回のライブでは、オリンピックの開会式を思わせるステージで開幕。聖火ランナーに扮した名物マネジャー・川上アキラからトーチを受け取ったももクロメンバーはゴンドラに乗って高さ20mの聖火台に点灯。そして、国歌斉唱ではギタリストの布袋寅泰が登場すると大歓声があがった。布袋は、国歌斉唱の演奏と、自身が作曲を手がけた『サラバ、愛しき悲しみたちよ』を初めて生披露。中盤には自身の曲『バンビーナ』でコラボステージを魅せ、客席を大いに沸かせた。  ほかにも、ライブ中は「日本を元気にするバカチャレンジ」と題し、趣向を凝らした企画を散りばめていた。百田夏菜子とタレント・武井壮がハンデガチンコ短距離対決を実施したり、元サッカー日本代表の北澤豪、福田正博、藤田俊哉、三浦淳寛、平瀬智行らがライブのハーフタイムショーとして、“逆に”サッカーの試合を行ったりしていた。  カンボジア人芸人の猫ひろしはライブ中に、なぜかフルマラソンにチャレンジ。大人の事情でグラウンドではなく、1周940mの日産スタジアム外周を激走。スクリーンでは走っている姿を随時中継し、会場に入れなかったファンからも激励を受けていた。スタジアムに戻ってくると観客から「猫ひろしコール」が起こり、見事ゴール。記録は3時間13分41分だった。  恒例の松崎しげるによる「愛のメモリー」告知では、「ももいろクリスマス2013」は、西武ドームで12月23日(月)に開催を宣言。12月の平均気温が6.1度となる所沢でのライブは極寒となることが必至だ。  ライブ終了後での囲み取材では、報道陣から「日産スタジアムを制覇したということは、次は海外ですね」と質問。玉井詩織は「国立やってないのに、海外目指すわけないだろう!」と冗談でキレてみせた。来年7月には新設のため解体されることが決まっている国立競技場だが、それまでにライブが実現にされるのか期待される。

  • Jカルチャーイベント「HYPER JAPAN」にサプライズ出演!

    布袋寅泰、イギリス移住後初パフォーマンスで「かむゐ」とコラボ 「キル・ビル」を再現!

    映画

     日本が誇るJカルチャーを発信する英国最大規模のイベント「HYPER JAPAN 2012 Christmas」が、ロンドン・アールズコートにて11月23日(金)~25日(日)に開催され、サプライズゲストとして日本を代表するギタリスト・布袋寅泰が登場した。@@cutter 布袋が出演したのは第一日目。殺陣パフォーマンスグループとして注目を浴びている「かむゐ」のステージ後に登場。布袋といえば、クエンティン・タランティーノ監督の代表作「キル・ビル」シリーズでテーマ曲を担当したことでも世界的に話題となったが、一方の「かむゐ」も同作で殺陣振付を担当、出演を果たしている。  そんな二組のアーティストが「HYPER JAPAN」の舞台で競演し「キル・ビル」の世界を再現。圧倒的なパフォーマンスで会場を大熱狂させた。  演奏後、布袋氏は「たくさんの方々が日本の文化に興味を持ってくれているし、僕のギターも日本のカルチャーのひとつなので、楽しんでもらえたらと思って参加しました。小さな子供からお年寄りまで楽しんでもらえるギタリストだと自信を持っていますが、演奏前は少しドキドキしました。でも、演奏が終わった時に大きな拍手をもらって、ホッとしたと同時に、『してやったり』という気持ちにもなりましたね」と本イベント参加への感想についてコメント。  「かむゐ」のリーダー島口哲朗も、「イギリスの観客たちの真剣な眼差しに、より熱いパフォーマンスになった」と手ごたえを感じていた様子だ。  「HYPER JAPAN」ではそのほか、第15回文化庁メディア芸術祭のアニメーション部門受賞作品の上映や最新ロボット技術ショー、巨大マグロ解体ショーなどが行われ、トリにはヨーロッパで大注目のヴィジュアル系ロックバンド「THE MICRO HEAD4N’S」のトークショーも開催され、たくさんのJ-Musicファンが集まった。  布袋はいよいよ12月、ロンドンでの初ライブを控えている。

  • 布袋寅泰

    ついに解禁!布袋寅泰×「ミッション:インポッシブル」のコラボCM映像が完成

    映画

     また、映像には劇中シーンがふんだんに盛り込まれ、ミッション・シリーズの特徴ともいえる“変装フェイスマスク製造”のバージョンアップしたマシーンやジェレミー・レナー演じるブラントが使用する “アイカム・レンズ”(モニターの役割をするコンタクトレンズ)などの新しいガジェットが登場するなど、シリーズファンならずとも楽しめる仕掛けが満載。布袋とのコラボにより、今まで以上に作品の圧倒的なインパクトを伝えている。  さらに、今回は12月1日(木)に六本木で行われるトム・クルーズの来日イベントにスペシャルゲストとして布袋の出演が決定。本楽曲の生演奏も予定されているなど、映画ファンだけに留まらず、日本中から注目を集めるイベントとなることは間違いない。 「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」は12月16日(金)TOHOシネマズ日劇ほか全国超拡大公開ロードショー

  • ポスターのトムとツーショットにおさまる布袋寅泰   (c)2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

    布袋寅泰が「ミッション:インポッシブル」テーマ曲をアレンジ!実はトム・クルーズと同い年「不思議なご縁だと思います」

    映画

      トム・クルーズ主演の人気シリーズ最新作「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」が12月16日より日本公開されるのを記念し、ギタリストの布袋寅泰が本作のメインテーマ曲をアレンジすることになった。 @@cutter   シリーズごとに、ド派手な来日イベントを企画するなど日本中の注目を集める宣伝展開を行ってきた「ミッション:インポッシブル」シリーズ。シリーズ4作目となる今回は、主演のトムと並ぶ映画の顔であるあの有名なテーマ曲を使い、日本全国に届く、圧倒的でインパクトのあるアプローチを検討。そこで、幅広い世代に支持をされ、今年アーティスト活動30周年を迎える布袋にアレンジしてもらう企画を本国へ打診。するとハリウッドのプロデューサー陣も、「キル・ビル」(03)での布袋の楽曲を知っており、今回のアイデアに対して、「グレイト!」と絶賛したという。布袋の楽曲は今後、TVスポット他、様々なプロモーションで起用される予定。   「タイアップの話が来た時は、やった!と思った」とコメントした布袋は、同シリーズのテーマ曲について、「映画ファンだけに止まらず、多くのファンに愛されている名曲中の名曲なので、それを傷つける訳にはいかない。その反面、僕にこのミッションを与えて頂いたからには、やっぱり布袋色に染めたかった」と意気込みを語った。   実はトムとは年齢も同じである布袋は、お互いに活動30周年という節目を迎えるにあたって(※トムも今年ハリウッドデビュー30周年)次のようにコメントしている。「とても不思議なご縁だと思います。30年というのは決して短い期間ではないし、でも自分的にはあっという間だった。多分トムもそうだと思います。そんな中色々な試行錯誤をしながら、トムは映画に対する愛情、僕は音楽に対する愛情を失うことなくやってきた。そんな我々がこの作品で巡り合えたというのは、僕にとってはとても光栄です」。   「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」は12月16日(金)TOHOシネマズ 日劇他 全国ロードショー

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access