高梨臨 関連記事

  • 「GINZA SHORT FILM CONTEST 2019」授賞式の様子

    高梨臨、“型やぶり”な短編映像の数々に「どの作品も素晴らしかった」

    映画

     女優の高梨臨が22日、都内で行われた「GINZA SHORT FILM CONTEST 2019」授賞式にゲストプレゼンターとして登壇。「どの作品も素晴らしかった」と振り返り、最優秀作品賞に選ばれたシビラ・パトリチア監督作『UNBROKEN』について「今回のコンテストのテーマである『型やぶり』が見事に表現されていると感じました」との感想を述べた。@@cutter 「GINZA SHORT FILM CONTEST」は、一般社団法人銀座通連合会などの主催で今年初めて開催。今回は、伝統の型を守り受け継ぎながらも、その型をやぶり常に新しい潮流を受け入れ調和させ進化を続けてきた銀座を表す『型やぶり』をテーマに、それぞれの「型やぶり」を5分程度の映像で表現する作品を募集し、300を超える応募作品の中から最優秀作品賞はじめ各賞が選ばれた。  同授賞式には、高梨のほか、ショートショート フィルムフェスティバル&アジア代表で俳優の別所哲也、中野裕之映画監督らが出席。  高梨は、国内のコンテストであるにもかかわらず、外国人アーティストの作品がノミネートされていることに驚いたと話し、審査員を務めた別所も、今回のコンテストは初開催にもかかわらず総勢300を超える作品が集まり、審査でかなり悩んだことなどを明かした。  最後に、審査員の中野監督が「『型やぶり』をテーマに実施するところが伝統と革新を繰り返す銀座らしいコンテストだった。来年以降も長い間続けていき、どんどん応募もしてもらえたら」と今後のコンテストへの期待を示した。  受賞作は以下の通り。 ・最優秀作品賞 :シビラ・パトリチア監督作「UNBROKEN」 ・優秀作品賞 :野口量(のぐち りょう)監督作「Splendor」 ・審査員特別賞 :勝野賢(かつの けん)監督作「Don’t Worry Be Happy」 ・銀座賞 :シュラーゲ・トビアス監督作「Like and Follow」 ・GILC賞 :小田部俊彦(こたべ としひこ)監督作「テクノロジーと伝統芸能を用いた新たな表現への挑戦ー 鏡花水月 ー NIHONBUYO」

  • 『初めて恋をした日に読む話』第7話場面写真

    今夜『初めて恋をした日に読む話』、深田恭子が横浜流星&高梨臨に嫉妬!?

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の第7話が今夜放送。今回は、順子(深田)が匡平(横浜流星)を東大受験専門塾に通わせるが、その塾の人気女性講師・朋奈(高梨臨)と自身を比べて落ち込む様子が描かれる。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。  順子は匡平をなんとしてでも東大に合格させるため、理数科目だけ東大受験専門塾『花恵会』に通わせることに。花恵会の講師の中で一番人気の百田朋奈が匡平を担当することになり、一緒に見学をしに来たエンドー(永田崇人)たちは魅力的な百田にデレデレ。初めは順子以外から勉強を教わる事を嫌がった匡平だったが、百田の授業を受けて腕は確かだと認める。  一方で、順子は自分から匡平を花恵会に薦めたものの、学歴、実績、若さ、お金…と自分にはないものを全て持っている百田と自身を比べて落ち込む。それを美和(安達祐実)から「嫉妬なんじゃない? 講師としても。女としても」と言われるが即座に否定。そして、百田の指導を受けた匡平が、自分の頼りなさに気づかないようにと教材作りに燃える。  そんなある日、匡平と百田が2人で歩いているのを見かけたゴリさん(皆川猿時)は、ある事を思い出し雅志(永山絢斗)に電話をかける。  同じ頃、順子に告白をした山下(中村倫也)の元には、ある人物が訪れ…。  火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第7話は、TBS系にて今夜2月26日22時放送。

  • 高梨臨

    高梨臨、10年前の『シンケンジャー』ショット披露  ファン「懐かしい!」

    エンタメ

     女優の高梨臨が16日、インスタグラムに自身が出演していた『侍戦隊シンケンジャー』のシンケンピンクのお面をかぶった写真を投稿。放送から10年を経た番組に触れたことについて、ファンからは「10周年おめでとうございます!」「すごく懐かしい」「お面買いましたーw」などのコメントが集まった。@@cutter 「侍戦隊シンケンジャーから10年。記念に10年前の私を載せてみます」というコメントとともに高梨が投稿したのは、彼女が白石茉子ことシンケンピンクのお面をかぶった写真。高梨は2009年に放送された松坂桃李主演の『侍戦隊シンケンジャー』に出演していた。  10年前の番組について触れた投稿に対して、作品に思い入れのあるファンからは「10周年おめでとうございます!」「すごく懐かしい」「お面買いましたーw」などのコメントが殺到。さらに「これを見てリンちゃん知りました」「レッドが松坂桃李さんというのは存じていたのですが...ピンクが高梨臨さんだとは...」などの声も寄せられていた。 引用:https://www.instagram.com/rintakanashi_official/

  • 高梨臨、『初めて恋をした日に読む話』出演

    高梨臨『初めて恋をした日に読む話』出演 深田恭子のライバルに

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)に、2月19日放送の第6話から、女優の高梨臨が登場することが分かった。東大受験専門塾「花恵会」の人気講師・百田朋奈役を演じる高梨は、深田演じる順子の強力なライバル役となる。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じる。  第6話では、匡平(横浜)の数学の点数を上げるために自分では力不足だと痛感した順子が、匡平を東大受験専門の「花恵会」に入塾させる。その花恵会で一番人気の講師である百田朋奈を、高梨が演じる。百田は、UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)卒で誰もが認める才色兼備のキラキラ女子で、勉強を教えるのも上手く、生徒の信頼も厚い講師。順子にはない魅力を放つ百田に、匡平に同行したエンドーらマイヤンはメロメロ状態だが、百田は知られざるある秘密を抱えているのだった。順子の前に現れる強力なライバル役として、物語を大きく動かすキャラクターとなりそうだ。  高梨は「台本をいただいて、原作のイメージのままのところと、今回のドラマに合わせたキャラクターも入っていて演じるのが楽しみになりました。百田は、いろいろ無理をしながら生きていて、いくつもの顔や性格を持っているなと感じました。でもそれは、彼女の中にある強いコンプレックスからくるものだなと。最初は嫌な人に見えると思いますが、彼女の中の気持ちを大切に演じていきたいと思います」と、意気込みを語っている。  ドラマ『初めて恋をした日に読む話』は、TBS系にて毎週火曜22時放送。

  • 槙野智章 高梨臨の披露宴にて

    槙野智章&高梨臨、結婚披露宴で幸せオーラ全開! 共に「幸せ」と満面の笑み

    エンタメ

     サッカー日本代表の槙野智章と女優の高梨臨が26日、都内で結婚披露宴を行った。2人は報道陣に「幸せです」と笑顔をみせ、幸せオーラを振りまいた。@@cutter 槙野と高梨は今年1月20日に「結婚する運びとなりました」とそれぞれのSNSで報告。翌月9日に婚姻届を提出し、入籍した。今回の披露宴には長谷部誠や香川真司、長友佑都らスポーツ関係者、および芸能関係者ら計330名が出席した。  報道陣の前に現れた槙野はタキシード、高梨はティアラをつけ、純白のドレス姿。多数のフラッシュを浴びる中、2人は満面の笑みを浮かべ、高梨は左手の薬指に光る指輪を見せた。  槙野は、現在の心境を問われて「大変幸せです」と回答。高梨も同調して「はい。同じく幸せです」と白い歯をこぼした。また、将来子供は何人欲しいか尋ねられると、槙野が「サッカーをやっているので、1チーム作れるくらい。11人欲しい」と答えた。  来年1月5日から始まるアジアカップの招集メンバーに名を連ねる槙野。結婚した今、ピッチ上でさらなる活躍が期待される。

  • スペシャルドラマ『犬神家の一族』に出演する高梨臨

    高梨臨、『犬神家の一族』でミステリアスなヒロインに

    エンタメ

     女優の高梨臨が、NEWSの加藤シゲアキが主演するスペシャルドラマ『犬神家の一族』(フジテレビ系/12月24日21時30分)でヒロインを務めることが決まった。加藤とは初共演となる。@@cutter 同名の原作は横溝正史のミステリー小説「金田一耕助」シリーズの中でも、登場人物たちの業に根ざした心情の描写や息をもつかせぬストーリー展開で知られる傑作で、何度も映像化されており、今回で6度目のドラマ化となる。  昭和22年、一代で財閥を築いた犬神佐兵衛が莫大な財産を残し他界した。遺言状は長女・松子の一人息子・佐清(賀来賢人)が戦地からの復員後に発表されることになっているが、佐兵衛の3人の娘とその家族らは対立している。数ヵ月後、犬神家の顧問弁護士の事務所に勤める若林から「血みどろの事件を防いでほしい」との手紙を受け取った金田一耕助(加藤)は、犬神家本宅のある那須湖畔を訪れ、湖で犬神家の養女である野々宮珠世(高梨)の乗ったボートが沈みかけているのを目撃する。珠世は犬神家の下男・猿蔵に救出されるが、ボートには細工がされており、珠世が何者かに狙われたのはこれで3度目。その後、若林が毒殺される。そんな中、戦地で顔に大けがを負った佐清がゴムマスク姿で帰ってきた。遺言状は金田一の立ち会いのもと公開されることに…。  ヒロインの珠世は、20歳を迎える前に両親を亡くした後、犬神家の当主・佐兵衛に溺愛され養女となった絶世の美女。頭が切れ、勘も鋭い女性だが、他人に自らの本心を明かさないミステリアスな面を持っており、次々に起こる事件のカギを握る難しい役どころとなる。  高梨はこうした役柄について「今までも映像化されている作品なので、また新しい珠世を演じられれば。珠世は多くを語らないからこそ、心に猛烈な感情を秘めている。孤独であり、そして、凛(りん)とした存在感が出せれば良いなと思っています」とコメント。先日クランクインを迎えての思いを聞かれると、「セリフが少ないからこそ、歩き方や、一つの目線でいろんな意味がでてくるので、1カット1カット、丁寧にやっていきたい」と話し、「いい緊張感を持ちながら、みなさんに楽しんでいただけるミステリーを届けたい」と意気込んでいる。  スペシャルドラマ『犬神家の一族』は、フジテレビ系にて12月24日21時30分放送。

  • 『結婚相手は抽選で』第1話場面写真

    今夜『結婚相手は抽選で』スタート オタク男子・野村周平の結婚の行方は…

    エンタメ

     俳優の野村周平が主演を務めるドラマ『結婚相手は抽選で』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)が今夜スタートする。第1話では、野村演じる主人公が政府の主催する“抽選見合い”に参加させられる。@@cutter コンピューターソフト会社に勤務する宮坂龍彦(野村)は、新調したスーツに身を固め区役所へ。「日本政府主催 抽選見合い」の実施会場となった大会議室には、20代~30代の男女がひしめき合っていた。  龍彦が緊張の面持ちでいると、そこに地味な服装の鈴掛好美(佐津川愛美)、超イケメンの銀林嵐望(大谷亮平)が入ってくる。そして最後に会場に来たのは、派手な出で立ちの美人、冬村奈々(高梨臨)。奈々はトイレから戻る龍彦とすれ違うと、イライラとした様子で大会議室の場所を尋ね、礼も言わず去っていった。  その3ヵ月前。衆議院議員の小野寺友紀子(若村麻由美)は、官房長官から内閣府特命担当大臣に任命される。担当するのは「抽選見合い結婚法」。政治家としてステップアップを狙っていた小野寺は、これをチャンスと捉えて受託する。  その頃、龍彦は友人相手に、恋愛と縁遠い日々を嘆いていた。奈々はコネ入社したラジオ局でハガキ整理など雑用ばかりを任せられる日々。そんな奈々の彼氏である嵐望は広告代理店社員で、テキパキと会議を仕切っている。好美は関西の田舎に住む看護師で、何かと自分にかまう母親の過干渉に少し辟易していた。  そんな彼らはネット動画で、25歳から39歳までの男女を対象とした「抽選見合い結婚法」が発表される瞬間を見ることになり…。  ドラマ『結婚相手は抽選で』第1話は、東海テレビ・フジテレビ系にて今夜10月6日23時40分放送。

  • 夫・槙野智章に素顔を暴露された高梨臨

    高梨臨の天然素顔を夫・槙野智章が暴露!「かわいすぎる」の声続々

    エンタメ

     女優の高梨臨が、5日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系/毎週金曜21時55分)に出演。夫でサッカーJ1浦和の日本代表・槙野智章から天然全開の素顔を暴露され、SNSでは「かわいすぎる」「面白い」といった声が寄せられている。@@cutter 今年2月に槙野と結婚した高梨。彼女は夫の栄養管理をするべく、アスリートフードマイスターの資格を取得。だがあるとき、槙野が肉じゃがをリクエストしたところ、出来上がった肉じゃがにはジャガイモが入っていなかったという。  これについて高梨は「忘れちゃっただけです」とあっさり。だが槙野に言われて「ハッ!」とようやく気付いたという。  続いて槙野は旅行に行った際、彼女から早朝の10キロランに誘われたエピソードを披露。一緒に走っていると、残り2キロでいきなり高梨がペースアップ。槙野も負けじと追い抜き、そのままゴールすると、彼女は「クソッ! 負けた」と悔しそうにしていたという。  槙野が「こっちは日本代表だから。日の丸背負って戦ってるから」と言うと、彼女から「だから何? 私だって女優魂、背負ってやってるから」と返されたのだとか。  ほかにも、槙野によれば高梨はトイレットペーパーの芯をすぐ捨てないらしく、「たまった芯をピラミッドタワーにする」「芯の中に、ある程度つぶした芯を入れる」といったナゾの行動をするという。だがタワーの件について高梨は、「上が1個しか置けなくなったら完成」と語り、笑いを誘っていた。  そんな高梨に対しSNS上では、「高梨臨ちゃん、かわいすぎる。。。」「高梨臨ちゃん面白いなぁ!」「槙野さん臨ちゃん夫婦ステキすぎる」など好感をもって受け入れられていた。  トイレットペーパーの芯のくだりに関しても、「高梨臨ちゃんのトイレットペーパーの芯のくだりわかるー!」「トイレットペーパーの芯、私は高梨臨の気持ち分かるわ」と、まさかの共感の声も起きていた。

  • 高梨臨、『結婚相手は抽選で』インタビュー

    高梨臨、“結婚”を描く新ドラマは「人生に望むもの」を問いかける内容

    エンタメ

     女優の高梨臨が、オトナの土ドラ『結婚相手は抽選で』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)で、結婚や人生に悩むヒロイン・奈々を演じる。高梨自身は、今年2月に結婚。「結婚してから、お仕事をいただけるありがたみがすごく身にしみて。一層、お仕事が楽しくなりました」と喜びを噛み締める。新婚ホヤホヤの彼女に訪れた、結婚後の変化とは。悩みながらも、一歩ずつ前に進んできた20代について話を聞いた。@@cutter 本作は、25歳から39歳までの独身男女を対象にした「抽選見合い結婚法」が施行された架空の日本を舞台に、国に強制された見合いをすることになった男女が、現代の社会問題と直面する姿を描く社会派ヒューマンドラマ。高梨は「タイトルを見たときは、コメディなのかと思ったんです」と印象を吐露。「でも台本を読ませていただいたら、コミカルな部分もありながら、“人生とは?”という登場人物それぞれの深い悩みが描かれていました。お見合いをする中でひとつだけ条件を出していいのですが、“あなたは人生に何を望みますか?”と言われると、なかなかパッと出てくるものではないですよね。“私は何を望んでいるんだろう”と問いかけるドラマになると思っています」と、ドラマの世界にリアルさを感じたという。  演じるのは、実家暮らしのプチお嬢様・奈々。「実家はお金持ちで、一流企業に就職していて、かっこいい彼氏もいる。はたから見たら、勝ち組に見える女性」と周囲もうらやむような女性とのことだが、「当の本人は厳格な祖母の元で反発することなく生きてきたせいもあり、人生の目的が見えずに、ずっと満足ができないで生きている。“これがいいことだ”と言われることに流されて生きている女性なんです」と実は悩める女性だと話す。  高梨は「私もお仕事のときはサバサバとしているような感じはあるんですが、自分の意見をあまり言えないタイプで。奈々に共感できる部分も多かった」と告白する。巨匠アッバス・キアロスタミ監督に見い出され『ライク・サムワン・イン・ラブ』(2012)に出演、今年の大河ドラマ『西郷どん』のふき役でも確かな存在感を発揮するなど、着実にキャリアを重ねてきたように感じるが、「20代は変化の年でした。10年前は戦隊モノに出演させていただいたり、それからもたくさんの作品に出させていただきました。そんな中、“このままでいいのかな”、“この道で合っているのかな”とよくわからないまま漠然と進んでいる時期もありました」と手探りの期間もあったという。@@separator 女優として確かな覚悟ができたのは「ここ2、3年のことかも」とそっと微笑む。「女優に向いているのか向いていないか、そういうことでは落ち込まなくなりました。悩むとしたら、“私に何ができるんだろう”ということですね。このお仕事をしていて、何より自分自身が楽しいんです。これからも、やりたいと思える作品に巡り会うことができたら、そんなにうれしいことはない。今は“やる”と決めたお仕事に対して、責任を持ってちゃんとやり遂げるんだというスタンスでいます」。  キラキラとした充実の笑顔を見せるが「結婚してから、お仕事をいただけるありがたみがすごく身にしみて。一層、お仕事が楽しくなりました。もうすぐ30歳になりますが、結婚をしたことで人生も豊かになって、また役の幅も広がってくると思います」とさらにやる気が増している様子。  結婚生活について聞くと「新婚なので、今は結婚っていいなと思うことばかりですが、“ただいま、おかえり”と言い合える人がいるのはいいなと思います。精神的にとても心強いです」と笑顔を見せる。伴侶を得て、ますます女優業にも磨きがかかりそうだ。(取材・文・写真:成田おり枝)  オトナの土ドラ『結婚相手は抽選で』は、東海テレビ・フジテレビ系にて10月6日より毎週土曜23時40分放送。

  • 『ダウンタウンなう』に高梨臨、津田寛治らが出演

    高梨臨の酒豪ぶりにダウンタウンも驚がく 夫・槙野智章との馴れ初めも

    エンタメ

     女優の高梨臨が、本日放送される『ダウンタウンなう』の人気企画「本音でハシゴ酒」にゲスト出演。番組では高梨が自身の酒豪ぶりを明かすほか、夫でサッカー日本代表・槙野智章との心温まる秘話が明らかになる。@@cutter 「本音でハシゴ酒」は、ダウンタウンの松本人志、浜田雅功と俳優の坂上忍の3人が、ゲストとお酒を飲みながら本音で語り合う人気企画。今回の放送では、高梨、V.I(BIGBANG)、俳優の津田寛治をゲストに迎え、東京・六本木の夜をハシゴする。  お酒好きだという高梨は、トーク開始早々に田中みな実から「どのくらい続けて飲めますか?」と聞かれると、その回答で皆を驚がくさせる。今年2月に槙野と結婚したが、その馴れ初めも告白。サッカー選手ならではのアプローチを聞いた松本は、思わず「スポーツ選手のそういうとこ大っ嫌い!」と顔をしかめることに。  また、槙野からのメッセージも到着。ワールドカップの裏側で起きていた夫婦の温かい秘話から、高梨の負けず嫌いな一面が語られるほか、夫だからこそ知る高梨の変わり者としての一面も暴露される。  一方、日本デビュー10年を迎えるV.Iは、もうかりすぎる副業を語って一同を驚かせるほか、恋愛事情にも言及。どうやって女性を口説くのかを田中を相手に実演し、好きな日本人女性のリアクションも明かす。さらに、自分以外のメンバー全員が兵役中であるBIGBANGに関して、自分だけが残った理由や、メンバーと交わした約束について語る。  個性派俳優として知られる津田は、最近の趣味が“瞑想”とのこと。気になる一同の頼みで実践するも、店内は爆笑の事態に。また、普段テレビをほとんど見ないという津田。人気アイドルグループ「嵐」の読み方を勘違い、ワールドカップの開催を知らなかったなど、驚きのエピソードが明らかに。また、役者の後輩から津田のブラックなタレコミが届くと、坂上も自身が目撃した俳優仲間とのやりとりを披露。知られざる津田の一面が明らかになる。  高梨臨、V.I、津田寛治が出演する『ダウンタウンなう』は、フジテレビ系にて10月5日21時55放送。

  • 『結婚相手は抽選で』制作発表に出席した

    高梨臨、槙野智章との結婚生活での変化を語る 野村周平は潔癖症に!?

    エンタメ

     女優の高梨臨が27日、10月よりスタートするドラマ『結婚相手は抽選で』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)の制作発表に出席。自身の結婚後の生活について「考える単位が1人ではなく、2人になった。休日も自分1人で決めるよりも、2人で決めるようになった」と語った。@@cutter 本作は、垣谷美雨氏の同名小説を実写ドラマ化した社会派ヒューマンドラマ。25歳から39歳までの独身男女を対象にした「抽選見合い結婚法」が施行された架空の日本を舞台に、現代社会が直面するさまざまな問題を浮き彫りにしていく。会見には主演の野村周平のほか、高梨、大谷亮平、佐津川愛美、若村麻由美が参加した。  今年2月にサッカー日本代表の槙野智章と結婚した高梨。フードマイスターの資格も持っており、「休みの日は永遠に寝ていられるタイプだったけれど、朝も早く起きるようになりました。(手料理も)きつくならない程度にやっています」とラブラブな様子をうかがわせた。  極度の潔癖症でモテないオタクという役どころの野村は、役作りについて「とりあえず家の掃除から始めて、よく行くご飯屋さんにマイ箸を持って行って驚かれた。撮影現場に入ったら自分の周りのものは自分で整理したり、拭いてみたり。ゴハン屋さんでは『周平とうとうそこまで来たか』という顔をされた」と告白した。  ただ、関西弁を話す助監督に苦労しているようで「僕にセリフを伝えに来るときに、関西弁のイントネーションで伝えて来るのでそれに釣られる。だから一生俺の隣に来るな! と思う(笑)」と野村節を聞かせて会場を盛り上げた。  また自身の結婚願望について野村は「まだない」というも、結婚相手の条件は「あまり縛らない人がいい。自分も縛りたくないし、僕も趣味が多いのでそれをする時間も必要。自分の趣味をカッコいいと言ってくれるような人じゃなければ無理!」と口にした。  オトナの土ドラ『結婚相手は抽選で』は、東海テレビ・フジテレビ系にて10月6日より毎週土曜23時40分放送。

  • ドラマ『結婚相手は抽選で』メインカット

    野村周平、10月期新ドラマ『結婚相手は抽選で』主演 ヒロインに高梨臨

    エンタメ

     俳優の野村周平が、10月よりスタートするドラマ『結婚相手は抽選で』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)に主演することが発表された。ヒロイン役を務めるのは女優の高梨臨。野村は「高梨臨さんとは初共演です。いろいろとお話も伺いたいですし、この2ヵ月間を楽しく、共演を楽しみにしております」と語っている。@@cutter 本作は、垣谷美雨の同名小説を実写ドラマ化した社会派ヒューマンドラマ。25歳から39歳までの独身男女を対象にした「抽選見合い結婚法」が施行された架空の日本を舞台に、モテない独身男や実家暮らしのプチお嬢様といった登場人物を通じて、現代社会がリアルに直面するさまざまな問題を浮き彫りにしていく。  この作品で、フジテレビ系連続ドラマ初主演となった野村が演じるのは、「抽選見合い結婚法」で思いがけない大きな成長を遂げるシステムエンジニアのモテない独身男・宮坂龍彦。野村は「台本を読み、今起きている社会問題をしっかりと描いている本だと思いました」とコメント。  さらに野村は、本作の重要なモチーフとなる「抽選見合い結婚法」について「僕なら絶対に“なし”です」と一言。続けて「単純に抽選で結婚相手が決まるのが嫌というのもありますが、それ以前に、世の中には外に出たくないという方もいるなど、さまざまな事情を抱えている人がいると思ったからです」と語っている。  ラジオ局に勤務するヒロインを演じる高梨は、本作について「登場する人物一人一人に、本当にリアルな人間模様が描かれていて、その中に法案が降りてきたことにより、現実と非現実が一気に混ざった物語になっているという印象です」と語る。共演の野村については「潔癖症でオタク気質、さらに女性とのコミュニケーション能力がない役を演じられるということに新鮮さと期待と、そして共演することへの楽しみを感じています」と明かした。  本作には野村と高梨のほか、大谷亮平が広告代理店に勤めるイケメン会社員・銀林嵐望を演じ、田舎町から上京する看護師・鈴掛好美役には、佐津川愛美がキャスティングされている。ほかに若村麻由美が、抽選見合い結婚法担当大臣・小野寺友紀子役で出演する。  オトナの土ドラ『結婚相手は抽選で』は、東海テレビ・フジテレビ系にて10月6日より毎週土曜23時40分放送。

  • (左から)高梨臨、平愛梨、佐藤ありさ

    ワールドクラスの美しさ  W杯代表の美人妻&彼女を一挙紹介!

    エンタメ

     14日にFIFAワールドカップ・ロシア大会が開幕した。4年に一度のサッカーの祭典に全世界の注目が集まる中、選手を支える美しい妻や恋人にも注目が集まっている。@@cutter 日本代表のDF長友佑都は今回で3回目の出場となるが、妻は言わずとしれた女優の平愛梨。二人の間には2月に第一子が誕生しており、ロシア大会は父親として臨む初のワールドカップになる。また、34歳の大ベテラン、長谷部誠の妻は2016年に結婚したモデルの佐藤ありさ。DFの槙野智章は31歳にして初のワールドカップの切符を手に入れた。そんな彼の妻は女優でモデルの高梨臨だ。彼女たちの声援を力に、日本のグループリーグ突破に期待が集まる。  ポルトガル代表のエースに君臨するクリスティアーノ・ロナウドは、今大会がキャリアの集大成となる。そんな彼のガールフレンドは、モデルのジョルジーナ・ロドリゲス。二人の間には6ヵ月の娘マルティナちゃんがおり、ロナウドのほかの子どもたちと共に仲睦まじい家族写真をたびたびアップしている。  前回のブラジル大会で優勝したドイツ代表。今大会で6得点以上あげればワールドカップ通算得点記録を達成するトーマス・ミュラーの妻は、モデルのリサ・ミュラー。また、チームメイトのDFマッツ・フンメルスの妻は、モデルのキャシー・フンメルス。ピッチでは険しい表情の二人だが、愛妻との2ショットでは思わず表情を緩ませている。  ブラジル大会でまさかのグループリーグ敗退に沈んだ、前々回大会の王者スペイン代表。今大会でゴールマウスを守るダビド・デ・ヘアの彼女は、スペイン人歌手のエドゥルネ。インスタグラムでは、エドゥルネがタキシード姿の彼氏との2ショットを披露。黒いドレスからは胸の谷間があらわになっている。  日本代表にとって大一番となるグループリーグ初戦を戦うコロンビア代表。日本にとって脅威となるFWラダメル・ファルカオの妻ロレレイ・タロンは、アルゼンチンで歌手として活動中だ。  そのほかにも、アルゼンチン代表の至宝リオネル・メッシの妻でモデルのアントネラ・ロクソ、日本と対戦するポーランド代表のエースFWロベルト・レヴァンドフスキの妻で、空手家のアナ・レヴァンドフスカ、フランス代表のフロリアン・トヴァンのガールフレンドで2015年ミスインターナショナルフランス代表にも選ばれたシャルロット・ピローニを紹介。この中にはたして“勝利の女神”となる存在はいるのか、そうした観点からワールドカップを観戦するのも面白いかもしれない。 引用:https://www.instagram.com/georginagio    https://www.instagram.com/lisa.mueller.official/    https://www.instagram.com/catherinyyy/    https://www.instagram.com/edurnity/    https://www.instagram.com/loreleitaron/    https://www.instagram.com/antoroccuzzo88/    https://www.instagram.com/annalewandowskahpba/    https://www.instagram.com/charlottepirroni/

  • (左から)高梨臨、平愛梨、佐藤ありさ

  • 高梨臨の夫、日本代表・槙野智章による変わった“夫婦写真”に反響 ※「槙野智章」インスタグラム

    サッカー日本代表・槙野智章&女優・高梨臨の“夫婦写真”に反響

    エンタメ

     モデルで女優の高梨臨の夫でサッカー日本代表DF、槙野智章(浦和レッズ)が10日、自身のインスタグラムを更新し、一風変わった“夫婦写真”を公開した。ファンからは「美男美女」「お似合い」といった賛辞が送られている。@@cutter 高梨がモデルを務めるファッション雑誌『andGIRL』5月号の企画に参加したことを告知した槙野の投稿。写真では、妻が表紙を飾る同誌を右手に持っている。左手はあごに添えて、表紙の中の妻のポーズを真似しているかのようだ。「なかなかない2人の内容を見て下さいな」とキャプションに綴り、いたずらっぽい笑顔を浮かべている。  この投稿に、ファンからは「ほんま二人はお似合い」「ラブラブですね」「美男美女 素敵です」といった賛辞が寄せられた。また、槙野が代表入りを目指すロシアワールドカップが来月に迫っていることもあり、「ワールドカップ期待してます!」「ワールドカップ代表入りするの楽しみにしてます!」といった応援コメントも見受けられた。   引用:https://www.instagram.com/makino.5_official/

  • 『西郷どん』第10話「篤姫はどこへ」

    『西郷どん』第10話、篤姫が失踪 吉之助に連れ戻され将軍家へ輿入れすることに

    エンタメ

     NHK大河ドラマ『西郷どん』、今週放送の第10話「篤姫はどこへ」では、吉之助(鈴木亮平)は前回の“ヒー様”(松田翔太)に続き、また新たな出会いを果たす。鈴木は「西郷さんが薩摩の中心人物となっていったいちばんの理由は人脈の広さだと思うので、ついに吉之助さんの運命が動き出した感じですね」と語っている。@@cutter 斉彬(渡辺謙)の「密偵」となった吉之助はヒー様の正体を確かめるために磯田屋に行くが、そこで福井から来た謎の蘭方医(風間俊介)と出会う。  そんなとき、篤姫(北川景子)が薩摩藩邸から失踪。吉之助は秘密裏に篤姫を連れ戻すが、斉彬は「篤姫は将軍家に輿入れをする」と言い渡し、教育係の幾島(南野陽子)が現れる。  先週放送の第9話「江戸のヒー様」では、薩摩藩邸に到着した吉之助は再会した仲間と品川宿に行くが、そこでふき(高梨臨)と再会する。ふきはかつて吉之助と出会った薩摩の貧しい百姓の娘だった。そのふきをひいきにしているのは、周囲から「ヒー様」と呼ばれ町人風に見せかけた一橋慶喜だった。その後、吉之助は斉彬のお庭方を命じられる。吉之助は斉彬の使いで水戸藩邸を訪れ、前水戸藩主・徳川斉昭(伊武雅刀)に書状を手渡すが、目の前で破られる。吉之助は抗議の姿勢を見せるが、それは幕府を批判する斉彬の思いを留め置いた斉昭の配慮によるもの、という内容だった。  NHK大河ドラマ『西郷どん』第10話「篤姫はどこへ」は、NHK BSプレミアムにて3月11日18時、総合テレビにて20時放送。

  • 『西郷どん』第9回「江戸のヒー様」

    『西郷どん』第9話、いよいよ江戸編がスタート “ヒー様”ほか新キャラクターも登場

    エンタメ

     NHK大河ドラマ『西郷どん』、今週第9話「江戸のヒー様」が放送される。吉之助(鈴木亮平)は藩主・斉彬(渡辺謙)のお供で江戸へ。いよいよ江戸編が始まり、華やかな新キャラクターが続々登場する。鈴木は「この方たちとのコネクションが、西郷さんの一生の宝になっていくので、すべての始まりの章といっても過言ではないでしょう」と紹介している。@@cutter 斉彬のお供となった吉之助は江戸の薩摩藩邸に到着。再会した仲間と品川宿の磯田屋に行くが、そこでふき(高梨臨)と再会する。ふきはかつて吉之助と出会い、紆余曲折の末に江戸に流れてきた薩摩の貧しい百姓の娘だった。  そのふきをひいきにしているのは周囲から「ヒー様」と呼ばれる町人風の謎の男(松田翔太)だった。そして吉之助は斉彬のお庭方を命じられる。  先週放送の第8話「不吉な嫁」では、ペリーの黒船が現れ、薩摩に戻っていた斉彬は江戸へ急ぎ戻ることとなり、そのお供に吉之助が選ばれた。家族は歓喜し吉之助も喜び勇むが、妻の須賀(橋本愛)は旅費や生活費で30両もの支度金を西郷家は用意できないと猛反対。正助(瑛太)は吉之助を江戸に行かせるために金の工面に回り、西郷家でも皆で内職をし、なんとか支度金のめどがつき、吉之助は江戸行きを決意する。そんななか須賀は吉之助に離縁を申し出る。それは実は「一緒にいたら離れられなくなり吉之助を引き止めてしまう。江戸に行かせてあげたい」と吉之助の志を後押しするための行動で、という内容だった。  NHK大河ドラマ『西郷どん』第9話「江戸のヒー様」は、NHK BSプレミアムにて3月4日18時、総合テレビにて20時放送。

  • 『JALホノルルマラソン』に参加する高梨臨

    高梨臨、ホノルルでフルマラソンに初挑戦 目標は「5時間を切りたい!」

    エンタメ

     女優の高梨臨が、12月10日に開催される『JALホノルマラソン2017』に初挑戦することが発表された。高梨は前回大会で番組のナビゲーターを務めており、2017年1月に放送された番組の中で「来年は絶対に走りたいと思います!」と宣言。今回はその“公約”が実現する格好となった。@@cutter 今年は日経トレンディ「2017年のヒット人」に選ばれるなど、大躍進を遂げた高梨。中学生時代は駅伝部に所属し、今でもよくジョギングをしているという。  また昨年の放送を振り返り「昨年、番組のナビゲーターを経験させていただいた時に、サポートしてくださるボランティアの皆さん、沿道で応援してくださる皆さんの温かい声援を受けて走るランナーをうらやましく思っていました」と参加を熱望していた気持ちを明かしながら「ハワイの空気、太陽、景色、風が大好きで、ハワイに行くとすごく元気になれます。そんな大好きな場所で、初マラソンに挑戦できることを今からとてもワクワクしています」と、すでに期待いっぱいの現在の心境を語る。  自身の目標タイムとして5時間を切りたいと語る高梨は現在、多忙なスケジュールの合間を縫ってトレーニングに励んでいるといい「走り切った後、自分の中でどんな想いや景色が広がるのか、今から楽しみです」とコメントしている。  『JALホノルマラソン2017』の模様は、TBS系にて2018年1月13日16時放送(一部地域を除く)。

  • 高梨臨、日経トレンディ「2017年ヒット商品ベスト30」「2018年ヒット予測100」先行発表会に登場

    高梨臨、“今年のヒット人”に選出!「ロングセラー人になれるように」と決意

    エンタメ

     女優の高梨臨が2日、都内で行われた「日経トレンディ『2017年ヒット商品ベスト30』『2018年ヒット予測100』先行発表会」に出席。「2017年の人」として俳優の竹内涼真、お笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞんと共に選出され発表会に登場した高梨は、「充実した一年で楽しく過ごせた」と今年を振り返ると共に来年への意気込みを語った。@@cutter 雑誌『日経トレンディ』が、その年のヒット商品を「売れ行き」「新規性」「影響力」の3項目に沿って総合判定し、ランキングを発表する本イベント。さまざまな分野で活躍した「今年のヒット人」として高梨、竹内、みやぞんの3名、「2018年の顔」横山だいすけが選ばれた。  高梨は、今年4月期連続ドラマ『恋がヘタでも生きてます』で主演を務め、「恋より仕事」と突っ張って生きている“恋ヘタ”なキャリアウーマンを演じ話題に。7月期にはドラマ『あいの結婚相談所』でシスターであるにも関わらず惚れっぽいヒロイン役をコミカルに演じた。  女優として目覚ましい活躍を見せた高梨は、「個人的には、仕事一つ一つを深くやっていこうという目標を立てて、ドラマやモデル業など素敵な出会いがあったり、でも自分の時間もあった年だったので、充実した一年で楽しく過ごせた」と振り返り、「その中でこういう賞に選ばれたのは光栄」と笑顔をみせた。さらに、自身初となる大河ドラマとして、来年放送の『西郷どん』への出演も決定しており「もっと胸を張っていられるよう、2018年に向けて日々精進していきたいと思います」と意気込みを語った。  また、イベント終了後に更新された自身のインスタグラムで高梨は、「なんと、日経トレンディさんが選ぶ、2017年のヒット人に選んで頂きました。正直、選んでいただいた事に驚きましたが、とても光栄に思っております」と率直な気持ちを綴ると共に、「今年より来年、来年より再来年と高い目標を持ち、ロングセラー人になれるように、日々精進して参りたいと思います。この機会に、いつも応援してくださってる皆様に、改めて感謝致します。ありがとうございます」と決意を新たにファンに向けて感謝の気持ちで締めくくった。

  • 竹内涼真、日経トレンディ「2017年ヒット商品ベスト30」「2018年ヒット予測100」先行発表会に登場し、来年の抱負を語る

    竹内涼真、“今年のヒット人”受賞 来年は「もっと高い目標設定で頑張っていきたい」

    エンタメ

     俳優の竹内涼真が、2日に都内で行われた「日経トレンディ『2017年ヒット商品ベスト30』『2018年ヒット予測100』先行発表会」に、女優の高梨臨、お笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞん、歌手・俳優の横山だいすけらとともに登場、一足早く2017年の回想と2018年の抱負を語った。@@cutter 雑誌『日経トレンディ』が、その年のヒット商品を「売れ行き」「新規性」「影響力」の3項目に沿って総合判定し、ランキングを発表する本イベント。さまざまな分野で活躍した「今年のヒット人」として竹内、高梨、みやぞんの3名、そして来年の候補として横山が選ばれた。  『ひよっこ』『過保護のカホコ』『陸王』などドラマで大活躍した竹内は、「自分のことをもっと知ってもらいたいということを目標としていましたが、一つ一つの作品に恵まれ、キャスト、スタッフに良くしていただいて、頑張れた」と今年を振り返り、「本当にがむしゃらに頑張ってきたことで賞を受けたのはうれしいですけど、これに満足しないで来年ももっと高い目標設定をして頑張っていきたい」と来年に向けての気合いの程を語った。  一方、女優・モデルとして目覚ましい活躍を見せた高梨も「個人的には、仕事一つ一つを深くやっていこうという目標を立てて、ドラマやモデル業など素敵な出会いがあったり、でも自分の時間もあった年だったので、充実した一年で楽しく過ごせたなと」と回想。「その中でこういう賞に選ばれたのは光栄なので、もっと胸を張っていられるよう、2018年に向けて日々精進していきたいと思います」と意欲的な姿勢を見せた。  またこの日は今年のヒット商品第10位にランクインした「ハンドスピナー」を3名で実演。「一応流れに乗らなければと思って」と自身も購入したという竹内は、片手で持ったまま回しテクニシャンぶりを発揮。家でかなり練習したことを明かしながら、「これをやった動画も載っけたので、インスタも見てください」とアピールしていた。

  • 『刑事ゆがみ』第4話に出演する高梨臨

    高梨臨、『刑事ゆがみ』第4話に出演決定! 事件のカギを握る人物に

    エンタメ

     女優の高梨臨が、11月2日に放送されるドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)第4話にゲスト出演することが発表され、事件のカギを握る自身の役柄についてコメントを寄せた。「(役柄を)理解をするのは難しかった」と明かす高梨は、「愛情や、苦しみ、憎悪、さまざまな感情が入り混じっていて、少し切なくなるような回になるのではないかと思っております」と語っている。@@cutter 『刑事ゆがみ』は、「ビッグコミックオリジナル」に連載中の井浦秀夫による同名漫画のドラマ化作品。劇中では、“何でもありの天才適当刑事”の弓神適当(浅野忠信)と、“出世欲に燃える腹黒刑事”の羽生虎夫(神木隆之介)がバディを組み、難事件を解決する姿が描かれる。  今回、高梨が演じるのは、高遠建設の社員・堤祥子。弓神と羽生が捜査する、完成間近のデザイナーズビルで起きた男性の転落死の現場に居合わせた人物だ。死亡したのは、このビルの設計も手がけた建築士の大山昇(姜暢雄)。現場にいた警備員(前野朋哉)によれば、外階段で人が争う声が聞こえたため確認に行くと、そこに祥子と彼女の同期で、大山の婚約者である高遠玲奈がおり、階段下にはすでに大山が倒れていたという。祥子は大山と一晩だけ関係を持ち、それ以来、大山によるストーカー行為に苦しんでいたため、婚約者の高遠と2人でいるところに乗り込み、ストーカーをやめるように直談判したものの、もみ合った結果、大山が転落してしまったとのことだが…。  高梨は役柄について「祥子のような役柄を演じるのは初めてだったので、理解をするのは難しかったです。一つ一つの感情を丁寧に表現できていればと思います」とコメント。台本については、「とても、繊細な愛が描かれていると思いました。そして、常に張り詰めているような関係の中に、弓神と羽生のコミカルなやりとりもあり、読んでいて、とても楽しめました」と語り、「愛情や、苦しみ、憎悪、さまざまな感情が入り混じっていて、少し切なくなるような回になるのではないかと思っております」と第4話の見どころをアピールしている。  高梨臨がゲスト出演する『刑事ゆがみ』第4話は、フジテレビ系にて11月2日22時放送。

  • 山崎育三郎、『あいの結婚相談所』オフショット ※「山崎育三郎」インスタグラム

    山崎育三郎、動物博士に? フィギュアを持ち生態を解説

    エンタメ

     俳優の山崎育三郎が9日、自身のインスタグラムを更新。かわいらしい動物のフィギュアを持った姿を収めた写真を公開し、ファンからは「いっくん、ドラマが終わる頃には本当に動物博士になりそうですね!」などの声が寄せられている。@@cutter 現在放送中の連続ドラマ『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系)に出演の山崎は「イボイノシシ お母さんが 子供を守るため、危険を察知する能力が強いシマウマと行動を共にします。あいの知識」と言葉を添え、イボイノシシとシマウマのフィギュアを持った姿を収めた写真公開。  写真を見たファンからは、「いっくん、ドラマが終わる頃には本当に動物博士になりそうですね!」「キレイなお顔」「あいのさんのキャラ、大好きです!笑いをこらえてニヤニヤしながら観てます」などのコメントが寄せられた。  加藤山羊作画、矢樹純原作の人気コミックを映像化した『あいの結婚相談所』は、入会金200万円、成婚率100%の結婚相談所を舞台に、元動物行動学の准教授で結婚相談所所長の藍野真伍(山崎)と、藍野のアシスタントであり“ヒロイン”シスターエリザベス(高梨臨)が、“あらゆる手段”を用いて依頼者の願いを成就させる姿を描いている。 引用:https://www.instagram.com/ikusaburo_yamazaki_official/

  • 『あいの結婚相談所』第1話、突然ミュージカル調になる山崎育三郎に「正しい使い方」と絶賛

    『あいの結婚相談所』第1話、突然ミュージカル調になる山崎育三郎に「正しい使い方」

    エンタメ

     28日、俳優・山崎育三郎が連続ドラマ初主演を務める金曜ナイトドラマ『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第1話が放送。劇中、いきなりミュージカル調になる彼の芝居にSNS上では、「このドラマ、ミュージカル俳優山崎育三郎の正しい使い方をしている」「あいの結婚相談所が山崎育三郎の本領発揮しすぎてる」など、絶賛の声が殺到している。@@cutter 原作は、2010年~2016年まで「ビッグコミックオリジナル増刊号」に掲載されていた、原作・矢樹純、作画・加藤山羊による同名の人気漫画。入会金は200万円と高額だが、成婚率100%が売りという結婚相談所を舞台に、動物行動学の元准教授で当所長の藍野真伍(山崎)と、アシスタントのシスター・エリザベス(高梨臨)たちが、ワケアリのカップルを結婚に導いていくストーリー。  第1話では、エリートサラリーマン・横田(加藤晴彦)が相談に訪れたところから物語は始まる。彼の「この先の人生を一緒に自然の中でゆったり過ごせる人」という希望をもとに、藍野は中野瑞絵(市川由衣)を選び出す。一方、瑞絵が結婚相手に求める条件は、「祖父が所有する山の苗木の手入れをしてくれる人」というもの。それを聞いた横田は会った初日、いきなり瑞絵にプロポーズ。そこにはある事情があった……。     ミュージカル界きっての実力派俳優・山崎の連ドラ初主演にファンからは祝福の声が寄せられているとともに、いきなり歌ったり踊ったり、さらにはピアノを弾いたりと、その力をいかんなく出している姿に、「山崎いっくんめっちゃぶっ飛んでて面白い 」「本領発揮しすぎてる」と評価する意見が続出。  特に、瑞絵に会いに車を走らせる車中、ハンドルを握りながらずっと歌い続けるシーンでは、同乗しているアシスタントのエリザベスと、相談者の横田があっけにとられる始末。これには視聴者も「めっちゃ笑ったわ」「山崎育三郎の個性が爆発してて笑った」という声もあがっていた。  さらに最後、山崎だけではなく、高梨、加藤、市川までが広大な山林の中で歌い、踊るというシーンには「山の中で歌って踊ってる」などそのシュールさを絶賛。  シスターの衣装を着ている高梨には「高梨臨ちゃんのシスターカワイイ」「シスター姿の高梨臨さんかわいすぎてやばない?」といった声もあがっていた。  『あいの結婚相談所』はテレビ朝日系で、毎週金曜23時15分より放送。

  • 高梨臨「ドラマのような恋がしたい」 結婚については“夢見るタイプ”

    高梨臨「ドラマのような恋がしたい」 結婚については“夢見るタイプ”

    エンタメ

     前クールの主演ドラマ『恋がヘタでも生きてます』で演じた、恋に不器用なキャリアウーマンから一変、最新出演ドラマ『あいの結婚相談所』では、シスターなのに惚れっぽいという思わぬ役どころに挑戦する高梨臨。連続ドラマの続投、映画出演、来年の大河ドラマ『西郷どん』にも名を連ねるなど、今オファーが絶えない人気女優だ。共演の山崎育三郎をもってして「キレイでおとなしそうなイメージ」といわしめた高梨だが、「全然(笑)、おとなしくないです!」とあっけらかんと笑うチャーミングささえ持つ。ただの美人女優枠には収まらない、高梨の魅力を探った。@@cutter 加藤山羊作画、矢樹純原作の人気コミックを映像化した『あいの結婚相談所』は、入会金200万円、成婚率100%の結婚相談所を舞台に繰り広げられるコメディタッチのドラマ。2000年から続くテレビ朝日の人気枠「金曜ナイトドラマ」史上初の「結婚」ドラマとなり、高梨にとっては、波紋を呼んだ『不機嫌な果実』以来の同枠出演となる。「戻ってきた感じ」とホームの顔を見せた高梨は、「スタッフさんたちも『お久しぶりです』という感じです!前は薄汚れた心を持った嫉妬心にあふれる女性を演じていましたが(笑)、今回は100%ピュアなシスター。全然違った役ですよね」と、好奇心旺盛に目をキラキラさせた。  本作主演の山崎とは、初めてタッグを組むが印象を聞くと高梨は「和やかな空気を纏っていらして、本当に居心地のいい方です」と穏やかに語る。劇中では、山崎が歌ったり、踊ったりという場面も出てくるが、高梨は、「すごい楽しみです!絶対すごいですよね?贅沢ですよね!最前線で見られるので、世の中の育サマファンに嫉妬されちゃう(笑)」と、ミュージカル界のプリンスの本領発揮場面を待ち遠しくしていた。@@separator 高梨の役どころは、そんな山崎扮する、元動物行動学の准教授で結婚相談所所長の藍野真伍のアシスタントを、“なぜか”勤めることになったシスター・エリザベス。自身では「結婚相談所はまだ無縁…」と話すも、結婚自体に興味はある様子。「私は、やっぱりちゃんと会って見つけたい派です。まだ結婚に夢を見ているタイプだなと思います」と、「いつか」迎える日について想いを馳せる。さらに、「結婚って、結局は思いやりなんだろうなと思います。お互いに配慮があって譲り合えることが、現実的に考えたら大事だろうなとは思うんですけど…」と、現実を見据えつつも、「ドラマのような恋がしたい状態です(笑)」と女子的な憧れも捨ててはいない。  現在、作品続きで忙しさを極めている高梨だが、本作に入る前はオフの時間を少しもらえたようで笑顔をみせるも、「ふふ」と一呼吸置き「出不精なんです。何も考えずに、本能のままに1日中ゲームをしたり、ボケ~っと1日テレビを見ていたりとか(笑)。私、放っておいたら自堕落生活を送っちゃうんです。1週間続けていたら、『そろそろ働かないと人としてダメになる!』とスイッチが入ります。今、準備万端です!」と、作品へ向かう心境までを明かす。フルスロットルで臨む本作、新たな高梨像が発揮されるようでオンエアが待ち遠しい。(取材・文・写真:赤山恭子)  『あいの結婚相談所』は、テレビ朝日系にて7月28日より毎週金曜23時15分から放送(※一部地域を除く)

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access