ナオミ・ハリス 関連記事

  • 映画『BOND 25(仮題)』撮影現場で談笑する(左から)チャールズ皇太子とダニエル・クレイグ

    『BOND 25』メイキング映像解禁! チャールズ皇太子も撮影現場に

    映画

     俳優のダニエル・クレイグが主演する『007』シリーズの最新作『BOND 25(仮題)』より、メイキング映像が解禁された。ジャマイカでのロケの様子が垣間見れる映像となっている。@@cutter シリーズ25作目となる『BOND 25(仮題)』は、舞台をジャマイカからスタート。前作で現役を退いたボンドは、ジャマイカで穏やかな日々を過ごしていた。しかし、それは長くは続かない。ある日、旧友でもあり、CIAエージェントのフェリックス・ライターが、誘拐された科学者を救い出してほしいとボンドのもとを訪ねる。その想像を超える過酷なミッションよって、ボンドは危険な最新技術を操る正体不明の敵へと導かれていく…。  解禁されたメイキング映像では、キャリー・フクナガ監督と親し気に談笑するダニエルの姿や、前作で現役を退きジャマイカで穏やかな日々を過ごしていたはずのボンドが諜報員として復活することを連想させるような銃を片手に持つ姿、シリーズ続投となるCIAエージェントのフェリックス・ライター役のジェフリー・ライトや新キャストであるノミ役のラッシャーナ・リンチの姿が収められている。  また、現地時間6月20日には、イギリス王室のチャールズ皇太子が撮影現場のパインウッド・スタジオを訪れるという話題も。皇太子は、プロデューサー陣と撮影所のツアーを楽しみ、ダニエルや、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ラッシャーナといったキャスト陣や、キャリー監督と面会。“ボンドカー”の前でダニエルと談笑したり、皇太子がスタッフ陣と握手をする様子などが写真に収められている。  映画『BOND 25(仮題)』は2020年全国公開。

  • 映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』メインビジュアル

    ロック様VS巨大怪獣! 『ランペイジ 巨獣大乱闘』日本語メッセージ付き特報解禁

    映画

     ドウェイン・ジョンソンを主演に迎えた映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』が5月18日より公開することが決定し、併せてドウェインから日本に向けた特別コメント付き特報映像が解禁された。@@cutter 本作は、1986年に発売されたアーケード・ゲーム「RAMPAGE」を基に、遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが暴れまわるという巨大怪獣パニック・アクション。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを手掛けた視覚効果VFXチームのウェタデジタル社がCGを担当し、巨獣たちをリアルに表現する。  ある日、遺伝子実験の失敗によりゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化し、凶暴化してまうという事件が発生。さらに巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を開始。軍隊の必死の抵抗もむなしく、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。果たして怪獣たちの目的は何なのか。  今回公開された日本限定の特報映像では、「よぉ!オレはドウェイン・ジョンソン!」と自ら日本語で名乗るドウェインが登場。「日本には何度も行っていて、日本の怪獣映画のすばらしさはよく知ってる、最高だ。でも今回は怪獣ファンだけでなく誰もが楽しめるぞ。なんせオレが戦うのは、とにかくどデカい怪獣だ!しかもどんどんデカくなる!」と作品の魅力を語り、何度も練習したという日本語「キョダイカガ トマラナイ!」を、熱気とともに叫んでいる。  続く映像には、“巨大化が止まらない!”と画面いっぱいに打ち出された文字のあとに、大暴れする白い毛色のアルビノ種ゴリラが登場。続いて、ヘリコプターに飛び掛かる巨大オオカミや、大都会を舞台に巨獣たちが続々と参戦し、大乱闘する迫力の映像が繰り広げられる。終盤には水中にいる新たな巨獣の登場を期待させ、さらなる大乱闘を予感させる映像となっている。  映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』は5月18日より全国公開。

  • 第74回ゴールデン・グローブ賞結果発表!映画の部『ラ・ラ・ランド』が最多7冠

    第74回ゴールデン・グローブ賞結果発表!映画の部『ラ・ラ・ランド』が最多7冠

    映画

     現地時間8日、アメリカ・ロサンゼルスにて第74回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が開催。<映画の部>では、『セッション』で知られるデイミアン・チャゼル監督の新作『ラ・ラ・ランド』が最多7冠に輝いた。@@cutter ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンの共演作である『ラ・ラ・ランド』は、<映画の部>コメディ/ミュージカル部門で作品賞、男優賞、女優賞を受賞。さらに、監督賞、脚本賞、主題歌賞、作曲賞とノミネートされた7部門を全て制覇。売れないピアニストと女優志望のウェイトレスが織りなすロマンスを描く同作は、今月末にノミネーションが発表されるアカデミー賞に向かって、大きく弾みをつけた。  一方、ドラマ部門の作品賞 では、麻薬や同性愛を絡めながら黒人青年の姿を描く『ムーンライト』が、『Manchester by the Sea(原題)』などを抑えて受賞。極上エロティックサスペンス『Elle(原題)』は、イザベル・ユペールの主演女優賞と外国語映画賞の2冠に輝いた。  アニメ作品賞では、動物が暮らす社会に人種間の対立を象徴させて好評を博したディズニーの『ズートピア』が、同スタジオの最新作『モアナと伝説の海』などを退けた。また、映画界に対して長年にわたって貢献した人物に贈られるセシル・B・デミル賞は、主演を務めた『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』が4部門にノミネートされていたメリル・ストリープに贈られている。  第74回ゴールデン・グローブ賞<映画の部>主な受賞結果は以下の通り。(★が受賞作品&受賞者) ●作品賞(ドラマ) 『最後の追跡』 『Lion(原題)』 『Manchester by the Sea(原題)』 ★『ムーンライト』 『Hacksaw Ridge(原題)』 ●女優賞(ドラマ) エイミー・アダムス『メッセージ』 ジェシカ・チャステイン『Miss Sloane(原題)』 ★イザベル・ユペール『Elle(原題)』 ルース・ネッガ『Loving(原題)』 ナタリー・ポートマン『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』 ●男優賞(ドラマ) ★ケイシー・アフレック『Manchester by the Sea(原題)』 ジョエル・エドガートン『Loving(原題)』 アンドリュー・ガーフィールド『Hacksaw Ridge(原題)』 ヴィゴ・モーテンセン『はじまりへの旅』 デンゼル・ワシントン『Fences(原題)』 ●作品賞(コメディ/ミュージカル) 『20th Century Women(原題)』 『デッドプール』 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 ★『ラ・ラ・ランド』 『シング・ストリート 未来へのうた』 ●女優賞(コメディ/ミュージカル) アネット・ベニング『20th Century Women(原題)』 リリー・コリンズ『Rules Don’t Apply(原題』 ヘイリー・スタインフェルド『The Edge of Seventeen(原題)』 ★エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』 メリル・ストリープ『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 ●男優賞(コメディ/ミュージカル) コリン・ファレル『ロブスター』 ★ライアン・ゴズリング『ラ・ラ・ランド』 ヒュー・グラント『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 ジョナ・ヒル『War Dogs(原題)』 ライアン・レイノルズ『デッドプール』 ●アニメ作品賞 『モアナと伝説の海』 『My Life As A Zucchini(原題)』 『SING/シング』 ★『ズートピア』 『Kubo And The Two Strings(原題)』 ●外国語映画賞 『Divines(原題)』(フランス) ★『Elle(原題)』(フランス) 『Neruda(原題)』(チリ) 『The Salesman(英題)』(イラン/フランス) 『Toni Erdmann(英題)』(ドイツ) ●助演女優賞 ナオミ・ハリス『ムーンライト』 ニコール・キッドマン『Lion(原題)』 オクタヴィア・スペンサー『Hidden Figures(原題)』 ミシェル・ウィリアムズ『Manchester by the Sea(原題)』 ★ヴィオラ・デイヴィス『Fences(原題)』 ●助演男優賞 マハーシャラ・アリ『ムーンライト』 ジェフ・ブリッジス『最後の追跡』 サイモン・ヘルバーグ『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 デヴ・パテル『Lion(原題)』 ★アーロン・テイラー=ジョンソン『Nocturnal Animals(原題)』 ●監督賞 ★デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』 トム・フォード『Nocturnal Animals(原題)』 メル・ギブソン『Hacksaw Ridge(原題)』 バリー・ジェンキンズ『ムーンライト』 ケネス・ロナーガン『Manchester by the Sea(原題)』

  • ユアン・マクレガー主演、緊迫のスパイ映画『われらが背きし者』 

    ユアン・マクレガー主演のスパイ映画『われらが背きし者』公開決定

    映画

     『ナイロビの蜂』『裏切りのサーカス』などの原作者として知られるジョン・ル・カレのスパイ小説『Our Kind Of Traitor(原題)』が、映画『われらが背きし者』として、10月21日よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開することが決定した。@@cutter 本作は、パナマ文書にも通じる大事件を背景に、平凡な大学教授とその妻、組織を裏切ったロシア・マフィア、そして復讐に燃えるMI6が織りなすスリリングな人間模様を描く作品。主人公で平凡な大学教授のペリーを演じるのは、『トレインスポッティング』で一躍スターの仲間入りを果たし、現在では名実ともにイギリスを代表する俳優となったユアン・マクレガーだ。  組織を裏切ったロシア・マフィアで、ペリーと偶然知り合うことになるディマには、『ドラゴン・タトゥーの女』で見せた怪演が記憶に新しいステラン・スカルスガルドがキャスティングされた。一方、MI6 のヘクターは『HOMELAND/ホームランド』などのダミアン・ルイスが演じ、ペリーの妻・ゲイル役を務めるのは『007 スペクター』などに出演してきたナオミ・ハリスだ。  スリルに満ちたスパイ・エンタテイメントである本作のメガホンを取るのは、『パレーズ・エンド』や『ボードウォーク・エンパイア2 欲望の街』などのテレビドラマを中心に活躍するスザンナ・ホワイト。脚本は、『ドライヴ』や『47RONIN』で知られるホセイン・アミニが担当している。

  • 『007 スペクター』主要キャラビジュアル一挙解禁!

    『007 スペクター』キャラクタービジュアル解禁!シリーズ屈指の豪華キャスト集結

    映画

     人気アクションシリーズ「007」の24作目となる新作『007 スペクター』(12月4日公開)より主要キャラクター8人のビジュアルが一挙解禁となった。ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドを中央に、彼と手を組むチームMI6のメンバー、美しいボンドガールのほか、ボンドを抹殺しようとたくらむ宿敵の姿もあらわになっている。@@cutter 今回のビジュアルでは、ボンドとの信頼が結ぶチームプレーも本作の見どころとなっているMI5のメンバーで、ボンドの上司役、M(レイフ・ファインズ)や、同僚のマネーペニー(ナオミ・ハリス)、ボンドにガジェットやデータ面で協力するQ(ベン・ウィショー)が登場。  さらにはMI6を抹消しようと画策するMI5のマックス・デンビー(アンドリュー・スコット)のほか、因縁の殺し屋Mr.ホワイトの娘を演じるマドレーヌ・スワン(レア・セドゥ)、マフィアの未亡人を演じるモニカ・ベルッチらボンドガールの妖艶な姿にも注目だ。  そして、最強の宿敵「スペクター」に関わる謎に包まれた男で、ボンドとの過去の因縁や恐るべき策略をたくらむオーベルハウザー(クリストフ・ヴァルツ)やその手下でボンドを執拗に追うヒンクス(デイヴ・バウティスタ)の姿も。  ダニエル・クレイグが初めてジェームズ・ボンドを演じてから間もなく10年。彼のボンド役が最後の可能性もある本作に、シリーズ屈指の豪華なキャスト陣が勢揃いしている。

  • 『007 スペクター』×ソニーコラボCMで、ミス・マネーペニーが華麗にアクション!

    『007』×ソニーコラボCM公開、ミス・マネーペニーの華麗なアクションにファン歓喜

    映画

     映画『007 スペクター』(12月4日日本公開)の公開に向けファンの期待が高まる中、ナオミ・ハリス演じるメインキャラクター、ミス・マネーペニーが登場するCMが公開となった。映画のように緊迫感あふれるシーンのなか、華麗に任務を遂行する姿が描かれている。@@cutter 本CM映像は、ソニーより発売された「RX100 IV」カメラのショートムービー。最新のスマートフォン「Xperia Z5」をボンドに届けることを命じられたミス・マネーペニーが、謎の悪党に追われながらも「RX100 IV」でのスーパースローモーション動画を撮影するなど、最新の機器を駆使してロンドンのサウスバンク地区を駆け抜ける姿が迫力十分に描かれている。  そして追い詰められたと思いきや余裕の表情を浮かべ、押し寄せる敵を華麗に退治。最後には橋の上を優雅に歩きながら「ボンド、マネーペニーよ。あなたの携帯電話を手に入れたわ」と報告し去ってゆくという“映画仕立て”のストーリーに仕上がっている。  『007』ファンはこれを観て興奮。ユーチューブのコメント欄には「素晴らしい!」「最高だね。これもサム・メンデスが監督してるのかな?」「マネーペニー、とてもいいね!映画が待ちきれないよ」とのコメントが上がっている。

  • 『007 スペクター』 2015年11月6日世界公開

    『007』最新作、ビジュアル公開! フォーマルなボンドから全身黒づくめスタイルに

    映画

     『007』シリーズの最新作『007 スペクター』(11月6日公開)のポスタービジュアルが世界一斉解禁された。ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドの過去3作のポスターはタキシードかスーツのフォーマルなビジュアルだったが、今回公開されたものは全身黒づくめで右手にワルサーPPKを携えるものに一変した。@@cutter シリーズ生誕50年目に公開された記念碑的作品である前作『007 スカイフォール』(12)のラストでは、ジュディ・デンチ演じてきたMがレイフ・ファインズにバトンタッチされ、ナオミ・ハリスがミス・マネーペニーとして登場。今作から、メンバーが刷新され、新たな『007』シリーズがスタートする。  監督のサム・メンデスによると、『007 スペクター』では、新メンバーの中でダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドが一番の経験者で知恵にたけていることから、今まで以上にボンドのMI6内での立場が重要になり、全編を通して彼が主導権を握る展開になっているとのこと。  また、「冒頭から彼はある人物を追跡しています。けれど、そこで起きていることはボンドの幼少期に関わる重要な秘密へと繋がっていきます」と語っていることからも、前作で自らの出生の地“スカイフォール”に戻ったボンドは今回、少年時代の秘密と対峙することになりそうだ。

  • 『007 スペクター』メイキング映像公開!

    『007』新作、メイキング映像公開! ボンド少年時代の秘密と対峙するストーリーに

    映画

     11月に世界公開が予定されているシリーズ最新作『007 スペクター』のメイキング映像が公開された。映像ではサム・メンデス監督がストーリーの片鱗を初めて明かしており、さらにメンデス監督によると本作はジェームズ・ボンドの少年時代の秘密が描かれるという。@@cutter ダニエル・クレイグが4度目のボンドを演じる本作。シリーズ生誕50年目に公開された前作『007 スカイフォール』(12)のラストで、ジュディ・デンチ演じるMがレイフ・ファインズにバトンタッチし、ナオミ・ハリスがミス・マネーペニーとして登場。メンバーが刷新されることでも話題を呼んでいる。  メンデス監督によると『007 スペクター』では、新メンバーの中でボンドが一番の経験者で知恵に長けていることから、今まで以上にボンドのMI6内での立場が重要になり、全編を通して彼が主導権を握る展開となっているとのこと。  「冒頭から彼はある人物を追跡していますが、観客はその理由も内容もわからない。けれど、そこで起きていることはボンドの幼少期に関わる重要な秘密へと繋がっていきます。その壮大なテーマを知ったとき『撮らなくては』と思ったのです」と語っていることから、前作で自らの出生の地・スカイフォールに戻ったボンドは、今回は少年時代の秘密と対峙することになりそうだ。  また、M、マネーペニー、Qについては「彼らのストーリーをより個性が深まるようにもっと伝えたいと思いました。今作で彼らはある意味キャリアだけでなく生活をも危険にさらしボンドを助けようとします」と話し、より深い人物相関ドラマが期待できそう。ただ、クリストフ・ヴァルツが演じるとされる悪役については言及しておらず謎に包まれたままだ。  2015年最大の注目作と言っても過言ではない本作。撮影は今後、メキシコ、モロッコなど世界中のロケーションを巡って行われるという。  『007 スペクター』は11月6日より世界公開予定。

  • 世界的に大ヒット、「007 スカイフォール」旋風が拡大

    「007 スカイフォール」旋風が拡大!日本公開9日間で10億円突破、全米週末成績は首位返り咲き

    映画

     12月1日(土) に日本公開を迎えた007シリーズ最新作、ダニエル・クレイグ主演「007 スカイフォール」が、公開9日間で10億円を突破したことがわかった。@@cutter 世界的にも「007 スカイフォール」旋風の勢いはまだまだ衰えを知らず、11月9日公開以降、5週目を迎える全米の週末興行成績では、1,100万ドルを稼ぎ出し、それまで3週続けて1位をキープしていた「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart2」を抑え1位に返り咲いた。  また、ヨーロッパでも、先週、公開40日目で「アバター」の記録を抜いて歴代1位の興行成績を樹立したイギリスを始め、公開後6週間1位をキープしているオランダ、スイスなど各国で記録を伸ばし続けている。  現在、全米の興行成績は2億6,100万ドル、インターナショナルは6億5,660万ドル、トータルの世界興収はおよそ9億1,769万ドル(約752億5,058万円)。イギリス公開から7週目、全米公開から5週目という短期間での興行収入としては驚異的数字となっている。  「007 スカイフォール」は、アカデミー賞作品「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス監督が初アクションに挑戦した007シリーズ生誕50周年記念作。ダニエル・クレイグ以外に、ジュディ・デンチ、ハビエル・バルデム、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ベレニス・マーロウといった豪華キャストが顔を揃えた。

  • 見事に肉体改造

    新ボンド・ガール=ナオミ・ハリス大絶賛の過酷エクササイズとは?

    セレブ&ゴシップ

     シリーズ最新作「007 スカイフォール」(12月1日公開)で新たなボンド・ガールに抜擢されたナオミ・ハリス(36)が、劇中でも披露しているそのパーフェクトなボディを手に入れたトレーニング法を大絶賛している。@@cutter クランクインの2ヵ月前からトレーニングを始めたというナオミ。それは過酷なもので、週5日、ランニングとヨガ、そして2時間の戦技訓練をこなしていたとか。その効果は見事に表れ、彼女は完璧なボディを手に入れたのだ。  WENN.comに対しナオミはこう語っている。「もともと病弱な体質だったから、トレーニングはすごく辛かったわ。最初は1ブロックすら走りきることができなかったの。でも今は、2.5キロも走れるようになったのよ。私にとっては、奇跡よ。身体の中からエネルギーが湧き出てくるの」。  それと同時に、射撃の才能も開花させたとナオミは明かす。「週3日、射撃場に通っていたの。劇中で銃を扱うって聞いたときは本当に自信がなかった。でもそれと同時に楽しみでもあったわ。今までそういう役はやったことがなかったし、才能があることもわかったの」。

  • 3人目のボンドガールに起用されたトニア・ソティロポロ(フェイスブックより)

    新作「007」に3人目のボンドガール!美貌のギリシャ人女優

    映画

     2013年、お正月映画として日本公開される「007 スカイフォール(Skyfall):原題」に、3人目のボンドガールが登場することがわかった。ギリシャ出身で、美貌の女優トニア・ソティロポロ本人が明らかにしたもの。 @@cutter   「007 スカイフォール」にはすでにベレニス・マローン、ナオミ・ハリスという2人のボンドガールが起用されている。ソティロポロは、もともとセヴェリーヌ役のオーディションを受けていたが、同役はマローンに決定。しかしその後も再びオーディションを受け、サム・メンデス監督と話し合った結果、今回の役を掴んだ。  ハリウッド・コムによれば、彼女はこのニュースを自らフェイスブックで公表しているという。「正式発表よ。ジェームズ・ボンドの新作に出演が決定したわ!! 待ってて、トルコ(ロケ地)! みなさん応援ありがとう。ホント、私の人生で最高に幸せな日よ!」  ソティロポロはギリシャ出身、現在はイギリスを拠点として女優活動をしている。

  • 左からベレニス・マローン、ハビエル・バルデム、ナオミ・ハリス、ジュディ・デンチ、ダニエル・クレイグ、サム・メンデス

    ジェームズ・ボンド最新作タイトルは「007 スカイフォール」に決定!2013年お正月映画に

    映画

     007シリーズ第23弾、最新作のタイトルが決定。日本では2013年お正月映画として公開されることが明らかになった。 @@cutter    最新作のタイトルは「007 スカイフォール(Skyfall):原題」。イギリス・ロンドンのコリンシアホテルで現地時間11月3日(日本時間:11月4日)に発表された。  新タイトルをバックに、ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグ、ボンドの上司M役のジュディ・デンチ、メインボンドガールのナオミ・ハリス、フランスからベレニス・マローン、そして悪役のアカデミー賞俳優ハビエル・バルデム、アカデミー賞監督サム・メンデス、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリらが一同に会し、会見を行った。  さらにキャストにはこの他、レイフ・ファインズ、アルバート・フィニーらイギリスが誇る演技派も出演が決定しているという。  全世界で愛されている世界最長シリーズ作品である007シリーズ。日本では2009年1月にお正月映画として公開された「007/慰めの報酬」から3年。クレイグ主演3作目となる「007 スカイフォール(原題)」は、全米で2012年11月9日、日本では2012年12月1日の全国公開が決定。早くも来年のお正月映画の本命として期待がかかっている。  「007 スカイフォール(原題)」は2012年12月1日TOHOシネマズ日劇ほかお正月ロードショー!

  • ハビエル・バルデムとボンド役のダニエル・クレイグ

    新「007」にハビエル・バルデムが悪役で出演、ボンドガールは仏新人女優に決定!

    映画

      海外ロケ先がインドから南アフリカに変更されるなどのトラブルはありつつも、着々と製作が進んでいるらしい007シリーズ最新作「Bond 23(原題)」。同作において、ダニエル・クレイグ演じるジェームス・ボンドと敵対する悪役として、オスカー俳優ハビエル・バルデムが出演することが明らかになった。 @@cutter   米トーク番組で同作への出演に言及し、「とても興奮している」と語ったハビエル。子供のころ両親に連れられて劇場で「007」シリーズを全て観たそうで、「きっと楽しい経験になるだろう」とコメントしたという。   同作には「ハリー・ポッター」のヴォルデモート卿役で知られるレイフ・ファインズも悪役として出演することが決まっているが、ハビエルと共にどちらがどういった役柄を演じることになるかについては伏せられたままだ。   「Bond 23」は「アメリカン・ビューティ」のサム・メンデス監督がメガホンを取り、ボンドの上司“M”にジュディ・デンチ、Mの秘書マニーペニー役にナオミ・ハリス、そしてボンドガールにはフランスの新人女優ベレニス・マーロウが決まったそうだ。   撮影は来月開始、公開は2012年11月9日が予定されている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access