福田麻由子 関連記事

  • 映画『ラ』舞台挨拶付き完成披露上映会にて

    桜田通、“隠しページ”の存在を暴露「誰も気づいてくれない」 

    映画

     俳優・桜田通が14日、都内で行われた主演映画『ラ』の完成披露上映会に、共演の福田麻由子、笠松将、ダンカン、高橋朋広監督と共に出席。本作にちなみ「最近新しく始めたこと」という質問に「オフィシャルサイトを開設して2~3週間経ったんだけど誰も隠しページに気づいてくれない」と、内心寂しく思っていることを暴露した。@@cutter 『ラ』は、失われた友情を取り戻すため奮闘する音楽青春映画であり、思いもよらぬ展開が待ち受ける“波乱のエンターテインメント”。1年前、ある出来事を機に解散してしまったバンド「LACTIC ACID」の元ボーカル・慎平(桜田)。恋人のゆかり(福田)に「あるもの」と引き換えに金銭をバックアップしてもらい、元メンバーの黒やん(笠松)を誘いバンド再結成のために動き出す。   桜田にとっては今回の役は「自分自身も挑戦しなければいけない役」と明かし、桜田と笠松、福田と監督で撮影前に事前のリハーサルをしっかりと行うことで、彼らの関係性を作り上げていったという。  映画タイトルの『ラ』はオーケストラが音を合わせる基準音であり、赤ちゃんの産声の音、はじまりの音ということにちなみ「最近始めたこと」という質問には「青汁飲み始めました。粉じゃなくて冷凍の飲んでます。飲みやすくて美味しいですよ」と福田。  桜田は「最近オフィシャルサイトを立ち上げたんですけど、オフィシャルサイト内で始めてることがあって。隠してるんですけど、オープンしてから2~3週間経っても誰も気づかなくて。今言いたくはないんですけど、秘密のページみたいなのがあるんですよ」と、隠しページの存在を暴露。ブログなどにも誰からも見つけたという反応がないらしく、しびれを切らした挙げ句の発言で会場を驚かせた。  また、上映会冒頭では、出演者たちが登場するなり観客がダンカンの衣装に釘付けに。カルロス・ゴーン氏が保釈された際の服装を彷彿させる姿で登場したダンカンは、「タクシーの運転手役をこの衣装でやってるんですけど、その後ゴーンの野郎が真似しやがって」とジョークを飛ばしまくり、桜田も「マジですか!?」と爆笑する一幕もあった。  映画『ラ』は、4月5日より全国順次公開。

  • 2019年度後期 連続テレビ小説『スカーレット』主な出演者発表会見にて

    朝ドラ『スカーレット』、戸田恵梨香の幼なじみ役で大島優子、林遣都が出演

    エンタメ

     女優の戸田恵梨香が主演を務める2019年度後期のNHK連続テレビ小説『スカーレット』出演者発表会見が21日、NHK大阪放送局行われ、北村一輝、富田靖子、大島優子、林遣都らの出演が発表された。@@cutter 連続テレビ小説101作目となる『スカーレット』は、戦後、焼き物の里・滋賀県信楽でヒロインの川原喜美子(戸田)が信楽焼に惹かれ、男性ばかりの陶芸界に飛び込み女性陶芸家を目指して奮闘する姿を描いていく。タイトルのスカーレットは、陶芸作品に表れる理想の色の一つと言われる“緋色”を意味している。  この日、会見に登壇したのは、ヒロインを演じる戸田と本作の制作統括・内田ゆき氏をはじめ、北村、富田、大島、林の他、桜庭ななみ、福田麻由子、佐藤隆太、財前直見、水野美紀の総勢11名。  戸田扮するヒロイン喜美子の幼なじみ・熊谷照子を演じる大島は、留学から帰国後初の連ドラ出演。大島は、戸田と同い年であることに触れ「役でも幼なじみということで、現場でどれくらい彼女を支えられるかというのもありますし、現場でそれだけ恵梨香を支えられるか、盛り上げられるかというところでも、努めていきたいと思います」と意気込みを語る。  同じくヒロインの幼なじみ・大野信作を演じるのは、物語の舞台となる滋賀県出身の林遣都。林は「劇中に出てくる信楽焼も小さい頃から身近にありましたし、自分の故郷の歴史を辿るといった意味でもすごく楽しみにしています」と心境を明かした。  このほか、ヒロインの父・川原常治役に北村、母・マツ役に富田、喜美子の上の妹・直子役を桜庭、下の妹・百合子を福田が演じる。さらに川原家に居候する謎の旅人・草間宗一郎役を佐藤、信作の母で川原家の隣人・大野陽子役を財前、喜美子が大阪で出会う新聞記者・庵堂ちや子役を水野が務めるほか、喜美子が働く大阪の下宿屋に住む医学生・酒田圭介を溝端淳平が演じることも発表された。  ヒロインとして俳優陣を迎える戸田は「ようやく家族に会えて、皆さんの顔を見ていると“みんな顔が濃いなぁ”と思って」と話し、笑いを誘うと「身体づくりとかいろんな稽古をしているんですけど“顔づくり”もやっていきたいなと思いました」とコメント。共演者と顔を合わせた戸田は続けて「『スカーレット』が持っているパワーがますます強くなって、皆さんに元気と力を与えられる作品になるんだろうなという確信が持てました」とドラマへの手応えを語った。  2019年度後期・NHK連続テレビ小説『スカーレット』は、NHK総合ほかにて2019年9月30日より放送。

  • (左から)戸田恵梨香、有村架純

    戸田恵梨香、有村架純ら豪華メンバーが集結 所属事務所の20周年を祝う

    エンタメ

     女優の戸田恵梨香が15日、有村架純、松本穂香らと写る集合写真を自身のインスタグラムに投稿。所属事務所20周年を祝う豪華なメンバーが、ファンの間で話題となっている。@@cutter 主演ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系/毎週金曜22時)がスタートしたばかりの戸田。自身のインスタグラムで、所属事務所のフラームが20周年を迎えたことを報告し、「これからも私達をどうぞ宜しくお願い致します」とあいさつしている。投稿されたのは、戸田をはじめ、有村、松本といったメンバーの集合写真。そのほかにも吉瀬美智子、徳永えりなどの人気女優が笑顔を見せている。  吉瀬は同日、自身のツイッターを更新。「昨晩は事務所の20周年船上パーティー 私もフラームに所属して11年に ただただ感謝・感謝です!」としみじみと振り返り、「これからもチームの一員として頑張りますのでよろしくお願いしま〜す」とあいさつ。船上パーティーが行われた船をバックに記念写真を撮っている。  この豪華すぎるショットに、戸田のインスタグラムのコメント欄には「顔面偏差値が高すぎますねこの集合写真」「フラームの女優さんほんとに最強すぎです」などと驚く声が殺到。その他にも「私の好きな方が多くてビックリしました!」といった声も届いている 引用:https://www.instagram.com/toda_erika.official/    https://twitter.com/kagayakurecipe

  • 『やれたかも委員会』「太陽の塔編」場面写真

    『やれたかも委員会』福田麻由子最終話で小関裕太との関西弁に反響

    エンタメ

     俳優の小関裕太と福田麻由子が出演したドラマ『やれたかも委員会』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)「太陽の塔編」が19日深夜に放送され、東京出身の二人が操る関西弁に視聴者から「完璧でした」「かわいすぎ」などの声が上がった。@@cutter 最終話の相談者は、現在ソーシャルワーカーとして働く35歳の岩瀬さつき(MEGUMI)。彼女は淡々と10年前の出来事を語り始める。  結婚を控えていた25歳のさつき(福田麻由子)は、越田圭介(小関)に声をかけられ仲良くなっていく。“1度だけデートしてほしい”という啓介の申し出をさつきが受け入れ、出かけた二人。さつきは別れ際に彼に抱きしめられた感触と、そのときに彼女に沸き起こった感情を告白。彼女が語るエピソードに、委員会メンバー(佐藤二朗、白石麻衣、山田孝之)の間ではいつもと違う緊張感が漂う…。  最終話の回想シーンに登場したのは、ともに子どもの頃から俳優やモデルとして芸能界で活躍してきた小関と福田。今回の物語の舞台が大阪ということで、二人は関西弁での演技に挑戦した。さつきに猛アタックをかける圭介を演じた小関について、視聴者からは「完璧でした」「きたー!かわいすぎやろ!?関西弁!」などの絶賛の声がSNSへ寄せられた。さらにさつきを演じた福田についても「演技力が相変わらず抜けてるな。圧倒的」と称賛する投稿もあった。  クライマックスでは、委員会のメンバーがホワイトボードを使って“やれたかも知れない夜は、あらゆる可能性の分岐点”であることを解説。「平行世界」や「パラレル・ワールド」などのSFや哲学を思わせるまさかの展開に、視聴者からはSNSに「めっちゃ哲学的な話になって」「ちょっと泣けてきた」などの意見も寄せられていた。

  • ねじりはちまき&肩出し&サラシの法被姿がカッコよくて色っぽくてかわいい白石麻衣

    白石麻衣が“やれた”判定! ファン総立ちの 『やれたかも~』最終話

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣、佐藤二朗、山田孝之が出演するドラマ『やれたかも委員会』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)最終話となる「太陽の塔編」が19日深夜に放送され、委員会メンバー・月綾子を演じる白石がついに“やれた”の札を掲げたシーンに「最終回にしてようやく!!」「やれたの札をあげた!!」など歓喜の声が上がった。@@cutter 最終話の相談者は、現在ソーシャルワーカーとして働く35歳の岩瀬さつき(MEGUMI)。彼女は淡々と10年前の出来事を語り始める。  結婚を控えていた25歳のさつき(福田麻由子)は、越田圭介(小関裕太)に声をかけられ仲良くなっていく。“1度だけデートしてほしい”という啓介の申し出をさつきが受け入れ、出かけた二人。さつきは別れ際に彼に抱きしめられた感触と、そのときに彼女に沸き起こった感情を告白。彼女が語るエピソードに、委員会メンバー(白石、佐藤、山田)の間ではいつもと違う緊張感が漂う…。  これまで、綾子は頑なまでに“やれたとは言えない”の札を掲げ続けてきた。ところが最終話では、相談者の思いに共感を示す場面もあり、判定では初めて三人が満場一致で“やれた”の札を掲げたのだった。これには視聴者からは「最終回にしてようやく!!」「ついにまいやんがやれたの札をあげた!!」「最後の最後に月さん、やれた札きましたーーーー!!!!!!!!」など歓喜の声がネット上に殺到していた。

  • 『フレア FLARE』福田麻由子、初主演で“大人の新境地”に挑む!

    福田麻由子、日仏合作映画で体当たりの初主演 『FLARE フレア』予告映像解禁

    映画

     ドラマ『女王の教室』、映画『ヘブンズ・ドア』などで知られる福田麻由子が初主演を務める日本・フランス合作映画『FLARE フレア』が4月より東京を皮切りに日本劇場公開が決定。それに合わせ予告映像も解禁となった。@@cutter 本作は、17歳の家出少女が自堕落なフランス人写真家との出会いを通し変容していく姿を描く青春ドラマ。福田はさらなるステップアップをめざし、家出少女・フレア役に体当たりの演技で挑んだ意欲作。  フレアの運命を変える写真家・ジャンにはフランス映画界期待の新鋭バレンタイン・バノン。そのほか『銀の匙 Silver Spoon』の広瀬アリスや谷村美月、加藤雅也らが共演。監督は『スープ ~生まれ変わりの物語~』の大塚祐吉が務めている。  売れない中年のフランス人写真家・ジャンは、2度の離婚を経て東京へ拠点を移すが、借金とアルコール漬けの自堕落な日々を過ごしていた。そんなある日、酒を買いに立ち寄ったコンビニの前で、ジャンは家出少女・フレアに出会う。  被写体としてフレアに興味を持ったジャンは、その場で彼女の激写。その写真に感銘を受けたフレアは、ジャンのアトリエに住みついてしまう。幼い頃から親の虐待を受け、行き場のないフレアは、無償のアシスタントとして働き始め次第に彼の作品に傾倒していく。  ある日、ジャンが取り立ての人間に袋叩きにされたことをきっかけに、隠れて援助交際を始めるフレタ。しかしジャンはアトリエに来る女性たちと関係を続けており、フレアは彼女らへの対抗と、1人の女性として見てもらいたい一心で内面も外見も急激に変化させていく…。  『FLARE フレア』は4月26日よりシネマート六本木ほか全国順次公開。

  • 「桜、ふたたびの加奈子」で主演する広末涼子

    広末涼子&稲垣吾郎が夫婦役、映画「桜、ふたたびの加奈子」で主演

    映画

     「おくりびと」の広末涼子&「十三人の刺客」のSMAP稲垣吾郎主演で、映画「桜、ふたたびの加奈子」が2013年4月6日(土)に公開されることが決定した。@@cutter 「桜、ふたたびの加奈子」は、新津きよみ原作の「ふたたびの加奈子」(ハルキ文庫刊)を映画化した作品。広末は、幼い娘・加奈子を事故でなくした深い悲しみから、やがて、その生まれ変わりに逢いたいと願うようになる母親・容子役を演じる。そんな悲しみにくれる妻を支えたいと願いながらも、現実を受け入れられない彼女に苛立ちも感じ、心揺れる夫・信樹を稲垣が扮する。  広末は「苦しいこと悲しいことがあっても生きていく力、命の力、そしてそれが導く奇跡をカタチにした映画だと思います。たくさんの方に勇気をあたえられる映画になればいいなと思います」とコメントしており、稲垣も「子を亡くした深い悲しみにくれる妻をサポートする父親役に最初は戸惑いがありましたが、演技に集中できるように監督やスタッフの方々の配慮があり、僕自身、命の大切さ、そして生きる喜び、悲しみを受け止め演技する事が出来ました。奇跡を信じる事は無駄ではない、そんな想いを込めた素敵な作品です」と映画の魅力を語っている。  さらに、容子が加奈子の生まれ変わりだと信じる子供を宿す女子高校生のシングルマザー・正美に、若手実力派の福田麻由子。正美を見つめる高校生・直也にジャニーズJr.の高田翔。登場人物全ての接点になる古本屋の店主に江波杏子など、豪華キャストが集結した。  監督は、長編デビュー作「飯と乙女」がモスクワ国際映画祭で、最優秀アジア映画賞であるNETPAC 賞を受賞し、各国映画祭でも高い評価を得ている栗村実が務める。栗村監督は、「心地良くイマジネーションを働かせながら読み解いて行くという、映画本来の楽しみを味わえる映画を目指した作品です。『もしも生まれ変わりというものがあり、そして愛する人の生まれ変わりを見つけてしまうという偶然が起きたら、人はどうするのか』という問いについて、誰もが自分なりの想像を巡らせ、膨らませ、身の回りの人達とその想像を共有する体験を楽しんで頂けたらと願っています」とメッセージを寄せている。  撮影は、2012年春、桜の美しい栃木県足利市のロケを皮切りにはじまり、現在、編集中。「桜、ふたたびの加奈子」は2013年4月6日(土)新宿ピカデリー 他 全国ロードショー。

  • WOWWOW開局20周年記念番組連続ドラマW「パンドラIII革命前夜」制作発表記者会見

    江口洋介が、黒縁メガネをかけ脳科学者に!内野は、狂気の内閣官房長官に!

    エンタメ

      WOWOW開局記念番組となる連続ドラマW「パンドラIII 革命前夜」の制作発表記者会見が、帝国ホテルにて行われ、江口洋介、内野聖陽、上川隆也、小澤征悦、板谷由夏、福田麻由子、山本耕史、泉谷しげるら豪華キャスト陣に加え、脚本家の井上由美子と河毛俊作監督が出席し、意気込みを語った。社会派エンターテイメントとして高い評価を受ける本シリーズならではの演出で、当日は、会見場に首相官邸の赤い階段をイメージしたセットが設けられ、ドラマに通じる世界観を作り出した。 @@cutter   脚本家・井上由美子と河毛俊作監督がタッグを組み、2008年の「パンドラ」では、三上博史主演でガンを滅ぼす特効薬、2作目の「パンドラII 飢餓列島」(2010)では、佐藤浩市主演で飢餓を救う食物。革命的な発明によって、パンドラの箱を開いた人々の運命を描く社会派連続ドラマ「パンドラ」シリーズの第3弾となる本作。全8話、8日間に起こる物語を、8人の個性的な登場人物を中心に描く。   最初にダイジェスト映像が上映され、脚本家の井上由美子と河毛俊作監督が登壇し、みたびのタッグについて語った。井上は「今回は愛をテーマに書いています」と話し、監督は、「面白い作品をお届けできるように日々、頑張っています。とにかく脚本が素晴らしい」と井上を絶賛。「(脚)本の面白さを超える作品にしたい」と抱負を語った。   続いてキャスト陣が登場。主演の江口は脳科学者の役を振り返り、「面白く仕上がっています。4話を撮っているところですが、今から最終話が楽しみです」と仕上がりに自信を覗かせた。内閣官房長官役の内野は「2役をやっているような難しい役ですが、その分楽しんでいます」ときっぱり。治療を受け、人格が変わっていく人物を面白く演じていることを明かした。   全シリーズを通して登場している新聞記者役の山本は「役への取り組み方はパート1、2と変わっていません。核心に近づけば近づくほど怖いけれど、楽しみな役です」とコメントした。今回、伝説のテロリスト役で登場している泉谷は「セリフなんか覚えていられるか、コノヤロー」といつもの泉谷節を炸裂。上川と板屋のラブシーンにもいちゃもんをつけ、上川に「キスシーンばっかりやってんじゃないよ!」と文句たらたら。半分やっかみがはいっているかも。そんな泉谷に、上川は「役得です」と涼しい顔で応対していた。泉谷との出演場面の多い福田は「現場は泉谷さんワールド満載。最後までついていけるか心配です」と小さな胸を痛めている様子。   最後に江口が「膨大なセリフにチャレンジしながら日々取り組んでいます。日本の将来がどうなるのか楽しみにして欲しい」と見どころを語って締めくくった。   連続ドラマW「パンドラIII 革命前夜」は10月2日スタート毎週日曜夜10時より全8話

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access