佐藤めぐみ 関連記事

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話にゲスト出演する板橋駿谷

    『なつぞら』番長・板橋駿谷、月9『ラジエーションハウス』に今夜出演

    エンタメ

     俳優の板橋駿谷が、今夜放送される俳優の窪田正孝が主演を務める『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第8話にゲスト出演することが分かった。先月、NHK連続テレビ小説『なつぞら』に、34歳で高校生“番長”役として初出演を果たして話題を呼んだ板橋は、月9ドラマに出演するのも今回が初となる。@@cutter 「グランドジャンプ」(集英社)連載中の漫画『ラジエーションハウス』をドラマ化した本作は、レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  板橋が演じるのは、古びたアパートで妻の陽子(佐藤めぐみ)と2人暮らしをしている若井祐一。定職に就いておらず、アルバイトをしている祐一は、腹痛を起こして甘春総合病院で診察を受けた陽子を心配して病院にかけつける。家計を支えるために仕事を持っていた陽子は、そんな夫を気遣い、「盲腸だが薬で散らせるようなので普通に働ける」と伝える。陽子は、祐一との子どもを望んでいたが、金銭的な理由もあって祐一はまだそんな気になっていないようだった。さらに、祐一には、陽子に秘密にしていることがあり…。  今作で主演の窪田や広瀬アリスと初共演する板橋は、月9ドラマへの出演が決まったことについて「うれしさで体、爆発するかと思いました!!! 神さま、生きててよかった! って強く思いました。時間はかかったけど、その分、出会ったたくさんの人や時間が俺を作り上げてくれました」と率直に喜びを明かす。  続けて「“なつぞら”の現場でも監督をはじめ、たくさんのスタッフの皆様、キャストの皆様、たくさんの方々に助けてもらいました。現場での過ごし方、周りへの気配り、それぞれの芝居の仕方。目で見て、肌で感じることができたので、それをしっかりと形にできるよう生かしていきたいと思います」と抱負を語る。  祐一を演じることについては「感情は一つではないし、見えているところと見えないところがあると思うので、それを丁寧に掘り下げて、演じたいと思います」とコメント。最後に「“なつぞら”の番長とは違って、今回は実年齢に近い役です(笑)!日頃、月9を楽しみにしている皆様、“板橋駿谷”が初見の皆様、いつも応援していただいている皆様に新たな一面をお届けできるよう頑張りました。オンエアのその日まで楽しみにしていてください!」と視聴者へのメッセージも寄せている。  『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』第8話は、フジテレビ系にて今夜5月27日21時放送。

  • (左から)『忘却のサチコ』に出演する高畑充希、早乙女太一

    高畑充希主演『忘却のサチコ』、失踪した婚約者に早乙女太一

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演を務める、10月12日スタートの新ドラマ『忘却のサチコ』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)にて、高畑演じるヒロインの失踪した婚約者役を、早乙女太一が務めることが明らかになった。早乙女は「原作を読ませていただいて、お話の面白さや、コミカルさや、ご飯の魅力に惹かれ、チャレンジさせていただくことになりました」とコメントしている。@@cutter 「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の、阿部潤による同名コミックを基にする本作は、文芸誌の生真面目アラサー編集者・佐々木幸子(高畑)が、おいしいモノと向き合い、ときに暴走する姿を描くグルメ・コメディ。早乙女が演じるのは、結婚式当日に幸子の元から逃げ出した新郎・俊吾。料理上手で優しくて、幸子を大切にしていた俊吾は、なぜ幸子から逃げ出したのか? ふとした瞬間に俊吾を思い出してしまう幸子は、彼を忘れるためにおいしいものを食べるのだが…。  早乙女は今回のオファーについて「はじめにお話を頂いたときは、戸惑いました。と言うのも、自分自身が、俊吾さんのような爽やかな役をやった事が無かったので、自分に、曇りのない笑顔が出せるのだろうか?と、悩みました(笑)」と回想する。  役柄については「基本的に俊吾ではあるのですが、幸子の妄想の中で、あんな事やこんな事と大変な事になっています(笑)。現場に行く度に、あれ?俺俊吾だよな?と混乱する事もありました(笑)。リアルな世界での俊吾さんと、幸子さんのぶっ飛んだ妄想での俊吾さんとの振り幅も楽しんで頂けたらと思います」と話している。  早乙女に加えて、「放浪癖」がある作家・姫村光役で長谷川朝晴、引きこもりのラノベ作家・ジーニアス黒田役で池田鉄洋、大御所作家・有村忠雄役で大和田伸也、マグロ料理店店主・石井茂男役で泉谷しげる、幸子の幼なじみ・梶幸聖役で清原翔、編集者・尾野真由美役で佐藤めぐみの出演も発表された。  新ドラマ『忘却のサチコ』は、テレビ東京系にて10月12日より毎週金曜24時12分放送。

  • 『彼岸島』ヒロインに決定した山下リオ

    『あまちゃん』の山下リオが『彼岸島』ヒロインに決定! 弓を操り吸血鬼に挑む!

    エンタメ

     TBS系で10月深夜にスタートする松本光司原作の人気コミックをテレビドラマ化した『彼岸島』。そのヒロイン・ユキ役に映画『シャニダールの花』『はじまりのみち』、ドラマ『あまちゃん』などで若手実力派として急成長中の山下リオが決定した。@@cutter また、主人公・明(白石隼也)の友人・ケン役には遠藤雄弥、ポン役には西井幸人、西山役に阿部翔平、加藤役に勝信、そして謎の女・冷役には佐藤めぐみとフレッシュな顔ぶれが脇を固める。  『彼岸島』は、理屈なし、問答無用で襲ってくる恐怖に打ち勝つ人間の底力と絶望感からくるギリギリのスリルを描くことで、ゲーム世代で育った10~30代のユーザーの心を強く掴み、累計560万部を突破した大ヒットコミック。今回のTVドラマでは、原作ファンも満足いく世界観と人間を恐怖で支配する最強の吸血鬼、さらに巨大化した化け物をリアルに再現。そして吸血鬼との戦いを描くゲーム的要素だけでなく、理不尽で絶望な事態に追い詰められても強く立ち向かっていく〝人間の底力〟や、今の社会ではリアルに感じることができない〝生命の尊厳〟を問いかける深いヒューマンドラマとして描かれ、新たなサバイバルドラマを誕生させる。  ヒロインを演じることになった山下は「台本の壮大な世界観に、すぐに引き込まれました。 どのキャラクターも人間臭くて、生々しい。ユキは彼岸島に行くメンバーの中で 、唯一の女の子です。彼岸島という非現実的な世界にいながらも、明とケンの間で揺れ動く姿もリアルに演じたいと思います」とコメント。また、弓を使ってのアクションについては「もともとアクションにも弓道にも憧れがあったので、とても嬉しいです」と。さらに「体力には自信がありますが、ユキはインターハイにもいくほどの実力を持っているので撮影までにしっかり練習して、ぶつかっていきたいです」と意気込みを見せた。  ドラマ『彼岸島』はTBS系で10月深夜放送開始。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access