デレク・ジャコビ 関連記事

  • 映画『TOLKIEN(原題)』場面写真

    ニコラス・ホルト主演『ロード・オブ・ザ・リング』原作者の半生描く映画、夏公開

    映画

     世界中で社会現象を巻き起こした冒険ファンタジー超大作『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』両三部作の原作者J.R.R.トールキンの前半生を描く映画『TOLKIEN(原題)』が、2019年夏に日本で全国公開されることが決定。併せて、トールキンを演じるニコラス・ホルトと妻のエディスを演じるリリー・コリンズの劇中の姿を捉えた場面写真が到着した。@@cutter たぐいまれな博識と想像力で、映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作の原作となった小説『指輪物語』や、『ホビット』シリーズの原作小説『ホビットの冒険』を生み出し、ファンタジー文学のジャンルを新たに切り開いたイギリス出身の文学界の巨匠トールキン。本作では、これらの作品群の原型となった、母親を介しての物語との出会い、大きな夢を追いかけた学生時代の仲間との固い友情、運命の女性エディス・ブラットとの生涯をかけた恋、そしてその全てを引き裂いた第一次世界大戦の過酷な体験といったトールキンの激動の前半生が描かれる。FOXサーチライト設立25周年第1弾作品として配給される。  実在した作家トールキンを演じるのは、映画『女王陛下のお気に入り』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の俳優ニコラス・ホルト。のちにトールキンの妻となる最愛の女性エディスに映画『あと1センチの恋』『白雪姫と鏡の女王』のリリー・コリンズが扮する。  さらに映画『オリエント急行殺人事件』『シンデレラ』のデレク・ジャコビや、『ダンケルク』のトム・グリン=カーニーといった英国を代表する俳優陣が集結する。メガホンを取るのは、第90回アカデミー賞外国語映画賞でフィンランド代表に選ばれた『トム・オブ・フィンランド』の実力派監督ドメ・カルコスキ。  映画『TOLKIEN(原題)』は今夏に全国公開。

  • 映画『オリエント急行殺人事件』ポスタービジュアル

    ジョニデら名優が豪華競演『オリエント急行殺人事件』予告編&ポスタービジュアル解禁

    映画

     12月8日に日本公開を迎える映画『オリエント急行殺人事件』より、予告編映像とポスタービジュアルが解禁され、アガサ・クリスティの同名小説を基に、ケネス・ブラナー、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリーら超豪華キャストが織りなすミステリーの内容が一部明らかになった。併せて、原作者・クリスティのひ孫と監督を務めたケネス・ブラナーからのコメントも公開された。@@cutter 映像の冒頭では、トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、尊大な富豪ラチェット(デップ)と“正しき者の守護者”と世間から呼ばれる世界一の名探偵エルキュール・ポアロ(ブラナー)のやりとりが映し出される。やがてラチェットは刺殺されてしまい、「乗客全員が容疑者だ」と断言するポアロは、目的地のみが共通点で、境遇はさまざまな教授、執事、伯爵、伯爵夫人、秘書、家庭教師、宣教師、未亡人、セールスマン、メイド、医者、公爵夫人、車掌の13名の捜査を開始。列車の外へ逃げる影や、ポアロに詰め寄る者、拳銃を構える者、暴力を振るう者、泣き叫ぶ者の姿からは、物語が激しく展開していくことがうかがえる。  同時に解禁されたポスタービジュアルは、「この列車には、名優たちが必要だった。」というキャッチコピー通り、名優ぞろいの本作の豪華さや魅力が伝わる仕上がりとなっている。    本作に対して、クリスティを曾祖母にもつアガサ・クリスティ社(ACL)の会長兼CEOのジェームズ・プリチャード氏は「曾祖母は列車が大好きでしたし、実際に彼女はオリエント急行に乗車していろいろな旅に出てたくさんの経験をして、それら全てが彼女の描くストーリーにつながりました。『オリエント急行殺人事件』は、彼女にとって間違いなく“特別な作品”です」とコメントを寄せている。さらに「ケネスが演じるポアロは、今までのポアロよりもスタイリッシュで、よりアクティブになっている。そして、これまでのポアロとは違ったアプローチで列車の外でのシーンもある」とも語り、原作ファンに対してもサプライズがあることを仄めかした。  一方、全世界で大ヒットした『シンデレラ』でも監督を務め、本作ではポアロ役と監督を兼任したブラナーは、「アガサ・クリスティの作品を描くには、素晴らしい娯楽作というだけでなく、喪失感や、悲しみという心の奥深くに触れることになる。本作でも登場人物は、多くの感情的な秘密を抱えている」と解説。豪華キャストについては「深い感情を見事に体現できる名優たちとキャラクターを組み合わせることに興奮したし、彼ら全員を描くプロセスにもワクワクした。そして、皆で、積み重ねたストーリーの層をはがし、人間性の層もはがしていったんだ」と振り返っている。  映画『オリエント急行殺人事件』は12月8日全国ロードショー。

  • 妻役を演じるまでに成長しました!

    ダコタ・ファニングが美術評論家の妻役に!脚本を手掛けるのは女優エマ・トンプソン

    映画

      「ランナウェイズ」のダコタ・ファニングが、新作で19世紀の美術評論家ジョン・ラスキンの9歳年下の妻ユーフィミア(愛称エフィー)を演じる。 @@cutter   二人は結婚後、実際の夫婦生活がなかったことから6年後に離婚。エフィーは夫と交流のあった画家ジョン・エヴァレット・ミレーと結婚した。   脚本は「ナニー・マクフィー」などの脚本を手掛ける女優エマ・トンプソン。監督はTV映画出身のリチャード・ラクストン。   エフィーの夫ジョン・ラスキン役は、脚本のエマの夫グレッグ・ワイズ。エマ自身もエフィーが信頼するレディ・イーストレイク役で出演。後にエフィーの夫となるミレー役は「パイレーツ・ロック」のトム・スターリッジ。エフィーの両親を「英国王のスピーチ」のデレク・ジャコビと「ハリー・ポッター」シリーズのジュリー・ウォルターズが演じる。    ジョニー・デップ、オーランド・ブルームらBIGアクターズ最新インタビューが掲載!SCREEN10月号は絶賛発売中。(SCREEN 11月号より)

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access