中山麻聖 関連記事

  • 『牙狼〈GARO〉−月虹ノ旅人−』場面写真

    牙狼最新作『牙狼〈GARO〉−月虹ノ旅人−』公開決定! 主演は中山麻聖

    映画

     この世の闇に棲みつく魔獣ホラーと戦う、魔戒騎士たちの姿を描く牙狼〈GARO〉シリーズの最新作『牙狼〈GARO〉−月虹ノ旅人−』が2019年秋に公開されることがわかった。主演は中山麻聖が務め、石橋菜津美、水石亜飛夢、螢雪次朗が脇を固める。また、合わせて劇中カットも公開された。@@cutter 本作は、牙狼〈GARO〉シリーズの中でも、黄金騎士の家系に生まれた、冴島雷牙を主人公に迎えた「冴島雷牙シリーズ」の最新作。原作・脚本・監督は、牙狼〈GARO〉シリーズの生みの親であり、特撮界のトップクリエーターである雨宮慶太が務める。  冴島雷牙役の中山は「牙狼を応援してくださっている皆さん『ただいま』です。またみんなとご一緒出来る事が本当に嬉しいです。公開まで、もう少しだけお待ちください」とコメントを寄せる。マユリ役の石橋は「魔戒ノ花からその後、マユリはどう変化し成長したのか。私個人としても、とても気になっていましたので、今回、月虹ノ旅人でまたマユリとして雷牙の横に居て、マユリとしての景色を見れる時間が嬉しく、幸せな時間でした。月虹ノ旅人は牙狼ファンの方々には、もう、とんでもなく熱い内容になっていると思います」とアピールした。  前作の石板に封じ込められた滅びの花「エイリス」との闘いを経て、どのような物語が展開されるのか。歴代最強の冴島雷牙のさらに成長した姿を楽しみにしてもらいたい。  なお、4月25日〜5月7日には、中野ブロードウェイにある「Animaga Zingaro」にて、“牙狼〈GARO〉原画展”の開催も決定。雨宮監督が描き下した原画やデザイン画の展示に加え、ガロの鎧や衣装も展示される。 『牙狼〈GARO〉−月虹ノ旅人−』は2019年秋に新宿バルト9ほかで全国公開。

  • (左上から)小林涼子、中山麻聖、石田法嗣、毎熊克哉、(左下から)水谷豊、檀ふみ、岸部一徳

    水谷豊監督第2作 『轢き逃げ』檀ふみ、岸部一徳らキャスト&特報解禁!

    映画

     俳優の水谷豊が、脚本・出演も務める監督第2作の映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』の公開日が2019年5月10日に決定し、併せてキャストと特報映像も解禁。本作について水谷は「他人には見せる事のない“人間の心の奥底にあるもの”を描いてみたいと思いました」と語っている。@@cutter 本作は、ある地方都市で起こったひき逃げ事件に関わった7人の人間たちの“心の軌跡”を、水谷のオリジナル脚本で描くヒューマンドラマ。水谷にとっては2017年公開の『TAP ‐THE LAST SHOW‐』に引き続き、2本目の監督作となる。  ある地方都市で起きた交通事故は、1人の女性が命を落とし、ひき逃げ事件へと変わる。車を運転していた宗方秀一(中山麻聖)と助手席に乗っていた親友の森田輝(石田法嗣)は、秀一の結婚式の打ち合せに急いでいた。彼の婚約者は大手ゼネコン副社長の娘・白河早苗(小林涼子)。悲しみにくれる被害者の両親、時山光央(水谷)と千鶴子(壇ふみ)。その事件を担当するベテラン刑事・ 柳公三郎(岸部一徳)と新米刑事・前田俊(毎熊克哉)。平穏な日常から否応なく事件に巻き込まれ、それぞれの人生が複雑に絡み合い、抱える心情が浮き彫りになっていく。  本作のキャスティングについて水谷は「今回の作品ではドキュメンタリーを観ているようなリアルな映像が必要であった為、中心となる若いキャスト4人のうち、中山麻聖くん、石田法嗣くんは、オーディションも実施するなど有名無名問わずさまざまな可能性を考慮して選考しました」とコメント。さらに「小林涼子さん、毎熊克哉くんは、僕の作り上げたキャラクターに合う俳優をキャスティングさせてもらいました」と語っている。  さらに岸部、壇については「お二人は私が望んでいることを瞬時に理解され、毎回私の想像を大きく上回る芝居を見せて頂きました。このような方々とご一緒できる時間は監督として大きな喜びの一つでした」と明かしている。  映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』は2019年5月10日より全国公開。

  • 『牙狼<GARO>』スペシャルステージにて(左から林祐一郎監督、桂正和、中山麻聖、魔戒歌劇団の4人)

    <AJ2016>中山麻聖、『牙狼』最終回目前に「寂しい」キャラデザ桂正和は充実の表情

    アニメ・コミック

     『牙狼<GARO>』スペシャルステージが26日、東京ビッグサイトで開催された「Anime Japan2016」で行われ、TVアニメ『牙狼 ‐紅蓮ノ月‐』の主人公・雷吼を演じる中山麻聖と、本作のキャラクターデザインを担当した桂正和が登壇した。@@cutter 『牙狼 ‐紅蓮ノ月‐』は、『牙狼<GARO>』のTVアニメシリーズ第2弾。平安時代を舞台に黄金の鎧を持つ若き魔戒騎士・雷吼が、京の都に蔓延る火羅(ホラー)と呼ばれる物の怪と戦っていく姿を描く。    4月1日放送の最終回を目前に控えた今の心境を「寂しい気持ちが強い」と明かした中山。また「雷吼と(自身が)段々似てきたかなと思います」と口にし、雷吼として2クールを演じ、役柄と自身が近いものとなったようだ。    「時代が変わっても牙狼の世界観は変えたくないと思った」と語った桂。黄金騎士の活躍は変わらないものの、時代も登場人物も一新したのが本作『‐紅蓮ノ月‐』だ。もともと、牙狼シリーズを手掛ける雨宮慶太と旧知の仲であり、自身も牙狼のファンだという桂は「(キャラクターデザインを)やることができて、良かったです」としみじみとコメントした。    イベントでは、5月21日に公開される劇場版『牙狼<GARO>‐DIVINE FLAME‐』の初出し映像も公開。林祐一郎監督曰く「劇場版は1年掛けて、ゆっくり作りこんでいくので、濃密ですよね」というように、アクションの映像美に圧倒される映像に感嘆の声が漏れた。    『牙狼 ‐紅蓮ノ月‐』第24話は、4月1日放送。劇場版『牙狼<GARO>‐DIVINE FLAME‐』は5月21日より全国公開。

  • 秋元才加演じる魔戒法師媚空

    秋元才加、妖艶すぎるビジュアル解禁! ドラマ『牙狼<GARO>-魔戒ノ花-』

    エンタメ

     4月から放送されるドラマ『牙狼<GARO>‐魔戒ノ花‐』から、魔戒騎士をサポートする魔戒法師媚空(びくう)を演じる秋元才加の写真が解禁された。@@cutter 本作は、ハイクオリティな特撮映像と徹底的に構成されたストーリーが融合したミッドナイトアクションホラードラマ。独特の世界観でファンを魅了し、シリーズ第4弾では期待の若手俳優、中山麻聖、水石亜飛夢、石橋菜津美らが出演。ゲストとして、秋元才加、天野ひろゆき、柄本時生、大杉漣、松方弘樹、松坂慶子、ほか豪華な面々が顔をそろえ、注目を集めている。  そんな中、解禁された秋元演じる媚空のビジュアル。媚空が登場する時期やキャラクター設定などは未発表だが、重要な役割であることは間違いなさそう。秋元は「『牙狼』は、私の周りにもファンが多くいるので出演が決まった時は本当に嬉しかった」と喜びのコメント。さらに、衣裳のクオリティの高さにも触れ、「衣裳合わせに何度も通い、激しいアクションができるよう徹底的に計算された衣裳を着させていただきました。ワイヤーアクションはほぼ初めてでしたが、おかげで思い切り演じられ出来上がりがとても楽しみです」と満足気。「今回のシリーズは、牙狼ファンはもちろん初めて見る方も楽しめる内容となっています。こだわり抜いた迫力の映像を多くの方々に見ていただきたいです。今までの秋元とは違った姿もお見せできると思います」と自身の新しい一面とともに作品をPRした。  この他、豪華出演陣の劇中写真は22日から東京ビッグサイトで開催されるアニメイベント「Anime japan 2014」内の「牙狼」ブースにて展示される。4月の放送を前に、『牙狼』の世界を堪能してみてはどうだろうか。  遥か昔、恐ろしい能力を恐れた魔戒法師たちにより、メシアの涙と呼ばれた魔獣エイリスは石盤に封印された。その封印には9体の魔獣を礎とする必要があった。そんな忌まわしき過去が忘れられた現代、ある夜、黒装束の男が博物館に展示されていた石盤を破壊、封印されていた9体のホラーが世に放たれてしまう。青の番犬所に属する魔戒騎士・冴島雷牙は、神官ジイルより、エイリスを再び封印せよとの指令を受けるのだが…。  『牙狼<GARO>‐魔戒ノ花‐』はテレビ東京系にて4月4日より放送開始。

  • アラサー上原多香子のフレッシュなセーラー服姿!

    上原多香子“アラサー”セーラー服姿を披露!タクフェス舞台『夕‐ゆう‐』出演

    エンタメ

     宅間孝行が劇団「東京セレソンデラックス」解散後に新たに立ち上げた「TAKUMA FESTIVAL JAPAN」(タクフェス)の第二弾公演『夕‐ゆう‐』に、上原多香子がセーラー服姿で出演することが決定した。@@cutter 本作は、東京セレソンデラックスを「日本で一番泣ける劇団」とまで言わしめるきっかけともなった至極のラブロマンス。過去3回上演された人気作が、6年ぶりにパワーアップして帰ってくる。出演は、内山理名、高橋光臣、中山麻聖、藤吉久美子、 山崎静代(南海キャンディーズ)、阿部力、宅間孝行といった豪華な顔ぶれ。さらに、上原多香子が主人公の親友・薫役で出演することが決定した。  主宰の宅間は、上原の印象を「誰もが認める美貌の持ち主なのに、とても気さくで自然体」と評し、今回上原が演じる役が、皆の憧れの人でありながら、その美しさを誇示せず普通の女の子のように振る舞い、恋に一生懸命な女性であることから「絶対にハマる! 」と確信したという。さらに「物語では高校生から30代前半まで描かれますが、その変化の模様も上原さんなら魅力的に演じてくれると信じています。そして、せっかくウチに参加してくれるので、今まで見たことのない新しい女優・上原多香子を披露したいと思ってます」と期待と自信をアピール。  一方の上原は、タクフェス第一弾『晩餐』を観劇後、「タクフェスの舞台に立つこと」が自身の中で目標になっていたと語り、今回のオファーを受けて「驚きと喜びが同時に込み上げました。タクフェスの舞台に立てるなんて夢のよう。さらに台本を手にして感動で震えました。いろんな場面を想像してワクワクしてしています」と大喜び。「心を柔軟に、私なりの薫を精一杯演じたいと思います。今年の夏はタクフェスで燃え尽きるぞー! 」と気合十分。さらに、ポスター撮影でセーラー服を着たことについては「アラサーセーラー服…。『フレッシュな感じで! 』と言われとても恥ずかしかったです」と振り返るも、「本番は気持ちもフレッシュに学生時代を演じたいと思います」と新境地に立つ意気込みを見せた。  「TAKUMA FESTIVAL JAPAN」第二弾公演『夕‐ゆう‐』は、7月3日~21日まで池袋・サンシャイン劇場にて公演。その他、新潟、大阪、仙台、名古屋、札幌ほかで地方公演予定。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access