高橋和也 関連記事

  • 『集団左遷!!』プレミアム試写会の様子

    福山雅治、橋本真実のセクシーさに「言わずにはいられなかった」

    エンタメ

     俳優の福山雅治が、14日に都内で開催された日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)のプレミアム試写会に出席。福山は自身のアクションや橋本真実のセクシーさについて語ったほか、高橋和也との意外な関係についても明かした。@@cutter 江波戸哲夫による小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)を映像化する本作は、廃店が決まっている銀行支店の支店長となった主人公・片岡洋(福山)が、リストラ寸前の行員たちと力を合わせながら、下剋上を果たしていく姿を描く。当日は福山の他に、神木隆之介、中村アン、井之脇海、高橋和也、迫田孝也、増田修一朗、谷口翔太、橋本真実もイベントに顔をそろえた。  福山は元ヤンの法人営業一課主任・木田美恵子を演じる中村に、予告編で使用されていた、走行中の車にしがみつくシーンの撮影について振られると「あのトム・クルーズさんみたいなやつでしょ? 実際に掴まって走りましたよ」と回想。これに中村が驚くと「もちろんです! だって…トム・クルーズですよ!? いや、僕がじゃないんだけど(笑)、トムもやってるんだから、僕も何かちょっとくらいやらないと」とコメントした。  福山は個人営業窓口課兼テラー主任・藤枝薫役の橋本について、芝居の上だと前置きしつつ「メイクされて、このお衣裳を着られて、メガネをかけて髪を束ねられた時の、このセクシーさ。僕が、あまりにもセクシーだったので、言わずにはいられなかったんですよ」と発言。これを聞いた中村は「あら、私には一度も言ってくれなかった」と寂しさをのぞかせたが、福山は「言わないってことは、もっとやらしいこと思ってるってこと(笑)」と返し、これに中村は大ウケだった。  その後、高橋が福山と同じ昭和44年生まれであることに言及すると、福山は「もっと厳密に言うと、学年は俺が一個上よ」と補足。高橋は、ミュージシャン兼俳優という同じ立ち位置として「すごく悔しい、うらやましい存在だった」と福山への思いを明かしたうえで「でも今回、これだけガッツリ絡ませていただいてね、福山さんの優しさとか、そこにちょっと…何て言うんですか…惚れました」とも。これに笑顔を見せた福山は高橋に歩み寄り、熱い握手とハグを交わしていた。  日曜劇場『集団左遷!!』は、TBS系にて4月21日より毎週日曜21時放送。

  • (左から)三上博史、福山雅治、香川照之、日曜劇場『集団左遷!!』制作発表会に登場

    福山雅治、「現場でめちゃくちゃ頑張ってます!」 香川照之は昭和世代の逆襲を宣言

    エンタメ

     俳優の福山雅治が31日、都内で行われた日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)制作発表会見に出席。コミカルに頑張る役柄を演じる今回、撮影現場でも「頑張ってます!」と力説、いつもの二枚目ぶりとは違う顔を見せた。@@cutter 本作は、福山演じる50歳を目前にして廃店が決まっている銀行支店の支店長となる片岡洋が、リストラ寸前の銀行員たちと協力して大逆転に挑むという“平成最後の下克上”を描く。福山は今作で21年ぶりのTBSドラマ出演となり、日曜劇場初主演となる。この日の会見は、作品にちなみ“出世稲荷”として名高い赤城神社で行われた。会見には他に、香川照之、神木隆之介、中村アン、井之脇海、高橋和也、迫田孝也、増田修一朗、谷口翔太、橋本真実、市村正親、酒向芳、八木亜希子、尾美としのり、三上博史らが出席した。  撮影現場の雰囲気について「意気込んで撮影に入らせていただいたんですが、それ以上といいますか、キャスト・スタッフともに熱い熱い現場になっています。オンエア始まる前にもはや打ち上げが始まるような空気感(笑)。でもこれほどまでにオンエア前に盛り上がっているチームは初めてかもしれない」と語る福山。確かに主要キャストが勢揃いしたこの日の記者会見は、常にお互いにツッコミが飛び交う非常に和気あいあいとした雰囲気に。  福山との共演はNHK大河ドラマ『龍馬伝』以来となる香川は「福山さんとは『龍馬伝』の1年間で人生一生分くらいの濃い付き合いをしましたが、それがあったおかげで最初からいいチームワークでできている。作品のテーマは“頑張る”、福山さんが頑張っている姿がコミカルに、可愛く見えるというのが我々が持っていかなくてはいけない焦点。平成は“働き方改革”ということで頑張らなくてよかった世代かもだけど、我々昭和世代は頑張ってきた世代ですから。頑張るということはどういうことなのかを、昭和の逆襲として出していきたい」とコメント。その言葉を受けて福山も「正直、現場めちゃくちゃ頑張ってますよ!」と強調した。  また、「平成最後にやりたいこと」という質問では、香川が自分と福山との共通点として「かつて緒形拳さんに撮影で本当にビンタされたことがある」という話を披露。そしてその緒形さんのスピリットを受け継ごうと12年前、映画『トウキョウソナタ』で子役に思い切りビンタをして泣かせたというが、実はそのとき大泣きした子役は今回共演する井之脇。「なので平成最後には、井之脇海に『ごめんなさい』と謝りたい!」とその場で謝罪、記者会見を大いに盛り上げた。  日曜劇場『集団左遷!!』は、TBS系にて4月21日より毎週日曜21時放送。

  • 『新聞記者』第二弾出演キャスト

    シム・ウンギョン×松坂桃李『新聞記者』、本田翼&岡山天音ら追加キャスト発表

    映画

     韓国の女優シム・ウンギョンと俳優の松坂桃李がダブル主演を務める映画『新聞記者』の追加キャストが発表。本田翼、岡山天音、高橋和也、西田尚美、北村有起哉、田中哲司が主演2人の脇を固める。@@cutter 本作は、東京新聞記者・望月衣塑子のベストセラー『新聞記者』(角川新書)を原案に、1人の新聞記者の姿を通してメディアは権力にどう対峙すべきかを問うサスペンス・エンターテインメント。政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者・吉岡エリカ(ウンギョン)と、理想に燃え公務員の道を選んだ内閣特別調査室の若手エリート官僚・杉原拓海(松坂)との対峙と葛藤を描く。メガホンを取るのは、俳優の山田孝之がプロデュースする映画『デイアンドナイト』の藤井道人監督。  杉原の妻・奈津美役を、松坂とは初共演となる本田が演じ、吉岡の同僚の新聞記者・倉持大輔役を岡山が務める。杉原の元上司で内閣府に勤務する神崎俊尚役を高橋が、その妻・伸子役を西田が演じる。さらに、吉岡の上司で社会部デスクの陣野和正役を北村、杉原の上司で内閣参事官の多田智也役を田中が担当。信念にまっすぐな二人の前にそれぞれ立ちふさがる壁として、中間管理職を演じる。  本作の高石明彦プロデューサーは、本田の起用理由について「女優として成長著しい本田さんにこの難役をやっていただくことで想像し得ない時間が生まれるという確信がありました」とコメント。さらに「彼女の持っている母性と才能が発揮された瞬間が切りとれて、『新聞記者』という映画により深みをもたせてくれたと思います」とその演技に太鼓判を押している。  また、岡山の起用理由については「彼の出演する作品を見ていて、一つ一つの芝居において、常に一石を投じようとする俳優としての姿勢を感じ、この映画の持つメッセージ性を豊かにしてくれると思いました」と語っている。  映画『新聞記者』は6月28日より全国公開。

  • 『日本ボロ宿紀行』に出演する(左から)深川麻衣、高橋和也

    深川麻衣、地上波連ドラ初主演 『日本ボロ宿紀行』1月スタート

    エンタメ

     乃木坂46の元メンバーで女優の深川麻衣が、2019年1月スタートのドラマ『日本ボロ宿紀行』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)で地上波連続ドラマ初主演を務めることが決定。深川は本作について「ジーンと来るような場面やほっこりする場面もありますので、ぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです」と語っている。@@cutter 本作は、上明戸聡の同名ノンフィクションを原案に、売れない男性歌手と女性マネージャーが営業先で、実在する“ボロ宿”に宿泊する姿を描くドキュメンタリードラマ。  篠宮春子(深川)は、父・一平の急死により芸能事務所スプリングロールを引き継ぐことに。しかし所属していたタレントがほとんど辞めてしまい、残ったのは48歳の一発屋歌手・桜庭龍二(高橋和也)だけだった。かつて大ヒットしたものの大量に売れ残ったCDを売り切るため、二人はスーツケース一つで地方営業の旅に出る。地方で出会う各地の“ボロ宿”を巡りながら、春子はやる気はないがプライドだけは高い龍二を、もう一度人気歌手として再生させるために奮闘する。  深川は本作について「私が演じさせていただくマネージャーの春子と、高橋和也さん演じる売れない歌手の桜庭龍二が二人で実在するいろいろな宿を回って旅をするというロードムービーのようなドラマになっています」とコメント。  一方、桜庭龍二を演じる高橋は「宿の味わい深さだったり、深川さん演じる春子との心の交流みたいなものを楽しんでいただけたらと思っています」と語っている。  ドラマ『日本ボロ宿紀行』は、テレビ東京系にて1月25日より毎週金曜24時52分放送。

  • 映画『ダブルミンツ』ビジュアル

    中村明日美子原作BL『ダブルミンツ』淵上泰史&ボイメン・田中俊介で実写映画化決定

    映画

     『同級生』ほか数多くの人気作を手掛ける漫画家・中村明日美子原作のダークBLと呼ばれる衝撃的な作品『ダブルミンツ』が実写映画化されることが決定。淵上泰史が本作で初主演を果たし、BOYS AND MENの田中俊介とただならぬ男たちの関係を鮮烈に演じる。また、中村原作の作品では、初の実写映画化となる。@@cutter 「女を殺した―」ある日突然、壱河光夫の携帯電話にかかってきた高飛車な声の主は、高校時代の同級生で今はチンピラになっている市川光央だった。高校の新クラスで出会った同じイチカワミツオの音の名前を持つ二人だったが、冷酷で高飛車な光央と光夫はいつしか主従関係となっていた。 数年を経て再会をした二人だったが、かつての記憶が忘れられない光夫は、逆らうことなく共犯者に。だがそれは高校の頃の主従関係でない、新しい形の関係へと姿を変えていく…。  『僕だけがいない街』『ミュージアム』などに出演、本作で初主演作を果たす淵上と、2016年日本レコード大賞新人賞を受賞したBOYS AND MENのメインメンバーであり、俳優としても『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』『サムライロック』といった作品で活躍している田中が2人の“イチカワミツオ”を演じる。  そして舞台『ハイキュー!!』シリーズの須賀健太が高校時代の高圧的な光央を演じ、 『アンチポルノ』主演の冨手麻妙、『想いのこし』の川籠石駿平、『そして父になる』『そこのみにて光輝く』の高橋和也、『踊る大捜査線』シリーズ、『グッドモーニングショー』の小木茂光が脇を固める。監督は『下衆の愛』でロッテルダム国際映画祭ほか30以上の海外の国際映画祭で上映されて話題を呼んだ内田英治が手掛ける。  実写映画化について中村は「正直実現は無理だろうと思っていた」と素直な気持ちを明かす。だが「ほとんど不可能だろうと思ったキャスティングも、思いがけず熱心で情熱を持った方々に演じていただいて、この作品は本当に幸運でした」とコメントを寄せる。そして、メガホンをとった内田監督について「重箱の隅をつつくような脚本の直しを叩きつけたにも関わらず粘り強く返球してくださり、原作を読んでくださった方々にもご満足いただける内容になったと思います。どうぞお楽しみいただければ幸いです」と、太鼓判を押している。    映画『ダブルミンツ』は今夏より公開予定。

  • 上段左から、 ユースケ・サンタマリア、木村多江、でんでん 。中段左から、山田裕貴 、木下あかり、今野杏南。下段左から、モロ師岡 、高橋和也。

    菅田将暉×ヤン・イクチュン『あゝ、荒野』、豪華8人の追加キャスト決定

    映画

     菅田将暉とヤン・イクチュンをダブル主演に迎え、寺山修司が1966年に遺した唯一の長編小説を映画化した『あゝ、荒野』から追加キャストが解禁。ヒロインに木下あかりが抜擢されたほか、ユースケ・サンタマリア、木村多江、山田裕貴、今野杏南、でんでん、モロ師岡、高橋和也が出演していることが明らかになった。@@cutter 本作は、現代の新宿を舞台に、少年院あがりの新次(菅田)と、吃音や赤面対人恐怖症に悩むバリカン(イクチュン)が、ボクシングジムで運命の出会いを果たし、ボクサーとしての道を進んでいきながら織り成す、奇妙な友情と愛、そして絶望的なまでの切なさを描いた感動の人間ドラマ。  新キャストの木下は、新次とバリカンに影響を与えるヒロインの芳子を演じ、山田は新次のライバルに扮する。木村が演じるのは新次の母親・京子で、今野は闇の研究会メンバー・恵子役を務める。また、でんでん、モロ師岡、高橋和也が脇を固め、ユースケは新次とバリカンにとって人生を一転させる程の影響を与えるボクシングジムのトレーナー・堀口(片目)役だ。  木下は、「監督の1シーン1カットへの愛情を感じながら、カメラマンの夏海さんのカメラワークの中にいられることがとても幸せです」と喜びのコメント。山田は「アクションをアクションとしてやってしまうと型に見えてしまうので、時にはハートでぶつかり合ってリアルに演じていけたらと思っています」と意気込みを語る。また、木村は「現場では、監督との話し合いで、演じる道すじが決められ、ドキュメンタリーの様に、感情が映し出されていく」といい、「自分の感情がどこに行くのか、私自身にもわからない」とはいうものの、演じる役柄は「愛おしい」と口にする。  一方のユースケは、「すごい芝居をする奴らだってっていうのは知ってるんだけど、最初から堀口(片目)という役どころでふたりを見ているので何だかとても可愛く見えて、可愛くてしょうがないという感じです」と笑い、菅田やイクチュンとの共演を楽しんでいるようだ。  映画『あゝ、荒野』は2017年全国ロードショー。

  • 『嵐が丘』DVDジャケット。

    結婚した堀北真希&山本耕史による壮大な“愛”の物語 名作舞台『嵐が丘』がDVD化

    エンタメ

     昨年結婚した女優・堀北真希と俳優の山本耕史。2人が結婚に至るきっかけとなった作品としても注目された舞台『嵐が丘』がブルーレイ&DVDとして登場。不朽の名作が新たな魅力をもって生まれ変わっている。@@cutter エミリー・ブロンテがその30年という短い生涯で唯一執筆した小説『嵐が丘』。19世紀、イングランド北部ヨークシャーの荒野に建つ“嵐が丘”という名の屋敷を舞台に、キャサリンと孤児・ヒースクリフの激烈な、そして不滅の愛を描き出した壮大な愛の物語。“世界の十大小説”のひとつと謳われるなど全世界で読み継がれ、刊行から150年以上の時空を超えていまなお輝き続ける永遠の名作だ。  本作で、愛に燃える主人公・キャサリンを演じたのは堀北。不朽の名作に、情熱的な新たなヒロイン像を作り出した。愛ゆえに復讐心に駆られるヒースクリフ役には山本。ほかにも戸田恵子ら充実のキャストが揃い、脚本・演出のG2による新たな『嵐が丘』の世界が展開される。  本作は、2015年5月に東京・日生劇場で上演された。ブルーレイ&DVDの映像特典として堀北のインタビューが収録されているのも注目だ。『嵐が丘』ブルーレイ&DVDは3月16日発売。ブルーレイ1枚組6800円(税別)、DVD1枚組5800円(税別)。

  • 山口智子、前田敦子と裸同士の付き合いを告白

    山口智子、前田敦子と裸同士の付き合いで絆を深める「一緒にお風呂に入りました」

    エンタメ

     3月22・23日の21時から放送される2夜連続大型ドラマ『LEADERS リーダーズ』の製作発表が18日TBS放送センターで行われ、本作に出演する佐藤浩市、香川照之、椎名桔平、山口智子、橋爪功、萩原聖人、高橋和也、溝端淳平、前田敦子が登壇した。@@cutter TBSが贈る、連続大型スペシャルドラマとしては約3年半ぶりとなる本作。第二次世界大戦前後、日本の未来のために、仲間を信じ、モノづくりに人生を賭けた人間たちの生き様を、史実に基づいてオリジナル作品として、トヨタ自動車の全面協力のもと壮大なスケールと究極のリアリティをもってドラマ化。主演に佐藤浩市を迎え、香川照之、宮沢りえ、吉田栄作といった豪華出演者たちがドラマを彩る。  トヨタ自動車創業者の豊田喜一郎をモデルとした、主人公・愛知佐一郎を演じた佐藤は「佐一郎を演じる上で、共演者の皆様方と飲んで、笑って過ごすなかで、周りに助けられてることに気づかされ、そんな中でリーダーっていうのは育っていくんだと実感しました。きっと豊田喜一郎さんもそうだったのだと思います」と感慨深げに撮影を振り返り、「このドラマは何もない時代に0からモノを作り出す気骨と、それに賭ける男たちの物語。ぜひ期待して観てほしい」と力強くPRした。  佐一郎の妻・愛知晴子を演じた山口は「男性に格好良くいていただかないと女性は美しくなれないもの。この作品では本当に男性が眩しいほどに格好良いんです! 志を貫き、とても純粋にまっすぐ突き進む男性たちの姿は神々しくて、愛おしい。本当に女に生まれて良かった! 」と登壇した男性キャストを見回しうっとりしながら、ぜひ女性にも観てほしいと呼びかけた。  上海など約20ヵ所で大規模ロケが敢行された本作だが、香川は「(演出の)福澤組は短いシーンを撮るのにも労力を厭わずどこへでも行く。名古屋、滋賀とロケをしてその日の内に東京へ戻るというのが当たり前のようにあるんです(笑)」と総移動距離1万4000kmと言われる過酷なロケを述懐。しかし地方ロケで男性出演者たちと過ごす時間は濃密だったようで、椎名は「皆さんと同じ時間を共有することで、信頼関係が芽生えました。なかなか都内でドラマをやってもこんな時間は持てません」と佐藤をはじめとした共演者との絆が芽生えたことを明かした。  そんな男性キャストのエピソードに押され気味の山口だったが「私は(前田と)一緒にお風呂に入りました(笑)。ロケ地の温泉で、裸同士のお付き合いをさせていただくところから始まりました」と女性キャストならではのエピソードも披露。前田も「男性陣に囲まれるなか、山口さんが現場に来てくださると皆さんと仲良くする機会を作ってくださって、本当に感謝しています」と男性だけでなく、女性同士の絆も芽生えたようで、充実した撮影現場の様子をうかがわせた。  『LEADERS リーダーズ』はTBS系にて、3月22、23日に2夜連続で共に21時から放送。

  • 夏帆主演作『パズル』衝撃画像!

    夏帆主演『パズル』公開決定!『リアル鬼ごっこ』の山田悠介原作による衝撃作

    映画

     大人気作家・山田悠介の大ベストセラーにして代表作「パズル」が、夏帆を主演に迎えて待望の映画化。公開が3月8日に決定し、血しぶきを浴びた衝撃的な画像も解禁された。@@cutter 『リアル鬼ごっこ』が大ベストセラーとなった人気作家・山田悠介原作による狂気に満ちた映画『パズル』。心に傷を負った少女と、それに共鳴した少年。二人の鬱屈が重なり合った時、ゆがんだ命の狂宴が始まる。なぜ彼女は死のうとしたのか? 少年の目的は? そして二人の運命は?  少女・中村に挑むのは、人気と実力を兼ね備え、目覚ましい活躍を続ける夏帆。少年・湯浅には、ブレイク筆頭格と話題沸騰中の野村周平が抜擢された。対する大人たちには、高橋和也、大和田獏、八木さおり、佐々木心音、田中隆三といった個性豊かな面々が集結。監督は、『先生を流産させる会』でセンセーションを巻き起こした悪童・内藤瑛亮。観る者に、覚悟と賛否両論を巻き起こすこと必至の問題作を敢えて世に問いかける。  公開された画像には、夏帆が顔面に血しぶきを浴びている姿と、野村演じる湯浅に抱きしめられながらも目から血の涙を流している姿が写し出されている。たった2枚の画像からでも、本作が衝撃的な問題作であることがうかがい知れる。  とある郊外の高校。女生徒の中村(夏帆)が突如、屋上から飛び降りる。一ヵ月後、同じ高校で奇怪なマスクをつけた集団の占拠事件が発生。妊娠中の女教師が監禁され、理事長(大和田獏)と男子生徒3人がこつ然と姿を消す。一方、同級生の湯浅(野村周平)は、一命をとりとめた中村のもとを訪れ、謎の封筒を置き去っていく。その直後、失踪した生徒が異様な姿で発見される。不審に感じた中村が封筒の中をのぞくと、そこには全ての事件の鍵を握る「パズル」のピースが入っていた。中村は導かれるように湯浅の後を追うが、待ち受けていたのは想像を絶する光景だった…。    『パズル』は3月8日より全国公開。 

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access