マット・ボマー 関連記事

  • 『ジョナサン‐ふたつの顔の男‐』ポスタービジュアル

    アンセル・エルゴートが2つの人格を持つ男を熱演『ジョナサン』公開&予告解禁

    映画

     映画『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴートが主演を務める映画『JONATHAN(原題)』が、邦題を『ジョナサン‐ふたつの顔の男‐』として6月21日より公開されることが決定。本予告映像とポスタービジュアルが解禁された。本予告では、主人公の中に共存していた2つの人格が、1人の女性の出現をきっかけに対立し始める様子が描き出されている。@@cutter 本作は、自分の中に正反対の2つの人格を持つ男が、次第に人格を制御できなくなっていく姿を描くスリラー。『ベイビー・ドライバー』で大ブレイクし、スティーヴン・スピルバーグの新作で主演に抜てきされた若手俳優エルゴートが、主人公の複雑なキャラクターを巧みに演じるほか、モデルで女優としても活躍する映画『あと1センチの恋』のスーキー・ウォーターハウスや、海外ドラマ『ホワイトカラー』のマット・ボマー、映画『エイプリルの七面鳥』のパトリシア・クラークソンら実力派俳優が脇を固める。監督は、本作が長編映画デビューとなるビル・オリバー。  予告編の冒頭では、毎日規則正しい生活を送る内向的なジョナサンの暮らしぶりが映し出される。だが彼は自分の身体にもうひとりの人格、正反対の性格の青年ジョンがいた。脳にタイマーを埋め込み、午前7時と午後7時の12時間ごとに切り替われるよう設定していた2人は、ビデオメッセージを残すことで、知らない時間に起こった出来事について共有し合う。2人が決めたルールは、隠し事をしないこと、毎日報告すること、恋人を作らないこと。  しかし、予告の中盤でジョンに恋人がいることが発覚。ルールが破られたことを皮切りに、後半の映像ではジョナサンが感情をあらわにし、コントロールが利かず、翻弄されていく様子がスリリングに描かれる。  ポスタービジュアルは、主人公の重なり合う2つの顔の真ん中に亀裂が走っており、不穏な雰囲気漂うデザインとなっている。  映画『ジョナサン‐ふたつの顔の男‐』は6月21日より全国公開。

  • 2018年「世界で最もハンサムな顔100人」TOP30<フォト集>

    2018年「世界で最もハンサムな顔100人」TOP30<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

  • マット・ボマーが新作のブラックコメディで天気予報士役

    マット・ボマー、新作ブラックコメディ映画で天気予報士に

    映画

     海外ドラマ『ホワイトカラー』や映画『マジックマイク』シリーズの人気俳優マット・ボマーが、日本未上陸の映画『Handsome Devil(原題)』のジョン・バトラー監督メガホンのブラックコメディ『Papi Chulo(原題)』に出演するという。@@cutter 原題の「Papi Chulo」はスペイン語で「魅力的な男性」、「ハンサムなパパ」といった意味がある。Varietyによると、同作でマットが演じるのは孤独なテレビ天気予報士。役名は明かされていない。ラテン系の移民の中年男性と意外な友情を築ことになるという。  ラテン系移民の男性は、海外ドラマ『ブリッジ ~国境に潜む闇』や、『マイネーム・イズ・アール』などの俳優アレハンドロ・パティーノが演じるとのことだ。あらすじなどの詳細は現時点で不明。  製作は映画『フラワーショウ!』のロバート・ウォルポールやレベッカ・オフラナガン。製作総指揮は映画『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』のフィル・ハントや、コンプトン・ロスなどが務める。  マットは俳優アンセル・エルゴートや女優スキ・ウォーターハウス、パトリシア・クラークソンと共演するSF『Jonathan(原題)』の撮影を終えている。IMDbによると、現在はオスカー女優スーザン・サランドンと共演する政治スリラー『Vulture Club(原題)』を撮影中だ。

  • 2017年「世界で最もハンサムな顔100人」TOP50<フォト集>

    2017年「世界で最もハンサムな顔100人」TOP50<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    海外サイトTC Candlerが「世界で最も美しい顔100人」の男性版、2017年「世界で最もハンサムな顔100人」を発表。日本からは5年連続でランクインした赤西仁が66位だったほか、山崎賢人、岩田剛典、寺田拓哉の3人が初ランクインを果たした。今回は、1位から50位までを写真でご紹介します。

  • 「世界で最もハンサムな顔100人」1位はミキール・ハースマン、赤西仁は31位

    「世界で最もハンサムな顔100人」1位はミキール・ハースマン、赤西仁は31位

    セレブ&ゴシップ

     映画情報サイトTC Candlerが「世界で最も美しい顔100人」の男性版「世界で最もハンサムな顔100人」を発表。4回目となる2016年は、映画『アデライン、100年目の恋』でブレイク・ライヴリーの相手役を務めたオランダ出身の俳優ミキール・ハースマンが1位に輝いた。日本からは赤西仁が昨年の34位から31位にランクアップした。@@cutter 2013年の男性版初回からランクインしている赤西は83位、52位(2014)、34位(2015)、そして今年31位と着々と順位を伸ばしている。赤西は今回のランクインを受け、自身のツイッターに日本語で「『世界で最もハンサムな顔2016』31位!Fanの皆様おめでとう!」、英語で「とても光栄。TC Candlerに深い感謝を」とコメントした。  昨年63位だった竹野内豊は圏外、台湾と日本の俳優・金城武は2015年の73位から93位という結果に。トップ10は昨年4位だった映画『ターザン:REBORN』の俳優アレキサンダー・スカルスガルドが3位にランクアップした以外、総入れ替えになっている。  TC Candlerは毎回、ランクインしたスター達のビジュアルをまとめたランキング動画をYouTubeで発表するが、91位にランクインしたイギリス出身のゼイン・マリクは職業が「Singer」(歌手)ではなく、「No Direction」とワン・ダイレクションではなくなった表記になっていた。  TC Candler発表、2016年「世界で最もハンサムな顔100人」トップ10は以下の通り。 1位 ミキール・ハースマン(オランダ/俳優) 2位 SOL(韓国/「BIGBANG」歌手) 3位 アレキサンダー・スカルスガルド(スウェーデン/俳優) 4位 マット・ボマー(アメリカ/俳優) 5位 オスカー・アイザック(グアテマラ・アメリカ/俳優・ミュージシャン) 6位 マイク・コルター(アメリカ/俳優) 7位 ゴッドフリー・ガオ(台湾・カナダ/モデル・俳優) 8位 キット・ハリントン(イギリス/俳優) 9位 シッダールト・マルホトラ(インド/俳優) 10位 トム・ヒドルストン(イギリス/俳優)

  • 「セレブ達のクリスマス!」特集

    セレブ達のクリスマス<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    華やかなクリスマスシーズン。欧米では家族で過ごすのが定番のクリスマスですが、セレブ達はどんな過ごした方をしているのでしょうか。

  • 映画『ナイスガイズ!』予告編解禁!

    R・クロウ&R・ゴズリング、凸凹コンビに笑い必至!? 『ナイスガイズ!』予告解禁

    映画

     オスカー俳優ラッセル・クロウとライアン・ゴズリングがW主演を務めるポップ・アクション・エンターテインメント『ナイスガイズ!』の、笑いとハードなアクションが盛りだくさんの日本オリジナル予告編が解禁となった。@@cutter シングルファーザーで酒浸りの私立探偵マーチ(ゴズリング)は、腕っ節の強い示談屋ヒーリー(クロウ)に強引に相棒にされ、失踪した少女の捜索を開始する。凸凹コンビに、マーチの娘・ホリー(アンガーリー・ライス)が加わり捜索を進めていくと、仕事は1本の映画にまつわる連続不審死事件へと繋がり、やがて3人はアメリカ国家を揺るがす巨大な陰謀に巻き込まれていく―。次々と襲い来る凄腕の殺し屋に標的とされ、3人は命がけで事件解決に奔走する―  本作の製作ジョエル・シルバーは、「シェーン・ブラック(監督・脚本)の作りだす作品は笑いのあるアクション映画で、笑わせることありきの従来のコメディ映画とは全く異なるんだ。彼の作品の根幹は、ハードボイルドでタフな男たちが繰り広げるシリアスなストーリー展開。映画全体に笑えるシーンが散りばめられているけど、ハードなアクションシーンがあるからこそ、そのユーモアが効果的なものとなっているんだ」と、本作が持つ笑いとアクションの絶妙な塩梅について語っている。  解禁された予告映像は、ヒーリーとマーチが初対面にも関わらず、挨拶もなくいきなりヒーリーがマーチの顔面にパンチを食らわすシーンからスタート。見るからに乱暴者なヒーリーと。やることなすことどこか抜けている見るからにお調子者のマーチが相棒となり、司法省長官ジュディス(キム・ベイシンガー)の依頼で失踪した彼女の娘アメリア(マーガレット・クアリー)を捜すことに。  この凸凹コンビにしっかり者のマーチの娘ホリーが加わり捜査を進めていくが、この事件の背後には大きな陰謀が…。映像の後半は一転して、ところかまわず繰り広げられる激しい銃撃戦やど派手なカーアクションなど、ハードなアクションシーン満載となっている。  映画『ナイスガイズ!』は2017年2月18日より新宿バルト9ほかにて全国公開。

  • 完璧な筋肉に見惚れちゃう!『ホワイトカラー』ニール・キャフリー役のマット・ボマー

    マッチョブーム到来? 女子が飛びつきたくなる“バッキバキ”の海ドラのイケメン俳優

    海外ドラマ

     草食系男子ブームはもう古い!今や、マッチョカフェなるものが存在し、マッチョと一緒に旅行に行けるツアーが人気を博しているなど、日本は空前のマッチョブームを迎えている。厚い胸板、盛り上がった上腕二頭筋、6つに割れた腹筋にキュンキュンする女子が増殖中なのだ。今回は、そんな女子たちに、海外ドラマに出演中のイケメンマッチョ俳優たちを紹介したい。@@cutter 天才的なテクニックと頭脳を持った詐欺師・ニールと、堅実な捜査で実績を積んできたFBI捜査官・ピーターがコンビを組み、知的犯罪事件を捜査していく『ホワイトカラー』。スリリングな展開とこれまでにない捜査で視聴者をくぎ付けにしている本作だが、マッチョ好き女子に注目してもらいたいのは、ニール役のマット・ボマーだ。  マットは、セミロングの髪型がセクシーな、女性人気の高いイケメン俳優。本作では、セクシーで洗練された魅力溢れる詐欺師として、スーツをバリッと着こなすかっこよさが印象的。いわゆる“細マッチョ”で、その整った体つきはスーツの上からでもわかるほど!肉体に気を取られて、ストーリーが入ってこない…なんてことにならないように注意が必要かも?そんな女子を惹きつけてやまないマットだが、私生活では2012年にゲイを公表。その後は、パートナーの男性と結婚し、代理母出産で得た3人の子どもを育てるパパでもある。  バージニア州クワンティコに実在するFBIアカデミーを舞台に、巧妙に仕組まれた陰謀を追う新人捜査官たちを描いたクライム・サスペンス『クワンティコ』に出演中のジェイク・マクラフリンも注目だ。ジェイクは、主人公のアレックスとともに陰謀に迫る元海兵隊員で、潜入捜査を目的にFBIアカデミーに入学したライアン・ブース役を熱演。実は、ジェイクは俳優になる前は米陸軍の兵士で、イラク勤務を経験したという経歴を持っている。作中ではFBIアカデミーの授業の一環として様々な訓練をする姿も映し出されるが、それが実に様になっているのは、彼にとってはそれが「リアル」だから。軍隊仕込みの筋肉も必見で、“ムキムキ”という効果音が聞こえてきそうなぐらい厚い胸板は見逃せない。@@separator FBI行動分析課のメンバーたちが、プロファイリングを駆使して犯罪者たちを追い詰めていく『クリミナル・マインド』からは、デレク・モーガン役のシェマー・ムーアを推薦!デレクは、チームのムードメーカーで、肉体派。事件現場に一番に突入するなど、犯人と対峙するのをいとわない捜査官だ。そんな役柄ゆえか、シェマーは鍛え上げられたムキムキの筋肉を、作中で存分に披露している。Tシャツを着ていてもわかる胸筋&二頭筋で派手なアクション繰り広げる姿は必見だ!  女性法人類学者テンペランス・ブレナンが、現場に遺された被害者の骨から事件を解決に導いていく『BONES』。本作で、FBI殺人捜査班の特別捜査員シーリー・ブースを演じるデヴィッド・ボレアナズもマッチョイケメン!1999年には、米国People誌の「最も美しい50人」に選ばれた経歴を持つなど、そのルックスは折り紙付き。作中では、基本的にスーツを着ているので、彼のマッチョさの全貌が見られる機会は少ないが、その広い肩幅、服を着ていてもわかる腕の太さからは、女子のハートをくすぐるマッチョ感が漂っている!スーツ姿から、彼のマッチョさを想像するのも、本作を楽しむポイントだ。  今回紹介した作品以外にも“ゴリマッチョ”“アスリート系マッチョ”など様々な種類のマッチョと出会える海外ドラマ。まだ、マッチョブームに乗れていない人はこれを機会に視点を変えて、是非一度見てみて欲しい!きっと虜になるはずだ。  海外ドラマ『ホワイトカラー』は全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)にて、毎週金曜21時から放送中。また、『クワンティコ/FBIアカデミーの真実』(毎週土曜23時)、『クリミナル・マインド/FBI vs.異常犯罪』、『BONES‐骨は語る‐』も同局にて好評放送中。

  • マット・ボマー主演の新ドラマがシリーズ化

    マット・ボマー、フィッツジェラルド原作主演ドラマのシリーズ化決定

    海外ドラマ

     海外ドラマ『ホワイトカラー』のマット・ボマー主演で、『華麗なるギャツビー』などの小説で知られる米作家F・スコット・フィッツジェラルドの遺作『ラスト・タイクーン』がドラマ化されると伝えられたが、シリーズ化が決まったという。VarietyやDeadlineなどが伝えた。@@cutter 1976年にはロバート・デ・ニーロ主演で映画化された『ラスト・タイクーン』は、ハリウッド黄金期の1930年代を舞台に、大手映画会社のやり手製作部長モンロー・スターの栄光と挫折、葛藤などを描く。マットが演じるモンロー・スターは、実在した名うての映画プロデューサー、アーヴィング・タルバーグをモデルにしたと言われている。  スターの指南役で、やがて対立することになる映画スタジオ経営者パット・ブラディ役は、映画『トランスフォーマー:ロスト・エイジ』(14)の俳優ケルシー・グラマーが演じる。キャストは他に、映画『白雪姫と鏡の女王』(12)の女優リリー・コリンズがブラディの娘でスターに思いを寄せるセシリア役、映画『ポルターガイスト』リブート版のローズマリー・デウィットがブラディの妻ローズ役で出演する。  パイロット版は映画『キャプテン・フィリップス』(13)のビリー・レイが脚本を執筆し、監督している。

  • レディー・ガガ主演『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』が遂に上陸

    レディー・ガガ主演『アメリカン・ホラー・ストーリー』上陸! 魔性の吸血美女に

    海外ドラマ

     世界の歌姫レディー・ガガが初主演を務め、第73回ゴールデン・グローブ賞で主演女優賞に輝いた海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』が7月9日よりFOXで放送されることがわかった。@@cutter 本作は、ハリウッド随一のヒットメーカーとして知られ、『glee/グリー』シリーズを手がけたライアン・マーフィーが手がけるスタイリッシュ・ホラー。卓越したストーリー構成とエレガントな映像美が特徴で、ホラーとは一線を画したエッジーな作品として、業界内外から大きな注目を集めている。  毎シーズン異なるテーマ設定が特徴の『アメリカン・ホラー・ストーリー』だが、第5作目となる本作『ホテル』では、1920年代に建てられたホテル・コルテスを舞台に、狂乱の物語が展開する。本作で、ガガが演じるのは、ホテル・コルテスに居を構え、1世紀以上の時を生きる吸血美女。その美貌とカリスマ性で周囲の人々を従わせる魔性の魅力を持つという役どころだが、歌姫として絶大なカリスマ性があるガガだからこそ演じ得た役だ。  また、キャシー・ベイツやアンジェラ・バセットといったオスカー受賞・ノミネートの大女優たち、ドラマ『ホワイトカラー』で一躍有名になったマット・ボマーも出演。さらに、スーパーモデルのナオミ・キャンベルや『glee』のブレイン役のダレン・クリス、『New Girl~ダサかわ女子と三銃士』のシュミット役のマックス・グリーンフィールドといった錚々たる面々がゲスト出演している。  『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』は、FOXチャンネルにて7月9日より毎週土曜24時ほか放送。

  • オーランド銃乱射事件の犠牲者を追悼したレディー・ガガ

    『glee/グリー』製作者マット・ボマー、レディー・ガガら 銃乱射事件の犠牲者を追悼

    セレブ&ゴシップ

     現地時間6月12日に米フロリダ州オーランドのゲイクラブで起きた銃乱射事件の衝撃と悲しみが収まらない中、海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』や『glee/グリー』の製作者として知られるライアン・マーフィーのかけ声で、俳優マット・ボマーや歌手レディー・ガガら総勢49名のセレブが集結。銃乱射事件の被害者49名を追悼した。@@cutter JustJaredによると、マーフィーを筆頭とするライアン・マーフィー・テレビジョンがトリビュート動画を制作。レディー・ガガやマット、女優サラ・ポールソンらマーフィーの作品に縁のある俳優陣や企画に賛同するセレブ達が、銃乱射事件で命を落とした49名の犠牲者達1人1人の名前や人柄などを視聴者に伝えて追悼した。  動画に登場したのは先の3名の他、俳優クリス・パイン、ジェラルド・バトラー、コルトン・ヘインズ、チェイス・クロフォード、女優アンナ・パキン、メリッサ・ブノワ、ケリー・ワシントン、キャシー・ベイツ、監督ロブ・ライナー、リー・ダニエルズなど蒼々たる顔ぶれだ。  動画の中では犠牲者の写真と共に、レディー・ガガが先頭を切り「ジャン・カルロス・ニービス・ロドリゲス。27歳。…最近、小切手換金店のマネージャーに昇進し、母親と一緒に暮らすために初めてのマイホームを購入しました…」と、犠牲者がどんな人物だったかを伝えた。以後、参加者が代わる代わる犠牲者1人1人が生身の人間であったことを伝えた後、LGBTコミュニティを守るための法律制定に向けた活動「Human Rights Campaign」への協力を呼びかけた。

  • アン・ハサウェイ、同性愛者を差別する米ジョージア州の新法案に異論

    アン・ハサウェイらスターや米ディズニー、同性愛者への差別法案に真っ向衝突

    セレブ&ゴシップ

     米ジョージア州で同性愛者への差別法案が州議会を通過したことを受け、俳優マット・ボマーや女優アン・ハサウェイ、同州で撮影を進める人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』のAMC局、米ディズニーらが法案成立の阻止に動いた。@@cutter 2月に州議会を通過した同法案H.B. 757は、宗教団体に同性愛者の雇用や彼らに対するサービス、結婚式の執り行いを拒否することを認めるというもの。同州のネイサン・ディール州知事が署名すれば法案が成立することを受け、エンターテインメント業界からその動きを懸念する声が多数上がった。  マットやアンのほか、女優ジュリアン・ムーアやゾーイ・クラヴィッツ、映画製作者でコメディアンのセス・マクファーレンや脚本家アーロン・ソーキン、ガス・ヴァン・サント監督ら総勢40名が人権擁護団体「Human Rights Campaign」に賛同し、LGBTコミュニティに対する差別に懸念を示し、「差別を許可する法案が成立した際には今後、ジョージア州でいかなる作品を製作することもないでしょう」と、ディール州知事に宛てた書簡に署名したという。  税制上の優遇措置を設けているジョージア州にはパインウッド・スタジオがあり、アクション大作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』続編などを撮影したマーベル・スタジオは、親会社のディズニーと共に撤退する可能性を示唆し、AMC局も同様の構えを見せていた。  ジョージア州のディール知事は現地時間28日、アンチ・ゲイ法案に拒否権を発動する意思があることを表明している。

  • マット・ボマーが惚れ惚れするボディを男性フィットネス誌で披露

    『マジック・マイク』マット・ボマー、濡れたTシャツ姿でセクシーボディ披露

    セレブ&ゴシップ

     海外ドラマ『ホワイトカラー』や映画『マジック・マイク』シリーズのイケメン俳優マット・ボマーが、男性フィットネス誌「Men’s Fitness」の表紙に登場。鍛え上げた筋肉が透けて見える、濡れたTシャツ姿を披露してファンを喜ばせている。@@cutter 「Men’s Fitness」誌の1・2月号の表紙でマットは濡れたTシャツが肌にピタリとつき、美しく割れた腹筋がうっすらと透けて見えるセクシーな姿を披露。たくましい腕もファンにはたまらないはずだ。同誌の公式サイトで公開された撮影の舞台裏を映す動画では、腕が見える白いタンクトップや白の袖なしパーカーと黒のジーンズという出で立ちでポーズを決めるマットの姿も。  現在は人気の異色ホラードラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン5に出演するマット。動画の中のインタビューでは共演する歌手レディー・ガガのことを本名“ステファニー”と呼び、「彼女の純然たるクリエイティビティが好きでたまらない」と、レディー・ガガとの共演について語り、「彼女は僕がこれまで会った人の中でも飛び抜けて知的だ」とベタ褒めだ。  常に素晴らしいボディを維持しているマットだが、これぞというエクササイズは「大したものじゃないよ。普通は家の車庫でやる」と笑う。体幹を鍛えるクロスフィットのような運動やウェイトトレーニングが多いそうだ。

  • 2015年「世界で最もハンサムな顔100人」

    2015年「世界で最もハンサムな顔100人」<フォト集>

    セレブ&ゴシップ

    映画情報サイトTC Candlerが「世界で最もハンサムな顔100人」を発表。2015年は、映画『ロック・オブ・エイジズ』のディエゴ・ボネータが1位、日本からは赤西仁、竹野内豊、金城武の3名が選出。そのうち上位20名を写真で紹介します。

  • 『ラスト・タイクーン』で主人公モンロー・スターを演じるという、マット・ボマー

    マット・ボマー、フィッツジェラルド原作『ラスト・タイクーン』ドラマ化で主演

    海外ドラマ

     『華麗なるギャツビー』などの小説で知られる米作家F・スコット・フィッツジェラルドの未完の遺作『ラスト・タイクーン』が、米アマゾン・スタジオズでドラマ化されることになり、人気海外ドラマ『ホワイトカラー』や映画『マジック・マイク』シリーズの俳優マット・ボマーが主演を務めることに決まったそうだ。@@cutter Deadlineによると、同ドラマのパイロット版製作には「キャスト・コンティンジェンシー」という、それ相当の名前のある俳優の出演が条件になっていたとのこと。マットの出演により、その条件は十分クリアできたと考えて良さそうだ。  ハリウッドの映画界を描く『ラスト・タイクーン』はフィッツジェラルドが執筆中に死去したことから、彼の死後に彼の友人であった文芸作家エドマンド・ウィルソンが完成させたという。同作は、1976年に映画『欲望という名の電車』(52)や『エデンの東』(55)などの巨匠エリア・カザンが監督、ロバート・デ・ニーロ主演で映画化された。  ドラマ版『ラスト・タイクーン』は1930年代のハリウッドを舞台に、大手映画会社のやり手製作部長モンロー・スターが実権を手にしていく姿を描き、暴力やセックス、野心にまみれた当時のハリウッドを浮き彫りにするという。マット以外のキャストは不明。  パイロット版の脚本は、映画『キャプテン・フィリップス』(13)のビリー・レイが執筆。レイは製作総指揮と監督を兼任する予定とのことだ。

  • イケメン俳優マット・ボマーが惚れ惚れする肉体をテレビで披露

    マット・ボマー、トーク番組でタオル一枚の肉体美を披露!男性司会者を悩殺

    セレブ&ゴシップ

     人気海外ドラマ『ホワイトカラー』や映画『マジック・マイク』シリーズのイケメン俳優マット・ボマーが、米CBS局の深夜の人気トーク番組『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』に出演。タオル一枚の姿で肉体美を披露して観客や視聴者を喜ばせた。@@cutter 日本ではケーブルテレビ局のAXNで放送されている『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』。当日のゲストをステージに呼ぶ前に、控え室にいるゲストと司会のジェームズがテレビモニターを通じて話すのが恒例になっているが、JustJaredによるとマットはその場面でタオルを腰に巻き服を着ていない状態で登場。ジェームズ達を驚かせたという。  この日はマットのほか、元祖スーパーモデルのシンディ・クロフォードも出演。2人の美しさにノックアウトされたジェームズが、トークの最中にベッドの上で同じパジャマを着た3人が仲睦まじくしているという妄想を描く映像も差し込まれ、観客に大ウケしていた。  マットはトークだけでなく、割れない強化ガラスの後ろに立ち、果物や野菜が飛んできても目をつぶらないというゲームにも興じて出演を楽しんだようだ。

  • 『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン5に出演するマット・ボマー

    『アメリカン・ホラー・ストーリー』マット・ボマー、オモシロ撮影秘話を暴露

    海外ドラマ

     10月から全米放送が始まった米FX局の人気海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン5『American Horror Story:Hotel(原題)』。歌手レディー・ガガの出演で話題を呼んでいるが、共演の俳優マット・ボマーが人気トーク番組『エレンの部屋』に出演し、レディー・ガガとのベッドシーンなど、気になる撮影の様子を楽しそうに明かした。@@cutter リラックスした様子のマット。エレンに全裸姿が多いと言われると「僕が『マジック・マイク』シリーズの2作で見せたのを合わせたよりも多い量の僕の裸を第1話で見られるよ」とコメント。話中でレディー・ガガとの全裸シーンも多いそうで、「一緒に仕事する前に彼女が家に招待してくれたんだ。だから“靴下”以外何も着けずに彼女と演技する頃には、撮影するシーンのことだけに集中できたよ」と明かした。  ここでいう“靴下”とは日本でいう前張りのこと。特製の肌色の靴下で俳優の大事な部分を隠すが、「想像するまでもないよね。すぐにその中にどういうモノが入っているか分かるよ」とフランクに語り、会場の笑いを誘った。  シーズン5はホラー色が強く、かつていないほど血なまぐさいと製作のブライアン・マーフィーが話していたが、マットいわく裸で血まみれになっているため、“靴下”の存在がいい具合に気にならなくなるという。レディー・ガガと2Pならぬ4Pのシーンを撮影した時は、みんなが血みどろだったため、裸でベッドに横たわり撮影が始まるのを待っている間、スタッフが「プラスチックの防水シートを僕達に被せていた」とマット。「その下で呼ばれるまで4人で世間話してたよ。準備ができたらシートをバリッと剥がされて、僕達は“よし、いくぞ!”といった感じさ」と、撮影を楽しんでいる様子だ。

  • マット・ボマー演じる “ケン” 場面写真

    『マジック・マイク XXL』マット・ボマー、爽やかマッチョ写真解禁!

    映画

     大人気ダンス・ムービーの続編『マジック・マイクXXL』(10月17日公開)に登場のマット・ボマー演じる “ケン”の場面写真が解禁となった。美しい歌声と包容力あふれるクールガイの、爽やか&マッチョな魅力が溢れている。@@cutter 本作は、男性ストリッパー達の友情や夢、恋愛模様を描くエンターテインメント作品。2013年公開『マジック・マイク』の続編で、7月に全米公開され、第1作と同様、大人気を博した。  今回、『マジック・マイクXXL』に登場する5人の “セクシー・モンスター” から、メンバーの中で最も爽やかなケンの場面写真が解禁。ラグビーボールを手に持ちアクティブでナイス・ガイな笑顔を見せる一方、ビーチで瞑想をする姿も公開された。  ケンは、「ディズニー・ワールド」で歌って踊れるキャストとして活躍し、ラジオ・コマーシャルにも出演していたほどの美声の持ち主で、ダンサーの募集に応募して現在に至るという人物。  続編では、ダンスコンテストに向かう途中に立ち寄った家で、夫との夜の生活に悩む女性に対し、「悩むことはない、だって貴方はとても魅力的だから」という優しい言葉を掛け、更にブライアン・アダムスの名曲「HEAVEN」を披露。「一緒に頑張りたい」と思わせてくれる優しい歌声や言葉、仕草、そしてケンが魅せる最高のクライマックスに注目だ。

  • 『アメリカン・ホラー・ストーリー』キャストに仲間入りか

    『glee』ダレン・クリス、『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン5に出演

    海外ドラマ

     人気歌手レディー・ガガや映画『マジック・マイク』シリーズの俳優マット・ボマーなど、豪華な顔ぶれが勢揃いする海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン5。クリエイターのライアン・マーフィーが手がけた海外ドラマ『glee/グリー』のブレイン役で知られる俳優ダレン・クリスが出演交渉に入っているそうだ。@@cutter ホテルが舞台となるシーズン5の『American Horror Story:Hotel(原題)』。E!Onlineによると、ダレンが演じることになるキャラクターは、流行に敏感なヒップスターでジャスティンという名の若者。ハロウィンの日に子供達が家に押しかけてくるのを嫌がり、恋人と共にホテルにチェックインする。しかしホテルへの注文が多すぎる2人に、キャシー・ベイツ演じるホテルの責任者アイリスの魔の手が伸びるという。  この10月に放送が始まるというシーズン5。ホラー色が濃くなり、登場人物は誰もが悪者らしいが、ダレンはレギュラーキャストではなく、ハロウィンの回で初登場し、以後数回にわたり出演することになるようだ。  ほかのキャストは『アメリカン・ホラー・ストーリー』ファミリーのサラ・ポールソン、エヴァン・ピーターズ、エマ・ロバーツ、アンジェラ・バセット、フィン・ウィットロック、ウェス・ベントリーやリリー・レーヴ、クロエ・セヴィニーなど。スーパーモデルのナオミ・キャンベルもゲスト出演が予定されている。

  • ナオミ・キャンベルが『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン5に出演

    『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン5、ナオミ・キャンベルがゲスト出演

    海外ドラマ

     人気歌手レディー・ガガや映画『マジック・マイク』シリーズの俳優マット・ボマーなどが共演する『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン5の『American Horror Story:Hotel(原題)』に、スーパーモデルのナオミ・キャンベルが出演が決定した。今回の出演についてナオミは、自身のツイッターに喜びのメッセージを寄せている。@@cutter TV Lineによると、ナオミは複数のエピソードに出演する予定で、ファッション・エディターを演じるそうだ。レディー・ガガ演じるのキャラクターを批判したことで究極の代償を支払うことになるという。レディー・ガガに加えて、アンジェラ・バセットと共演シーンがあるらしい。  同シリーズを製作するライアン・マーフィーいわく、これまで以上に血なまぐさくて不気味になるというシーズン5。ホラー色が濃くなるとのことで、“素行の悪い”登場人物が揃っているという。また、全てのシーズンが繋がっていることがシーズン5で明らかになるそうだ。  レディー・ガガ、マット、ナオミ、アンジェラのほか、シーズン5には今や『アメリカン・ホラー・ストーリー』ファミリーと言えるサラ・ポールソン、エヴァン・ピーターズ、エマ・ロバーツ、キャシー・ベイツが出演。シーズン4『アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場 』でダンディを演じるフィン・ウィットロックは、レディー・ガガとマットが演じるキャラクターと三角関係になる役だそう。また、ウェス・ベントリーやリリー・レーヴ、クロエ・セヴィニーなども集結する。  『American Horror Story:Hotel(原題)』は、今年10月より全米放送が予定されている。

  • 『アメリカン・ホラー・ストーリー』最新シーズンで共演するレディー・ガガとマット・ボマー

    レディー・ガガ出演『アメリカン・ホラー・ストーリー』、登場人物の名前が明らかに

    海外ドラマ

     今秋10月より全米放送予定のライアン・マーフィー製作『アメリカン・ホラー・ストーリー』最新シーズン『American Horror Story:Hotel(原題)』。歌手レディー・ガガや人気俳優マット・ボマーらの共演が楽しみだが、秘密主義のマーフィーから登場人物たちの名前などが明かされた。Us WeeklyやDeadlineなど海外メディアが伝えた。@@cutter 昨年は欠席した米サンディエゴ・コミコンに登場したマーフィー。ステージにはマットのほか、同ドラマの常連で新シーズンにも出演するサラ・ポールソン、エヴァン・ピーターズ、エマ・ロバーツ、キャシー・ベイツ、アンジェラ・バセットが勢揃いしていたそうで、マーフィー曰く、彼らはみんな「素行不良の男女たち」を演じるらしい。  役柄の詳細は不明だが役名が発表され、マットはドノヴァン、エヴァンはミスター・マーチ、サラはハイポダーミック・サリー、キャシーはアイリス、アンジェラはラモナになるとのことだ。  レディー・ガガが演じる役名は挙がらなかったが、やはり邪悪なキャラクターになるとのこと。「彼女が“邪悪になりたい”と言うから、“分かった。まさにもってこいだ”と返事したよ」とマーフィー。「彼女の役はファッションに関連している」とのことで、たくさんのデザイナーたちがガガの衣装作りに励んでいるそうだ。

  • 『マジック・マイクXXL』ポスタービジュアル

    『マジック・マイクXXL』予告解禁!セクシーすぎるボディ&ダンスに大興奮

    映画

     チャニング・テイタム主演のダンス・エンターテイメント『マジック・マイクXXL』のポスタービジュアルと予告編が解禁された。思わずエキサイトしてしまうムキムキなセクシーボディと、かっこよすぎるダンスパフォーマンスが炸裂する。@@cutter 本作は、男性ストリッパー達の友情や夢、恋愛模様を描くエンターテインメント作品。2013年公開『マジック・マイク』の続編となる本作は、7月1日より全米公開され、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』を抑えて初日興行収入1位の大ヒットを記録した。  公開された予告編では、ラジオから流れてきた音楽についノってしまい思わず作業場で踊り始めるマイク(チャニング・テイタム)、ビーチで瞑想に耽るケン(マット・ボマー)、コンビニエンスストアでセクシーなダンスを披露するリッチー(ジョー・マンガニエロ)の映像から始まる。  リッチーの「最後のステージへ、カウントダウン開始だ」の声に導かれ、バスは目的地へ…。そして “地上最高”の男たちが、アップテンポな音楽に彩られ迫力のダンスを披露。“最後のステージ”へ期待が高まる。  『マジック・マイクXXL』は10月17日、全国ロードショー。

  • タイツも穿いてスーパーマン役のオーディションに挑んだというマット・ボマー 

    マット・ボマー、スーパーマン演じる予定だった タイツを穿いてオーディションに挑む

    映画

     男性ストリッパーの世界を描く映画『マジック・マイク』(13)の続編『マジック・マイクXXL(エックスエックスエル)』(10月17日公開)で、見事なボディを披露している俳優マット・ボマー。過去にも噂になったが、10年前に幻のスーパーマン映画でタイトルロールを演じる予定だったことを語った。@@cutter IGNによると、MTVのリポーターとしても知られるジョシュ・ホロウィッツのポッドキャストに出演したマット。映画『ラッシュアワー』シリーズの監督や海外ドラマ『プリズン・ブレイク』の製作総指揮として知られるブレット・ラトナーがメガホン、映画『スター・ウォーズ』最新作の監督を務めるJ・J・エイブラムス脚本によるスーパーマン映画に出演が決まっていたが、実現しなかったという。  2013年の『マン・オブ・スティール』でもスーパーマン候補として名前が挙がったマットだが、10年前の作品はクラーク・ケントの大学時代に焦点を当てた“軽めの”作品だったそう。「ブレットは僕を選んだけど、それから全てが水に流れた」とマット。「役を得るのにかなり長いプロセスを経た。確か3ヵ月間くらいだったかな。集団オーディションから始めたからね。そこから進んだ感じだった。1ヵ月間くらい、“よし、現実になりそうだ”という感じだったけど、それから徐々に崩壊した」と当時を述懐したという。  そのような結果になったが、「全く後悔していない」とマットは言う。「様々な作品で、幅広い役を演じる機会に恵まれたしね。僕は型にはまった役を演じることになっていないし…」と、役幅が狭まらなかったことに感謝しているようだ。マットはタイツから何から身に着け、エイミー・アダムスを相手にオーディションに挑んだそうだ。エイミーはその後、『マン・オブ・スティール』で見事ロイス・レイン役を獲得し、マットはスーパーマンのアニメ版『Superman:Unbound(原題)』(未)でスーパーマンの声を務めている。

  • 『マジック・マイクXXL』10月17日公開!

    チャニング・テイタム主演『マジック・マイク』続編、日本公開決定!

    映画

     主演のチャニング・テイタムほか、セクシーな肉体美を持つ俳優がこれでもかとマッチョボディを披露するエンターテインメント作品の続編『マジック・マイクXXL(エックスエックスエル)』が10月17日より日本公開されることが決定した。@@cutter 『マジック・マイク』は男性ストリッパー達の友情や夢、恋愛模様を描くエンターテインメント作品。続編となる本作は、7月1日より全米公開され、『ジュラシック・ワールド』、ディズニー/ピクサ―の『インサイド・ヘッド』など大作が並ぶ中、初日興行収入は約900万ドル(約11億円)を突破。同日公開された『ターミネーター:新起動/ジェニシス』を抑えての1位スタートを切った。  前作に続き、チャニングが主演を続投するほか、マット・ボマー、ジョー・マンガエロ、ケビン・ナッシュ、アダム・ロドリゲス、ガブリエル・イグレシアスらが再集結。キャストのボディも、ダンスも、セクシー度数も、すべてが格段にパワーアップしている意味で「XXL」がタイトルに。セクシーなんて言葉じゃ足りない、少し過激な “女子会パーティムービー” が再び日本女性を虜にする。  マイク(チャニング・テイタム)が、伝説のダンスパフォーマーを引退してから3年が経ち、昔の仲間や新しい友達と出会いながら、もう一発、ド派手にステージを飾るためにマートルビーチのダンスコンテストに向かう。行く先々でトラブルに巻き込まれながらも、鍛え抜かれた肉体美とサービス精神で女性達をご満悦させる男達。そしていよいよ、最後のショーが始まる…。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access