松居大悟 関連記事

  • 映画『#ハンド全力』に主演する加藤清史郎

    加藤清史郎主演×松居大悟監督タッグの青春映画『#ハンド全力』製作決定

    映画

     ハンドボールをテーマにした青春映画『#ハンド全力』が、加藤清史郎主演、松居大悟監督のタッグで製作されることが決定した。@@cutter 本作は、今年11月30日~12月15日に熊本県内で開催される「2019女子ハンドボール世界選手権大会」の公式タイアップ映画。オリジナルストーリーを創作し、世界選手権大会のプロモーション、本選試合と連動して、ハンドボールというスポーツの楽しさや面白さを、映画を通して伝えていく。メガホンを取るのは、映画『私たちのハァハァ』『君が君で君だ』の松居大悟監督。全編熊本ロケが実施され、4月にクランクアップ、2020年に公開予定となっている。  舞台は廃部寸前の高校ハンドボール部。ストーリーの詳細はまだ明かされていないが、タイトルの「#(ハッシュタグ)」が示すように、SNSが物語のキーワードとなるようだ。  主人公の清田マサオを演じる加藤は、2001年生まれの17歳。生後2か月の時に劇団ひまわりに所属し、1歳の頃から子役として活動。2009年にNHK大河ドラマ『天地人』で主人公・直江兼続の幼少時代を演じ、トヨタ自動車のCMで「こども店長」として話題に。その後も、映画『忍たま乱太郎』で主演を務めたほか、ミュージカル『レ・ミゼラブル』『エリザベート』などの舞台作品に出演し、活動の幅を広げている。最新作は、桜田ひよりとのダブル主演アニメーション映画『薄暮』(5月24日公開)。  映画『#ハンド全力』は2020年全国公開。

  • (左から)阿部純子、松居大悟監督、稲葉友

    稲葉友、TV×ラジオ×ネットのコラボドラマで民放初主演

    エンタメ

     俳優の稲葉友が、年の瀬ドラマ『平成ばしる』(テレビ朝日/12月28日24時20分)で民放ドラマ初主演を務めることが決定。稲葉は本作について「主演という肩書きにとてもプレッシャーを感じやすいタイプではありますが、平成最後のエネルギー全部使い果たすつもりで臨ませていただきます」と語っている。@@cutter 2016年に『おっさんずラブ』が誕生した年末深夜のドラマ枠“年の瀬ドラマ”で放送される本作は、六本木ヒルズにオフィスを構えるテレビ朝日と、FMラジオ局のJ‐WAVE、インターネットテレビ局AbemaTVといった実在のメディアが、媒体の壁を取り払って贈るノンストップ・パニックコメディー。脚本・監督を務めるのは、『アズミ・ハルコは行方不明』『君が君で君だ』を手がけ、俳優・ラジオパーソナリティとしても活躍する松居大悟。  2018年12月31日。テレビ朝日では『東京らふストーリー』の収録が行われ、APの猫宮唯(稲葉)は2本目の収録の特別ゲスト・松重豊の出迎えへ。だが途中、スタッフ用に用意した年越しそばが足りないことに気付き、先にスーパーへ向かうことにする。同時刻、J‐WAVEの番組内で紹介するそばを運んでいた江國彩香(阿部純子)は転倒し、そばを全てこぼしてしまい、慌てて代わりのそばを買いに走る羽目に。しかしこの年末で、どこもそばだけが売り切れ…。諦めかけたその時、大量のそばをカゴに入れた猫宮が目の前を通り過ぎ…。  主演を務める稲葉は、脚本・監督の松居について「松居さんとは一度お仕事させていただいているのですが、印象は『人たらし』です」と語ると、続けて「『松居さんのためなら』って人が周りにどんどん集まってくるタイプというか。だからこそ今回のような発想の物語が生まれるんだろうなと思います。とても魅力的な方ですね」と絶賛。  ラジオ番組のAD・江國を演じる阿部は本作について「テレビ局とラジオ局とインターネット配信局の3大エンタメが一つのドラマの舞台となる、これまでに聞いたことも見たこともないような明るい企画だなと思いました」と語っている。  本作には、松重豊のほかにも多数の豪華タレントが本人役で出演。アンタッチャブル山崎弘也、フットボールアワー後藤輝基・岩尾望、新井恵理那、千原ジュニアらが顔をそろえる。また、本仮屋ユイカが物語の展開に大きく関わるラジオリスナー役で出演する。  年の瀬ドラマ『平成ばしる』は、テレビ朝日にて12月28日24時20分放送(関東ローカル)。

  • 『君が君で君だ』完成披露舞台挨拶にて

    池松壮亮、過去の恥ずかしい行動を告白「ラブレターを工事現場に投げた」

    映画

     俳優の池松壮亮が26日、都内にて開催された映画『君が君で君だ』の完成披露舞台挨拶に、共演の満島真之介、大倉孝二、高杉真宙、向井理、YOU、松居大悟監督と共に出席した。イベントでは出演者が自身の過去の恥ずかしい行動を告白し合う一幕があった。@@cutter ヒロインのソン(キム・コッピ)が“好きな人”になりきり、10年間にわたって彼女を見守った男たちの姿を描く本作。劇中で尾崎豊に扮した池松は、一風変わった本作を携えて参加した第21回上海国際映画祭での反響に触れ「偉い人から、帰り際に、『もうこんな映画上映するな』って文句言われたみたいで。ちょっと日本でも公開前、打ち切りにならないか心配ですね」と発言。ともに参加していた松居監督はその“偉い人”が役人だったと補足し、「変態が過ぎると言われて」と苦笑いした。  イベントでは、登壇者が自身の過去における恥ずかしい行動を告白し合う一幕も。映画でブラピ役を務めた満島は、好きな子のリコーダーを2本なめたことがあると告白し会場をざわつかせた。さらに共演の高杉に「高杉くんはやったことあるの? 笛なめとか」と興味津々に質問すると、高杉は「笛なめとかは想像つかない」と冷静に否定。そんな高杉に、松居監督が「(好きな子に)ちょっかい出したりとかは?」と尋ねると、「気を引きたいから意地悪したり」と照れ笑いを浮かべていた。  一方、劇中で坂本龍馬に扮した大倉は「(好きな子に)ガチャガチャのカプセルに入れたハエとかを渡してました」と言い、池松に「生きているやつ?」と聞かれると、「生きているやつ。どういうことなんだろうね」と自嘲。池松は自身の恥ずかしい行動を「初めてもらったラブレターを、持って帰るのが恥ずかしすぎて、帰りに工事現場に投げましたね」と述懐。それを聞いた満島は「こっちの方がおかしいんですよ!半端ないっしょ!それ!」と流行ワードを絡めたイジリで会場を沸かせていた。  映画『君が君で君だ』は7月7日より全国公開。

  • 池田エライザ、『チェリーボーイズ』場面写真

    池田エライザ、瓶ビールをゴクリ 『チェリーボーイズ』男心をつかむ?! 場面写真到着

    映画

     2月17日に公開を迎える映画『チェリーボーイズ』から、ヒロインを演じた池田エライザの場面写真が到着した。瓶ビールを飲んだり猫を抱き寄せたり、池田の美しい魅力が詰まったシーンを捉えたビジュアルとなっている。@@cutter 古泉智浩による同名コミックを原作とする本作は、とある地方都市を舞台に、国森信一(林遣都)、吉村達也(栁俊太郎)、高杉誠(前野朋哉)という、何事にも中途半端な童貞3人組が、自分を変えようと奮闘する姿を描く“性春”コメディ。池田は童貞3人組から脱童貞大作戦のターゲットにされてしまう釈笛子を演じている。  新たに解禁された場面写真では、暑い日差しのなか瓶ビールを飲み干そうと上を向く美しい横顔や、瓶ビールをくわえて車に寄りかかりながら、涼し気な表情を見せる笛子の姿が収められている。さらに、捨て猫を愛おしそうに抱き寄せる様子や、機関銃を両手で持ち激情の表情を見せるシーンも捉えられている。  メガホンを取ったのは、黒澤清や滝田洋二郎らに師事し、本作では自ら原作の実写映画化を熱望して長編映画デビューを飾った西海謙一郎監督。脚本は『アズミ・ハルコは行方不明』『アイスと雨音』などの監督を務め、独特な世界観のクリエイターとして注目を集めている松居大悟が手掛けた。エンディングを飾る主題歌は、斉藤和義と中村達也によるロックユニット、MANNISH BOYSの「GO! GO! Cherry Boy!」だ。  映画『チェリーボーイズ』は2月17日より全国公開。

  • 映画『君が君で君だ』2018年公開

    池松壮亮が尾崎豊に、満島真之介がブラピになりきる!『君が君で君だ』2018年公開

    映画

     池松壮亮主演、キム・コッピ、満島真之介、大倉孝二共演の映画『君が君で君だ』が、2018年に全国公開されることが決定した。@@cutter 本作は、好きな女の子の好きな人になりきって、自分を捨て去り、10年間彼女を見守ってきた3人の男たちの愛の結末を描いた恋愛ストーリー。ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』、映画『アズミ・ハルコは行方不明』、来年3月公開予定の『アイスと雨音』を手掛けた松居大悟監督によるオリジナルストーリーとなる。  劇中で、池松は伝説のロックシンガー「尾崎豊」に、満島はハリウッド俳優「ブラッド・ピット」、大倉は歴史上の人物「坂本龍馬」になりきる。3人はそれぞれの人格、見た目を本人に扮して生きてきたキャラクターという、ユニークな役柄を演じる。ヒロインに迎えるのは、映画『息もできない』のキム。  尾崎豊の楽曲を劇中で歌唱する池松は、「尾崎豊という人には会ったことはありませんが、物心ついてからいつも隣で歩むべき道を教えてもらっていたように思います」と敬意をこめ、「目眩すらするこの街の中で、愛するということに何回やっても答えが出ないので、もう一度松居監督と共に挑んでみようと思いました」と本作に向けた意気込みを語っている。  英語を話すシーンがある満島は「オリジナル作品の持つ力を信じたい。その強い気持ちを持ち、素敵なキャスト、スタッフと共に普遍的である愛の物語に向き合いました」と作品への強い思いを伝えた。  坂本龍馬の名セリフ「日本を今一度洗濯し候」を劇中で披露する大倉は、顔合わせや本読みの段階では「腑に落ちないことや、捉えきれないことが多かったように思います」と吐露。しかし、「監督、共演者との話し合いや、リハーサルを進めていくにつれ、この若い座組に無防備に飛び込むことを決めました」と語り、「きっと無防備な芝居をしていることでしょう、痛々しいくらいに」とコメントを寄せている。  映画『君が君で君だ』は2018年に全国公開。

  • スチール解禁!『チェリーボーイズ』

    林遣都、25歳童貞役で主演!“性春”狂騒曲『チェリーボーイズ』映画化決定

    映画

     古泉智浩原作のコミック『チェリーボーイズ』の実写映画化が決定し、主演を林遣都が務めることが発表された。共演に栁俊太郎、前野朋哉を迎え、地方都市に住むコンプレックスだらけの負け組男の3人組が、人生を変えるために奮闘する姿をコミカルに描く。@@cutter 本作は、『青春☆金属バット』『ライフ・イズ・デッド』『死んだ目をした少年』が映画化された古泉智浩の『チェリーボーイズ』(青春工藝舎刊)が原作。とある地方都市に住む全員童貞の男3人組が、自分と人生を変えるためにある行動をとる。端から見ればクダラナイ事に取り組む彼らの、情けなくも真摯なひたむきさが観る者の笑いと共感を呼ぶ青春コメディだ。メガホンをとるのは今回が初長編映画となる西海謙一郎監督。脚本を『アズミ・ハルコは行方不明』などを手掛けたクリエイター・松居大悟が手掛ける。  どうしようもない3人の男たちを演じるため、若手俳優が集結した。映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、ドラマ『べっぴんさん』『火花』など話題作に立て続けに出演している林が“自己中心的で見栄っ張りな主人公・国森信一”に扮する。“乳首が大きいことがコンプレックスの吉村達也役”に栁、“オタクっぽい外見と内気な性格で女性が苦手な高杉誠役”を前野が担当する。  主演の林は「コンプレックスだらけの3人の男達が、諦めかけていた人生、敗れ去った青春を取り戻すべく、必死にもがき苦しみ叫び続ける、情けなくもどこか切ない物語に、沢山勇気を貰いました」と熱くコメント。共演の柳は「すぐにチェリーボーイズの世界に引き込まれ、とても充実した撮影期間を過ごさせて頂きました。最低でくそったれな3人組が終わりに近づくにつれて、とても寂しく切ない気持ちになったのを今でも覚えています」と明かし、前野は「かつて童貞だったキャスト・スタッフと、現役童貞のキャスト・スタッフで真剣に『童貞』と向き合いました。生きとし生きるもの全ての方にご覧頂きたいです」と意気込みを語っている。  映画『チェリーボーイズ』は、2018年2月17日より全国ロードショー。

  • 『アズミ・ハルコは行方不明』の初日舞台挨拶に登壇した高畑充希

    高畑充希、坂口健太郎との交際報道に「内緒です」否定も肯定もせず!

    映画

     映画『アズミ・ハルコは行方不明』の初日舞台挨拶が3日、都内で行われ蒼井優、高畑充希、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーいと松居大悟監督が出席した。先日、俳優の坂口健太郎との熱愛報道が一部スポーツ紙で報じられた高畑は、劇場をあとにする際、記者から交際についての質問を投げかけられ「内緒です。でもいつも恋はしていたいですね」と答えて現場を立ち去った。@@cutter 本作は山内マリコの同名長編小説を『アフロ田中』の松居大悟監督、蒼井優主演で映画化。地方都市の独身OLが失踪したことにより起こったさまざまな出来事に人々が翻弄されていく姿を描いた青春サスペンスストーリー。  7年ぶりに映画主演を務めた蒼井は「松居監督の人柄もありますが、私が突出しているわけではなく、みんなの真ん中に作品がありました。現場作りは主演の仕事だと思うのですが、気づいたらみんなが一つにまとまっている恵まれた現場でした」とチームワークの良さを強調。  蒼井の言葉どおり、この日も松居監督やキャストたちは終始、和気あいあいとした雰囲気で仲の良さが伝わってくる。そんな状況を逆手にとって、蒼井に対してドッキリが仕掛けられ、大号泣してしまう出来事があったという。  蒼井は「ずっと仲良くやってきたのに、ある日、私が遅れてやってきたら、(葉山)奨之が助監督と大喧嘩を始めて、帽子を投げ飛ばしたりしたんです。これまですごく仲良くやってきて、プロモーションでもチームワークの良さを伝えていたのに『もう終わりだ』って…。そうしたらドッキリだってバラされて、一瞬にして力が抜けてしまったらボロボロ涙が出てきちゃったんです」と苦笑いを浮かべながら当時を振り返っていた。  高畑にとっても「もっとも役柄について悩んだ」思い出深い作品だったようで、「撮影中は、意思のない(高畑演じた)愛菜のことが分からず、ずっとモヤモヤしていたんです。松居監督にも相談したのですが、監督も『分からない』というので『もういったれ!』という気持ちで演じました。でもラストですごくスッキリした気持ちになりました」とすがすがしい笑顔を見せていた。  蒼井は「今まで携わってきたどの映画よりもきかん坊で言うことを聞かない子ですが、手塩にかけて育ててきた大切な子どもです」と母親になった気持ちで作品に対する思いを語っていた。  映画『アズミ・ハルコは行方不明』は全国公開中。

  • 『TOKIOカケル』で自身の恋愛観を語った高畑充希

    高畑充希「よく食べる男の人が好き」TOKIOがメロメロになるその理由とは

    エンタメ

     3日より公開の映画『アズミ・ハルコは行方不明』に出演する女優の蒼井優と高畑充希が先月30日、トーク番組『TOKIOカケル』に出演。プライベートでも仲が良いという二人が恋愛トークに花を咲かせ、自身の恋愛観を語った。@@cutter 一緒にチェーン系の居酒屋に飲みに行くこともあるという二人。特に蒼井は「一人で日高屋で飲んでいます。レバニラ炒めを食べながら…」と番組では、意外な素顔も明かした。  好きな人ができた時のアプローチ法を質問された高畑は「“人間として好き”っていうオーラを出します」との回答。「男性としてではなく人間として好きだと。そうしたら相手にもそんなに警戒されないので…」と説明すると、TOKIOメンバーも納得。さらに、「二人で喋れるタイミングで、共通で盛り上がれるものはないかを探すので恋愛が成就するまでにいつも時間がかかる」と奥手な一面を明かした。  一方の蒼井は「私、好きになった瞬間が自分でわかってなくて、あとで振り返ってみると、やたらズボンをはき始めている」と告白し、TOKIOメンバーも驚愕。しかし、理由は高畑にも通じる「人として好きになってもらいたいから、オンナを出してきたと思われないように」と説明していた。  また「男性の行動でどこからキレるか」というテーマでいくつかの項目について◯×で答えた二人。「新しい彼女ができたのに元カノの電話番号を消さない」男性には「許せない」と答えた二人だが、「自分で注文したくせに食べ残す」男性については意見が分かれた。  「許せる」蒼井に対し、「許せない」高畑は、「よく食べる男の人が好きなので」と説明。「自分がもう食べられないと思った時に『じゃあ食べるよ』と言われると、『あっ、好き…』って」と笑顔。その回答に、山口達也は「可愛い!」、松岡昌宏は「いっぱい頼んじゃうな」とメロメロに反応した。

  • 蒼井優、『アズミ・ハルコは行方不明』映画化で主演

    蒼井優、7年ぶり映画単独主演! 『アズミ・ハルコは行方不明』松居大悟がメガホン

    映画

     女優の蒼井優が、2008年の『百万円と苦虫女』以来7年ぶりに単独で映画主演を務めることが分かった。山内マリコによるサスペンス小説『アズミ・ハルコは行方不明』で、失踪するアラサーの主人公を演じる。@@cutter 物語の舞台は寂れた国道沿い。郊外の街で、ある日突然姿を消した独身OL安曇春子の行方不明ポスターをパロった落書きが不気味に拡散していく…。ハルコはどこへ消えたのか?彼女が消えるまでと、消えた後の二つの時間を交錯させながら、アラサー、ハタチ、女子高生の三世代を通して“現代女性の生きざま”を描きだす。  監督は、『アフロ田中』でデビュー、今年公開された『ワンダフルワールドエンド』がベルリン映画祭に正式招待されるなどジャパニーズカルチャーの担い手として注目を集める松居大悟。  原作者の山内は、「この小説は、できるだけ早く自分の中にちょっとでも20代の気分が残っているうちに書かなくてはと思った作品でもあります。それだけに、29歳の松居監督に撮ってもらえるのは、本当にラッキーでした」と喜びをコメント。蒼井のキャスティングには「『完璧すぎる!』と震えました」と大満足の様子だ。  すでにクランクアップを迎えた蒼井は「やりたいと思っていることを信じる仲間たちと全力を尽くして撮影期間を駆け抜けました」と振り返り、「この映画は、観て下さる方によって全然違う楽しみ方や感じ方を生み出すような、どの角度から観られても大丈夫な、強いものになっているはずです。観客のみなさんとの間にいい化学反応が起きることを期待しています」と公開に向け期待を寄せている。  映画『アズミ・ハルコは行方不明』は2016年公開予定。

  • 「残酷な天使のテーゼ」作詞家、印税は一時億単位に!

    「残酷な天使のテーゼ」作詞家、印税は一時億単位に「エヴァが稼いでくれる」

    エンタメ

     大人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌「残酷な天使のテーゼ」の作詞家・及川眠子が10日、『アウト×デラックス』(フジテレビ系)のゲストに登場。本楽曲のほかにも同作に曲を提供している及川だが『エヴァンゲリオン』を見ていないと話し「終わった仕事だから別にいいかなと思った」と驚きのコメントを寄せた。@@cutter 「書いたときはアニメできてないんですよ。最初2話分くらいもらって、企画書もばーっと見て、2時間くらいで書き上げて、私の仕事、終わり」とざっくばらんに語る及川。MCのマツコ・デラックスが「大体それくらいで書いちゃうんですか?」と尋ねると、「集中すると早いんですよ。『愛が止まらない』(Wink)は30分くらいで書きましたね」と明かした。  また、楽曲の印税について話しが及ぶと「エヴァンゲリオンはすごいですね。カラオケは1回1円くらい。カラオケよりもパチンコの印税の方がすごいんですよ。パチンコは億いきましたね。四半世紀くらい、年収3000万は切ったことがない」と告白。だが、昨年18歳年下のトルコ人男性と離婚したため、印税は元旦那のもとに。今の貯金は10万円しかないと話す。「でも、今エヴァンゲリオンが英語バージョンで世界110ヵ国同時発売になったんですね。私が遊んでいてもエヴァンゲリオンが稼いでくれる」とにっこり。  最新監督作『私たちのハァハァ』(9月12日公開)の公開を控え、及川と同じくゲストに登場にした松居大悟監督は「女性キャスト、スタッフ、全て性の対象にしか見えない」とぶっちゃける。「監督なんで、全部僕の言うとおりになるじゃないですか。そうすると、『好きだな』と思ってしまうんですよね」と語る。美術さんに告白したことがあったそうだが、「私には彼氏がいます。でも監督のお誘いは断れないです」と言われてしまった明かした。

  • 『ワンダフルワールドエンド』に出演する橋本愛

    橋本愛、大森靖子のMVから派生した映画に出演! 蒼波純に押し倒される!?特報解禁

    映画

     今秋エイベックスよりメジャーデビューが決定している新進気鋭ミュージシャン・大森靖子のミュージックビデオ(以下:MV)から生まれた映画『ワンダフルワールドエンド』が劇場公開決定。更に、MVと同じく橋本愛と蒼波純が出演する特報も解禁となった。@@cutter メガホンを取ったのは、人気バンド・クリープハイプのMVから生まれた映画『自分の事ばかりで情けなくなるよ』が大ヒットし、最新作『スイートプールサイド』が公開中の松居大悟監督。  本作は、大森のインディーズ最後となるアルバム『絶対少女』から、松居監督が手掛けた『ミッドナイト清純異性交遊』『君と映画』のMVを基に製作。MV時の出演でも大きな反響を呼んだ橋本愛と蒼波純を中心に、物語は展開していく。  『桐島、部活辞めるってよ』で大ブレイクを果たした橋本、アイドルオーディション「ミスiD2014」グランプリの大型新人・蒼波純を筆頭に、「第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」グランプリの稲葉友、『さよならドビュッシー』などで知られるベテラン映画監督・俳優の利重剛、主演映画『美代子阿佐ヶ谷気分』でヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞した実力派・町田マリーといった、若手からベテランまで個性豊かな面々が集まっている。  また、蒼波の出身である「ミスiD」や、人気モデル・マチルダを始め、次世代を担うアイドルたちが大挙出演しているのも本作の見所の1つだ。  今勢いのある若いパワーが結集し、この時代でしか生まれなかった無敵の映画×音楽のエンターテインメント作品に期待したい。  『ワンダフルワールドエンド』は2015年1月17日、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。また、10月23日の「シブカル際」にて先行上映も決定している。

  • アニメの実写の融合『Go!Go!家電男子』映画化決定!

    花澤香菜が実写作品に出演、映画『Go!Go!家電男子』緊急公開決定

    アニメ・コミック

    『秘密結社 鷹の爪』のDLEとひかりTVが放つ、史上初のFlashアニメと実写の融合映画『Go!Go!家電男子THE MOVIE~アフレコパニック~』が3月8日に公開されることが決定した。@@cutter 本作は、TVアニメシリーズ『Go!Go!家電男子』の劇場版。イマドキの家電系男子であるレンジろうとポットン、ドラムの大学生活を描いた1話1分のFlashアニメであり、2013年7月よりひかりTVほかにて配信中の作品。  学業、サークル、就活、そして、恋愛…将来に漠然とした不安を抱えながらも、どこかのんきな3人の日常生活を描く、ユルユルな会話劇コメディ。劇場版では、本人たちが実際にアフレコしている現場と、その過程を経て生まれるアニメの2つのパートからなるFlashアニメ×実写のアフレコエンターテイメントムービーとなる。  TVシリーズでは、登場キャラクター3人の声を浜野謙太(ドラム役)、中山祐一朗(ポットン役)、松居大悟(レンジろう役)、花澤香菜(ドライヤンナ役)が行っているのだが、劇場版では、声の出演のみならず実写でも本人役として出演することが決定した。  そして今回、声優としてだけでなく初の女優としても本作に出演する花澤から映画収録後のコメント映像が公開となった。花澤は本作について「家電男子で映画をやるって聞いた時に、どういうアニメーションになるんだろうって思っていたら、まさかの実写でっていう(笑)。どうなるんだろうってすごく撮影を楽しみにしていました。またこういう機会ができたらとても嬉しく思います」とコメントしている。  『Go!Go!家電男子THE MOVIE~アフレコパニック~』は、3月8日から3月14日まで、全国のユナイテッド・シネマ/シネプレックスにて1週間限定公開。

  • 『スイートプールサイド』ポスター画像

    「私の毛を剃って」異色の青春剃毛映画『スイートプールサイド』予告映像解禁

    映画

     子役から成長した須賀健太と、注目の若手女優・刈谷友衣子が主演を務め、“毛”に悩む思春期の男女を描いた青春剃毛映画『スイートプールサイド』の予告映像が解禁された。@@cutter 『悪の華』などを手掛ける人気漫画家・押見修造氏の初期傑作を、『アフロ田中』『自分の事ばかりで情けなくなるよ』など話題作を次々に発表する新進気鋭の若手監督・松居大悟によって、まさかの実写映画化された本作。  男子なのに毛が生えてこないことに悩む高校一年生の太田年彦(須賀健太)が、同じ水泳部で、女子なのに毛深い後藤綾子(刈谷友衣子)に「わたしの毛を剃ってくれない?」というとんでもないお願いをされることから始まる関係を、コミカルに、なんかエロく、そして切なく描いている。  共演には、松田翔太、谷村美月をはじめ、TKO木下隆行、荒井萌、落合モトキといった個性派が顔をそろえる。  今回公開された予告映像では、刈谷演じる悩める女子高生・綾子が、「私の毛を剃ってくれない? 」とお願いする、観ていてドキドキするような場面が収められている。そして、誰もいない河原で、なぜかスクール水着姿…。さらに、衝撃の剃毛シーンもチラ見せしており、思春期の悶々とした気持ちを駆り立てるシーンが満載となっている。  『スイートプールサイド』は6月14日より全国公開。

  • 東京国際映画祭『自分の事ばかりで情けなくなるよ』の舞台挨拶に出席した池松壮亮

    池松壮亮、東京国際映画祭に「ドキドキしています」と恐縮しきり<TIFF2013>

    映画

     ロックバンド・クリープハイプの尾崎世界観が原案の映画『自分の事ばかりで情けなくなるよ』が18日、六本木で開催中の第26回東京国際映画祭で上映され、俳優の池松壮亮、松居大悟監督が舞台挨拶を行った。@@cutter 同作は、『アフロ田中』『男子高校生の日常』などで知られる松居監督が手掛けた同ロックバンドのPVから「イノチミジカシコイセヨオトメ」「あたしの窓」「おやすみ泣き声、さよなら歌姫」と最新作「傷つける」を繋げて1本のドラマに仕上げた群像音楽映画。元カレが忘れられないピンサロ嬢、家出少女、トレーラー暮らしをする青年らの日常が少しずつ交差していく様が描かれる。  PVを再構築したかのような異色作。それだけに池松は「凄く挑戦的な映画。パーソナルな物語というか、小さな個人的な話がこうやって国際映画祭という場でどう映るのか、ドキドキしています」と日本映画スプラッシュ部門での上映に恐縮しきり。それでも「松居監督や尾崎さんと3人で色々な映画を観に行ったり、旅行に行ったり仲良くしていたので、僕の番にようやく回って来たかという感じでしたね」と出演に満足そうだった。  一方の松居監督は「クリープハイプのCDが出るたびにPVの規模が大きくなって、最終的にはこういった形になればと思っていた」と劇映画としての最終形態に手応えを感じていた。  映画『自分の事ばかりで情けなくなるよ』は10月26日より、ユーロスペースほかにて公開。

  • 須賀健太×刈谷友衣子『スイートプールサイド』公開決定!

    押見修造『スイートプールサイド』実写映画化! 主演に須賀健太×刈谷友衣子

    映画

     現在、「別冊少年マガジン」(講談社)で『惡の華』を連載中の押見修造の『スイートプールサイド』が実写映画化することが決定。主演に須賀健太、刈谷友衣子を迎え、監督は『アフロ田中』『男子高校生の日常』と青春映画を撮ることに定評がある松居大悟が務める。@@cutter 『スイートプールサイド』は、思春期特有の「毛」の悩みを真正面から描く、独特な青春映画。  高校1年生で水泳部の太田年彦(須賀)は毛が生えていないことに悩んでいた。同じく水泳部の後藤綾子(刈谷)は逆に毛深いことに悩んでいた。ある日、太田は水泳部の部室で自分の毛を剃ろうとして失敗している綾子と遭遇してしまう。綾子に毛深いことを相談された太田は、うらやましいと思いながらも真剣に悩みを聞いてあげている。すると「私の毛を剃ってくれない?」と頼まれてしまう。断れなかった太田と綾子の秘密の関係がこの瞬間からスタートした。  「お話しをいただいたときに自分にとって、何か新しいものを見つけられる気がして、絶対に形にしたいと思いました」と本作についてコメントを寄せた須賀。「撮影を終えて、今までにない自分を表現することができたと思っています。特に思春期の悶々とした日々を過ごす男子たちに見てほしいと思います(笑)。ある意味、究極の青春映画が出来ました」と語る。  出演が決まったときは嬉しかったと話す刈谷。だが一方で「撮影に入るまでや撮影前日は不安すぎてどうにかなるんじゃないかと思った」と当時の心境を語る。撮影を終えた現在は「監督の生半可じゃない思いとみんなのネガティブなエネルギーが、(もちろんポジティブなエネルギーも)集まってどんな作品になっているのか楽しみです」と期待を寄せている。  本作の原作者・押見は「この漫画を映画化してくれるなんて、そんな人がこの世にいるのか!? というのが、最初に思ったことでした。まだデビュー間もない頃に手探りで描いた拙い漫画ですが、それを松居監督は繊細に広げて、馬鹿でありつつそれでもなお切実な、<名前の付けられない何か>の物語に仕立ててくださいました。幸せです」と喜びのコメントを述べた。  『スイートプールサイド』は2014年公開。

  • ファン待望! 松尾大悟監督×クリープハイプによる画期的な音楽映画がついに誕生!

    ファン待望! 松居大悟監督×クリープハイプ 異色の音楽映画が劇場公開決定!

    映画

     劇団ゴジゲンの主宰であり、『アフロ田中』『男子高校生の日常』など次々と話題作を手がける注目の新鋭監督・松居大悟が、今最も勢いのある人気ロックバンド・クリープハイプのフロントマン・尾崎世界観の原案を元に作り上げた異色の音楽映画『自分の事ばかりで情けなくなるよ』がついに劇場公開される。@@cutter これまでに同コンビで作られてきたクリープハイプのミュージックビデオは、それぞれの登場人物が作品をまたいで交差していく青春群像劇であり、そこから派生したショートフィルムバージョンがファンの間で熱烈な支持を集め、米国アカデミー賞公認・国際短編映画祭「SHORT SHORTS FILM FESTIVAL」で2年連続で上映されるなど注目を集めた。  本作は、その中から『イノチミジカシコイセヨオトメ』『あたしの窓』『おやすみ泣き声、さよなら歌姫(Music Video)』に、最新作『傷つける』を加えて全てが繋がる劇場用映画となっている。  池松壮亮、黒川芽以、山田真歩、大東駿介、安藤聖、尾上寛之ら実力派若手俳優を迎えた松居監督のオリジナル・ストーリーを、クリープハイプのヒットチューンが照らし、時代と共振する。今だかつてなかった画期的な映画×音楽のコラボレーションが、遂にスクリーンに解き放たれる。  元カレが忘れられないピンサロ嬢、大好きなバンドのライブ当日に残業させられているOL、一途な想いを爆発させるオタク青年、トレーラーハウスで生活する謎の青年と美しき家出少女。どうにもうまく立ち行かない日々に、ただただ怒りや涙を爆発させる彼らの後悔だらけの日々が少しずつ交差していく…。  ファン待望の松居大悟監督×クリープハイプによる画期的な音楽映画『自分の事ばかりで情けなくなるよ』は、10月26日より公開。

  • 実写映画化が決定した『男子高校生の日常』

    『男子高校生の日常』実写映画化決定! 栗原類がネガティブ男子高生として出演

    映画

     恋も部活も頑張…らない!? イマドキの男子高校生の実態を描く人気ギャグ漫画『男子高校生の日常』が実写映画化されることが決定した。メインとなる3人の男子高校生には、菅田将暉、野村周平、吉沢亮という人気急上昇中の俳優が顔を揃える。@@cutter 『男子高校生の日常』(ガンガンコミックスONLINE/スクウェア・エニックス刊)は、累計発行部数220万部を突破した、山内泰延原作の人気ギャグ漫画。男子校に通うタダクニ・ヨシタケ・ヒデノリの仲良し3人やそのクラスメイト達による、まったく華のない学園生活を描いた“ゆるグダ”ギャグストーリー。ガンガンONLINEで毎話更新される度にアクセス数は8万を超え、2012年1月にはテレビ東京でアニメ化され話題となっていた。  映画決定について原作者山内氏は「実写映画の報を聞いた時は大変驚きました。漫画では見ることのできない奥行きのある男子高校生の生活を見ることができるのがとても楽しみです」とコメントを寄せている。  そんな、非モテ男子たちの世界観を描くのが、松居大悟監督。前作「アフロ田中」(12)では、彼女いない歴=年齢のアフロ頭の主人公・田中広が、彼女を作ろうと奮闘する様をコミカルに描き、世の非モテ男性達からの熱い支持を受けた監督である。  本作には、菅田、野村、吉沢の3人のほか映画オリジナルキャラのクラスメイト細野役に、ネガティブすぎるイケメンモデル栗原類が出演。等身大でネガティブな男子校生役を演じている。  さらに、そんな男子高校生からは謎で近寄りがたい存在である隣の女子校の生徒達に、セブンティーンモデルの岡本杏理、CanCamモデルの山本美月、上間美緒らが、こちらもリアルな女子校生姿を披露。また、『東京03』の角田晃広や『たんぽぽ』の白鳥久美子もなんと高校生役として登場。今、大注目のキャストが集結し、クラスに必ず一人はいる、愛すべきキャラクター達をリアルに演じきっている。  『男子高校生の日常』は10月12日ロードショー

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access