竜星涼 関連記事

  • 『泣くな赤鬼』完成披露試写会にて

    “授かり婚”の川栄李奈、堤真一&柳楽優弥からの祝福に笑顔

    映画

     俳優の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼が兼重淳監督と共に21日、都内で開催された映画『泣くな赤鬼』完成披露試写会に出席。俳優・廣瀬智紀との結婚&妊娠発表後、初の公の場に登場した川栄は去り際、報道陣から祝福の声をかけられると、無言ながらうれしそうな微笑みで返していた。@@cutter 『泣くな赤鬼』は、『とんび』の原作・重松清と堤のコンビが贈る、先生と生徒の感動作。「赤鬼先生」の愛称で知られた城南工業野球部監督・小渕隆(堤)は、今では野球への情熱は衰え、定年間際の疲れた中年になっていた。ある日、かつての教え子・斎藤智之/愛称ゴルゴ(柳楽)と偶然、病院で再会するが、ゴルゴは末期がんで余命半年であることを知らされる。  これまで多くの作品に出演してきたベテラン・堤だが「自分が出ている映画で泣いたのは初めてです。監督の丁寧な人間関係の描き方が、役者側としても、客として観ている部分でも優しさというか愛情を感じて。やってよかった、と観終わった後に思いました」と、しみじみ。「号泣してしまった」という柳楽の奥さん役を演じた川栄も、「柳楽さんとお芝居する中で、どんどん痩せていく姿を芝居の中で見ていてつらいなと思ったんですけど、こういう役をいただけてありがたかったです」と、支える妻という役柄に感謝をにじませる。  一方、柳楽はこの日、現在出演中の舞台『CITY』の休演日とあって、終始ホワホワムード。言い間違えをしたり、「頭が働かない(笑)」と発言する柳楽に、堤は「今日、休んでるんだ? 心も頭も。やる気ないんだ?(笑)」と突っ込む。しかしながら、ふたりの仲睦まじいやり取りのたびに、場内は温かい笑いに包まれた。  そんな柳楽が、言い間違えの末、「あ、川栄さん、おめでとうございます!」と、文脈に関係なく突然、川栄を祝うと場内は拍手喝采。これには堤も「(発言を)ごまかすなあ~」と言いながらもニコニコとお祝いムードに加わっていた。  『泣くな赤鬼』は6月14日より全国ロードショー。

  • 『都立水商!~令和~』第3話場面写真

    『都立水商!~令和~』、竜星涼はホストのバイトをする瀬戸利樹を発見

    エンタメ

     俳優の竜星涼が主演するドラマ『都立水商!~令和~』(MBS/毎週日曜24時50分、TBS/毎週火曜25時28分)。第3話で直樹(竜星)は、生徒の哲太(瀬戸利樹)が、家族のために高校で禁止されているホストのアルバイトをしていることを知る。@@cutter 本作は、東京・新宿歌舞伎町にたたずむ都立水商業高校を舞台に、高校の実態を知らずに就職した新米教師と水商売を目指す生徒たちが水商売のイロハや裏側を学んでいく物語。2001年に小学館で刊行された室積光の小説『都立水商!』を原作に、現代の世相と水商売のシステムを反映させた完全オリジナルストーリー&オリジナルキャラクターで描く。  水商売のプロフェッショナルを育てる都立水商は、アマチュア気分で夜のバイトをすることを固く禁じていた。ある日、希海(恒松祐里)に呼び出された直樹は、哲太がホストクラブから出てくるところを目撃してしまう。哲太は入院した母の代わりに、小さな弟と妹たちを食べさせるため、ホストのバイトで生活費を稼ごうとしていたのだった。  しかし新人ホストの道はやはり甘くなく、喋りが苦手な哲太は全く稼ぐことができていないらしい。悩んだ直樹は、哲太のバイトを見逃しながら、新人ホストが成功する秘訣を探そうとするが…。  ドラマ『都立水商!~令和~』第3話は、MBSにて5月19日24時50分、TBSにて5月21日25時28分放送。

  • 『トイ・ストーリー4』新キャラクター“フォーキー”の声を務める竜星涼

    竜星涼、『トイ・ストーリー4』の新おもちゃフォーキー役に決定

    アニメ・コミック

     ディズニー/ピクサーの『トイ・ストーリー』シリーズ最新作『トイ・ストーリー4』より、新キャラクターでシリーズ史上初の手作りおもちゃ“フォーキー”の日本版声優を、俳優の竜星涼が務めることが発表された。@@cutter 声優初挑戦となる竜星が演じるフォーキーは、ウッディやバズたちの持ち主である女の子・ボニーが幼稚園の工作で作ったキャラクター。自分のことを“ゴミ”だと思っているフォーキーが「僕はおもちゃじゃない!」と逃げ出したことから本作の冒険がはじまる。まさに物語の“カギ”となる超重要なキャラクターだ。  竜星は声優に決定した時の気持ちを「本当に光栄だと思ったのですが、僕で大丈夫なのかなと思いましたし、とにかく本当にびっくりしました。僕自身が『トイ・ストーリー』と育ってきた世代なので信じられないですが、本当に嬉しかったです」と振り返った。  さらに、実際にアフレコを行った感想について「本当に難しかったです。ドラマや映画でモノローグ風のアフレコや、ヒーローものの戦闘シーンでアフレコを入れたことはあったのですが、そういったものとは別物でした。英語を聞きながら日本語を当てていくという過程に慣れるのが結構大変で、苦戦しました」と話しつつも、これまでにない新しい設定のキャラクターに「僕みたいな新しい人間がシリーズに入っていくっていう上では、ぴったりなのかなって思いました!」と、世界中で愛されているシリーズへの参加に自信を見せている。  『トイ・ストーリー』ファミリーの一員になった竜星について、ウッディ役の唐沢寿明は「難しい役をよくやるなあと思いました。僕が最初にやった時はこんなにできなかったから(笑)」と絶賛のコメント。竜星を起用したディズニーの担当者も「彼ならみんなに愛されるフォーキーを演じてくれると思い、オーディションを受けていただきました。フォーキーはとても難しい役どころですが、その高い演技力で見事オーディションを突破されました」と明かしている。  映画『トイ・ストーリー4』は7月12日より全国公開。

  • 『都立水商!~令和~』第2話場面写真

    『都立水商!~令和~』、竜星涼はキャバクラ科・大原優乃の武器を考える

    エンタメ

     俳優の竜星涼が主演するドラマ『都立水商!~令和~』(MBS/毎週日曜24時50分、TBS/毎週火曜25時28分)。第2話では、キャバクラ科の授業を見学した直樹(竜星)は、ルックスが最重要という厳しい現実に悩んでいた百合(大原優乃)に、何か武器になるものはないかと考えるが…。@@cutter 本作は、東京・新宿歌舞伎町にたたずむ都立水商業高校を舞台に、高校の実態を知らずに就職した新米教師と水商売を目指す生徒たちが水商売のイロハや裏側を学んでいく物語。2001年に小学館で刊行された室積光の小説『都立水商!』を原作に、現代の世相と水商売のシステムを反映させた完全オリジナルストーリー&オリジナルキャラクターで描く。  新米の社会科教師・直樹が受け持つことになった3年C組では、生徒の進路指導を行うことに。しかし水商売の右も左も分からず、キャバクラに行ったことすらない直樹は、生徒達にあきれられるばかり。悩んだ直樹は、キャバクラ科教師の千花(松井玲奈)に誘われ、授業を見に行くことになる。  そこには、ルックスが最重要というキャバクラ業界の厳しい現実と、自分がブスだと悩む百合の姿が。何か百合の武器になるものはないかと考える直樹だが…。  ドラマ『都立水商!~令和~』第2話は、MBSにて5月12日24時50分、TBSにて5月14日25時28分放送。

  • 『都立水商!~令和~』第1話場面写真

    『都立水商!~令和~』スタート 新米教師・竜星涼の「水商」生活始まる

    エンタメ

     俳優の竜星涼が主演するドラマ『都立水商!~令和~』(MBS/毎週日曜24時50分、TBS/毎週火曜25時28分)がスタート。第1話では、学校の実態を知らず「水商」に就職した直樹(竜星)は、生徒が起こす予想外のトラブルに振り回されるはめに。@@cutter 原作は、2001年に小学館で刊行された室積光の小説『都立水商!』。猪熊しのぶ作画で漫画化もされ、250万部を超えるベストセラーとなっている。新宿歌舞伎町にたたずむ都立高校を舞台に、高校の実態を知らずに就職した新米教師と水商売を目指す生徒達が水商売のイロハや裏側を学んでいく姿を描く。  時は令和。東京歌舞伎町にひっそりとたたずむ、高校がある。「東京都立水商業高等学校」略して「都立水商」。ここは水商売に関する専門教育を行う都立高校だ。  就活中の石綿直樹(竜星)は、彼女の大海原春香(堀田茜)のため、「先生」の肩書欲しさで水商へ就職。そして就職後初めてこの高校が水商売専門の高校であることを知り、訳も分からず働き始めることとなる。  3年C組の担任を受け持つことになった直樹だが、着任早々、生徒たちが起こす思いもよらないトラブルに次々と巻き込まれることになり…。  ドラマ『都立水商!~令和~』第1話は、MBSにて5月5日24時50分、TBSにて5月7日25時30分放送。

  • 『都立水商!~令和~』制作発表にて

    竜星涼、教師役では「なかなか普通の学校に就職させてもらえない」

    エンタメ

     俳優の竜星涼が22日、都内で開催されたドラマ『都立水商!~令和~』(MBS/毎週日曜24時50分、TBS/毎週火曜25時28分)の制作発表に出席。変わった設定の教師役が続くと笑う竜星は「ぜひパート2の方も、僕は望んでおります」と、続編への意欲を語った。@@cutter 本作は、高校の実態を知らないまま就職した新米教師の直樹(竜星)が、水商売を目指す生徒達とともに、水商売の世界を学ぶ姿を描く。当日はほかに松井玲奈、恒松祐里、瀬戸利樹、伊藤萌々香、大原優乃、飯窪春菜、小野寺晃良、バンダリ亜砂也が登場した。  過去にドラマ『オトナ高校』に出演した竜星は「ちょっと前に教師をやったこともあったんですけれど、その時は生徒役が、皆さん僕よりも年齢が上で。全員先輩っていうこともありまして。ちょっと変わった高校だったんですね。大人な高校だったので」と回想。  元カリスマキャバ嬢役の松井に「また変わった高校ですね」といじられると、竜星は「生徒たちもみんな若くて、やっと普通の学校の教師がやれると思ったら、どんどん話を進めていくうちに、水商売を教える学校ということで、なかなか普通の学校には就職させてもらえない(笑)」と自虐していた。  一方の松井は「毎日毎日必死に、間違えないようにセリフを覚える日々で」と撮影を述懐。それでも「キャバクラだったりホストだったり、自分が知らない世界の中のシステムっていうのをすごく詳しく知れて、楽しかった一面もあったので、現場にいるときは、緊張感もありながら、楽しみながら授業をしていました」と満足そうに語った。  撮影中の思い出に話が及ぶと、キャバクラ嬢を目指す生徒役の大原は「竜星さんが差し入れで駄菓子をたくさん買ってきてくださって。休憩時間は駄菓子屋さんに走りに行くみたいな気持ちで、楽しんでました」とニッコリ。  同じ役どころの飯窪は、撮影でキャバクラやホストクラブの店舗を実際に訪れたと言い「キャバクラに行くことってないと思っていたので、『わ~。すごいきらびやか』と思いながら見ていたんです」と発言。ホストクラブに関しては「いつか私、行くかもしれないなと思って」と明かして会場を沸かせていた。当日は本職のホストを招き、本作オリジナルのシャンパンコールでヒット祈願を行う一幕もあった。  ドラマ『都立水商!~令和~』は、MBSにて5月5日より毎週日曜24時50分、TBSにて5月7日より毎週火曜25時28分放送。

  • 『都立水商!~令和~』3年C組全生徒キャスト解禁

    『都立水商!~令和~』、神尾楓珠&恒松祐里&大原優乃ら全生徒キャスト発表

    エンタメ

     竜星涼が主演するドラマ『都立水商!~令和~』より、全生徒キャストが一斉に解禁。恒松祐里、瀬戸利樹、神尾楓珠、大原優乃ら、ネクストブレイクの若手キャストが集結した。あわせて、主題歌を4人組グループTHE BEAT GARDENが書き下ろしたことが明らかとなった。@@cutter 原作は、2001年に小学館で刊行された室積光の小説『都立水商!』で、猪熊しのぶ作画で漫画化もされ、250万部を超えるベストセラーとなっている。新宿歌舞伎町にたたずむ都立高校を舞台に、高校の実態を知らずに就職した新米教師と水商売を目指す生徒達が水商売のイロハや裏側を学んでいく姿を描く。  発表された生徒は、竜星演じる新米教師・石綿直樹が担任として受け持つことになる3年C組の全生徒。  キャバクラ科の元気印・真中希海役に恒松祐里、元ヤンの武闘派ホスト科生徒・大竹哲太役に瀬戸利樹、キャバクラ科で水商1の人気を誇るマドンナ・赤沢聖菜役に伊藤萌々香(フェアリーズ)、マネージャー科でクラス一のお調子者・今井周役に神尾楓珠、キャバクラ科で癒し系の努力家生徒・馬淵百合役に大原優乃、キャバクラ科のギャル生徒・温井寧々役にモーニング娘。卒業後初の連ドラ出演となる飯窪春菜、京都出身のおっとりキャバクラ科生徒・草野葉月役に小倉優香が決定。  さらに、ホスト科でバスケ部所属のムードメーカー・村松隼人役に小野寺晃良、水商1のイケメンでホスト科・江川龍臣役にバンダリ亜砂也、優等生のマネージャー科・三上武人役に富田健太郎が出演する。  今回の生徒一斉解禁では、3年C組の座席表の形でビジュアルが発表。水商売の世界を描く本作らしく、制服バージョンの「昼の座席表」と、それぞれの科の正装をした「夜の座席表」の2つが作成されている。  ドラマ『都立水商!~令和~』は、MBSにて5月5日より毎週日曜24時50分、TBSにて5月7日より毎週火曜25時28分放送。

  • ドラマイズム『都立水商~令和~』に出演する竜星涼

    竜星涼が新米教師に 『都立水商!~令和~』5月スタート

    エンタメ

     水商売の裏側を描きベストセラーとなった小説『都立水商!』が、俳優の竜星涼の主演で、ドラマ版タイトルを『都立水商!~令和~』として実写ドラマ化されることが決定した。@@cutter 原作は、2001年に小学館で刊行された室積光の小説『都立水商!』で、猪熊しのぶ作画で漫画化もされ、250万部を超えるベストセラーとなっている。新宿歌舞伎町にたたずむ都立高校を舞台に、水商売を目指す生徒達が水商売のイロハや裏側を学んでいく…という斬新な設定から人気を博している。  この度、元号発表を経てドラマ版タイトルを『都立水商!~令和~』とし、現代の世相と水商売のシステムを反映させた完全オリジナルストーリー&オリジナルキャラクターで学園ドラマとして描かれることが決定。  主演を務めるのは、特撮ドラマ『獣電戦隊キョウリュウジャー』で主演を務めた竜星。都立水商に社会科教師として着任し、生徒が抱えるさまざまなトラブルに巻き込まれていく主人公・石綿直樹を演じる。就職浪人の直樹は、彼女のためにひとまず「先生」の肩書欲しさに都立水商の教師になるも、就職後に初めて「水商」が水商売の意味だと知り、わけも分からず働き始めることになる。  竜星は、自身が演じる役柄について「頼りがいがないけれど一生懸命な人間です。いい意味で先生っぽくなく、お兄ちゃんのような存在として普通の先生よりも近く生徒に寄り添う姿勢は好感が持てます」と話し、オファーを受けたときの感想については「まず題材が面白い! と思いました。本来大人の世界である水商売のイロハを、高校生に真面目に細かく教えるこのドラマは、とても斬新だと思います。普段知ることのない水商売の裏事情をポジティブに描き、世の中へ挑戦的なメッセージを伝えられればいいなと願っています」とコメントしている。  メガホンをとる山本透監督は「深夜のエロコメ? と思いきや気づいたら、激アツの人間ドラマになりました! 主演の竜星くんを中心に、ネクストブレイク確実な、イケテル男女(一部キャラもん笑)がバッチバチに競い合う撮影現場は、最高にドラマチックで、この感覚を早く皆さんにお届けしたい!」と語っている。  ドラマ『都立水商!~令和~』は、MBSにて5月5日より毎週日曜24時50分、TBSにて5月7日より毎週火曜25時28分放送。

  • 映画『泣くな赤鬼』に出演する(左から)竜星涼、麻生祐未、キムラ緑子

    『泣くな赤鬼』追加キャストに麻生祐未×キムラ緑子×竜星涼

    映画

     俳優の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈が共演する映画『泣くな赤鬼』の公開日が6月14日に決定。さらに、麻生祐未、キムラ緑子、竜星涼の3人が追加キャストとして発表された。@@cutter 本作は、『とんび』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化されているベストセラー作家・重松清の短編集『せんせい。』に所収の『泣くな赤鬼』が原作。  物語の主人公は、陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導から「赤鬼先生」と呼ばれていた城南工業野球部監督・小渕隆(堤)。甲子園出場の夢が叶わず、野球への情熱も衰え、定年間際の疲れた中年になっていた小渕は、ある日ゴルゴという愛称のかつての教え子・斎藤智之(柳楽)と病院で偶然にも再会する。野球の素質はあるものの、堪え性のない性格ゆえに挫折し、高校を中退したゴルゴは、結婚して家庭を築き、立派な大人に成長していたが、末期がんで余命半年だった…。  提真一演じる主人公・赤鬼先生の妻役を演じる麻生は「愛に溢れる映画です。様々な人と出会い向き合っていくのは、時に難しいこともありますが、必ず何か方法があるはず、と感じさせてくれます。もしかしたらあの時、あの人は?と、思い出してしまうかも。周りの人に優しく接したくなるような作品です」と映画の見どころを語った。  ゴルゴの母役のキムラは「柳楽さん演じるゴルゴの母親役―お会いするのも初めてだったので、彼が息子なんだと、そのシチュエーションをイメージして…ただそれだけを大事に演じました。台詞を真っ直ぐにぶつけてくださり、とても繋がれたと感じています」と撮影を振り返る。  ゴルゴと共に甲子園を目指した和田圭吾役を務める竜星は「青春時代のやり残したこと、言いそびれた言葉、この作品を通して少しでも自分が表現できればと思いました。そして出来上がった映像を観て、改めてこの作品の持っている人間ドラマに感動し、この作品に参加できた事を誇りに思っています」とメッセージを寄せている。  映画『泣くな赤鬼』は6月14日に全国公開。

  • 「ar」2月号(主婦と生活社)表紙

    高畑充希、濡れ髪&美肌がセクシー ばっさりショートで「ar」登場

    エンタメ

     女優の高畑充希が、発売中のファッション雑誌「ar」(主婦と生活社)2月号の表紙に登場。髪をばっさりカットしてフレッシュな印象になった彼女が、美肌や濡れ髪姿をセクシーに披露している。@@cutter 同号で高畑は、7つの女性像を演じ分けてさまざまな表情を披露。その中にはかなりの接写カットも含まれており、高畑自身も理想にしているという柔らかそうな素肌が写し出されている。インタビューでは、スキンケアのこだわりや自身の性格などについてたっぷりと語っている。  2月号は“スキン号”として、肌の底力をあげることを目的とした企画が満載。「ar」の美肌クイーンと称されるモデルの森絵梨佳が、いい恋愛をしていそうな印象を受ける“匂わせ肌”企画に登場。幸せそうに見せるメイク方法をメイクアップアーティストのイガリシノブが伝授する。2018年版「世界で最も美しい顔100人」にランクインして注目を集めた歌手でモデルの篠崎愛は、スキンケア企画に登場して最強の美肌に育てていくためのアイテムと極意をナビゲートする。  そのほか、HKT48の指原莉乃が、自身の人気連載で日頃から溺愛するコスメを紹介する“指原的ベストコスメ”を発表。乃木坂46の堀未央奈は、真冬に映える白のファッション&メイク企画に登場し、色白肌でピュアな魅力を見せる。舞台出演が決定した今泉佑唯は、チーク特集であざと可愛い上目遣いからアンニュイな表情まで、6通りのモテ顔を披露。NMB48の村瀬紗英は“ユニセックス服”企画でメンズ服を女っぽく着こなしている。  さらに、俳優の竜星涼が登場して彼女の車でデートに出かける、という妄想ストーリーを演じたり、「ar」初登場となる女優の春花がランジェリー特集で美しいボディを披露したりする姿が掲載されている。  「ar」2月号は、主婦と生活社より発売中。

  • 髪を20cm切って『メゾン・ド・ポリス』に主演する高畑充希

    高畑充希、髪の毛20cmバッサリ 『メゾン・ド・ポリス』クランクイン

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演を務めるTBSの1月期金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系/毎週金曜22時)で、西田尚美、竜星涼、木村了、戸田昌宏が出演することが発表された。長髪をバッサリ20cm切ってクランクインした高畑は「どんな人なんだろう、と、監督はじめスタッフの方々と相談しているうちに『バッサリいくのもいいね』とみんなで盛り上がり、バッサリと(笑)」と、髪を切った経緯を明かしている。@@cutter 本作は、主人公の若手刑事・牧野ひより(高畑)が、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありの“おじさま”たちに振り回されながらも事件を解決していく姿を、一話完結で描く刑事ドラマ。メゾンの雑用係・夏目役で西島秀俊、オーナーの伊達役で近藤正臣も出演する。  自身が提案したというショートボブ姿で初の刑事役に挑む高畑は「今回、ひよりという役をやらせていただくことになり、髪を20センチくらい切りました。最初に原作や台本を読んだ時に、ひよりはいい意味で“個性がない”女の子だな、と思いました」と回想。「どんな人なんだろう、と、監督はじめスタッフの方々と相談しているうちに『バッサリいくのもいいね』とみんなで盛り上がり、バッサリと(笑)。いざ切ってみるとすごく気持ちがスッキリして、スーツを着ると『よし、ひよりだぁ!』とスイッチが入る気がします」と役作りを明かしている。  西島との共演に関しては「西島さんとは朝ドラで親子役だったんですが、その時は1シーンしかご一緒できなくて。でも今回はタッグを組んで捜査出来るので、すごく嬉しいです。リハーサルでは『役の距離感が近い』と、監督に叱られてしまいました(笑)。序盤は仲の悪い設定なので、頑張って仲悪くやらなきゃって思ってます(笑)」と話している。  また、新たに出演が発表となった西田が演じるのは、ひよりも所属する柳町北署の鑑識係で、ひよりの良き相談相手・杉岡沙耶。竜星は買い物コーディネーターとしてメゾンに出入りする、おじさまたちの御用聞き・瀬川草介に扮する。一方の木村が演じるのは、柳町北署でひよりの先輩となる刑事・原田照之。そして戸田は、柳町北署刑事課長でメゾンとひよりをつなぐことになる新木幸司役を務める。  ドラマ『メゾン・ド・ポリス』は、TBS系にて2019年1月より毎週金曜22時放送。

  • 『昭和元禄落語心中』第1話場面写真

    今夜『昭和元禄落語心中』スタート 岡田将生が落語の名人に

    エンタメ

     俳優の岡田将生が主演を務めるドラマ『昭和元禄落語心中』(NHK総合/毎週金曜22時)が今夜スタート。第1回では、岡田演じる名人落語家と、その養女(成海璃子)のもとへ、竜星涼扮する青年が弟子入りする姿が描かれる。@@cutter 本作は、累計発行部数200万部超えを記録する雲田はるこの同名コミックを原作に、昭和から平成を舞台に活躍した落語家たちの絆や生き方を活写するヒューマンドラマ。  戦前から活動する八代目有楽亭八雲(岡田将生)は、「昭和最後の名人」と称される有名な落語家。だが「弟子を取らない」ことでも有名だった。  そんな八雲には、小夏(成海璃子)という養女がいる。実は小夏の実父は、八雲の親友にして天才落語家と称された、有楽亭助六(山崎育三郎)。しかし、昭和30年代に、芸者・みよ吉(大政絢)と共に謎の事故死を遂げており、八雲は2人の間に生まれた小夏を引き取ったものの、小夏からは「親の仇」と呼ばれ、憎まれているのだった。  そこへ、与太郎(竜星涼)が、弟子入り希望としてやってくる。刑務所に服役していた与太郎は、その間八雲の落語に触れ、感銘を受けたのだ。「弟子を取らない」ことで有名な八雲に、体当たりで入門を直訴した与太郎は、なぜか許され、八雲の家に住み込み、修業を始めることになる。そして、八雲と小夏の不仲、小夏の両親の「謎の事故死」を知るのだが…。  ドラマ『昭和元禄落語心中』第1回は、NHK総合にて今夜10月12日22時放送(初回拡大)。

  • ドラマ10『昭和元禄落語心中』試写会にて

    岡田将生、ドラマで挑戦の落語に手応え「この役をできてよかった」

    エンタメ

     俳優の岡田将生と山崎育三郎が5日、都内で開催されたNHKドラマ10『昭和元禄落語心中』試写会に羽織袴姿で出席。本作で落語に挑戦した2人は「『この役をできてよかったなあ』という風に心から思えた」「今までやってきたお仕事の中でも一番大変でした」と落語の魅力に取りつかれた様子を見せた。@@cutter 本作は、雲田はるこの同名人気コミックの実写化。昭和初期、後の八代目有楽亭八雲となる菊比古(岡田)と、同期入門で後の有楽亭助六となる初太郎(山崎)の関係を軸に、戦後に生きる落語家たちの姿を描く。試写会には八雲に弟子入りし、時を越えて2人をつなぐ役割を果たす与太郎役の竜星涼、制作統括の出水有三、藤尾隆も出席した。  「1話を見て、品のあるドラマだなあという風に感じました」と語った岡田は、「1年前にこのお話を頂いたときには、落語の“ら”も知らずに。寿限無も知らなかったくらいで。落語のドラマはどうなるんだろうというのが、全然想像もつかなかったくらい」とコメント。  「落語監修をしてくださっている柳家喬太郎さんに教えていただき、少しずつ落語を好きになっていき、ドハマりしています」と言い、「1話で落語をしているシーンを見て、小恥ずかしい部分もあるのですが、『この役をできてよかったなあ』という風に心から思えた」と感慨深げに語った。  8演目ほどを覚えたという山崎は「今までやってきたお仕事の中でも一番大変でした」と述懐。高座に立つシーンのリハーサルで、力んだために笑いどころでエキストラから反応がなかったことも告白し「(助監督に)『ドカーンと笑いをください』って言われた」と照れ笑いを見せていた。  また、八雲に弟子入りする与太郎役の竜星は、劇中で取り組む演目『錦の袈裟』を一部披露して会場を沸かせていた。  NHKドラマ10『昭和元禄落語心中』は、NHK総合にて10月12日より毎週金曜22時放送(初回は25分拡大)。

  • 『昭和元禄落語心中』スタジオ取材会にて、左から竜星涼、岡田将生、山崎育三郎

    岡田将生、29歳の誕生日に“死神”をもらい戸惑う『昭和元禄落語心中』

    エンタメ

     俳優の岡田将生が12日、10月12日スタートの主演ドラマ『昭和元禄落語心中』(NHK総合/毎週金曜22時)のスタジオ取材会に出席。同作で演じる八代目有楽亭八雲の得意演目『死神』にちなんで、先月の誕生日に「『死神』という日本酒を頂いた」と明かした。@@cutter 同作は、雲田はるこ原作の同名人気マンガを原作とするヒューマンドラマ。昭和初期、落語界に入った菊比古(後の八代目有楽亭八雲=岡田)と同期入門の初太郎(後の有楽亭助六=山崎育三郎)を中心に、戦後の落語家たちの激しい生きざまを描く。脚本担当は連続テレビ小説『マッサン』の羽原大介。  会見には岡田、山崎のほか、八雲の弟子となる与太郎役の竜星涼、八雲と助六の運命を狂わすみよ吉役の大政絢、八雲の付き人・松田役の篠井英介、七代目八雲役の平田満、制作統括の出水有三氏が出席した。  岡田は「落語は本当に難しい。4月から稽古を始めて、(柳家)喬太郎師匠にも『少しずつ上手になってきた』と言われ、その度に落語が好きになってきた。菊比古と共に落語を歩んでいる感じ」とコメント。「実際に一人で高座に立つと、どう見せていくか、話を作っていくのか。自分でストーリー構成もできるし、キャラクター設定もできる。自分自身で監督して、演出もつけて…自分との戦いです」と“孤高”の落語に魅了されながら挑んでいることを明かした。  お気入りの演目は一番最初に習ったという『死神』。「役衣装を着て『死神』をやると、稽古とはまた違ってどんどん自分の『死神』になっていく。菊比古が変わっていく」と特別な感情を語った。先月15日の自身29歳の誕生日には、およそ祝いに似つかわしくない『死神』という名前の日本酒をもらって複雑な心境になったと笑いながら明かし、「撮影が終わったらみんなで飲みたい」と誓った。  竜星は「真剣に向き合わないといけない作品。いい熱を持って、自分が心中したいと思える役」ということで、髪を切って登場。一方、普段の“プリンス”ぶりとは全く違うがさつで女好きで破天荒な男を演じる山崎も「上野の寄席を見に行って本当に感動した。“これを自分でやるんだ”と思うと鳥肌が立つくらい恐怖」と語りつつ目を輝かせ、「素晴らしいものに出会った」と今後も続けていくことをほのめかした。  ドラマ10『昭和元禄落語心中』はNHK総合にて10月12日より毎週金曜22時放送。

  • 『激アツ!! ヤンキーサッカー部』キャストビジュアル

    『激レアさん』発ドラマ、主人公の“野人・岡野”役に竜星涼

    エンタメ

     バラエティ番組『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系/毎週月曜23時15分)で披露された、サッカー元日本代表・岡野雅行の感動エピソードをドラマ化する『激レアさんを連れてきた。ドラマシアター 激アツ!! ヤンキーサッカー部』が、9月21日と28日に放送される。主人公・岡野役は俳優の竜星涼が務める。@@cutter 本作は、2017年12月に放送された『激レアさんを連れてきた。』の中で披露された、“野人”の愛称で知られる岡野が体験した激レアエピソードを実写ドラマ化。島根県にある全寮制の高校を舞台に、サッカー部を設立した岡野が、ヤンキーだらけの部を強豪チームへ成長させるという『ROOKIES』ばりの実話を描いていく。  入学した全寮制高校にサッカー部がないことを知った岡野(竜星涼)は、ヤンキーだらけの学校内にサッカー部を作ろうと決意。部員はなんとか11人揃ったものの、チームメートのほとんどが、サッカーをやったこともないヤンキーばかり。彼らは、ルールはおろかボールの蹴り方すら知らなかった。初歩的なことから教えなくてはならない現実にも、サッカーができる喜びでいっぱいの岡野。しかし初めての対外試合で、彼を思いがけない出来事が襲う…。  主人公の岡野を演じる竜星は「岡野さんの役を演じられることがすごく嬉しいです!」と一言。そして自身の役柄について「台本を読んで得た人物像を大事にしながらキャラクターを作っていきました」と語り、続けて「僕自身も大好きなサッカーができて、久々にずっとボールを蹴っていられることがとても嬉しかったです」と撮影を振り返った。  一方の岡野は「最初にドラマ化のお話を聞いた際は、冗談かと思いましたし、脚本が鈴木おさむさん、私の役が竜星涼さんと聞いたときは話が大きくなりすぎて、心配になりました」と笑う。さらに「このドラマを見た方が、野人みたいに諦めずに頑張ればその先に良いことがあるのかもしれないな、と思ってくださったら嬉しいです」とコメントを寄せている。  そのほかのキャストでは、チームメート役で浅香航大、矢野聖人、稲葉友、山本涼介、平埜生成、堀家一希が顔をそろえるほか、勝村政信、小野武彦の出演が発表されている  激レアさんを連れてきた。ドラマシアター『激アツ!! ヤンキーサッカー部』は、テレビ朝日系にて9月21日・28日23時15分より放送。

  • ドラマ『昭和元禄落語心中』で八雲役を務める岡田将生

    岡田将生が落語の名人に!『昭和元禄落語心中』ドラマ化決定

    エンタメ

     俳優の岡田将生が主演を務めるNHKドラマ10『昭和元禄落語心中』(NHK総合/毎週金曜22時)の制作が発表された。落語の名人に扮する岡田は「今、絶賛落語の稽古中です。知れば知るほど好きになっています。ぜひ楽しみに待っていてください」とコメントを寄せている。@@cutter 累計190万部を突破した雲田はるこの同名漫画を基にする本作は、戦争の時代の落語家たちの生きざま、芸の絆に結ばれた若者たちの熱い友情、師弟や男女の情愛・嫉妬・別れ、そして無二の親友の事故死を巡るミステリーを描くヒューマン・ドラマ。岡田が主人公の八雲を演じるほか、大政絢が八雲を支える芸者・みよ吉、山崎育三郎が八雲と同期入門の落語の天才でみよ吉とともに謎の死を遂げる助六、成海璃子が助六とみよ吉の遺児・小夏、竜星涼が天衣無縫な八雲の弟子・与太郎を演じることも明らかになった。  主演の岡田は「このドラマのお話を頂いたときは正直迷いました。生半可な気持ちではできませんし、本当にこの作品のために落語を知り、落語を愛さないとできないと思ったからです」と回想。「しかし、僕が演じさせて頂く八雲という人物に、どんどん興味が湧き演じてみたい、やりたいと思う気持ちが強くなり、この役と心中したいと思いました」と意気込みを明かしている。  本作の脚本は、映画『フラガール』、NHK連続テレビ小説『マッサン』の羽原大介が担当。演出は映画監督のタナダユキらが手掛け、落語監修は柳家喬太郎が務める。  ドラマ10『昭和元禄落語心中』は、NHK総合テレビにて10月12日から毎週金曜22時放送。

  • 天海祐希、劇団☆新幹線の舞台『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』で主演

    天海祐希、『髑髏城の七人』シリーズ完全新作に主演 古田新太と大人の男女の愛憎劇

    エンタメ

     天海祐希が、劇団☆新幹線による人気舞台『髑髏城の七人』シリーズの最新作『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』で主演を務めることが発表され、天海のほか、共演の古田新太からコメントが到着した。天海は、「『生誕半世紀公演(50周年記念祭)』をやらなきゃいけないねと何年か前に言われて『やったー!』と無邪気に喜んでいたら、こんな大変なことになりました(笑)」と出演への経緯を語った。@@cutter 本作は、360度客席が回転することでも話題のIHIステージアラウンド東京で約1年続いたロングラン公演、『髑髏城の七人』シリーズの最終を飾る作品。『髑髏城の七人』でありながら、シリーズではおなじみの捨之介も蘭兵衛も出てこない“もうひとつの『髑髏城の七人』”とも呼べる完全新作となり、作・中島かずき、演出・いのうえひでのりのコンビで、奇しき縁に結ばれた男と女の愛憎を描く。かつて織田信長にもっとも信用され、愛された凄腕の狙撃手だったという過去を持つ渡り遊女の極楽太夫(天海)が関東荒野に現れる。折しも関東では、髑髏の仮面で素顔を隠した第六天魔王(古田)が率いる軍団が勢力を広げていたが、やがて、両者は互いに相まみえることに…。共演陣には、福士誠治、竜星涼、清水くるみ、三宅弘城、山本亨、梶原善が顔を揃える。  主演の天海は「360度客席が回転する劇場で同じ作品を5パターン、6チームで上演するという大規模な企画に参加させていただけるのは、大変ありがたいこと」と感謝し、「同じ舞台に古田新太さんがいてくださるのはものすごく安心感があります。“Season花”から始まった企画の最後が、この“Season極”。いいシメ方ができるようにがんばりたいです」と意気込みを示す。  また、共演する古田は「正直なところ、<天魔王>も『髑髏城の七人』ももういいよ、と思ってたんですが(笑)、天海さんが「古田センパイが出ていないとヤダ」と言うので出ることにしました(笑)」と告白。「歴代の天魔王の中では一番年寄りになりますが、これまでとは違うお話なので全くの別物として考えています」とシリーズのファンに向けて役どころを伝える。  舞台『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』は、IHIステージアラウンド東京(豊洲)にて2018年3月17日~5月31日上演。

  • 川口春奈のキュートなメガネ姿に反響 ※「川口春奈」インスタグラム

    川口春奈のキュートなメガネ姿に反響「はるー可愛すぎ」

    エンタメ

     女優の川口春奈が31日に自身のインスタグラムアカウントを更新し、ドラマ『桜蘭高校ホスト部』(TBS系)で共演した俳優の竜星涼とのツーショットを公開。川口は丸メガネを掛けており、そのキュートな姿に多くの反響が寄せられている。@@cutter 英会話レッスンの場に現れた竜星涼と共に撮られたというこの写真。「英語レッスンこてんぱにやられた後だから私の顔はちーんだね」とお疲れ気味な様子だが、「竜星は昔から一緒に頑張ってきた同志です!会えて元気貰えた。がんばります」と竜星との対面でリフレッシュできたようだ。  また、川口は27日に更新したインスタグラムでもメガネ姿を披露。演劇集団Z-Lion 第9回公演『夢のLife twoトゥライフ』を観覧した際の写真で瀬戸利樹、入江甚儀らとの集合ショットを披露している。  31日の写真には「前髪かきあげスタイルのチーン顔も可愛」「今日もぐっと素敵デスネ。ガンバ」「私も英語苦手です…でも春奈ちゃん頑張ってるから私も頑張ります!!ゆっくり休んでね」と川口の表情を絶賛する声や、川口を励ます声とともに「仲が良さそうで朝から幸せになれました」「わぁぁ!この組み合わせ見たのめっちゃ久しぶり!うれしい!」「美男美女とはこのこと!」と竜星とのツーショットを喜ぶ声が多く寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/haruna_kawaguchi_official/

  • ドラマ『オトナ高校』で童貞役を演じる三浦春馬

    三浦春馬、『オトナ高校』童貞役で新境地!? 超ハイテンション演技が話題に

    エンタメ

     俳優の三浦春馬が主演を務める異色の学園ドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系/毎週土曜23時5分)が14日にスタート。放送後からSNS上ではイケメン俳優の超ハイテンション演技に「新境地」と話題になっている。@@cutter 『オトナ学園』は、テレビ朝日の土曜深夜の連続ドラマ枠「土曜ナイトドラマ」の第1弾作品。深刻な少子化問題に歯止めをかけるため「第二義務教育法案」が施行された日本を舞台に、東大卒のエリート童貞・荒川が性体験のない30歳以上の男女が強制的に入学させられる公的教育機関「オトナ高校」で本当の“オトナ”になるべく奮闘する姿を描いていく。  本作の斬新すぎる設定と三浦が童貞役というギャップ、さらに女優の黒木メイサやバラエティ番組でも活躍する高橋克実の“処女・童貞”演技にも注目が集まっていた。  三浦は、オープニングタイトルからミュージカル調の音楽に合わせてキレッキレのダンスを披露。さらに、これまでに見たことにない見事な顔芸と、ゲスさ全開の超ハイテンションな熱演に対し「残念なイケメンエリート三浦春馬面白い!」、「カッコいいのに傲慢でモテない三浦春馬のダメっぷりが笑える」、「ぶちギレっぷりが潔い」というなどの絶賛コメントが続出。また黒木には「クールな女豹系美女のイメージだから未経験に見えないww」、「ばかばかしさ満開のドラマを真剣に演じるのが新鮮」という声が寄せられていた。  次回第2話では、生徒たちに“オトナ偏差値テスト”が実施され、クラスの中から恋愛対象ナンバーワンを選び構内恋愛に挑戦させられる“スポーツ交流”などの課題が描かれる。

  • ドラマ『オトナ高校』制作発表記者会見に参加した三浦春馬、黒木メイサ、竜星涼

    三浦春馬、“30歳エリート童貞”役に「自分のキャリアでも挑戦的な役どころ」

    エンタメ

     俳優の三浦春馬が4日、都内にて行われた主演ドラマ『オトナ高校』の制作発表記者会見に登壇した。三浦が演じるのは、30歳の“東大出身ののエリート銀行員だけど童貞”という役柄。三浦は「自分のキャリアの中でも挑戦的な役どころ」と語り、テレビ朝日の新ドラマ枠という意味でも「挑戦の作品で、日本を少しでも明るくできたらいいなと思います」と意気込みを示した。@@cutter 本作は深刻な少子化問題に歯止めをかけるべく、政府が打ち立てた「第ニ義務教育法案」に基づく公的機関「オトナ高校」を舞台に、異性との性体験がない30歳以上の男女“やらみそ(ヤラないまま三十路)”たちが繰り広げる、不器用なオトナたちの“学園ドラマ”。三浦は「初回は特に先生のセリフがきわどく、かなり攻めたワードが出てきます」と説明。  会見では、ドラマの内容にちなみ、「これまでの人生で未だにやったことがないこと」を問われた三浦は「キャンプ童貞なんです」と明かし、「いつか友人たちと川辺でキャンプで盛り上がりたい。そのあとの仲間との結束感も味わいたい」と話した。  また「登場人物の中で誰と付き合ってみたいか」との問いには三浦は、高橋克実演じる権田部長を挙げた。「童貞の部分を除けば素晴らしい男性」と語ると、教師の山田翔馬役の竜星涼は「三浦春馬」の名前を。「女性目線になりますが、すべてがパーフェクト! だって三浦春馬ですよ。初めて共演させていただくのですが、すごく優しいですし、好きになりました」と熱い思いを告げると、三浦は照れくさそうに笑った。会見には、黒木メイサ、松井愛莉、夕輝壽太、脚本の橋本裕志氏も登壇した。  ドラマ『オトナ高校』はテレビ朝日系にて、10月14日より毎週土曜23時5分から放送。

  • ドラマ『オトナ高校』にて制服姿を披露する黒木メイサ

    黒木メイサ、三浦春馬主演『オトナ高校』で制服姿をドラマ初披露 32歳処女高校生役に

    エンタメ

     女優の黒木メイサが、三浦春馬が主演する新ドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系)にて、今年6月の出産後初のドラマ出演を果たすことが決定。32歳にして処女の高校生という役柄で、ドラマで初となる制服姿を披露する。@@cutter 本作は深刻な少子化問題に歯止めをかけるべく、政府が打ち立てた「第ニ義務教育法案」に基づく公的機関「オトナ高校」を舞台に、異性との性体験がない30歳以上の男女“やらみそ(ヤラないまま三十路)”たちが繰り広げる、不器用なオトナたちの“学園ドラマ”だ。  黒木が今回演じるのは、東大卒エリートの童貞“チェリート”こと主人公・荒川英人(三浦)らとともに「オトナ高校」へ入学することになる、園部真希役。「仕事が恋人!」と明言するバリバリのキャリアウーマンだが、その実態は常に2番目の女に甘んじ、現在も上司と不倫中の“恋に不器用な女性”で、なおかつ相手からは「重すぎる」と敬遠されてしまい、未だに処女という役柄だ。  今回の制服姿披露に関し、黒木は「今回は高橋克実さんも制服を着られますし、違和感だらけの“高校生”がいっぱい! なので、私も世間の皆様から寄せられるであろう反応にはビビッておりません」と力強く宣言。  また「三浦さんがいい感じにダサく演じられていて、『性体験がないのが分かる、分かる!』という感じだったんです。『実際の撮影で動きがついたら、どうなるんだろう!?』と楽しみになりました」と撮影にワクワクしている様子も明かしている。  本作には、英人の上司で“55歳童貞部長”の権田勘助役を高橋克実、オトナ高校の毒舌スパルタ教師で、英人らの担任・山田翔馬役を竜星涼、同じく同校のエロ小悪魔教師・姫谷さくら役に松井愛莉が出演。さらに山田真歩、夕輝壽太、正名僕蔵、杉本哲太らが顔をそろえる。  主題歌には、シンガーソングライターの高橋優がドラマのために書き下ろした新曲「ルポルタージュ」(11月22日発売)が使用されることが決定。高橋は、「『オトナ高校』は台本を読んでいるだけで、笑いがこみ上げてくるとても力のある物語」と語り、「人が成長して大人になっていくことはどういうことなんだろうと、あらためて考えさせて頂きながら、今回の楽曲を制作させて頂きました」とコメントを寄せている。  土曜ナイトドラマ『オトナ高校』はテレビ朝日系にて、10月14日より毎週土曜23時5分から放送。

  • 生田斗真、広瀬すず史上「最っ強にかわいい映画」

    生田斗真、広瀬すず史上「最っ強にかわいい映画」 “男子”に覚悟するよう注意喚起?

    映画

     生田斗真と広瀬すずが26日、都内で開催された映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』の完成披露イベントに、共演の竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、比嘉愛未、そしてメガホンを取った三木孝浩監督とともに出席。生田は「広瀬すず史上、最っ強にかわいい映画ができたと思っています」と自信をのぞかせた。@@cutter 別冊マーガレット(集英社)で長期連載された、河原和音によるコミックを基にする本作は、ぶっきらぼうながら生徒思いの教師・伊藤(生田)と、伊藤に想いを寄せる純粋な女子高生・響(広瀬)が織りなす恋模様を描く。  生田は「広瀬すず史上、最っ強にかわいい映画ができたと思っています。これはきっと恐らく、数年更新されることはないでしょう。世の男子諸君、覚悟して映画館に来るように」とニッコリ。一方の広瀬も「本当に、伊藤先生がかっこいいです!伊藤先生がいてくださったから、響をまっすぐに生きれたなと思います」と生田を絶賛した。  同じく三木監督が手掛けた『僕等がいた』以来、ラブストーリーに挑戦した生田は「すずちゃんの初めてのラブストーリーにふさわしい男でいたいなと思って、伊藤先生を一生懸命演じさせていただきました」とコメント。広瀬も「生田さんと三木監督の信頼関係が、すごく、『あ、私もこの二人についていこう』と思える現場だったので、すごく楽しく演じさせていただけました」と笑顔を見せた。  お互いの初対面に話が及ぶと、生田は「お互い別の作品を撮っていて、僕が某・金髪の潜入捜査官をやっていて、(広瀬を指しながら)某チアリーディングをやっているときに、たまたまスタジオでばったり一緒で。その時に初めてお会いした」と述懐。続けて「僕、衣装さんに借りてた、もこもこのルームウェアを。金髪でオールバックにしているのに、もこもこのやつ着て(笑)、初めましてみたいな。ちょっと恥ずかしい出会いだったかも」とも明かして会場を沸かせた。  映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』は10月28日公開。

  • 竜星涼withミヌエット、写真展『ねこカレ』

    竜星涼らイケメン×かわいいネコの最強コンビ 写真展『ねこカレ』開催

    エンタメ

     竜星涼、佐野岳ほか映画、TV、舞台、音楽と活躍中の人気キャスト総勢13名が、かわいいネコとの共演を果たした写真展『ねこカレ』が開催中だ。竜星は「普段みられない写真に癒されること間違いなしです」と自信をのぞかせている。@@cutter 2016年10月に開催した写真展『ねこ男子』から約1年を経て開催される『ねこカレ』には、竜星や佐野に加えて、植田圭輔、染谷俊之、阪本奨悟、秋元龍太朗、西川俊介、崎山つばさ、佐藤寛太、甲斐翔真、伊勢大貴、和合真一、星元裕月ら注目の人気俳優が参加。展示では、彼らとかわいい猫たちとの完全撮り下ろしフォトに加え、撮影時のメイキング映像も上映されるほか、ムック本の先行販売も行われる。  「猫が大好きなんですが、今まで携わる機会がなかったので猫との撮影は楽しかったです」と撮影を振り返った竜星は、「僕は“こなつちゃん”という猫といっぱい写真を撮りました。普段みられない写真に癒されること間違いなしです」とコメントを寄せ、大満足な仕上がりになっているようだ。  写真展『ねこカレ』は、2017年8月11日~2017年8月27日まで、吉祥寺PARCO 7Fイベントスペースにて開催。

  • 『ひよっこ』第13週「ビートルズがやって来る」

    『ひよっこ』、竜星涼演じる綿引が久々に登場 父・実の秘密がついに語られるか

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『ひよっこ』。先週放送では、みね子はすずふり亭の仕事に慣れてきて、あかね荘でもみんなで食事するなど住人たちと打ち解けていた。あるとき、みね子は省吾(佐々木蔵之介)と鈴子(宮本信子)から別々に「内緒で」と届け物を頼まれる。その相手は両方、省吾の娘・由香(島崎遥香)。二人はお金を由香に渡していた。初対面の由香の態度にみね子は「感じ悪い」と思うが、省吾から亡くなった妻のことや由香が店を嫌いになった理由を打ち明けられる。みんないろんなことを抱えながらそれでも笑って生きているんだと思うみね子だった。@@cutter 1966年4月、みね子の妹・ちよ子(宮原和)は中学生になった。通学かばんをプレゼントしたみね子は、お礼の手紙をもらい、ますます仕事へのやりがいを感じていた。ある日、警察を辞めて茨城に帰っていた綿引(竜星涼)が突然すずふり亭を訪れる。行方不明の父・実(沢村一樹)のことで何か分かったら教えてくれと同僚に頼んでおいたところ、新しい情報が入ったという。鈴子ら店の仲間が見守るなか、実に起こった出来事を聞く。  母・美代子(木村佳乃)との電話を聞かれ、父が行方不明だと島谷(竹内涼真)らあかね荘の住人に知られたみね子。早苗(シシド・カフカ)は今まで黙っていたことに腹を立て、理由を説明するよう迫る。みね子はなぜ打ち明けられなかったのか、初めて本音を漏らす。  そんなときビートルズの来日公演が発表され、大ファンである叔父の宗男(峯田和伸)は浮き足だっていた。コンサートのチケットをプレゼントしたいと考えたみね子は…。  NHK連続テレビ小説『ひよっこ』は総合テレビにて月曜~土曜あさ8時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access