パトリック・ハーラン 関連記事

  • 映画『フロントランナー』日本記者クラブ記者会見に登壇したヒュー・ジャックマン

    ヒュー・ジャックマン来日、大統領候補役に「チャレンジしたかった」 最新作への思いを明かす

    映画

     俳優のヒュー・ジャックマンが、主演最新作『フロントランナー』のPRのため来日。21日に開催された日本記者クラブ記者会見に登壇し、「いろんな議論が生まれる作品だと思う。ぜひみんなに見てほしい」と笑顔を見せた。@@cutter 本作は、当選確実と言われていた大統領最有力候補が、一つのスキャンダル報道で政界から葬られた1988年の事件の真相に迫るサスペンス・ドラマ。ヒューは46歳の若さで最有力候補“フロントランナー”に躍り出た実在の政治家・ゲイリー・ハートを演じる。  監督はアカデミー監督賞や脚色賞にノミネートされたこともあるジェイソン・ライトマンが務めているが、ヒューは出演を決めた理由を「彼(ライトマン)が手掛けた『JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフ』が大好きで、彼と仕事をしたかった」と明かし、「彼の作品は複雑なキャラクターを描いてるし、いろんな考えを呼び起こしてくれるものが多い。非常に素晴らしい監督」と賛辞の言葉を贈った。  また、ヒューは本作のストーリーにも引き込まれたそうで、「大統領最有力候補とされていた人が政界から転落する3週間のストーリー。私が今までやった役とは全く違い、謎めいた頭のきれる人。私と違うのでチャレンジしたかった」と満面の笑み。  今作では、政治家とジャーナリズムの関係が描かれるが、ヒューは大学でジャーナリズムを専攻していたという。「もし俳優になっていなかったら、皆さんの席に私は座っていたかもしれないし、今でもジャーナリズムに興味があります。1987年の出来事は政治家とジャーナリズムの関係を変えてしまった、ターニングポイントになったと思う」と真摯とコメント。  続けて「この作品を見ると、いろんな疑問が生まれると思う。僕は答えを出していないところが気に入りました。今の世界中の政治制度について考えさせられるような作品になっている。どの人の視点から映画を見るかも非常に大事だと思うし、それを自由にさせてくれる作品」とアピールしていた。  会見には、コメンテーターとしても活躍する“パックン”ことパトリック・ハーランも登壇。ゲイリーの当時の人気や人望、この事件がいかに当時衝撃的であったかを解説した。  映画『フロントランナー』は2月1日より全国公開。

  • 『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』福士蒼汰&パトリック・ハーラン インタビュー

    福士蒼汰とパックン、『名探偵コナン』で好きなキャラは? コナンの魅力を語る

    アニメ・コミック

     原作連載が20周年を迎えた『名探偵コナン』。アニバーサリーイヤーに公開される映画『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』で、ゲスト声優に抜擢されたのは、俳優の福士蒼汰とパックンマックンのパトリック・ハーランだ。まるで、父子のように息ぴったりの2人。コナンの魅力や好きなキャラクターなど、たっぷりと語り合ってもらった。@@cutter 話題作への出演が相次ぎ、今最も注目される若手俳優の一人となった福士。今回、いよいよ声優初挑戦を果たした。「声優というお仕事はいつか挑戦してみたいと思っていました。でも自分に務まるのかなという不安もあって。色々な気持ちが交差していました」と素直な気持ちを吐露。一方のパトリックは、「やっと来たか! という感じ。もともと僕は、役者志望だったから、やっと本格的な声優デビューができると思い、嬉しかったですね」と大きな笑顔を見せた。  高さ635mの高層タワーの展望台で起きた、ありえない距離からの狙撃事件の謎にコナンが挑むこととなる本作。福士とパトリックは、元米軍特殊部隊の部員で、スナイパーとなんらかの関わりがある男を演じている。劇中では、英語での長セリフにもトライした福士。パトリックは「もう、言うことないよ! 現場では細かいことをいろいろと指摘したけれど、何テイクかやっていくうちに、どんどん自然に、リアルになっていて、聞いていて気持ち良い英語になっていった。お父さんとしても、すごく嬉しいです」と、“父親”の眼差しになって福士の英語を絶賛。  隣で照れ笑いをのぞかせる福士だが、「英語は一番、好きな教科だった」とか。「中学1年生の時に、先生から英語の発音を褒められて。単純なんですけど、それで英語が大好きになったんです(笑)。それからは、教科書をもらうたびに、バーッと文章を読み進めていって、わからない単語を調べたりして」と、自発的に英語を勉強していたという。さらには、「でも僕は、海外にもほとんど行ったことがなくて。不安もあったんですが、パトリックさんが隣で細かい部分も教えてくださったので、今回ご一緒できて本当に良かったです」と、パトリックに助けられた部分も多かったようだ。@@separator 原作誕生20周年を迎えたコナンだが、福士も現在、20歳。パトリックは、来日してから20年という、不思議な縁で結ばれた3組でもある。福士は「どの世代にも愛される要素が詰まっている」と、20年という年月、第一線を走り続けるコナンの魅力を分析。「パトリックも「コナンくんは、成長しないのに、成長し続けているよね」とニッコリ。  続けて、「他のアニメと違って、みんな“卒業”をしないんじゃないかな。『え~、お前まだあのアニメ見てるの?』と言われることって、コナンに限ってはないんじゃないですか? 今回の映画でも、チェイスシーンやアクションシーンがすごく良くて、香港映画を見ているのかと思うくらい! 僕らが演じたキャラクターも、深い過去を持っていて、むしろ大人たちが考えるような材料をくれる人物。『子供向けだから』と、甘えている作品ではないですよね」と、今回の劇場版も大人が楽しめるエンタテインメントになっているという。  コナンの魅力にどっぶりとハマった2人だが、好きなキャラクターを聞くと、「工藤新一が好きなんです。格好良いですよね!(毛利)蘭が一途になる気持ちもわかります」と福士。「女性キャラクターなら? 灰原さんはいろいろと難しそうだし(笑)、蘭ですかね。新一に対する一途さは、すごく素敵だと思います。でも僕は、女性を守りたいタイプなので、蘭ほど強くなくても良いです」と、女性に強さは求めないとか。するとパトリックがすかさず、「僕は、蘭さんのような強い女性は大好きです!」と告白。もちろん一番の理想の女性像は、奥さんのようで、「辛い時は、奥さんと子供写真を見ているんです」と家族思いの一面も教えてくれた。  ターボ付きエンジンスケボーなど、お馴染みの武器も劇場版では大活躍するが、2人にとって“武器”となるものは何だろう?パトリックが「僕はハーバード大学の卒業証明書かな! いざという時は、あれを出せば!」と名門大学卒の経歴をちらつかせると、2人で顔を見合わせて大爆笑。「本当はね、“笑い”だと思っています。インタビューやコメンテーターなどの仕事でも、どこかで笑いをとろうと決めているんです。すると、他の人ができていないことをできている気がするし、自分の気持ちも楽になる」と“笑い”が周りだけでなく、自身をも元気づけているようだ。  福士は「やっぱり、英語を武器にしたいですね」と真剣な眼差し。「この仕事をするようになってからだいぶ良くなってきたんですが、僕は昔から人見知りで。海外の方とコミュニケーションをとることで、それも克服できるだろうし、いろいろな経験にもなると思うんです。海外で俳優の仕事もぜひ、やってみたいですね!」と、視野を広げることに前向きだ。そんな福士にとって、パトリックとの共演は大きな刺激となったはず。ぜひ2人の声の演技にも注目して、“コナンワールド“を存分に楽しんでほしい。(取材・文・写真:成田おり枝)  『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』は、4月19日より公開。

  • 福士蒼汰、『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』の公開サプライズイベントで、なんと女子高で英語を勉強!

    福士蒼汰 『コナン』最新作のサプライズイベントで、女子高に潜入し英語を勉強!?

    アニメ・コミック

     映画『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』公開サプライズ特別課外授業イベント in 女子高が8日に行われ、本作で声優として出演したパトリック・ハーラン(パックンマックン)が、同じく出演者の福士蒼汰や江戸川コナン、品川エトワール女子高校の生徒を相手に英語の授業を実施した。@@cutter これから何が行われるのか知らなかった女子高生たちは、福士らが登場すると大盛り上がり。その様子に圧倒されたのか、司会者から「緊張してますか?」と質問が出ると、「こんなに女子高生に見られることないですから」と照れ笑いの福士。また、教壇に上がった福士は「3年前はそっちにいたので、違和感があります」とうつむくと、パックンから「え? 3年前まで女子高校に?」とツッコまれていた。  映画ではアメリカの元海兵隊ケビン・ヨシノ役を演じる福士。アフレコでは英語に触れることが多かったそうだが、そのときから英語の学習欲が湧いたようで、「今後は全編英語の映画に出てみたい」と意気込みを語っていた。  授業では『名探偵コナン』の名台詞を用いて、英訳や英会話劇などを実施。福士は後ろの席の女子高生にプリントを渡したり、女子高生との英会話劇を披露するなど珍しいシーンも見られた。「懐かしい。僕が高校生だったころは、後ろの席の人にちょっかいを出したりしましたね」と振り返る福士だったが、今回は真面目に授業に取り組んだようだ。  授業後、パックンは「まず、英語圏を引っ越せ。僕も日本に住んでから日本語覚えた」と英語上達の秘訣を伝授。福士は「僕の場合は通学中に電車の中で英単語帳を声を出しながら読んでいた」と一風変わった勉強法を教授。教室内にクエスチョンマークがうずまく中、パックンは「ちょっと、危ない人だと思われたんじゃないですか?」と福士をツッコミつつも「通勤通学中を利用するのはいい方法です」とフォローしていた。  本作は劇場版『名探偵コナン』シリーズの18作目であり、原作連載20周年記念映画のシリーズ最新作。日本一の高さを誇る『ベルツリータワー』のオープニングセレモニーの会場で起こった前例のない狙撃事件を描く。  映画『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』は4月19日より全国ロードショー。

  • 福士蒼汰、声優で32歳役に大苦戦!

    福士蒼汰、『劇場版コナン』で32歳役に苦戦「こんな透き通った声じゃダメだ」と喝!

    アニメ・コミック

     劇場版『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』の完成披露舞台挨拶が31日、有楽町朝日ホールにて行われ、本作のゲスト声優・福士蒼汰、パトリック・ハーラン(パックンマックン)のほか、主題歌『ラブサーチライト』を歌う柴咲コウ、江戸川コナン役の高山みなみ、毛利蘭役の山崎和佳奈、毛利小五郎役の小山力也が登壇した。@@cutter 1997年に第一作が公開されて以来、毎年GW映画として親しまれている劇場版『名探偵コナン』シリーズ。待望の最新作は、ナゾの狙撃者による、あり得ない距離からの狙撃事件を発端に、警察とFBIをも巻き込んだ大パニックに発展。劇場版にふさわしいスケールで描かれる禁断の謎(パンドラ・ミステリー)に仕上がっている。  シリーズ初の英語を話すゲストキャラクター、ケビン・ヨシノ役の福士は「僕は英語のでのお芝居もそうですが、声優という仕事も初挑戦ですごくドキドキしていましたが、最終的には楽しく出来ました」と爽やかな笑顔で挨拶。  しかし、ケビン・ヨシノは32歳という設定のため役作りに苦労したようで「ちょうど僕の一回り上の年齢なんですが、実際やってみると全然ダメで。かすれた声にしなきゃと意識しました」と首を傾げると、パトリックは「蒼汰君は僕の隣で『こんな透き通った声じゃダメだ!いいな、そのガラガラ声!』って悩んでましたよ(笑)」と収録現場の様子を暴露。福士は恥ずかしそうな表情で「そこまで言ってないですよ!」と必死に否定していた。  また、本作についてパトリックは「この映画は素晴らしいので全世界に見せたい!」とコナンの世界進出について力強く語り始め、「その手始めとして、この間ライオネル・リッチーとレストランで隣り合わせたので、『ぜひコナンの試写会にいらしてください』と誘ったら迷ってましたよ!今日は19時半から武道館でコンサートなので途中で(試写会を)抜ける人がいたらライオネル・リッチーかも!(笑)」と話し、会場を笑わせた。    前作に続き主題歌を担当する柴咲は「まさか2作続けて主題歌を担当することになるとは夢にも思っていなくて、本当に光栄です」と喜びを語り、前作ではゲスト声優も務めたことについて「前作では声優という仕事にのめり込んだ部分もあったので、またぜひやりたいです!」と今後の声優業にも意欲を見せると、パトリックは「じゃあ次回作では僕と蒼汰君が主題歌を歌いますよ(笑)」と話し、会場からは大きな拍手が送られた。  劇場版『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』は4月19日、全国東宝系ロードショー。

  • パックンのお墨付き!福士蒼汰、劇場版コナン最新作で英語のセリフに挑戦!

    福士蒼汰、『劇場版コナン』で流暢な英語を披露 共演者パックンも絶賛

    アニメ・コミック

     映画『名探偵コナン 異次元の狙撃手』公開収録が17日都内で行われ、本作にゲスト声優として参加する福士蒼汰とパトリック・ハーラン(パックンマックン)が報道陣の前でアフレコに挑戦した。@@cutter 1997年に第一作が公開されて以来、毎年GW映画として親しまれている劇場版『名探偵コナン』シリーズ。待望の最新作は、ナゾの狙撃者による、あり得ない距離からの狙撃事件を発端に、警察とFBIをも巻き込んだ大パニックに発展。劇場版にふさわしいスケールで描かれる禁断の謎(パンドラ・ミステリー)に仕上がっている。  長編アニメでの声優初挑戦となる福士は、「声優はやりたかったお仕事だったので嬉しさもありながら、不安やドキドキが入り交じった気持ち。コナンは原作が始まって今年で20年ですが、僕も20歳ということで縁を感じてやってみようと思いました」と挨拶。  するとパトリックも、「僕も日本に来て20年ということでほぼ同期。こんな老若男女に愛されるシリーズに出れて嬉しい! これでやっと僕も日本で成功できたかな(笑)」と国民的アニメに出演できることに大喜びだった。  今回、福士は演じるケビン・ヨシノは英語を話すキャラクターということで、公開アフレコを前に、「I’m nervous. But it is a movie about snipers. So I give it a shot!(緊張していますが、スナイパーにまつわる映画なので一発やってやるぞ!)」とパトリックを思わず「うまい!」と唸らせるほどの流暢な英語を披露。  公開アフレコでも英語でのセリフを難なくこなしながらも、「英語はすごく好きなのですが、海外渡航歴は0年なので発音は心配」と弱気だったが、パトリックからは「本当に英語が上手いです!(英語の)指導すると頭が柔らかいのですぐに吸収できる。(英語力は)僕とトントンくらい」と福士の英語力を大絶賛した。  またMCから、もしコナンのように小学一年生に戻れるとしたら?という質問が飛ぶと福士は、「英語をもっと勉強したいです。それくらい昔から英語をやっておけば良かったなと思います」と謙虚に語ったが、パトリックは「グーグルやフェイスブック、マイクロソフトの株をいっぱい買うと思います(笑)。そしたら今の僕の人生はすごく楽なのに!」と話し、報道陣を笑わせた。  映画『名探偵コナン 異次元の狙撃手』は4月19日全国公開。

  • 福士蒼汰&パトリック・ハーラン(パックンマックン)が、『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』のゲスト声優に!

    福士蒼汰、映画『名探偵コナン』ゲスト声優に決定! 英語のセリフにも挑戦

    アニメ・コミック

     劇場版『名探偵コナン』の最新作『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』に、福士蒼汰とお笑いコンビ:パックンマックンのパトリック・ハーランがゲスト声優として参加することが発表された。@@cutter 『名探偵コナン』原作連載20周年記念映画となる本作。原作の超重要人物たちが劇場版に初登場し、謎の狙撃者による、あり得ない距離からの狙撃事件から始まる。その事件は、やがて警察とFBIをも巻き込んだ大パニックへとつながる通過点でしかなかった…。  今回、福士とパトリックの2人が演じるのは、元軍隊の隊員役であり、スナイパーと関係がある人物。そのため事件を捜査するコナンたちとも大きく関わっていく。また元米軍特殊部隊の隊員役ということで英語を話すシーンにも挑戦する。  長編アニメ映画の声優に初挑戦する福士は「声優というお仕事に興味があったので、ドキドキとワクワクが交差しています」と喜んでいるようで、「とても緊張していますが、コナンくんも連載20周年、そして僕も20歳ということなので、そういう共通点を意識しながら頑張っていけたらいいなと思います」と意気込みを語る。  一方、パトリックも「今回の作品は新たな一面、英語のセリフとかも、いろんな新しい魅力があると思います。是非、楽しみにして頂きたいと思います」と作品をアピールした。  劇場版にふさわしいスケールで目が離せない禁断の謎(パンドラ・ミステリー)が繰り広げられる『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』は、4月19日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access